« 2008年10月20日 | トップページ | 2008年10月22日 »

2008年10月21日

2008年10月21日 (火)

☆16歳少女をデリヘル 経営者ら逮捕 東京・墨田(21日)

産経ニュースMsn_s1_3

16歳の少女に売春をさせたとして、警視庁代々木署児童福祉法(淫行させる行為)違反などの疑いで、墨田区錦糸のデリバリーヘルス店「GEKI(ゲキ)」の経営者、紫原正勝(36)=千葉県市川市南行徳=と店長の野神大二郎(33)=東京都江東区西瑞江=の両容疑者を逮捕した。調べでは、紫原容疑者らは昨年6月ごろ、当時16歳の千葉県の無職の少女を年齢を確認せずに雇用。昨年11月から今年6月ごろまで、墨田区内のホテルや貸部屋などで男性客約80人を相手にわいせつな行為をさせるなどした疑い。紫原容疑者はホームページ(HP)で店を宣伝。少女はHPの求人広告を見て、「待遇がいい」と応募してきたという。同署は、他にも十数人の少女を雇っていた疑いがあるとみて調べている。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081021/crm0810211750028-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆「仕事でイライラ」消防団員を放火で逮捕 東京(21日)

産経ニュースMsn_s1_2

東京・築地の空き家に火を付けたとして、警視庁捜査1課は21日、放火の疑いで、港区新橋、飲食店店員、夏目裕介容疑者(38)を逮捕した。夏目容疑者は昨年11月から築地全域を受け持つ京橋消防団第6分団に所属。「仕事がうまくいかず、イライラが募って火を付けた」と供述している。築地に隣接する銀座、新橋を含む地域で昨年2月以降、空き家やごみ集積場などが燃える不審火が十数件発生しており、現場の複数の防犯カメラに夏目容疑者の姿が映っていることなどから、捜査1課で余罪を追及する。いずれもぼや程度で消火され、けが人はいないという。調べでは、夏目容疑者は今月5日未明、中央区築地の空き家にティッシュペーパーを使って火を付け、窓などを燃やした疑い。http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/081021/dst0810211812005-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆夏祭りパトロール中に中3ナンパ わいせつ行為の小学校教諭を逮捕(21日)

Banner_logo_051_9 夏祭りのパトロール中にナンパした中学生にわいせつな行為をしたとして、警視庁少年育成課と浅草署は埼玉県青少年健全育成条例違反の疑いで、同県志木市立志木第三小教諭、後藤崇行容疑者(23)=同県和光市新倉=を逮捕した。調べでは、後藤容疑者は8月9日午後、18歳未満と知りながら、自宅に中学3年の女子生徒(15)を連れ込み、わいせつな行為をした疑い。「彼女がおらず欲望に負けた。後悔している」などと供述しているという。 後藤容疑者は7月中旬に志木市内の神社で開かれた夏祭りのパトロール活動中、女子生徒に「メルアド交換しませんか?」などと声を掛けてナンパ。その後、メールのやりとりを続けていた。女子生徒が9月上旬に東京・池袋で補導された際、「先生とわいせつな行為をした」と話したことから犯行が発覚した。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/188760

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆東村山殺人:孫の朝食作りが「生きがい」…故手島公子さん(21日)

Logo_mainichi1_2 東京都東村山市本町のアパートで無職、手島公子さん(73)が刺殺された事件から22日で2週間。変わり果てた姿を見つけたのは、誰よりも可愛がっていた孫の女児(10)だった。毎朝のように、2人の孫の朝食を作りに長男宅を訪れていた手島さんは、生きがいだったその台所で息絶えていた。警視庁東村山署捜査本部は物色の形跡がないことなどから、交友関係を中心に捜査を進めている。近所の住民によると、手島さんは闘病を続けていた夫に昨年初めごろ先立たれ、同市美住町の都営アパートで1人暮らしをしていた。同じアパートの主婦(76)は「ご主人を車いすに乗せ、近くの空堀川沿いを散歩する姿をよく見かけた。亡くなってからは寂しそうだった」と話す。夕暮れ時、その川沿いの道を、飼っていた老犬と歩く姿が周囲の記憶に残る。そんな手島さんの心の支えになっていたのが、小学5年生の女児と1年生の男児の2人の孫だった。手島さんのアパートには以前、長男と2人の孫が同居していた。しかし、夫が亡くなる前後に長男家族は約1キロ離れた本町の別の都営アパートに引っ越した。数年前から、母親はアパートを出て別居している。以来、手島さんは「母親がいない孫のために」と長男宅まで自転車で、朝食を作りに行くのが日課となった。保育園の送迎や保護者会にも親代わりとして参加した。そんな優しいおばあちゃんに、孫たちもよくなついた。9月下旬、手島さんのアパート住民が総出で近所の掃除をしたときのことだ。2人の孫は手島さんと一緒になって楽しそうにごみを拾い、汗を流したという。「お孫さん、大きくなったねえ」。ある住民が声を掛けると「下の男の子がやんちゃで、目が離せないの」と目を細めたという。あるじを失ったアパートには、青い一輪車とキックボードが2台置かれていた。そのそばには、孫の名前のシールが張られた青い雨傘がかけてあった。【古関俊樹、神澤龍二、川崎桂吾】http://mainichi.jp/select/today/news/20081021k0000e040081000c.html

