カテゴリー

« ☆うっかり大江健三郎さん、ダブル講演とサイン本フォロー(28日) | トップページ | ☆女子高生監禁:28日にも市川容疑者を誘拐容疑で再逮捕(28日) »

2008年10月28日 (火)

☆CT画像で刺し傷立体化、証拠提出→殺意認定…東京地裁(28日)

同居していた男性を包丁で刺したとして、殺人未遂罪に問われた東京都北区、風俗店従業員中村あゆみ被告(23)に対し、東京地裁は27日、懲役3年(求刑・懲役8年)の実刑判決を言い渡した。弁護側は殺意を否定したが、福崎伸一郎裁判長は「15・1センチの包丁を背中に13・5センチも刺しており、とっさに殺意を抱いて犯行に及んだと認められる」と述べた。来年5月から始まる裁判員制度では、裁判員に分かりやすい立証が求められることから、検察側は公判で、被害者の体をコンピューター断層撮影法(CT)で撮影し立体化させた画像を初めて証拠提出し、傷の深さなどを目で見て分かるように立証した。判決はこれに基づき、中村被告の殺意を認定した。そのうえで、「被告は男性から暴力を受けると誤信し、身を守ろうとした」として刑を軽減した。

(2008年10月27日22時56分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081027-OYT1T00742.htm

« ☆うっかり大江健三郎さん、ダブル講演とサイン本フォロー(28日) | トップページ | ☆女子高生監禁:28日にも市川容疑者を誘拐容疑で再逮捕(28日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ☆うっかり大江健三郎さん、ダブル講演とサイン本フォロー(28日) | トップページ | ☆女子高生監禁:28日にも市川容疑者を誘拐容疑で再逮捕(28日) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

留置所

無料ブログはココログ