« 2008年10月29日 | トップページ | 2008年10月31日 »

2008年10月30日

2008年10月30日 (木)

☆大麻:昨年摘発3282件…過去最悪 警察庁(30日)

Logo_mainichi1_9 大麻を巡る大学生の事件が後を絶たない。今回の慶大生以外にも、今月2日に法政大の男子学生5人が大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕されたと発表されたばかり。大麻は入手しやすいことから若者への汚染は深刻で、大学生に限ると01年に覚せい剤取締法違反の検挙者数を逆転。01年から今年6月までに642人が検挙されている。警察庁によると、大麻の摘発事件は05年の2831件から年々増え、07年は3282件で過去最悪となった。今年上半期(1~6月)は1686件、1202人が逮捕や書類送検されており、昨年を上回るペース。今年上半期の容疑者のうち、約85%の1027人が初犯。年齢別では10~20歳代が全体の65%を占めている。中でも大学生の大麻事件が目立つ。今年1月には関東学院大ラグビー部の元部員が有罪判決を受け、5月には学内で大麻を密売していた関西大の学生らが逮捕された。大麻事件による大学生の検挙者数は07年は92人(前年比19人増)で、今年上半期は42人。全検挙者数に占める大学生の割合は大麻が3.5%で、覚せい剤の0.2%を大きく上回る。00年は覚せい剤が36人と大麻の29人より多かったが、01年に逆転。昨年は覚せい剤が23人で大麻の4分の1にとどまった。大学生の大麻汚染の背景には入手しやすさがあるようだ。警察庁は「大麻の種子がインターネットで販売され、栽培マニュアルも出回っており、誰でも手軽に入手できる」と説明する。大麻を種子から栽培する事件も急増している。今年上半期の栽培事件は91件(前年同期比24.7%増)で73人(同46.0%増)を検挙。大麻の種は栽培されることを知りながら販売すれば、栽培をほう助したとして罪に問われるが、種を販売したり、所持したりすること自体は罰せられないため、栽培事件が増加する要因になっているとみられる。 警察庁は「大麻を使用すると視覚や聴覚に変調をきたすうえ、幻覚や妄想に襲われる。大量に摂取することで中毒性精神障害になる恐れもある」と安易な使用に警告を発している。【長野宏美】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081031k0000m040105000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ひったくり男、スピード逮捕 振り込め詐欺警戒のおかげ 警視庁小松川署(30日)

Banner_logo_051_7  30日午後0時5分ごろ、東京都江戸川区江戸川の路上を歩いていた近くの女性(50)が、後ろからバイクで近づいてきた男に、現金約2万9000円が入った手提げバッグをひったくられた。男は追いかけてきた女性を突き飛ばし、バイクを置いて逃走しようとしたが、駆けつけた警視庁小松川署員に、強盗傷害の現行犯で逮捕された。女性は首などに軽傷。逮捕されたのは、同区南篠崎町の会社員、長島祥太容疑者(21)。長島容疑者は「追いかけてきた女性を振り払った」と容疑を認めている。女性が被害にあった現場近くには信用金庫があり、振り込め詐欺防止のため署員が警戒中だった。長島容疑者は約30メートル逃走したが、行き止まりの道で逃げられなくなったところで、署員らにスピード逮捕された。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/191448

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆舞阪の郵便局強盗自供 41歳男、逮捕へ 連続郵便局強盗犯か 静岡県警(30日)

47newslogo1_4 今年8月、静岡県浜松市西区馬郡町の郵便局に刃物男が押し入って現金約210万円を奪い、客に軽傷を負わせた強盗致傷事件で、同市中区の派遣社員の男(41)=詐欺容疑で逮捕=が同事件への関与を認める供述をしていることが30日までに、浜松中央署などの合同捜査班の調べで分かった。同署などは容疑が固まり次第、同日中にも男を逮捕する方針。
 男は昨年から今年にかけて浜松市内で連続発生した郵便局強盗に関与したグループの一員とみられ、同署などは一連の事件の全容解明を進める。調べでは、男は8月4日午後2時50分ごろ、郵便局に刃物を持って押し入り、局内にいた女性客にけがをさせ、約210万円を奪って逃走した疑いが持たれている。事件は客を人質に取り、カウンター越しに局員に紙袋を差し出して「金を入れろ」と脅迫し、札束を奪う手口だった。男は昨年10月から今年2月までの間、浜松市南区の歯科医院で計6回にわたり、別人がこの男になりすまして治療を受ける詐欺事件に関与したとして、9月に詐欺容疑で逮捕された。浜松市内では昨年9月以降、強盗事件が同市西区の郵便局(昨年9月4日、被害額約500万円)、同市天竜区の東郵便局(同9月13日、同約600万円)、同市東区の郵便局(今年6月2日、同110万円)、同市中区の郵便局(同7月6日、同120万円)などで連続発生した。 同署などは同一グループがメンバーの組み合わせや役割分担を変えながら、複数または単独で犯行を重ねていた可能性があるとみて、調べている。
http://www.shizushin.com/news/social/shizuoka/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆警察署地下駐車場にカモシカ 秋田市(30日)

