« 2008年10月17日 | トップページ | 2008年10月19日 »

2008年10月18日

2008年10月18日 (土)

★お願い(18日)

Photo ブロガーからお願いがあります。最近、トラックバックにやたらとアダルトサイトが張り付けられて困っています。悪質なのは、クリックするとダウンロードが始まるサイトです。これは、ウイルスを送信してきて、請求画面が消えなくなります。十分注意してください。ワンクリックで請求画面が出た場合は、お近くの警察に相談してください。ネツト検索で出てくる民間機関に相談する場合は、有料となる場合もありますので注意してください。基本的に「ワンクリックで登録完了」は電子消費者契約法にもとづき「無効」を主張できます。無視してください。くれぐれも電話連絡はしないように。個人情報の提供になります。但し、1分でも見たらだめです。記録が残りますので注意してください。可能な限り削除に努めています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆監禁生徒の保護者に借金依頼 女子高生逮捕監禁容疑の男(18日)

47newslogo1_8 三重県紀北町の高校2年の女子生徒(16)が監禁された事件で、逮捕監禁容疑で逮捕された塾経営市川元容疑者(63)が事件の前に、この女子生徒の保護者や経営している珠算書道塾に通う生徒の家族に相次いで借金を申し込み、断られていたことが18日、関係者の話で分かった。市川容疑者は女子生徒を監禁した後、生徒の母親にメールを送り付け現金300万円を要求した疑いもあり、三重県警は金に困って監禁事件を起こしたとみて詳しい動機を調べている。関係者によると、市川容疑者は約1年半前から自宅で珠算と書道を教える塾を開き、女子生徒や近所の児童らを指導。関係者によると、保護者らに「お金に困っているので、数万円貸してほしい」などと相次いで申し入れていたという。 同県警は18日、市川容疑者の自宅を家宅捜索するとともに女子生徒が監禁された部屋を検証。現金要求に使用したとみられる生徒の携帯電話を室内から押収し、犯行の詳しい経緯などを調べている。http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008101801000661.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆振り込め詐欺防止パレード 警視庁荏原署(18日)

57032_c1451 10月の「振り込め詐欺撲滅月間」に合わせ、警視庁荏原署は18日、品川区東中延の中延商店街で被害防止を訴えるパレードを行い、署員やボランティアらが買い物客に「振り込む前に家族と相談を」と呼びかけた。

 パレードには、警視庁のマスコット「ピーポくん」をはじめ、荏原署少年柔剣道部の子供たちや町内会のメンバー、署員ら約300人が参加。買い物客や商店街の店員らに「普段から対策を話し合っておきましょう」などと書かれた約500枚のビラを配りながら約330㍍を練り歩いた。

 商店街の総菜店で働く女性(58)は「わかっていても『あなたの家族が…』と言われたら、動転して振り込んでしまうと思う。気を強く持っていたい」と話していた。

 商店街周辺は下町風情が残る住宅街で、高齢者の住民が多い。同署は「街ぐるみで振り込め詐欺の撲滅に取り組んでいく」としている。

http://tonai.iza.ne.jp/blog/folder/85855/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆女性は首を絞められた疑い 水戸の49歳殺害事件(18日)

47newslogo1_7 17日夜に水戸市の会社員佐藤正則さん(53)方で妻典子さん(49)が死亡しているのが見つかった事件で、典子さんは首を絞められた疑いがあることが18日、茨城県警の調べで分かった。県警は殺人事件と断定、水戸署に捜査本部を設置した。県警によると、典子さんは顔がうっ血しており、首を絞められて殺害された疑いがあるという。顔に数カ所、擦り傷があったほかには目立った外傷はなかった。県警は当初、典子さんが単身赴任している佐藤さんと16日朝に電話で話をしていたとみていたが、その後の調べで、話をしたのは15日午前7時45分ごろだったことが判明した。また県外の大学に通う長女と16日午前6時前後に携帯メールのやりとりをしていることも分かった。玄関の新聞入れには16日と17日の朝刊が入ったままになっており、県警は典子さんが殺害されたのは16日以降の可能性が高いとみている。http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008101801000623.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「だれが撃った」三浦元社長に聞きたかった 捜査官無念(18日)