| コメント (0) | トラックバック (1)

★振り込め詐欺容疑、東京拠点の男3人を逮捕 京都府警(21日)

Logo3_3 京都府警は21日、高齢の女性から現金をだまし取った詐欺の疑いで、東京都内に拠点を置く振り込め詐欺グループに所属する都内在住の20代の男2人と、住所不定の20代の男=窃盗容疑で逮捕=の計3人を逮捕し、都内の拠点などを家宅捜索した。府警によると、3人は9月下旬、兵庫県内の60歳代の女性に息子を装って電話をかけ、「闇金に借りた金が返せない。取り立てられて困っている」と訴える「オレオレ詐欺」の手口で現金を要求。数回にわたって計約140万円を指定した銀行口座に振り込ませ、だまし取った疑いが持たれている。 府警は今月8日、京都府亀岡市内のパチンコ店で大学生(24)の財布や現金約15万円などを置き引きしたとして住所不定の男を逮捕。押収した資料などから「オレオレ詐欺」が明らかになったという。 http://www.asahi.com/national/update/1021/OSK200810210060.html

続きを読む "★振り込め詐欺容疑、東京拠点の男3人を逮捕 京都府警(21日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆大麻所持容疑でプロ格闘家エンセン井上を逮捕 警視庁(21日)

Logo3_2  乗用車内で大麻を所持したとして、警視庁は、さいたま市岩槻区慈恩寺、プロ格闘家エンセン井上容疑者(41)=本名イノウエ・エンセン・ショウジ=を大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕した。「約1カ月前に友人からもらった。自分で吸うために持っていた」と供述しているという。 池袋署によると、エンセン容疑者は18日午後3時ごろ、東京都豊島区東池袋1丁目のコインパーキングに止めたワゴン車内で、大麻成分を含むたばこ13本と乾燥大麻(計約17グラム)を所持した疑いがある。自動車警ら隊員が職務質問して所持品検査したところ、「マリフアナです」と説明したため、逮捕したという。エンセン容疑者は米国・ハワイ州出身の日系アメリカ人。「PRIDE」など総合格闘技で活躍した。「米国にいた時も吸ったことがある」と話しているという。http://www.asahi.com/national/update/1021/TKY200810210180.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆自分のトラックにはねられ死亡 八王子市(21日)

San1_3 21日午前7時25分ごろ、東京都八王子市左入町の国道16号で、埼玉県ふじみ野市中福岡のトラック運転手、西川芳紀さん(40)が車道に倒れていると110番通報があった。西川さんは病院に運ばれたが、胸や頭を打っており、まもなく死亡した。警視庁八王子署の調べでは、西川さんは同日午前7時15分ごろ、上り坂になっている道路左側に6・5トントラックを駐車。車外に出たところ、サイドブレーキの引きがあまかったため後退してきた自分のトラックにはねられたとみられる。トラックは中央分離帯に乗り上げて止まった。西川さんは八王子市内に荷物を届ける途中だった。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081021-00000558-san-soci

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆無職女性、2000万円ひったくられる チラ見せがアダ?(21日)

San1_2 20日午後11時40分ごろ、兵庫県神戸市兵庫区荒田町の荒田公園で、止めていた自転車に乗って帰宅しようとした同市兵庫区新開地の無職女性(55)が、前方から近づいてきた男に現金約2000万円入りの革製のビジネスバッグをひったくられた。男はその場から南方向に逃走。兵庫署が窃盗事件とみて捜査している。同署の調べでは、逃げた男は25~35歳くらいで上下黒っぽい服だったという。女性は貯金した現金を自宅から持ち出し、近くの寿司屋で知人らと食事した際、札束の一部を見せていたという。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081021-00000528-san-soci

| コメント (0) | トラックバック (0)

★パトカー追跡のバイク事故で男性5人死傷 徳島(21日)