K10050713911_011 News_pic1_4 30日午前、秋田市にある警察署の地下駐車場に国の特別天然記念物の「ニホンカモシカ」が侵入し、1時間半にわたって駐車場内を逃げ回りました。けが人はいませんでした。30日午前10時半ごろ、秋田市にある秋田中央警察署の地下駐車場に国の特別天然記念物のニホンカモシカがいるのを署員が見つけました。警察官が盾や「さすまた」を使って追い払おうとしましたが、カモシカは、積まれていたタイヤの上に乗ったり車のガラスに足をかけたりして逃げ、およそ1時間半にわたってにらみ合いが続きました。そして、警察官が外の安全を確認したあとシャッターを開けると、カモシカは勢いよく外に飛び出して逃げていきました。けが人はいませんでした。警察などによりますと、カモシカは警察署に近い秋田市中心部の千秋公園の周辺に生息していますが、地下駐車場にまで入り込んだのは初めてだということです。http://www3.nhk.or.jp/news/k10015071391000.html

| コメント (2) | トラックバック (0)

☆父親をまさかりで殴り死なす 男を逮捕(30日)

Noimage_120x901_3 宮城・大和町の民家で30日午後、28歳の男が父親をまさかりで殴り、死亡させた。男は殺人容疑で逮捕された。 逮捕されたのは大和町小野の無職・浅野直樹容疑者。警察によると、浅野容疑者は30日午後2時ごろ、自宅の寝室で寝ていた父親の会社員・正吉さん(56)の頭をまさかりで殴った。正吉さんは仙台市の病院に運ばれたが、死亡が確認された。警察が犯行の動機などを調べている。 http://www.news24.jp/122068.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆元共産党副委員長の上田耕一郎氏死去(30日)

Tky2008103004221 Logo3 ロッキード事件やリクルート事件、外交・防衛問題の追及などで活躍し、論客としてならした元共産党副委員長で元参院議員の上田耕一郎(うえだ・こういちろう)さんが30日午前6時28分、慢性呼吸不全のため東京都内の病院で死去した。81歳だった。葬儀は31日、親族による密葬で執り行う。共産党は「お別れの会」を後日開くとしている。不破哲三前議長の実兄。46年に共産党に入党し、党機関紙「しんぶん赤旗」編集長や党選挙対策局長などを歴任した。74年参院選で初当選し76年に副委員長に就任。参院議員は98年まで連続4期、副委員長は06年まで務めた。複数政党制を前提とした「民主連合政府」の提唱など、党内の柔軟・現実路線の理論的支柱とされた。国会を舞台に論客としても活躍した。外交・安全保障分野では、沖縄返還に伴う日米核密約、自衛隊の秘密組織などの疑惑を追及し、反響を呼んだ。「ウエコー」の愛称で親しまれ、「秀才肌の弟。人間味の兄貴」とも言われた。テレビのバラエティー番組にも積極的に出演した。志位委員長は30日の記者会見で「暮らしから安保・平和の問題まで、幅広く国会の予算委員会の舞台で縦横無尽の働きをされた。天衣無縫というか、本当に太陽みたいなの方だった。私自身のあこがれだった」と振り返った。 http://www.asahi.com/obituaries/update/1030/TKY200810300379.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆元行員、数年前に自己破産=手数料130万超受領か-新銀行東京融資詐欺・警視庁(30日)