Tky2008101801121 

写真(上) インタビューに答えるルイス伊藤氏=15日午後、ロサンゼルス郊外の自宅、市川写す

Tky2008101801111 写真(下) 16日、ロサンゼルスで会見に応じるジミー佐古田氏=杉本康弘撮影

Logo3 【ロサンゼルス=市川美亜子】30年近くも世間の関心を集めた「ロス疑惑」は三浦和義元社長(61)=日本で無罪確定=が自殺したことで、事件としての幕を閉じた。検事と捜査官として「真相」を追及し続け、16日付でロス郡検事局「特別捜査官」の任を解かれたルイス伊藤氏(77)とジミー佐古田氏(73)は無念さを隠さない。「この数十年、私たちは三浦元社長が、いつ米国に足を踏み入れるかだけを追い続けてきた。(三浦氏の)ブログで足跡をたどり、日本の検察の協力で、訪日して目撃者のインタビューを取った。いよいよという時の自殺で、ショックで何も言えなかった」  ロス郊外の自宅で15日昼、朝日新聞の取材に応じた伊藤さんは、自殺の連絡を受けた10日夜のことを振り返った。「でも、なぜこのロスで自殺したのかは、分かる気がする。殺人容疑で告発された場所に、数十年を経て連れ戻される。因縁というか。ロスに戻ることに恐怖を感じたとしても不思議はない」と言う。「彼は、共謀罪はアメリカでは殺人よりも有罪になりやすいことも、陪審員が状況証拠を重視することも知っていた。ここでなら、有罪になる可能性が十分にあるということを気づいていたと思う」 多くの殺人事件のなかで、なぜロス事件を追い続けたのか。「僕もジミー(佐古田氏)も、日系アメリカ人として、他の殺人よりも、なによりも、この事件にこだわるべきだと思ってきた。ロスで起きながら、日本社会に計り知れない影響を及ぼしたこの事件の解決に、日系人としての気概を感じたからだ」  三浦元社長が生きていたら、なにを聞きたかったのか。「聞ける状況にあるかはともかくとして、個人的には、『フー・ワズ・ザ・シューター』(だれが撃ったのか)だ」 一方、佐古田さんは16日夜、ロス市内で報道陣の取材に応じ、「三浦元社長の訴追は14日に終わったが、一連の殺人事件の捜査はこれからも続いていく」と、厳しい表情で手元のメモを読み上げた。 「三浦元社長が出廷する日のために完璧(かん・ぺき)な準備を重ねてきて、最終的に事件を勝利に導けると確信していたが、ここ数日ですべてが変わってしまった。私も、被害者の家族、日本の検察もやりきれない思いだ」と語り、質問には一切応じずに去った。

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆第一発見者の県職員逮捕 横断中の女性死亡 岐阜県警(18日)

47newslogo1_6 岐阜県中津川市で16日に発生した死亡ひき逃げ容疑事件で、県警交通指導課と中津川署は18日、自動車運転過失致死と道交法違反(事故不申告)の疑いで、県中山間農業研究所中津川支所職員田口哲雄容疑者(55)=同市蛭川=を逮捕した。調べでは、田口容疑者は16日午後5時50分ごろ、中津川市蛭川の県道で普通乗用車を運転し、横断中の同所の無職伊藤惠美子さん(79)をはね、出血性ショックで死亡させた疑い。田口容疑者は当初、事故の第一発見者を装っていたが、本人の話に不自然な点があったことと、衝突の際に伊藤さんの服に付いた塗料片が、田口容疑者の乗用車のものと一致したことから逮捕した。田口容疑者は「何かにぶつかったが、人だとは思わなかった」と供述しているという。現場は片側1車線の見通しの良い直線道路。田口容疑者は勤務先から自宅に帰る途中だった。 http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20081018/200810181331_6146.shtml

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆陸自200人が武装パレード 佐世保、小銃抱え迷彩服姿(18日)

