« ☆ひき逃げの女子中学生を逮捕 好奇心から親の車運転 大阪(19日) | トップページ | ★振り込め詐欺、主犯格摘発はわずか1割 分業化や携帯履歴が壁(19日) »

2008年10月19日 (日)

☆6自治体で裏金4000万円 (19日)

K10048194811_011

News_pic1 全国の12の道府県が、総額およそ9億円の国の補助金や委託金をいわゆる「裏金」としてプールしたり、補助の対象外の事業などに流用したりしていたことが発覚した問題で、業者に預ける形でプールしていた自治体は6つあり、裏金の総額はおよそ4000万円に上ることが明らかになりました。この問題は、愛知県や岩手県など12の道府県が、平成18年度までの5年間に国土交通省と農林水産省から受け取った補助金と委託金あわせておよそ9億円について、本来の目的とは別の事業に流用するなど不正な経理処理をしていたことが、会計検査院の調べで明らかになったものです。今回の調査では職員の旅費や文房具代などの経費について詳しく調べていますが、補助金で事務用品をまとめて購入したように装って業者に金を預け、不正にプールしていた自治体は6つあり、裏金の総額はおよそ4000万円になることがわかりました。このうち愛知県は、不正な経理処理が行われた総額がおよそ1億3000万円と最も多く、業者に預ける形でプールされていた金額は1800万円余りになるということです。これについて、愛知県の神田真秋知事は18日夜記者団に対し、今回明らかになった不適切な会計処理について陳謝したうえで、全庁的な調査を行う考えを示しました。この中で神田知事は、「不適切な会計処理があったという指摘を会計検査院から受けたことは本当に遺憾で、県民に申し訳ない」と陳謝したうえで、「まずは指摘を受けた建設部と農林水産部についてしっかりと真相を明らかにするとともに、他の各部局についても調査したい」と述べました。また神田知事は、「職員の会計への認識の甘さや、公金のチェック体制が不十分なことなどが幾重にも重なって、今回の事態につながったのだと思う。真相を究明をして、こういうことが起きないシステムや制度を作る必要がある」と述べました。さらに神田知事は、「他県で同じような問題が起きたときの調査では『そういう事実はない』という報告を受けたので、裏金はないだろうと判断していたがまちがっていた。県民の信頼を損ない大きな不信を招いたので、何もなしではすまないと思っている」と述べ、今後、職員の処分やみずからの責任について検討する考えを示しました。また、2番目に多かった岩手県ではおよそ1億円の不正な経理処理が見つかり、やはり1800万円余りが業者に預ける形でプールされていたということです。これについて岩手県の達増拓也知事は、「裏金として、飲食など目的外に使っていたことはなく、会計の年度をまたいだり伝票の切り方が違うなど、会計ルールの問題だと認識している。事実関係がしっかり明らかになるよう職員に対応を指示している」と述べました。会計検査院の指摘を受けて、国土交通省と農林水産省も自治体に経理の適正化を求めることにしています。http://www3.nhk.or.jp/news/t10014819481000.html

« ☆ひき逃げの女子中学生を逮捕 好奇心から親の車運転 大阪(19日) | トップページ | ★振り込め詐欺、主犯格摘発はわずか1割 分業化や携帯履歴が壁(19日) »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆6自治体で裏金4000万円 (19日):

» 愛知県裏金問題 徹底的調査のため知事に対して6項目の要求 [市民オンブズマン 事務局日誌]
名古屋市民オンブズマンは、愛知県知事に対して「徹底的な裏金調査」を 行わせるよう、6項目の調査要求をしました。 それぞれ知事に対して、回答を08/11/4(火)までに求めています。 ・申入書 (PDF) また、裏金に関して内部情報をホームページ等で募集します。 http://www.ombnagoya.gr.jp/ -- ↑県職員に対して申し入れをする、新海聡弁護士(奥)と、倉橋克実税理士(中) ↑記者会見前のオンブズマンメンバーら -- 全庁調査に関する申し入れ... [続きを読む]

受信: 2008年10月24日 (金) 午前 01時01分

« ☆ひき逃げの女子中学生を逮捕 好奇心から親の車運転 大阪(19日) | トップページ | ★振り込め詐欺、主犯格摘発はわずか1割 分業化や携帯履歴が壁(19日) »