Banner_logo_051_7 21日午前2時20分ごろ、徳島県小松島市芝生町赤石の市道交差点で、阿南署のパトカーから追跡を受けた直後のバイク3台が田んぼに転落した。乗っていた徳島市の無職、浦田理巳さん(19)が全身を強く打って死亡、15-18歳の男性4人が重軽傷を負った。阿南署などによると、同日午前2時10分ごろ、同県阿南市で爆音を立てて走るバイクをパトカーが見つけて停止を求めた。バイクは止まらずに信号を無視して逃げ、小松島市内で車が入れない場所に入ったため、追跡を打ち切ったという。追跡は6、7分で約9キロの区間だったという。 阿南署の尾田正則副署長は「追跡は適切に行われたと考えている」と話している。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/188684/

続きを読む "★パトカー追跡のバイク事故で男性5人死傷 徳島(21日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆若い男5人が鉄パイプでホームレス襲撃 多摩川河川敷(21日)

Banner_logo_051_6 21日午前7時25分ごろ、東京都大田区東六郷の多摩川河川敷で、ホームレスの男性(56)が血を流して寝ているのを知人が見つけ、警視庁蒲田署に通報した。男性は頭部に約1週間の打撲を負い、「17、18歳ぐらいの若い男5人に鉄パイプで襲われた」と話していることから、同署は傷害容疑で捜査を始めた。調べでは、男性は20日夕、六郷橋の下で座っていた際、いきなり襲われたという。河川敷にある鉄さくの一部に引き抜かれた跡があるため、引き抜かれた鉄パイプが凶器とみている。男性は襲撃後、近くの小屋に戻って寝ていたところ、知人に発見された。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/188709/

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆大阪・梅田のひき逃げ事件 被害者は30歳の会社員(21日)

Banner_logo_051_5 大阪・梅田のひき逃げ事件で、死亡したのは堺市東区の会社員、鈴木源太郎さん(30)だったことが分かった。横断歩道のない国道176号交差点を同僚の男性と2人で渡っている際に、西方向に直進する車にはねられ、そのまま引きずられたという。調べでは、鈴木さんは21日午前4時20分ごろ、大阪市北区梅田の国道176号交差点ではねられ、約3キロ先で発見された。発見場所まで路面に血痕が点々と付着していることなどから、府警交通捜査課は捜査本部を設置、自動車運転過失致死と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで捜査している。 これまでの調べや同僚の話などによると、車は黒っぽいステーションワゴン。路上の血痕から、車は交差点からJR大阪駅南側の市道を西に進み、阪神高速池田線の高架下付近で南下したあと、国道2号に出て右折し再び西方向へ。阪神野田駅南側で北港通に入ってさらに西に進んだとみられる。血痕は車道の左側に点々としており、鈴木さんは車の左側のタイヤ付近に巻き込まれた可能性が高い。 鈴木さんは同僚らと昨夕から大阪市内の飲食店で飲み、帰宅する途中だった。男性が最初にひかれた梅田の現場は、JR大阪駅と阪急百貨店阪神百貨店に囲まれた交通量が多い交差点。大阪市内では18日にも淀川区の国道176号交差点で、自転車の男性が軽ワゴン車にはねられ、約180メートル引きずられて重傷を負うひき逃げ事件が発生。車を運転していた中学3年の女子生徒(14)が逮捕されている。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/188681/