47newslogo1_5  陸上自衛隊相浦駐屯地(長崎県佐世保市)は18日、同市中心部の商店街で毎年恒例のパレードを行い、隊員約200人が小銃を抱えた迷彩服姿で行進した。反対する市民団体は沿道で抗議集会を開き「平和と銃は両立しない」「子どもに銃を見せるな」と声を上げた。午前11時半に、緑色の迷彩服を着た隊員が30人の音楽隊とともに出発。小銃を斜めに抱え、飲食店などが軒を連ねるアーケードの約1キロを約30分かけて進んだ。子ども2人と買い物に来ていた同市の20代の主婦は「何も商店街でやらなくてもいいのではないか。威圧感があり、怖がる子どももいる」。一方、同市の渕上操子さん(77)は「有事の際には活動してもらわなければならず、市民として自衛隊のことを知っておくことは必要」と話した。市民団体は「市民を威圧する行為で、昨年12月に起きた散弾銃乱射事件を連想させる」と中止を求めていたが、駐屯地側は「自衛隊への理解を深めてもらうため市民に真の姿を見せたい」と実施に踏み切った。http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008101801000345.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆遺体引き取り、週明けか 三浦元社長の遺族(18日)

47newslogo1_4 【ロサンゼルス17日共同】米ロサンゼルス銃撃事件で逮捕され、10日に自殺した三浦和義元会社社長(61)=日本では無罪確定=の遺体が安置されているロス郡検視局の担当者は17日、遺族の弁護人が週明けにも遺体を引き取る意向を示していることを明らかにした。一方、ロス市警刑事部門の責任者、ベック副本部長は同日、三浦元社長の自殺の調査に1、2カ月かかるとの見通しを示し「調査が終われば公表するだろう」と共同通信に語った。市警関係者によると、遺族と市警側は17日に会う予定だったが取りやめられたという。理由は明らかにされていない。検視局は16日に三浦元社長の遺族、弁護人ゲラゴス氏と面会。遺体の状態などについて遺族側に説明したほか、遺体を引き渡す時期についても話し合ったという。http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008101801000275.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆大阪でひき逃げか、男性重体 180メートル引きずられる(18日)

47newslogo1_3 18日午前2時55分ごろ、大阪市淀川区十三東の路上で、放置された軽ワゴン車の下で倒れている大阪府豊中市服部本町、村中文夫さん(58)を淀川署員が発見した。村中さんは頭を打つなどし、重体。路上に村中さんが引きずられたとみられる跡が約180メートルにわたって残されており、同署はひき逃げ事件として捜査。車の所有者は「車は知人に譲り渡した」と話しており、同署は運転していた人を捜している。調べでは、淀川区新北野の交差点近くに村中さんのものとみられる自転車が倒れていた。路上に血痕があったため、近くを通り掛かったタクシーの運転手が「事故ではないか」と交番に届けた。車が放置されていた現場から男女4人が北方向に走っていくのを通行人が目撃しており、同署で関連を調べている。http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008101801000366.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆5万円ノートPCの市場拡大 国内外メーカー相次ぎ発売(18日)

47newslogo1_2 5万-7万円程度の低価格の小型ノートパソコン市場が急拡大している。今年に入り海外メーカーが相次いで発売しているが、売れ行きは好調で、国内勢もNECや東芝が投入すると発表。年末商戦に向け、低価格機市場が熱を帯びそうだ。 液晶画面の小型化に加え、中央演算処理装置(CPU)の能力や記憶容量を落とし低価格化を実現。動画再生などには向かないが「外出先でのインターネットやメール利用が多い」(東芝)とみて、無線LANなどネット機能は充実している。市場調査会社のBCNによると、9月のノートパソコンの販売台数は6万円未満の機種が23・4%に達し、半年前の4・4%から急伸した。1月に台湾メーカーが4万円台の機種を発売し、すぐに品薄になるほどの人気となり、米ヒューレット・パッカードなど海外大手が追随。日本勢も、東芝が今月下旬に7万円台半ば(市場想定価格)の機種を、国内首位NECが11月上旬に6万5000円前後(同)の機種を投入する。富士通も今秋に中国などで低価格機の販売を開始、来年中に国内にも投入する計画だ。http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008101801000356.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆比女性の不法就労関与、倉田議員の元秘書を強制捜査へ(18日)