Top_header_logo1 新銀行東京(東京都新宿区)の融資をめぐる詐欺事件で、元行員青木千代美容疑者(56)が数年前、自己破産をしていたことが30日、警視庁捜査2課の調べで分かった。その後、同行に入行して130万円以上の手数料を受領したほか、成果に応じた報奨金を得ており、同課は不正に関与した経緯を調べる。調べによると、青木容疑者は都市銀行に勤務後、2000年8月に京都市のねじメーカーに就職し、役員などを務めて04年3月に退社。01年ごろにブローカーの渡部善和容疑者(49)と知り合った。4、5年前に自己破産を申請後、06年1月に新銀行東京へ営業担当の契約社員として入行。同年4月に池袋出張所に勤務して以降、昨年3月に退職するまでに、渡部容疑者が紹介した4件の融資を担当した。塗料会社への500万円の融資の際に30万円、逮捕容疑となった5000万円の融資で100万円の手数料を得ており、ほかの2件でも手数料を受け取ったとみられる。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081030-00000153-jij-soci

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆借家で大麻を“ハウス栽培” 売人逮捕(30日)

Banner_logo_051_6 大麻草を栽培し、知人らに密売していたとして、神奈川県警藤沢署は30日、大麻取締法違反容疑で、平塚市宮の前の板金業経営、多田貴弘容疑者(30)を逮捕した。多田容疑者は容疑を否認している。同署は多田容疑者が大麻栽培用に借りていた家から大麻草112本(9000万円~1億3400万円相当)と乾燥大麻1283グラム(513万円)を押収した。県警は9月に、多田容疑者から大麻を買ったとして、同法違反容疑(所持)で、会社員の長谷川勝利容疑者(27)=同罪で起訴=を逮捕している。長谷川容疑者は多田容疑者から大麻1グラム当たり4000円の価格で購入したと供述している。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/191356/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆高級住宅街で主婦らに覚せい剤密売 男逮捕(30日)

081030048_160x1201 Noimage_120x901_2 東京都心の住宅街で主婦らに覚せい剤などを密売したとして、密売グループのリーダーでイラン国籍の男が逮捕・起訴された。覚せい剤取締法違反の疑いなどで関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕されたのは、イラン国籍で住所不定のアボルファズル・ザルバリ被告(42、同法違反の罪などで起訴済み)。調べによると、ザルバリ被告は、「売り子」役の男4人と共謀し、今年5月から7月にかけて東京・港区内のマンションなどで、覚せい剤約20グラム、コカイン約42グラムなどを販売目的で所持していた疑いが持たれている。このグループは当初、繁華街で密売をしていたが、防犯カメラが増えたことから都心の高級住宅街に活動の場を移し、麻布、高輪、白金にそれぞれ売り子を置いて密売を繰り返していた。http://www1.ntv.co.jp/news/wmtram/news_dw.cgi?movie=081030048.cgi.56k.122054.html

【関連記事】

続きを読む "☆高級住宅街で主婦らに覚せい剤密売 男逮捕(30日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆強盗傷害:スナック経営者襲った疑いで組員ら逮捕 東京(30日)

Logo_mainichi1_6 東京・上野で5月、開店前のスナックに数人組の男が押し入り現金や貴金属類約410万円相当を奪って逃げる事件があり、警視庁組織犯罪対策2課と上野署は30日、韓国籍の東京都台東区元浅草、山口組国粋会系暴力団組員、李昌倫容疑者(40)ら組員3人など計4人を強盗傷害容疑で逮捕した。さらに男1人が関与しているとみて行方を追っている。調べでは、李容疑者らは5月3日午後5時50分ごろ、台東区上野2のスナックに包丁や木刀を持って押し入り「金を出せ」と脅迫。タイ国籍の女性経営者(50)の右足をバットで殴り6週間の重傷を負わせた上、現金約290万円と外国製高級腕時計など貴金属類8点(時価約120万円相当)を奪って逃げた疑い。事件当時は開店前で客はおらず、経営者や従業員ら約10人が、別の飲食店の従業員の誕生パーティーを開いていた。経営者以外にはけがはなかった。経営者は以前、李容疑者らから、みかじめ料(用心棒代)を要求され断った経緯があり、関連を追及する。【佐々木洋、古関俊樹、神澤龍二】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081030k0000e040062000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆小岩の路上で強盗 連続強盗傷害との関連捜査(30日)

