« ☆中国製粒あんからトルエン=静岡の会社が輸入-男性、めまいなど訴え・名古屋(7日) | トップページ | ☆自転車の3人乗り容認へ 性能向上と並行し専用道整備必要(8日) »

2008年10月 7日 (火)

☆【ノーベル物理学賞】風呂あがりに浮かんだ「小林・益川理論」 研究秘話 (8日)

Msn_s1_4 1本の論文が世界を変えた。素粒子論の歴史を塗り替え、ノーベル物理学賞を受賞した「小林・益川理論」。当時の常識では考えられないほど型破りだったこの理論は、研究生活の疲れを癒やす「風呂」の中で生まれた。小林誠さんと益川敏英さんは名古屋市生まれ。ともに物理学者を目指して名古屋大理学部へ進学。益川さんが5年先輩だった。大学院では、著名な素粒子物理学者だった坂田昌一博士の研究室で机を並べ、活発に議論を交わす間柄になった。益川さんが助手として京大理学部へ移ると、小林さんも2年後に続いた。旧知の2人は、すぐに「何か面白いことをやろう」と話し合った。選んだのは、宇宙や物質の根源にかかわる「CP対称性の破れ」という謎の現象。多くの学者が挑みながら、解明できていない難題だった。 研究が始まったのは昭和47年5月。当時、益川さんは教職員組合の書記長も務め、多忙だった。2人は益川さんの時間が空く午前中に議論し、結果を家に持ち帰って熟考。翌朝、また議論する生活を続けた。研究は主に益川さんが理論面、小林さんが実験面を担当。益川さんによると、「私がモデルを作り、朝、小林君に話すと、彼がそのアイデアを実験でつぶしていく」という毎日だった。 当時、発見されていた素粒子クォークは3種類。当初は1つ多い4種類を想定した理論(4元モデル)を組み立てたが、それでは対称性の破れを説明できず、すぐに行き詰まった。 研究を始めて1カ月ほどたった6月のことだった。家で風呂に入っていた益川さんは、クォークを6種類と考える「6元モデル」を思いつく。「風呂から上がった瞬間に、ふっと頭に浮かんだ。割と単純な発想だった。4元モデルの呪縛(じゅばく)が解け、『6元でいける』とポジティブに考えられるようになっていた」

 小林・益川理論が誕生した瞬間だった。翌朝、小林さんに話すと「実験的にもうまくいきそうだ」。夏休み中のわずか2カ月間で理論を仕上げ、小林さんが英文で論文を書き、学術誌に投稿したのは9月。翌48年、掲載された。「小林君は頭脳明晰(めいせき)で繊細、私は細かな作業が苦手。まったく違う性格の2人がコンビを組んだ」。大胆な着想で突破口を提示する益川さんと、緻密(ちみつ)な検証でそれを磨き上げる小林さん。抜群の相性の良さが歴史的な快挙を生んだ。無名の若手が書き上げた論文は当初、あまり注目されなかった。「クォークが本当に6種類もあると思うのか」と先輩研究者からいじめられたこともあったという。30年余の歳月を経て、ようやく正しさが認められ、最高の栄誉を受けた小林さんと益川さん。だが、その業績について聞かれると、決まってこう答えてきた。「理論屋とすれば、理論が外れる方が面白い」。あくなき探究心は、いささかも衰えることはない。http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081007/acd0810071956006-n1.htm

« ☆中国製粒あんからトルエン=静岡の会社が輸入-男性、めまいなど訴え・名古屋(7日) | トップページ | ☆自転車の3人乗り容認へ 性能向上と並行し専用道整備必要(8日) »

人物紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/42719354

この記事へのトラックバック一覧です: ☆【ノーベル物理学賞】風呂あがりに浮かんだ「小林・益川理論」 研究秘話 (8日):

« ☆中国製粒あんからトルエン=静岡の会社が輸入-男性、めまいなど訴え・名古屋(7日) | トップページ | ☆自転車の3人乗り容認へ 性能向上と並行し専用道整備必要(8日) »