自民党の倉田雅年衆院議員(比例東海)の元公設秘書(59)が、災害復興支援を目的としたチャリティー名目で、短期滞在ビザで入国したフィリピン人女性を不法就労させていた疑いが強まり、静岡県警は週明けにも入管法違反(不法就労助長)容疑で強制捜査に乗り出す方針を固めた。捜査関係者によると、元公設秘書は、チャリティーコンサートへの出演名目で来日したフィリピン人女性を会場に派遣する団体「未来チャリティー実行委員会」の事務局を務め、今年5月にNPO法人「MIRAI」(静岡市葵区)に衣替えした際にもかかわった。実行委員会は2005年頃から、チャリティー活動と称し、フィリピン人女性を興行ビザではなく短期滞在ビザで入国させ、身元保証人となったうえ、運営にかかわる飲食店に派遣。ダンスや歌を披露させたり接客させたりして、女性に報酬を支払っていた疑いがもたれている。県警は9月末、NPO法人が運営にかかわる浜松市南区の飲食店経営者を風営法違反(無許可営業)容疑で逮捕。経営者は入管法違反容疑で再逮捕された。飲食店の売上金の一部は謝礼金などとして元公設秘書が受け取ったとみられる。倉田議員自身は読売新聞の取材に、不法就労事件への関与を否定している。

(2008年10月18日14時33分  読売新聞)

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆警視庁・荏原警察署が振り込め詐欺防止のパレード(18日)

P1000255 官民挙げて振り込め詐欺の被害拡大防止に全力を挙げている警視庁・荏原警察署は18日、振り込め詐欺防止を呼びかけるパレードを商店街で実施した。同署は、銀行と協力して、ATM機に客が入ると「振り込め詐欺に注意しましょう」と音声で注意を喚起するシステムを全国で始めて導入するなどの対策を実施している。この日は午後2時から商店街に繰り出してチラシを配りながら振り込め詐欺防止を呼びかけたもの=写真。

Egomazu1 えごまくん

  

◎   由  来   ◎ 
 「荏原」という地名の由来は明確ではないものの、「新編武蔵風土記」によると古の武蔵野の内にても、この地は荏原を多く生えている地方なれば荏土である、同様に荏原は荏草の生えている地名なればこの名が生じた
 とあり、ここから「荏原」という地名が来たのではないかと思われています。
 「荏草」は「荏胡麻」とも呼ばれている、シソ科の一年草です。防犯色とも
 言われている緑色で、荏原署の犯罪を署員とともに抑止している「えごま君」です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆国際振り込め詐欺:日本企業の被害急増 架空商談で送金(18日)

Logo_mainichi1_3 人づてに貴社の評判を聞いたなどとして、面識のない外国人が突然、電子メールで架空の商談を持ち掛け、貿易手続きなどの前渡し金を海外口座に送金させだまし取る--。「国際的振り込め詐欺」の被害に遭う日本企業が増えている。日本人が仲介して信用させる手口も出ており、巧妙・多様化する事件に、外務省は注意を呼び掛けている。【大谷麻由美】

 日本貿易振興機構(JETRO)によると、こうした被害の相談は02年に約20件だったが、07年は177件、今年は9月末までで264件と激増している。振り込み要求額は200万~300万円が主流。被害に遭っているのは多くが中小企業で、景気が悪くなると被害件数が増える傾向にあり、経営難から甘い誘いに乗ってしまう構図がうかがえる。オランダの調査団体の資料によると、世界での被害総額は07年で43億ドル(約4300億円)に上る。日本の被害額は、米国、英国に次いで第3位。この種の詐欺は80年代にナイジェリアで始まり、アフリカを中心に世界に拡大した。ナイジェリアの刑法条項に基づき「419詐欺事件」と呼ばれる。07年3月ごろには、東京都内の貿易会社がアフリカのガーナの企業から帽子を注文する大量のメールを受け取った。契約寸前に「入札参加費」を要求されたため不審に思い、駐日ガーナ大使館に問い合わせて詐欺と分かり、被害を免れた。手口としては、外国の政府高官を装って入札などへの参加を勧誘し、入札手数料を振り込ませる「政府調達型」▽「革命資金を預かってほしい」などと秘密資金の海外送金話を持ち掛け、手数料の振り込みを求める「マネーロンダリング型」--などもある。最近は、現地に呼び出して拉致・監禁に及ぶケースもあり、9月には、日本の仲介者に南アフリカの企業を紹介された東京都内の貿易会社の男性社員が中古レールの買い付けのためヨハネスブルクの空港に到着した直後に誘拐された。犯人グループは身代金50万ドル(約5000万円)を要求、振込先の銀行口座を指定した。男性は無事救出された。 【ことば】419詐欺  先進国の企業・人を主なターゲットに、前渡し金や商品をだまし取る国際的詐欺の一種。アフリカ西部のナイジェリアで80年代に始まり、80年代後半には日本でも被害が確認された。当初は手紙やファクスが主な手段だったが、近年は電子メールが中心となっている。「419」は詐欺行為を罰するナイジェリア刑法第419条に由来する。http://mainichi.jp/select/today/news/20081018k0000e040049000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆女性狙い、バイクのひったくり連続3件…千葉・市川(18日)