Banner_logo_051_4 29日午後11時55分ごろ、東京都江戸川区西小岩の路上で、男性会社員(46)が3人組の男に暴行を受け、キャッシュカードなどの入った手提げバッグを奪われた。男性は頭や腹にけがを負った。警視庁小岩署は強盗傷害事件として、逃げた男らの行方を追っている。
 28日未明には現場から約7キロ離れたJR錦糸町駅周辺で、男性2人が3人組の若い男に相次いで襲われる強盗傷害事件が発生しており、同署は関連を調べている。 
 調べでは、男性はJR小岩駅から帰宅途中で、路上に立っていた3人組の男に背後から「おっさん、何見てんだよ」などと因縁をつけられた上、殴るけるの暴行を受け、手提げバッグを奪われたという。3人組の男のうち2人は25歳くらい。1人は身長約170センチで、白いシャツを着た丸刈りの男。もう1人は赤いジャージー姿の小柄な男だったという。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/191320/ 

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆<新銀行東京詐欺>青木容疑者、借り入れ記載の削除を指示(30日)

Logo_mainichi1_5 新銀行東京(本店・東京都新宿区)の融資を巡る詐欺事件で、元池袋出張所契約社員、青木千代美容疑者(56)が営業実態のない給排水設備会社「リフレックス」(中野区)への融資を自分が担当できるようにするため、決算報告書からソフトウエア開発会社「アシストプラン」(大阪市)からの借り入れを削除するよう求めていたことが分かった。ア社は上野出張所と取引があり、借り入れを記載すれば上野出張所が窓口になるのが通例。警視庁捜査2課は、青木容疑者が高額ノルマ達成のための工作をしたとみて追及する。 調べでは、リ社が06年9月に融資を受ける際、決算報告書などの会計書類を提出する必要があったが、決算書には当初ア社からの借り入れ約600万円が記載されていた。新銀行によると、融資を申請した会社の借入先が新銀行から融資を受けている場合、関連会社として担当窓口が一本化されるのが通常だという。ア社は06年3月に上野出張所から約5000万円の融資を受けていたため、両社の関係が伝わると池袋出張所の青木容疑者が担当できない恐れがあった。 そのため青木容疑者は、仲介する金融ブローカーを通じ、元暴力団組員でア社会長、大丸正志容疑者(46)らに削除を指示したという。青木容疑者は調べに「半年で10億円を超えるノルマがあった。ノルマ達成のために詐欺をやった」と供述しており、捜査2課は実績作りのためだったとみている。【杉本修作、酒井祥宏】http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081030-00000058-mai-soci

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆木村拓哉さんの自宅に空き巣か 東京・目黒(30日)

Banner_logo_051_3 東京都目黒区にあるSMAP木村拓哉さん(35)の自宅に何者かが侵入した形跡があり、警視庁目黒署が空き巣の可能性が高いとみて調べていることが30日、分かった。 同署などによると、今月19日午後7時半ごろ、木村さん宅の警備会社の警報装置が作動。駆けつけた同署員が調べたところ、2階の窓ガラスに侵入しようとした形跡があったという。盗まれたものはなく、被害届は出ていない。 付近は高級住宅街で、今年5月にはお笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志さん方でも窓ガラスが割られるなど、空き巣に狙われたとみられる被害があった。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/191291

女優の中山忍さんが空き巣被害 

10/03 20:43更新

東京都世田谷区大原にある女優の中山忍さん(35)の自宅が空き巣被害に遭っていたことが3日、分かった。警視庁北沢署は窃盗の疑いで調べている。調べでは、中山さんが1日午後9時半ごろに帰宅したところ、1階窓ガラスの鍵が開けられ、室内から現金約20万円と指輪などの貴金属が盗まれていた。所属事務所のマネジャーが110番通報した。中山さんは3週間ほど前から自宅を留守にしており、同署はこの間に侵入されたとみて調べている。 中山さんは、女優の中山美穂さん(38)の実妹で、映画やドラマに出演しているほか歌手としても活動している。

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ドクターヘリ 来年3月運航開始(30日)

47newslogo1 八戸市は二十九日、来年一月を見込んでいた八戸市民病院のドクターヘリ暫定運航開始時期が、三月にずれ込む見込みであることを明らかにした。市が同病院に建設するヘリコプター格納庫やヘリポートの工事が三月までかかる見通しとなったため。また建設費は総額一億一千三百万円で、運航主体である県の補助金三千百万円を除いた市の負担は約八千二百万円に上ることが分かった。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2008/20081030111600.asp

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ノロウイルスで小学校臨時休校 170人感染か(30日)