道路に血の跡蛇行 死亡ひき逃げ 右左折重ね車逃走

10月21日16時11分配信 産経新聞

 ■無残な姿、家族泣き崩れ

 再び悪質なドライバーによる被害者が出た。大阪・キタで21日早朝に発生したひき逃げ事件。堺市東区の会社員、鈴木源太郎さん(30)が車にはねられた後、発見された現場まで、真っ赤な血の跡が道路上を蛇行しながら3キロにわたって続いていた。鈴木さんの体は激しく損傷し、無残な死を物語る光景が広がっていた。1台の車に人生を絶たれた鈴木さんの家族は悲しみに暮れた。曽根崎署には事故の一報を受けた鈴木さんの家族や会社の同僚らが駆け付けた。鈴木さんの妻と2歳になる長男は、運び込まれた遺体が鈴木さんであることが判明すると泣き崩れたという。取材に応じた鈴木さんの弟は「気が動転して何がなんだかわからない状態です。しばらくの間そっとしておいてほしい」と悲嘆に暮れた。 鈴木さんがはねられた大阪市北区梅田の阪神百貨店そばの横断歩道には、白いラインの上に赤い血の筋が残る。発見現場に向かう3車線の路上にもかすれることなく続いていた。 鈴木さんは住宅販売の三井不動産レジデンシャル(東京)の関西支店(同市中央区)に勤務。20日は会議や資料づくりのために支店で勤務し、夕方に退社。その後同僚ら数人と飲食店に出かけたという。最終電車もなくなり、翌午前4時20分ごろ、鈴木さんが帰宅しようと国道176号交差点を同僚男性(40)と渡り出したとき、黒っぽい車が突っ込んできた。車は鈴木さんを巻き込んだまま走り去った。その後、車は左折や右折を重ねながら約3キロ走り、福島区のファミリーレストラン前の路上で鈴木さんを放置したまま逃げた。 「道路の中央に男性の姿が見えた。あまりの光景に震えが止まらなかった」。午前5時半すぎに犬の散歩で現場を通り掛かった近くの女性はこう振り返った。付近は24時間営業のファミレスやコンビニなどが並ぶ幹線道路。3車線の道路の真ん中には血だまりやタイヤ痕が生々しく残り、10時前には現場付近の交差点に目撃情報を呼び掛ける立て看板が設置された。近くのマンションの主婦(36)は「3キロも引きずって逃げるなんてひどすぎる」と話した。鈴木さんは大阪市内で販売中のマンションの販売センター所長を務めていた。顧客の要望に真摯(しんし)に対応できるまじめな社員として上司の信頼も厚く、優秀な営業成績で社内の士気を盛り上げる存在だったという。中西光(こう)副支店長(50)は「ただただ驚き、そして残念。ひき逃げが事実であれば許しがたく、状況を想像するだけでつらい。会社にとっても大きな打撃です」と沈痛な表情で話した。

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆ダガーナイフ所持禁止へ、銃刀法改正案を閣議決定(21日)

政府は21日、東京・秋葉原の無差別殺傷事件の凶器になった「ダガーナイフ」の所持禁止などを盛り込んだ銃刀法改正案を閣議決定した。 開会中の臨時国会に提出する予定。警察庁では年内の施行を目指しているが、今月末に国会が解散されれば審議入りできない可能性もある。現行の銃刀法では、刃渡り15センチ以上の刀、剣、やり、なぎなたなどを「刀剣類」として所持を禁止している。ダガーナイフのように両刃で左右均整の形状をした刃物は「剣」に該当し、秋葉原の事件で使われたものは刃渡り約13センチだったため規制の対象外だった。改正案では「剣」の対象を1962年以来、46年ぶりに見直し、刃渡り5・5センチ以上については所持を禁止する。施行後6か月間を猶予期間とし、すでに流通しているナイフについては、その間に警察や回収業者に処分を依頼するよう求める。また、長崎県佐世保市で昨年12月に起きた散弾銃乱射事件を受けて、猟銃所持の許可要件も厳格化。新たに〈1〉ストーカー行為や配偶者への暴力〈2〉破産者〈3〉自殺のおそれ――なども、銃を所持できない「欠格事由」に追加する。いったん許可した後も、近隣住民らからの苦情があれば警察が再調査できるとの規定も新設され、警察庁は現場向けの運用指針を作成している。(2008年10月21日10時40分  読売新聞)

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆8歳男児が放火「面白半分」 福島県警補導、児相に通告(21日)

Banner_logo_051_4 ベランダの布団に火を付けたとして、福島県警いわき中央署は21日までに放火の非行事実で、いわき市の小学校に通う男児(8)を補導、児童相談所に通告した。男児は「面白半分でやった」と話しているという。調べでは、男児は19日午後1時ごろ、同市常磐上湯長谷町の県営住宅1階ベランダに干してあった布団に外からライターで火を付けた疑い。警戒中の署員が不審な行動をしている男児を発見した。9月下旬ごろから周辺ではベランダの衣装ケースが燃えるなどの不審火が続いており、男児は数件について火を付けたことを認めているという。 同市教委は20日、小中学校長役員会を開き、指導の徹底を指示。遠藤宏之教育長は「事件を重く受け止め、再発防止に向けて、指導の充実を図りたい」とのコメントを出した。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/188700/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「自殺以外の証拠はまったくない」三浦元社長死因でロス市警が反論(21日)

