« ☆三浦元社長の遺骨 帰国の途に(25日) | トップページ | ☆男性、刺され死亡か、殺人で捜査 京都・宇治(25日) »

2008年10月25日 (土)

☆【皇室ウイークリー】(51)雅子さま、皇后さまのお気持ちに感謝 園遊会でも“石井節”炸裂(25日)

Imp0810250748000n11

Msn_s1

産経ニュース

皇太子さまと皇太子妃雅子さまは24日、赤坂御用地内の東宮仮御所で、海老原紳・英国大使と会われた。来週はチャールズ皇太子とカミラ夫人が来日を予定している。同日の定例記者会見に臨んだ野村一成東宮大夫によると、ご夫妻は1時間ほど、英国事情やお二人について説明を受けられたそうだ。一方、皇后さまが敬宮愛子さまとの類似点などを指摘されたお誕生日の文書回答について、野村東宮大夫は「(ご夫妻は皇后さまから)温かいお気持ちをお寄せ頂き、感謝申し上げているようにお見受けしました。東宮職代表としての私もありがたく思っています」と述べた。さて、23日は天皇、皇后両陛下ご主催の「秋の園遊会」が赤坂御苑で開かれた。両陛下、皇太子さま、秋篠宮ご夫妻、常陸宮ご夫妻、寛仁親王殿下の次女、瑶子さまが、北京五輪金メダリストの石井慧選手(男子柔道)らと和やかに懇談された。 全国各地から招かれた出席者は、各界の功労者や自治体の首長などそうそうたる顔ぶれ。至るところで記念写真を撮る姿が見られた。女優の紺野美沙子さんや鶴田真由さんも出席し、会場は華やいだ雰囲気に包まれた。園遊会の当日は、緑豊かな赤坂御苑のあちこちにテントが設置され、そこからもうもうと煙が上がっている。招待者に振る舞うジンギスカンや焼き鳥を焼いているのだ。ここで調理される羊肉や鶏肉は、すべて皇室の方々が召し上がる食材を生産する栃木県の宮内庁御料牧場から運び込まれた。石井選手も会場でジンギスカンに舌鼓を打っていた。10月上旬に両陛下が皇居・宮殿に北京五輪入賞者を招いて催されたお茶会では、陛下を前に「天皇陛下のために戦いました」と発言し、話題をさらった石井選手。園遊会に舞台を移しても“石井節”は止まらなかった。腹ごしらえを終え、天皇陛下や皇族方とのご懇談に臨んだ石井選手は、「次のオリンピックは目指しません」と明言。報道陣から印象に残ったやりとりを問われると、「皇族の方々の偉大な空気というか、威圧感みたいな…。こんな言い方をしたら悪いのだが、(軋轢(あつれき)がうわさされる)全柔連の方々のプレッシャーなんて屁(へ)の突っ張りですね」と言い放った。時折雨が降る中、宮内庁職員が差し出す傘に手を伸ばさなかった。その理由については「日本という国、天皇陛下や皇族の方々へのリスペクト(尊敬)の気持ちと受け取ってください」と解説した。一方、園遊会には、同じく金メダルを獲得した男子競泳の北島康介選手も出席した。天皇陛下が「北島さんに励まされ、水泳の道に進む人(子供)も多くなるのでは」と話しかけられると、「うれしいですね。そんな風になってくれるとうれしいです」と表情を崩した。雨にぬれる北島選手を心配する招待者に対しては、「自分は水に慣れていますから…」とサラリ。“水も滴るいい男”のジョークに、周囲にいた年配の女性からは大きな歓声が上がっていた。先ほども少し触れたが、皇后さまは20日、74歳のお誕生日を迎えられた。当日は、関係者からのあいさつが続くハードな1日でもある。皇后さまは午前10時半から夕方まで、皇居を訪れる皇族方、元皇族、麻生太郎首相ら三権の長、宮内庁や皇宮警察の関係者、元側近らからお祝いのあいさつを受けられた。昼食会に当たる「御祝宴」や日本酒で乾杯をする「お祝酒」のほか、茶会にもご臨席。御祝宴を除き立ったままの行事が続き、宮内庁職員も「スケジュールは分刻み。大変だと思います」と“同情”する。

Imp0810250748000s41  夕方には愛子さま、秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さま、次女の佳子さま、長男の悠仁さまが皇居・御所を訪れ、皇后さまに祝意をご報告。夜は御所で夕食会に当たる「お祝御膳」が開かれ、両陛下、皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻、黒田清子さん夫妻が祝杯をあげられ、めでたくも忙しい1日は幕を下ろした。話は変わるが、22日は三笠宮ご夫妻のご結婚記念日だった。お二人は太平洋戦争が始まった昭和16年に結婚し、その後、寛仁親王殿下、桂宮さま、故高円宮の3男と2女をもうけられている。「妻は妃殿下としての公務を果しながら、五人の子供の世話や教育を一手に引き受けてくれ、しかもそれを見事に果してくれたのである」今年発行された「わが歴史研究の七十年」(学生社)の後書きで、百合子さまへの感謝のお気持ちを記された三笠宮さま。67年の時を経て、夫婦間のきずなはお強くなる一方のようだ。眞子さまは23日、17歳のお誕生日を迎えられた。当日は皇居・御所を訪れ、両陛下にあいさつをされた。実は昭和26年の同じ日、三笠宮ご夫妻の次女で、千宗室氏に嫁いだ容子(まさこ)さんが誕生している。各宮家は今週もさまざまな公務を果たされた。秋篠宮さまは22日、多摩動物公園(東京都日野市)で行われた「第56回動物園技術者研究会」にご出席。ユキヒョウ舎など園内も視察された。常陸宮ご夫妻は21日、千鳥ヶ淵戦没者墓苑(東京都千代田区)を訪れ、秋季慰霊祭にご臨席。24日には「第21回全国健康福祉祭かごしま大会」を視察するため、空路、鹿児島県入りされた。高円宮妃久子さまは20日、丸の内ビルディング(同)をご訪問。写真展「にっぽん-大使たちの視線2008」のオープニングレセプションに出席された。22日から23日までは高知県に滞在し、「平成20年度全国食生活改善大会」と、「第39回全国食生活改善推進員団体連絡協議会大会」に臨まれた。【皇室ウイークリー】は毎週土曜日、「MSN産経ニュース」だけに掲載している企画です。紙面ではあまり触れられない各宮家のご活動や、病気療養中の雅子さまのご様子を含め、宮内庁担当記者がご皇室の1週間を振り返ります。紙面で掲載できなかった写真もご紹介しています。さらに「皇室ウイークリー」だけのために撮影した写真も、アップしています。また皇室のご動静は、産経新聞社が取材協力している扶桑社の季刊誌『皇室 Our Imperial Family』でも、詳しくご紹介しています。http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/081025/imp0810250748000-n1.htm

« ☆三浦元社長の遺骨 帰国の途に(25日) | トップページ | ☆男性、刺され死亡か、殺人で捜査 京都・宇治(25日) »

皇室関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/42897003

この記事へのトラックバック一覧です: ☆【皇室ウイークリー】(51)雅子さま、皇后さまのお気持ちに感謝 園遊会でも“石井節”炸裂(25日):

« ☆三浦元社長の遺骨 帰国の途に(25日) | トップページ | ☆男性、刺され死亡か、殺人で捜査 京都・宇治(25日) »