千葉県市川市で17日午後8時40分から50分頃にかけて、徒歩の女性が後ろからバイクで近付いてきた何者かに手提げバッグをひったくられる事件が3件相次ぎ、現金計約17万9000円が盗まれた。女性3人にけがはなかった。行徳署は、同一犯による連続窃盗事件とみて調べている。(2008年10月18日13時20分  読売新聞)

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆脅迫文:東京の小学校に届く 「児童を切りつける」などと(18日)

Logo_mainichi1_2 東京都大田区南千束の区立洗足池小学校(北村哲夫校長)に児童を「切りつける」などと書かれた脅迫文が届いていたことが分かった。洗足池小から110番通報を受けた警視庁田園調布署は、脅迫容疑で捜査している。調べによると、脅迫文は郵送で14日午後に届いた。「おれが痛みを教えてやる」「切りつける」などと児童に危害を加える内容で、A4判の用紙に手書きで書かれていたという。差出人の名前や住所などは書かれていなかった。 洗足池小では14日の下校時から17日まで、保護者が付き添ったり、集団登下校をするなどの対応を取った。【村上尊一】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081018k0000e040058000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆手品? 高級時計をすり替え 窃盗事件相次ぐ(18日)

産経ニュースMsn_s1_3

家電量販店で高級腕時計を試着した男が店員が目を離したすきにそっくりの偽物とすり替え、本物を持ち去る窃盗事件が9月に横浜市と川崎市で相次いで発生していたことが18日までに、分かった。神奈川県警は同一犯とみて行方を追っている。男は50歳くらいで身長約165センチ。県警によると、9月25日午後4時半ごろ、JR川崎駅近くの家電量販店で、男が高級ブランド「ロレックス」の腕時計(販売価格158万円)を「見せてほしい」と店員に言って試着。「傷がないか調べたい」と申し出たため店員がルーペを持ってこようと一瞬、離れたすきに偽物とすり替えられたとみられる。約30分後にはJR横浜駅近くの系列店で、男がロレックスの腕時計(販売価格168万円)を試着。時計を返却した後、「(購入の)金を引き出してくる」と言い残して立ち去った。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081018/crm0810180850002-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆三浦元社長自殺から1週間、遺族側は市警の説明に納得せず ロス疑惑(18日)