123283_c1601 Banner_logo_051_3

【ロサンゼルス=松尾理也】米ロサンゼルス銃撃事件で逮捕された三浦和義元会社社長(61)=日本では無罪確定=の死因について、ロス市警は20日、記者会見を開き、「今のところ、自殺以外の証拠はまったくない」と改めて指摘した。元社長の代理人、ゲラゴス弁護士が「独自調査により元社長の死因は他殺とわかった」と主張していることに反論した。 市警側は、元社長の死因調査は、検視局や監察局などの第3者も参加し、公平で客観的な立場で行われていると強調。「独自の検視の結果、殴打されたことを示す背中の傷や、首を絞められたことを示唆する血腫などが見つかった」とするゲラゴス氏の主張に、「現時点のわれわれの調査では自殺ではないとする証拠はまったくない」と述べた。しかし、傷や血腫の存在には、「検視は検視局が行っており、コメントする立場にはない」と、具体的な法医学上の説明には踏み込まなかった。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/188598

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆少女を縛るリンチと売春  少女ギャング団「羅美阿(ラミア)」(21日)

20081020031

愛知県西尾市を拠点に活動していた10代の少女らで構成するギャンググループ「羅美阿(ラミア)」解散から約3カ月。グループ脱退を示唆した高校1年生のA子=当時(15)=を集団リンチしたとして西尾署などは7月、15―17歳の少女ら10人を傷害容疑で逮捕、グループを解体した。少女らのほとんどは無職。彼女らの供述から売春で稼いだ金をグループの会費に充てていたとみられている―。(弥)
http://www.meitai.net/index.html■解体から3カ月、実態に迫る
 「何だ、その髪は? そんな格好したかったらチームに入れ!」
 西尾市内の駅前などで茶髪の少女を見つけては因縁をつける。これが羅美阿の「勧誘方法」だ。4月上旬、A子も同様にグループに入ることを強要された。しかし入団後すぐに組織のルールに嫌気が差した。月会費3000円の支払い、毎週土曜日の定例会参加の義務…。「脱退したい」との思いがA子の頭をよぎった。が決して簡単ではないことがすぐに分かった。
 「1回入ったら最後。退団するためには「けじめ」という制裁を受けなければいけない」
 グループのおきてで脱退するには18歳になるか、警察に捕まるか、妊娠するか。それ以外の方法はメンバー全員から集団リンチを受け、これに耐えることだった。
 「全員でヤキを入れる」。脱退を示唆したA子に対し、頭である西尾市の17歳の少女は「組織ががたがたになるのでルールを守らないといけない」とほかのメンバーに集団リンチを指示。A子は6月6日午後9時ごろ、愛知県吉良町の恵比寿海水浴場に呼び出され、少女12人によって一方的に浜辺で次から次へ頭や顔などを殴るけるなどの暴行を受け、顔面挫傷など約2週間のけがを負った。メンバーには中学2年生の少女=当時(13)=も含まれていた。
 A子は報復を恐れ、当初被害届を出すのをためらった。が、グループの内実はA子にとって意外なものだった。警察関係者によると、逮捕された少女らの大半は「これでやっとギャンググループをやめられる」と安堵(あんど)の笑みを浮かべて話したという。「(逮捕された少女らは)グループから脱退したかったが、今まで恐怖心から実現できなかったのではないか」と警察関係者。
■メンバーの大半は安堵
 退団したかったのはA子だけではなく「ギャンググループに入るのは簡単だが、いったん入れば地獄」の思いはメンバーに共通していたようだ。
 一方、警察は逮捕された少女らの供述に注目した。事件の新たな背景が見え始めたためだ。グループのメンバーだった刈谷市在住の少女(16)の話から、西尾市の暴力団組員の男(20)が18歳未満と知りながら、少女にみだらの行為をしたとして10月9日に逮捕された。
■身を売ってグループ会費に?
 今後の捜査が注目されるが、少女らが売春行為を行いグループへの会費を支払っていた可能性があるという。事実とすれば少女たちはリンチと売春の「二つの地獄」を背負わされながら団で活動してきたことになる。羅美阿の全容解明が待たれる。
【写真説明】集団リンチが行われた愛知県吉良町の恵比寿海水浴場。夏は家族連れなどでにぎわう

(2008年10月20日更新)

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆高校生逮捕:恐喝と暴行容疑で3人 神奈川県警(21日)

Logo_mainichi1 携帯電話サイトで「女子高生」と偽り、知り合った高校の男子生徒から現金を脅し取るなどしたとして、神奈川県警青葉署は20日、16~17歳の横浜市緑区に住む県立高2年男子2人と東京都町田市に住む都立高2年男子の3人を、恐喝と暴行容疑で逮捕したと発表した。 調べでは、3人は5月17日午後10時20分ごろ、横浜市青葉区奈良町の歩道橋に、東京都北区の高校生(18)を呼び出し、現金6万1000円などを脅し取り、暴行した疑い。3人は少年野球の仲間。3人は5月上旬、携帯電話用無料ゲームサイトに架空の「女子高生」として会員登録。信じ込んだ会員の被害者と約2週間で約200回メールを送受信し、求めに応じて会った際、女子高生の兄と偽り「妹に何をするんだ」と脅したという。【高橋直純】