San1  埼玉県新座市教育委員会は29日、市立石神小学校(長谷川裕校長、児童数479人)で、児童計約170人が嘔吐(おうと)や吐き気などノロウイルスによる感染性胃腸炎とみられる症状を訴えたと発表した。30、31の両日、臨時休校にする。児童2人からノロウイルスが検出された。重症者はいないという。市教委によると、28日午前9時ごろ、登校していた3年生の児童が嘔吐するなど、同日中に1~5年生の計13人が体調不良を訴えた。翌29日には児童137人、教員1人が同様の症状を訴えて欠席、27人が早退したため、全員を下校させ臨時休校を決めた。この小学校は自校で給食をつくっており、全学年で同じものを食べているという。朝霞保健所は感染経路を調べている。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081030-00000082-san-soci

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ブラジル人の男5人を逮捕、薬物販売の男性殺害容疑(30日)

Banner_logo_051 今年8月に愛知県北名古屋市の路上で日系ブラジル人の男性が殺害され現金などが奪われた事件で、愛知県警は30日未明、強盗殺人容疑で無職、ダ・シルバ・ロジェリオ容疑者(33)ら、いずれも浜松市に住むブラジル国籍の男5人を逮捕した。 調べでは、5人は8月23日午前0時10分ごろ、北名古屋市中之郷諏訪の路上で、岐阜県岐南町野中の職業不詳、ブルム・タダシ・ナメカタさん=当時(31)=の背中や首を刃物で刺して殺害し、現金約20万円や覚醒(かくせい)剤の入ったポーチなどを奪った疑い。県警は5人がナメカタさんが薬物を売っていることを知っており、現金や薬物を奪う目的で呼び出して殺害したとみている。ナメカタさんが所持していた3台の携帯電話の発着信履歴や付近の防犯カメラの分析から5人が浮上し、29日に任意で事情を聴いていた。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/191267/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆薬物:白金、麻布が汚染 延べ2万人に売ったイラン人逮捕 高級住宅地エリアにも売り子配置(30日)

Logo_mainichi1_4 東京都港区の住宅街で主婦や会社員ら延べ約2万人に覚せい剤などの薬物を密売したとして、関東信越厚生局麻薬取締部が密売グループのリーダーでイラン国籍の男を覚せい剤取締法違反(営利目的所持)容疑などで逮捕していたことが分かった。麻布や白金などエリア別に「売り子」を置き、昨年11月以降だけで約2億円を売り上げたとみられる。リーダー格の摘発は珍しく、麻薬取締部は高級住宅街を舞台にした薬物汚染の全容解明を進める。逮捕されたのは、住所不定、アボルファズル・ザルバリ被告(42)=覚せい剤取締法違反罪などで既に起訴。【武内亮】調べでは、ザルバリ被告はイラン国籍の売り子役の男4人=同=と共謀し、今年5~7月、港区のマンションやアパートの一室で、覚せい剤約20グラム、コカイン約42グラムなどを販売目的で所持していた疑い。1日平均約70人に売りさばき、1カ月の売り上げは多い時で約2000万円に上ったという。5月以降、順次逮捕した4人の供述からザルバリ被告が浮上し、7月に港区の路上で逮捕した。ザルバリ被告は96年ごろから偽造旅券で密入国を繰り返し、都内や中部地方で覚せい剤などを密売。初めは繁華街などで売っていたが、防犯カメラの設置が増え、警察の取り締まりも強化されたことから住宅街に目をつけ、最近は活動の中心を港区などの高級住宅街に移していた。手口は、顧客の連絡先があらかじめ入力された「客付き携帯」と呼ばれる携帯電話を入手し、自ら売買内容を交渉。話がまとまると、麻布、高輪、白金の3地区を担当するそれぞれの売り子に受け渡しの日時や場所を指示していた。受け渡しはほとんどが住宅街の路上。特定の売買拠点を作ると取り締まりの対象になりやすいと判断したとみられる。売り子の男は、六本木のクラブなどで勧誘していたという。調べに対し、ザルバリ被告は容疑を否認しているが、4人は「ザルバリ被告の指示でやった」と供述、「日本人は金があるし真面目に払うからやりやすかったが、こんなに薬物を買う人がいて日本は大丈夫かと心配になった」と話しているという。麻薬取締部の調べによると、ザルバリ被告のグループのようなイラン人の密売組織は都内に約10グループあるとみられる。同部はザルバリ被告らをさらに追及し、薬物や客付き携帯の入手ルートなどについて調べる。http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081030k0000m040144000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆日本列島 本日の振り込め詐欺(10月30日)9件

