« ☆警視庁管内 体感治安度 レベル2 | トップページ | ☆「旅券で携帯契約やめて」悪用恐れ… 外務省要請検討に総務省反発(29日) »

2008年10月29日 (水)

☆実名報道に異例の「付言」 福岡高裁那覇支部(29日)

Msn_s1_4 産経ニュース

少女にみだらな行為をしたとして逮捕された際に実名報道され名誉を傷つけられたとして、沖縄県内の公立中学校の男性教諭(36)が、同県内の民放3社とNHKに損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、福岡高裁那覇支部の河辺義典裁判長は28日、1審那覇地裁判決に続いて請求を退ける一方、実名報道を認めた上で報道の在り方に異例の付言をした。 「逮捕という客観的事実の伝達にとどめるべきで、当然に罪を犯したかのような印象を与えないように節度を持って慎重に対処する必要がある」とした点は、来年5月開始の裁判員制度を意識したと理解することもでき、論議を呼びそうだ。http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/081028/trl0810282108028-n1.htm

« ☆警視庁管内 体感治安度 レベル2 | トップページ | ☆「旅券で携帯契約やめて」悪用恐れ… 外務省要請検討に総務省反発(29日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆実名報道に異例の「付言」 福岡高裁那覇支部(29日):

« ☆警視庁管内 体感治安度 レベル2 | トップページ | ☆「旅券で携帯契約やめて」悪用恐れ… 外務省要請検討に総務省反発(29日) »