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆出会い系事件、警官が被害者なのに福岡県警は「公務員」と発表(21日)

福岡県警は20日、携帯電話の出会い系サイトで知り合った女性との関係につけ込み、同県警の男性巡査長(45)から25万4000円を奪うなどしたとして、福岡市博多区堅粕2、指定暴力団・工藤会系組幹部石川正剛(39)、福岡県筑紫野市石崎3、パート従業員松田奈津子(33)両容疑者ら男女6人を強盗致傷容疑で逮捕した。県警は当初、被害者について「暴力団事件で報復の恐れがある」などとして「福岡県内の男性公務員」とだけ公表した。その後、被害者が警察官との一部報道を受け、巡査長であることを明かした。県警は「周知の事実になったから」としている。発表によると、石川容疑者ら6人は、9月9日夜、同県大野城市のスーパー駐車場で巡査長を取り囲んで「誠意を見せろ」などと脅し、車で右足をひいたうえ、3万4000円を強奪した。さらに巡査長の運転免許証と2万円を奪った後、同県筑紫野市のコンビニエンスストアの現金自動預け払い機(ATM)で20万円を引き出させた疑い。巡査長は足などに2週間のけがを負った。

(2008年10月20日23時00分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081020-OYT1T00753.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ネット関連4団体、有害情報削除で自主ルール強化へ(21日)

 第三者に殺人などの犯罪を依頼する「闇サイト」や、いじめの温床とされる「学校裏サイト」など、インターネット上の有害情報を迅速に削除できるよう、ネット関連の業界4団体(計約700社加入)は20日、現在の自主ルールを強化する方針を決めた。ネット接続業者(プロバイダー)などが一方的に情報やサイト自体を削除しても、サイトの開設者から法的な責任を問われない対象に、闇サイトや裏サイト、自殺に使われる「硫化水素ガスの発生方法」などを加える。年内にも実施する。現在の自主ルールでは、プロバイダーなどが独自の判断で情報を削除できる対象が、音楽や写真などを勝手に掲示して著作権を侵害している場合など、主に違法な行為に限られている。闇サイトなどは、書き込まれている内容の違法性があいまいなケースも多く、一方的に削除すれば、開設者などから法的な責任を問われる可能性があり、手を出しにくい状況だった。このため、プロバイダーや電話会社、ケーブルテレビ会社などが加入する各団体は自主ルールを見直し、開設者との約款を変更して、利用者からの通報などで有害情報の掲載サイトを確認すれば、独自の判断で速やかに情報やサイトを削除できるようにする。文部科学省によると、学校裏サイトは少なくとも約3万8000件にのぼる。改正後の効力はそれ以前にも適用されるため、こうした悪質サイトの削除が進む効果が期待されている。ネット上の有害情報対策を巡っては、今年6月に「有害サイト規制法」が成立し、18歳未満の青少年を対象に、携帯電話などへのフィルタリング(選別)サービスの導入が義務付けられた。自主ルールに法的な拘束力はないが、サイト全体に適用される特徴がある。(2008年10月21日03時16分  読売新聞)

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆倉田副大臣元秘書、21日にも逮捕 不法就労助長容疑 静岡県警(21日)

Logo3 チャリティーコンサートに出演するとして興行ビザを取らずに入国したフィリピン人女性がパブで働いたとされる入管法違反事件で、静岡県警は21日にも、総務副大臣の倉田雅年衆院議員(69)=自民、比例東海ブロック=の元公設秘書(59)を同法違反(不法就労助長)容疑で逮捕する方針を固めた。 国際的な人権保護の流れから強化された入国管理の規制を、慈善目的での入国と偽って免れていた事件は、国会議員元秘書への強制捜査に発展する見通しとなった。 県警は、元秘書が、女性たちが入国する際に身元保証をしていた「未来チャリティー実行委員会」の事実上の運営者で、短期滞在ビザで入国させ、関連店舗に派遣する一連の仕組みを考案して実行し、報酬を得ていたとみている。 元秘書は、これまでの朝日新聞社の取材に「一連の仕組みは自分が考えた」と認め、1店舗あたり20万円を受け取っていたと証言している。県警も関係者への聴取で同様の事実を把握。入管法違反(資格外活動)の罪で起訴したフィリピン人の女が「帰国後に報酬をもらう約束があった」という供述をしていることから、元秘書が不法就労を助長したと判断した。 フィリピンパブで働く女性をめぐっては、米国の「人身取引報告書」(04年)が日本を要監視国に指定。「人身売買の温床」との批判が高まり、法務省が興行ビザの発給を厳格化した。短期滞在ビザを担当する外務省も若いフィリピン人女性の入国審査を強めていた。 こうした中、未来チャリティーは、フィリピン・レイテ島の土砂災害(06年)の復興支援名目のチャリティーコンサートに出演させるとして、07年春から、興行ビザでなく観光用などと同じ90日の短期滞在ビザで女性らを入国させ、フィリピン大使館主催のコンサートなどに出演させる一方、新宿・歌舞伎町などの5店舗に派遣していた。 http://www.asahi.com/national/update/1020/TKY200810200414.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆養子縁組偽装して携帯電話だまし取る 複数の契約も(21日)