ネットで高齢者名を検索、振り込め詐欺の2人逮捕

福岡、鳥取両県警は29日、福岡市城南区荒江、指定暴力団・山口組系元組員で自営業谷口隆文被告(43)(別の詐欺罪などで起訴)と、三重県松阪市東町、無職辻一馬容疑者(30)を詐欺容疑などで逮捕した。両県警によると、2人は茨城県拠点の振り込め詐欺グループのメンバー。2007年9月頃からインターネットの電話番号検索システムで、高齢者の名前に多いとみられる「蔵」と「助」の文字を入力して出た番号を選んで電話し、被害は福岡、神奈川など8県で計約1700万円にのぼるという。発表によると、2人は3月下旬、北九州市八幡西区の70歳代の男性宅に息子を装って「振り込み間違いをした。取引先に250万円送金する必要がある」と電話し、銀行口座に100万円を振り込ませてだまし取った疑い。100万円は直後に、静岡県のコンビニエンスストアのATM(現金自動預け払い機)で引き出されたが、別の銀行で振り込まれた残り150万円は、銀行側が気付いて出金手続きを止めた。谷口被告は「20歳代の男の指示でやっていた」と供述。両県警は逮捕状を取って行方を追っている。(2008年10月30日01時41分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081030-OYT1T00139.htm

不審電話60件超 宮城県石巻・2人が詐欺被害

Main_logo1 宮城県内で28日に相次いだ警察官を名乗る不審電話が、石巻市内では29日に60件以上あったことが石巻署の調べで分かった。このうち市内の女性2人が、それぞれ約100万円の被害に遭った。石巻署は同一犯による詐欺事件として捜査している。調べでは、29日午前10時45分ごろ、80代無職女性宅に警察官を名乗る男から「逮捕者があなたのキャッシュカードを持っていた。銀行の相談所から連絡がある」などと電話があった。 約2時間後にかかってきた電話の女性にカードの暗証番号を伝え、その後自宅に来た20、30代のスーツ姿の男にカードを渡した。口座からは約100万円が引き出された。別の60代無職女性も同様の手口で約100万円をだまし取られた。 2008年10月30日木曜日 http://www.kahoku.co.jp/news/2008/10/20081030t13034.htm

携帯電話4台譲り受けた男2人逮捕 秋田市

47newslogo1_2 秋田県警組織犯罪対策課と秋田中央署は29日までに、携帯電話不正利用防止法違反(有償譲り受け)の疑いで、秋田市新屋松美ガ丘、飲食店手伝い横田隼一(21)、同市山王、無職柴田恵地(20)の両容疑者を逮捕した。県内での同法違反による逮捕は、2006年4月の施行後初めて。調べでは、両容疑者は6月ごろ、同市内の知人ら4人にそれぞれ1万円前後を支払い、同市内の携帯電話販売店で新規契約した4人の名義の携帯電話計4台を譲り受けた疑い。両容疑者は「携帯電話本体の料金や通話料は自分たちが払う」と言い、契約を依頼していたという。同署によると、4台とも両容疑者の手元にはなく、通話できない状態。同署は両容疑者が何者かに転売したとみて、4台の行方や振り込め詐欺に使われていないかなどを調べている。http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20081030a