産経ニュースMsn_s31

【ロサンゼルス=松尾理也】ロス疑惑銃撃事件で、サイパンからロサンゼルスに移送された直後に三浦和義元会社社長が留置場で自殺を遂げてから17日で1週間が経過した。元社長の妻ら遺族側はロス入りしたものの、当局側の説明に納得する姿勢は見せず、最終的に事態が落ち着くまでには時間がかかりそうだ。元社長の妻らは12日、ロスに到着し、これまでに元社長のロスでの弁護人、マーク・ゲラゴス弁護士と面会。同弁護士の事務所で遺体の検視を行ったロス郡検視局の担当者とも会った。だが、元社長の妻らは「自殺にまちがいない」とする当局の説明に納得する様子は見せなかった。遺族側はまだ元社長の遺体の引き取りに応じていない。妻は番組制作会社ワンズワンの荒井裕晶氏のインタビューに答えて、「すぐにでも遺体と対面するつもりだったが、自殺だったといわれても納得できない。にもかかわらず遺体を引き取ってしまえば、それは証拠を消してしまうことになる」と真意を説明した。インタビューは一部の日本のテレビでも放送された。遺族と面会したゲラゴス弁護士も「(自殺ではないとする)証拠がいくつもある」と述べ、納得するまで市警側と争う姿勢を明確にした。自殺の状況について情報開示を市警側に求める申し立てを起こすなど、真相究明に向け、動きを活発化させるとみられる。一方、検視局は当初、週内にも予定していた検視報告書の最終結果発表を、遺族側との面会が行われたのと同じ16日、突然「あと数週間かかる」として延期した。遺族側は面会で、検視局に徹底調査を求めたとされる。ロス市警はすでに遺族側に面会を申し入れているというが、現時点ではめどは立っていない。捜査を担当した市警のリック・ジャクソン捜査官は17日も、今後の見通しについては「わからない」と繰り返すだけだった。http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/081018/trl0810180856000-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆首を強く絞められ殺害か 水戸市の主婦殺し (18日)

News_pic1_3 17日夜、水戸市の住宅で、この家に住む49歳の主婦が殺害されているのが見つかった事件で、警察は遺体の状況から主婦は首を強く絞められて殺害された疑いが強いとみて、犯行の状況などを調べています。この事件は、17日夜8時半ごろ、水戸市笠原町の会社員、佐藤正則さん(53)の住宅で、佐藤さんの妻の典子さん(49)が殺害されているのを、単身赴任先から帰宅した佐藤さんが見つけたものです。警察の調べによりますと、典子さんは住宅の玄関を入ってすぐの廊下に倒れていて、現場には争ったような跡があったということです。また、典子さんの顔にはすり傷のようなものが見つかっている他、首に残されていた跡から、警察は、首を強く絞められて殺害された疑いが強いとみています。また住宅の新聞受けには、17日と16日の新聞がたまっていたということで、警察は殺害された際の状況や、犯行の時期などを詳しく調べています。http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/01.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆事件当日も書道教室 高校生監禁の市川容疑者(18日)

【三重県】紀北町で起きた女子高生の逮捕監禁事件。17日に逮捕された同町の塾経営市川元(はじめ)容疑者(63)は、3年ほど前に同町に転居してきてから、職を転々としていた。同容疑者の暮らしぶりを語る近所の人たちは「こんな事件を起こすなんて」と怒りの声をあげた。市川容疑者は同町でパチンコ店の清掃やホテルの運転手などを勤めたが、長続きしなかった。数カ月間、アルバイトで雇った石材店の男性社長は「トラックをすぐぶつけるなど、仕事にならなかった。結局、辞めてもらったがこんな事件を起こすとは」と憤る。 市川容疑者は高校生の進路を支援するキャリアコーディネーターをことし1月に解雇されてからは「金がない」と周囲にもらしていたという。同容疑者宅の大家の代理を務める男性(55)は「家賃が滞ることもあり、催促に行ったら強い口調で『誰や!』と言われた。こんな事件を起こすようには見えなかったが、腹立たしい」。市川容疑者が自宅内で開いていた珠算・書道塾には、被害者の女子高生のほか、園児から大人まで10人ほどが通っていたという。女子高生を監禁していたとみられる16日夜も教室を開き、複数の生徒が通っていた。 同日午後6時から同7時まで書道を習った男性は「変わった様子はなかった」と驚く。同じ時間に書道を習っていた小学6年の男児の母親は「教室の壁の向こうに女子高生が監禁されていたと思うと…」と顔を曇らせた。 最終更新:10月18日12時12分

News_pic1_2 女子高生の携帯電話を隠匿か

三重県紀北町で塾経営の男が女子高校生を自宅に監禁したとして逮捕された事件で、警察は母親に現金を要求するメールを送るのに使われた女子生徒の携帯電話が見つかっていないことから、男がどこかに隠すなどした疑いがあるとみて調べを進めています。
(10月18日 12時37分)http://www.nhk.or.jp/knews/k10014811621000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆【衝撃事件の核心】フィリピーナ連続猟奇殺人 9年前の事件を警視庁に全面自供した「チャーリー」 (18日)