Msn_s1 産経ニュース

 携帯電話の契約を料金未払いなどで強制解約された男が、偽装養子縁組で改姓して新たに携帯電話を取得していたことがわかり、奈良県警組織犯罪対策2課と高田署などは20日、詐欺の疑いで同県御所市櫛羅の自称アルバイト運転手、小林仁英容疑者(40)を逮捕した。小林容疑者が同様の手口で複数回の契約を行っていることから、県警は電話の使途などを追及している。県警の調べでは、小林容疑者は平成19年9月25日、同県田原本町の携帯電話販売店で、料金を支払う意思がないのに携帯電話5台の利用契約(被害総額計19万5500円)を結んだ疑い。これらの携帯電話は料金未納で強制解約された。携帯電話は振り込め詐欺に利用されることが多く、県警が契約状況を調べる中で、小林容疑者が浮上した。県警によると、小林容疑者は昨年9月に養子縁組を偽装、岡田姓で犯行に及び、昨年10月に新たな養子縁組をして小林に改姓、さらに別の携帯電話の契約をしていたという。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081020/crm0810202126035-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆橋下知事「朝日が早くなくなれば世の中のためになる」(21日)

2008102000000586sansocithum0001 大阪府の橋下徹知事が、3日付の朝日新聞の「橋下TV発言 弁護士資格を返上しては」と題した社説を批判した問題で、橋下知事は20日、出張先の東京で報道陣の取材に応じ、「朝日が早くなくなれば世の中のためになる」などと発言。“朝日批判”をさらにエスカレートさせた。

  【写真見る】橋下大阪府知事

 橋下知事は、19日の陸上自衛隊記念行事の祝辞で「人の悪口を言う朝日新聞のような大人が増えれば日本は駄目になる」と述べた真意についてSan1 「命がけで頑張っている自衛隊に敬意を表さないといけない場で、その対極にいる愚かな朝日を批判するのが最適だと思った」と説明。テレビでの発言をもとに弁護士資格の返上を提案した社説については「朝日はからかい半分で、事実誤認もあり今すぐ廃業すべきだ」と述べた。さらに、全国学力テストについて、大阪府内の市町村別のデータを朝日新聞が掲載しなかったことについては「自分たちが良識だと思い上がって、何でも反権力なのが朝日。だから、僕が出そうとしたデータを出さなかった」と語るなど、批判は止まらなかった。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081020-00000586-san-soci

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆小5長男が万引手伝い 主婦逮捕 奈良県警(21日)

Banner_logo_051_2 奈良県警橿原署は20日、小学5年生の長男(11)に手伝わせてスーパーで万引したとして、窃盗の現行犯で橿原市の主婦(44)を逮捕した。調べでは、主婦は20日正午ごろ、橿原市のスーパーで、牛肉や入浴剤など約4200円相当の商品を袋に入れ長男に渡し、代金を払わずに店外に持ち出した疑い。長男に渡さなかった商品の代金を払おうとした主婦に女性保安員(61)が声をかけ、同署に引き渡した。主婦は「所持金が足りなかった」と話しているという。長男の小学校は運動会の振り替え休日だった。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/188563/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆注射器30万本が不明 大阪の診療所「暴力団へ流した」(21日)