◎500口座に12億円 「振り込め」700人被害 小松の男ら逮捕

47newslogo1_3  不正に開設した口座の売買を持ち掛けたとして石川県警捜査二課と小松署などは二十九日までに、犯罪収益移転防止法違反の疑いなどで、「口座屋」とみられる小松市内の男ら四人を逮捕した。捜査関係者によると、県警が三月施行の同法を適用したのは初めて。「口座屋」が転売した口座は約五百件で、全国の振り込め詐欺被害者約七百人から約十二億円の入金が確認されており、県警などが実行犯グループの特定を急いでいる。逮捕されたのは、口座を不正に開設した詐欺容疑で小松市内の男二人と、口座の転売を勧誘した犯罪収益移転防止法容疑で同市内と長野県内の男二人。調べでは、小松市内の男二人は今年、石川県内の金融機関で他人に売り渡す目的を隠して口座を不正に開設し、通帳とキャッシュカードをだまし取った疑い。長野県内の男ら二人は共謀して今年、小松市内の男二人に有償で口座の譲り渡しを持ち掛けた疑いが持たれている。捜査関係者によると、長野県内の男ら二人は昨年から今年にかけて、インターネットの掲示板に「口座買います」などと書き込み、全国から約五百件の口座を買い集め、振り込め詐欺グループに転売していたという。 その後の調べで、これらの口座は、同一グループの犯行とみられる民事訴訟取り下げ供託金名目の振り込め詐欺の入金に使われていたことが判明。被害者は県内の約十人を含め全国約七百人、被害総額は約十二億円に上るとみられることが分かった。 詐欺グループは、民事訴訟を起こされているという架空の内容のはがきを被害者宅に郵送。その後、電話で弁護士などを名乗り、「裁判を取り下げるには供託金が必要」とだまし、一人に対し数十万―数百万円を現金自動預払機から振り込ませていたとみられる。 警察庁は今月、「振り込め詐欺撲滅月間」に指定。県警なども口座の不正開設事件を突破口に捜査を進めており、背後に大掛かりな組織が関与しているとみて、事件の全容解明を急いでいる。 犯罪収益移転防止法 預金口座が振り込め詐欺に悪用されるのを防ぐため、通帳やキャッシュカードの譲渡や譲り受け、売買、インターネット上などに売買の広告を載せることを禁じている。違反した場合は50万円以下の罰金。業として行った場合は、2年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金が科される。今年3月1日に全面的に施行された。http://www.hokkoku.co.jp/_today/H20081030102.htm

続きを読む "☆日本列島 本日の振り込め詐欺(10月30日)9件"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆大麻を大学内で売買、自宅に所持 慶大生2容疑者を逮捕(30日)

Logo_mainichi1_3  慶応義塾大学の学生2人が、学内で大麻を売買したなどとして、大麻取締法違反(譲渡など)容疑で今月上旬、神奈川県警に逮捕されていたことが29日、県警幹部への取材でわかった。 逮捕されたのは、慶応大2年、内田浩太郎容疑者(21)=横浜市青葉区=と、1年の男子学生(20)=東京都台東区、起訴後に保釈=の2人。2人は友人で、別々の文系学部に所属している。いずれも容疑を認めているという。県警幹部によると、内田容疑者は7月、横浜市港北区の日吉キャンパス内で、逮捕された1年の男子学生に乾燥大麻数グラムを約7千円で譲り渡した疑いがある。今月9日に逮捕された。1年の学生は、今月1日、自宅で大麻を所持していたとして、同法違反(所持)容疑で現行犯逮捕され、起訴後に保釈された。2人は県警の調べに、「同じ大学の何人かと一緒に吸ったことがある」「興味半分だった」などと供述しているという。県警は他の学生にも広がっている可能性もあるとみて調べている。 慶応大学は朝日新聞の取材に、「逮捕について事実確認がとれない」としている。 大学生の大麻事件は後を絶たず、関東学院大学ラグビー部の寮で大麻を栽培した部員2人が今年1月に有罪判決を受けた。今月初めにも法政大学の学生5人が所持容疑で逮捕されている。 http://www.asahi.com/national/update/1030/TKY200810290338.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆顧客100人送検へ=福祉車両脱税、年内にも-愛知県警(30日)

Jij1 愛知県長久手町の自動車販売会社「ベストライン」が、福祉車両を装い顧客に自動車税などを不正に減免させていた事件で、愛知県警交通指導課などは29日までに、地方税法違反と道路運送車両法違反の疑いで、既に送検した分も含め、同社の顧客100人前後を書類送検する方針を固めた。年内をめどに捜査を終結させる。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081029-00000219-jij-soci 

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆<札幌監禁>娘を8年間自宅に 19歳で保護(30日)