Msn_s1_2 産経ニュース

東京・台場で4月、交際していたフィリピン人女性の遺体を切り刻んで海に投げ捨てた男「チャーリー」が、9年前にもフィリピーナを殺害、遺体をバラバラにしていた疑いが強まり、警視庁捜査1課に再逮捕された。繰り返された猟奇殺人だが、9年前は死因が特定できず殺人の立件は見送られていた。今回は「チャーリー」の全面自供を得て捜査が動いたが、直接の物証はゼロに等しい。ガンに冒されていたという「チャーリー」はなぜ自供したのか。警視庁は完全に「チャーリー」を“落とした”のか。注目の公判はこれからだ。

■“疑惑の男”

 「9年前の事件でも首を絞めて殺しました-」 住居の台場のマンションで、交際相手だったカミオオサワ・ハニーフィット・ラティリアさん=当時(22)=を殺害、遺体をバラバラに切断して捨てたとして4月に殺人、死体損壊、同遺棄容疑で逮捕された野崎浩容疑者(48)=起訴。この事件の捜査中から、警視庁捜査陣は野崎容疑者の“疑惑の過去”に注目していた。9年前、野崎容疑者は当時交際していた、フィリピン人のヨネダ・ロンガキット・エルダさん=当時(27)=の遺体を切断して捨てたとして埼玉県警に逮捕され、死体遺棄と死体損壊の罪に問われて有罪判決を受けていた。 明らかに不審な死。野崎容疑者がエルダさんを殺害したと疑われたが、死因を尋ねられると「起きたら死んでいた。自分の手で弔ってあげたくて切断して捨てた」と言い張った。捜査にあたっていた埼玉県警は、遺体の遺棄先を徹底的にあたったが「トイレにした」などとする供述以外に引き出せず、歯や毛髪以外の手がかりを握る遺体は見つからなかった。結局、「殺人」での立件は見送られた。「フィリピーナ」「バラバラ」 同一人物の周囲の女性がこれだけ共通項を抱えて死亡するなど、偶然の一致では片付けられない。台場の事件を受け捜査に入った警視庁は連続猟奇殺人との疑いを強め、当初から9年前の事件の再捜査を念頭に置いていたようだ。さて、その野崎容疑者は台場事件で殺害証拠を警視庁に完全に握られたことで、完落ち。口は軽くなり、9年前の事件でエルダさんの遺体を捨てた場所についても「横浜の運河」と具体的に供述した。

 《遺体の一部でも見つかったら、9年前の事件でも殺人容疑で再逮捕に踏み切る》
 捜査幹部はそう方針を決め、警視庁は6月に横浜の運河を大捜索、人骨を見つけた。容疑者の供述に基づいて遺体が発見されれば、犯人しか知り得ない秘密の暴露になり、動かぬ証拠になるが、人骨は、DNA型鑑定の結果、別人のものと判明。捜査は再び、暗礁に乗り上げたかのようにみえた。しかし警視庁は「供述は一貫している」などとして、遺体は見つかっていないにもかかわらず、今月、殺人容疑での再逮捕に踏み切った。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/187833/

続きを読む "☆【衝撃事件の核心】フィリピーナ連続猟奇殺人 9年前の事件を警視庁に全面自供した「チャーリー」 (18日)"

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆【皇室ウイークリー】大分ご訪問の皇太子さま、奉迎者に意外な人が… 愛子さま、大玉転がしでもご奮闘(18日)