Banner_logo_051 大阪府大東市の診療所で向精神薬「エリミン」二十数万錠が不明となっている事件で、同診療所で過去2年半に注射器約30万本の所在が不明になっていることが20日、近畿厚生局麻薬取締部の調べで分かった。いずれも医療行為に使用された形跡はなく、元事務長(55)は「一部を暴力団関係者に渡した」と供述。麻薬取締部は、注射器の違法販売を禁じた薬事法に抵触する疑いがあるとみており、不明のエリミンとともに譲渡先の特定を急いでいる。調べでは、同診療所が仕入れた注射器は、平成18年1月から今年7月までに約30万9000本に上り、仕入れ額は1箱(280本入り)5980円で計約660万円分。これらの行方がわからなくなっている。麻薬取締部は7月、元事務長の関係先から、注射器やエリミンを4、5人の暴力団関係者に譲渡したことを示すメモを押収。元事務長は4月下旬から7月上旬にかけて仕入れた注射器約7万8000本について「覚醒(かくせい)剤と交換したり、原価で暴力団関係者に売却した」と供述したという。押収されたメモには、注射器が原価の約5倍の1箱3万円程度で売られていたことを示す記載もあるといい、取締部は違法な売却益を得ていた疑いがあるとみている。一方、麻薬取締部は今月10日、自宅にエリミン約130錠を所持していたとして元事務長を麻薬取締法違反(譲渡目的所持)容疑で書類送検。一部のエリミンについて暴力団関係者への売却を認め、実弟の院長(52)の関与をほのめかす供述もしているという。 元事務長は8月、覚醒剤の使用が発覚し、妻(45)とともに覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された。妻は執行猶予付きの有罪判決を受け、元事務長は公判中。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/188543/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆有害サイト対策作成へ 政府有識者会議が初会合(21日)

47newslogo1_5 インターネットの有害サイトから青少年を守るための施策を検討する政府の有識者会議(座長・清水康敬メディア教育開発センター理事長)は20日、内閣府で初会合を開いた。来年4月の有害サイト対策法施行後に、政府が取り組むべき具体策を盛り込んだ基本計画を来年6月までに作成する方針で一致した。青少年育成を担当している小渕優子少子化担当相はあいさつで「本当に安心して安全に使えるインターネットになっているのか、1人の母親として心配している。さまざまな議論を交わしてもらい、より良い政府の計画を作っていきたい」と強調した。基本計画の作成では、有害サイトに青少年が接触しないための教育支援やアクセスを規制する技術開発などが主要な議題となりそうだ。http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008102001000610.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆中国艦が津軽海峡通過 駆逐艦は初、海自が確認(21日)

写真は 海上自衛隊が撮影した中国海軍のソブレメンヌイ級駆逐艦(右)とジャンカイ2級フリゲート艦(左)=20日(防衛省提供)

47newslogo1_4 防衛省は20日、海上自衛隊のP3C哨戒機が19日夕、青森県竜飛崎沖の津軽海峡で、中国海軍の駆逐艦とフリゲート艦など計4隻が航行しているのを確認したと発表した。4隻は津軽海峡の公海上を日本海側から太平洋側へ通過したが、防衛省によると、同海域で中国海軍の駆逐艦が確認されたのは初めて。同省は「通常の訓練とみられるが、それ以上の目的は不明」としている。4隻はソブレメンヌイ級駆逐艦(7940トン)とジャンカイ2級フリゲート艦(3900トン)などで、19日午後5時すぎ、警戒監視飛行中の海自P3C哨戒機が発見した。 ジャンカイ2は中国海軍の新型艦で、17日午後にも長崎県対馬市沖で海自が確認してい。そのまま北上し、ロシアを訪問していた駆逐艦などと合流した可能性が高いという。http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008102001000732.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆指定暴力団:山口組が後藤組長を「除籍処分」に(21日)

Logo_mainichi1_8 指定暴力団山口組が、いったん絶縁処分を決めた直系有力組織、後藤組(静岡県富士宮市)の後藤忠正組長(66)について、絶縁より軽い「除籍処分」にしたことが警察当局の調べで分かった。その後の協議で後藤組長が引退する意向を示したため、除籍処分で落ち着いた模様だ。関係者によると、後藤組長が山口組内の会合を欠席したことなどから処分が浮上。後藤組長が処分に異議を唱えたため、一時は絶縁に決まったという。後藤組長の処遇を巡っては、山口組執行部を批判した複数の直系組長が処分される事態になったが、現在は収束しつつあるとみられるという。http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081021k0000m040057000c.html

| コメント (0) | トラックバック (2)

☆携帯フィルタリング普及進む 3月から112万人増(21日)

Logo3 携帯電話・PHSでの有害なサイトの閲覧を制限するフィルタリングサービス利用者が、9月末時点で454万5810人になった。3月から約112万人増えた。電気通信事業者協会がまとめた。フィルタリングの提供を事業者に義務付ける青少年有害サイト規制法が6月に成立。普及が進んでいる。http://www.asahi.com/national/update/1020/TKY200810200365.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月20日 | トップページ | 2008年10月22日 »