« ☆警視庁・荏原警察署が振り込め詐欺防止のパレード(18日) | トップページ | ☆5万円ノートPCの市場拡大 国内外メーカー相次ぎ発売(18日) »

2008年10月18日 (土)

☆比女性の不法就労関与、倉田議員の元秘書を強制捜査へ(18日)

自民党の倉田雅年衆院議員(比例東海)の元公設秘書(59)が、災害復興支援を目的としたチャリティー名目で、短期滞在ビザで入国したフィリピン人女性を不法就労させていた疑いが強まり、静岡県警は週明けにも入管法違反(不法就労助長)容疑で強制捜査に乗り出す方針を固めた。捜査関係者によると、元公設秘書は、チャリティーコンサートへの出演名目で来日したフィリピン人女性を会場に派遣する団体「未来チャリティー実行委員会」の事務局を務め、今年5月にNPO法人「MIRAI」(静岡市葵区)に衣替えした際にもかかわった。実行委員会は2005年頃から、チャリティー活動と称し、フィリピン人女性を興行ビザではなく短期滞在ビザで入国させ、身元保証人となったうえ、運営にかかわる飲食店に派遣。ダンスや歌を披露させたり接客させたりして、女性に報酬を支払っていた疑いがもたれている。県警は9月末、NPO法人が運営にかかわる浜松市南区の飲食店経営者を風営法違反(無許可営業)容疑で逮捕。経営者は入管法違反容疑で再逮捕された。飲食店の売上金の一部は謝礼金などとして元公設秘書が受け取ったとみられる。倉田議員自身は読売新聞の取材に、不法就労事件への関与を否定している。

(2008年10月18日14時33分  読売新聞)

« ☆警視庁・荏原警察署が振り込め詐欺防止のパレード(18日) | トップページ | ☆5万円ノートPCの市場拡大 国内外メーカー相次ぎ発売(18日) »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/42827390

この記事へのトラックバック一覧です: ☆比女性の不法就労関与、倉田議員の元秘書を強制捜査へ(18日):

« ☆警視庁・荏原警察署が振り込め詐欺防止のパレード(18日) | トップページ | ☆5万円ノートPCの市場拡大 国内外メーカー相次ぎ発売(18日) »