Logo_mainichi1 札幌市北区の女性(21)が小学生の時から19歳で保護されるまで約8年間にわたり、母親によって自宅に監禁状態に置かれていたことが毎日新聞の取材で分かった。小学6年から中学までの4年間で3日しか登校していなかった。女性が通った市立小中学校は監禁に気付かず、いずれも「不登校」として処理。市保健福祉部も別居中の父親から相談を受けながら具体的対応をとらなかった。【木村光則、大谷津統一、和田浩幸】 関係者によると、女性は小学2年までは普通に登校していたが、3年から登校日数が減り、4、5年の登校日数は50日前後に。6年で1日、中学も1年時に2日間登校しただけで2年時からは全く登校しなくなった。母親は、女性が小学3年のころから「娘が連れていかれる」などと話すようになり、登校後に連れ戻したり、家から動かないよう指示したりと、徐々に外出を許さなくなり、事実上の監禁状態になったという。母親は買い物などで時々外出していたらしい。一家は女性と両親の3人暮らしだったが、父親は不在がちで、女性が17歳のころに別居した。小中学校の担任教諭が月数回の割合で自宅訪問したというが、母親に断られて様子を確認することはできなかったという。また、父親は05年1月に保健福祉部の出先機関に相談したが、電話で助言を受けただけだった。06年6月に、付近住民から「異臭がする」と警察に連絡があり、市が事実関係を調査。2カ月後の8月には児童相談所に虐待ではないかという問い合わせがあり、女性を保護した。発見時、筋力が弱まり自力では歩けない状態だった。女性は福祉施設で治療を受けており、知的障害と認定された。小学2年までの学力は平均レベルだったため、長期間の監禁状態が障害の原因になったとみられている。母親も障害があると判断され、精神保健法に基づき医療保護入院している。道都大の小銭寿子准教授(社会福祉論)は「外出を認めない、学校に行かせないという不適切な養育は虐待で、ネグレクト(養育放棄)に当たる」と話す。女性を保護した同市の岡田寿・障がい福祉担当部長は「子供の監禁に関するシグナルはあった。教育委員会も含め、もっと専門的に関与することが必要だった。市として(今回のような事例を)うずもれさせないようにしたい」と話している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081030-00000012-mai-soci

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆傷害:東北高野球部員8人を書類送検 宮城県警(30日)

Logo_mainichi1_3 東北高校(仙台市泉区)硬式野球部の2年生が同学年の部員に暴行した問題で、宮城県警少年課と泉署は29日、16、17歳の部員8人を傷害、暴行容疑で仙台地検に書類送検した。全員容疑を認めているという。調べでは、9月13日午後6時から7時にかけて同高のグラウンドで、2年生部員約30人が「部活中の態度が悪い」などと同学年の部員3人を取り囲んで詰問。このうち7人が殴るけるなどしたうえ、この際には手を出さなかった部員1人が直後に、「無視された」として、3人のうちの1人を部室内に連れ込み、殴った疑い。暴行により、1人が全身打撲や頸椎(けいつい)ねんざのけがを負い、一時入院した。同高はこの問題を受け、秋季高校野球県大会の出場を辞退。学校側は9月16日に会見し、部員2人が殴ったと説明していた。五十嵐一彌校長は「事実に関し被害者の話を把握できていない部分もある。再発防止に真摯(しんし)に取り組んでいきたい」などと話した。硬式野球部は春夏合わせて38回甲子園に出場した。【比嘉洋、須藤唯哉】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081030k0000m040071000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆偽エルメス販売目的 高松の業者逮捕(30日)

Msn_s1_6 産経ニュース

 エルメス偽ブランド商品を販売目的で所持していたとして、香川県警高松北署は29日、商標法違反の疑いで、同県三木町の輸入卸販売会社社長、蓮井佐津子容疑者(42)ら4人を逮捕した。平成18年10月ごろからインターネットを通じて約1億7000万円分を売り上げていたとみられ、同署は余罪を追及している。調べでは、蓮井容疑者らは同社事務所など2カ所で、偽物のエルメスの財布など4点を販売や譲渡目的で所持していた疑い。同署は約270点の偽エルメス商品を押収。これまでの購入者は関東や関西の女性らで、高松市の20代の女性は正価100万円前後のバッグを約13万円で購入していたという。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081029/crm0810292123042-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「ヨットを沈めようと思った」 消火器発射男を追起訴(30日)

Banner_logo_051_5 皇居に向けて消火器が発射された事件で、東京地検は29日、鉄パイプ爆弾を隠し持っていたとして爆発物取締罰則違反容疑で再逮捕されていた元陸上自衛官、小川俊之容疑者(34)を、火薬類取締法違反罪で追起訴した。小川被告は「(爆弾で)ヨットを沈めようと思った」とも供述しているが、明確な爆弾の使用目的を特定できなかったため、再逮捕容疑と異なる同罪での起訴となった。起訴状などによると、小川被告は9月19日、神奈川県相模原市の自宅で、アルミニウム粉末を混ぜた黒色火薬約30グラムずつを入れた鉄パイプ爆弾3本を隠し持っていた。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/191156/

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月29日 | トップページ | 2008年10月31日 »