Imp0810180820000n11

Msn_s1

産経ニュース

12日に学習院初等科の運動会が開かれ、皇太子ご夫妻の長女、敬宮愛子さまは徒競走で1位に輝くなどの活躍を見せられた。午前中にはリレー方式の大玉転がしに出場し、身長とほぼ同じ大きさの玉を、お友達2人と上手にコントロール。次の3人に引き継いだ後は、同級生と一緒に大きな声援を送られ続けた。観客席から愛子さまを見守っImp0810180820000s81皇太子妃雅子さまは、カメラでお友達の活躍も収めたり、競技が始まると、参加者全員に惜しみない拍手を送られた。17日の定例記者会見に臨んだ野村一成東宮大夫は「とても良い運動会だったのではないでしょうか」と述べた。大分県での公務のため運動会には参加できなかった皇太子さまも、帰京後は愛子さまのご報告に笑顔で耳を傾けられたことだろう。さて、皇居内でもかつて宮内庁職員と家族による運動会が開かれ、皇室の方々が観戦される機会があったことをご存じだろうか。心温まるエピソードを1つ紹介しよう。半世紀以上も前の昭和30年10月16日。現在は「二の丸庭園」が広がる皇居内の馬場で運動会が開かれ、昭和天皇と香淳皇后、皇太子さま(天皇陛下)、義宮さま(常陸宮さま)、そして清宮さま(島津貴子さん)が観戦された。当時の報道によると、ハプニングはご一家が座られていたテント内で起きた。迷子の女の子が厳重警備を“突破”し、昭和天皇と皇太子さまの間にチョコンと居座ってしまったのだ。慌てた侍従が外へ誘導しようとしたが、無邪気な子供はそんな大人の事情などどこ吹く風。昭和天皇は突如紛れ込んできた“珍客”のオカッパ頭を「おお、よしよし」となで、他の皇族方もあどけない一挙手一投足を温かい笑顔で見守り続けられた。女の子は秘書課勤務の男性職員の長女(3つ)だった。父親が来場者の整理に当たっている間に、行方を見失ってしまったという。

続きを読む "☆【皇室ウイークリー】大分ご訪問の皇太子さま、奉迎者に意外な人が… 愛子さま、大玉転がしでもご奮闘(18日)"

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆日刊警察ニュース「安全・安心なまちづくり関係功労者内閣総理大臣表彰」(18日)

Pchlogom 「安全・安心なまちづくり関係功労者内閣総理大臣表彰」が総理官邸で行われた。「安全・安心なまちづくりの日」(10月11日)の関連行事として、地域社会における防犯活動の推進に特に顕著な功績又は功労があった団体又は個人に内閣総理大臣から表彰するもの。今回は札幌屯田防犯パトロール隊、北平安レディースなど10団体が受賞した。http://www.police-ch.jp/news/2008/10/003559.php

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆これは大変な問題です 判決偽造、凍結解除計画か 振り込め詐欺利用口座(18日)

47newslogo1 さいたま地裁熊谷支部が偽造判決書に基づく申し立てを見破れず、振り込め詐欺に使われ凍結された銀行口座について、預金引き出しが可能となる差し押さえ命令を出していたことが17日、分かった。詐欺グループが凍結口座の“解除”を狙ったとみられる。地裁側は虚偽有印公文書行使容疑で埼玉県警に告発。振り込め詐欺対策が強化される中、犯人側の“対抗策”の一端が浮かび上がった形で、同様の事件が起きる可能性もあることから、最高裁は全国の裁判所に対し、文書で注意喚起した。関係者によると、問題の口座は同県熊谷市内の銀行に開設。振り込め詐欺グループが利用していることを突き止めた別の県警が、被害者救済のため今年6月施行された「振り込め詐欺被害回復分配金支払い法」に基づき、口座の凍結を要請、銀行が応じていた。当時の残高は数百万円で、数人から振り込まれていたという。ところが最近になって、口座の名義人側に債権があることを示す調書判決を示し、さいたま地裁熊谷支部に預金差し押さえが申し立てられた。http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008101701000901.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆学校裏サイト:都教委が2200校監視 削除要請・通報も(18日)

Logo_mainichi1 いじめを誘発するとされるインターネットや携帯電話の「学校裏サイト」について、東京都教育委員会は来年度から、民間の専門業者と連携して監視を始める方針を決めた。監視対象は都内の全公立校約2200校に上り、都教委の担当者は「これだけ大掛かりな自治体の対策は全国初では」と話している。都教委が委託した業者が学校裏サイトなどを監視し「死ね」「殺す」などの悪質な書き込みを見つけたら各校に連絡。必要に応じてプロバイダーに削除を要請する。危険性が高いと判断すれば警察にも通報する。各校に関係するサイトの情報を分析した資料も定期的にまとめ、指導の参考にしてもらう。都教委が7月にネットと携帯電話の利用状況を調査したところ、小学生の11.9%、中学生の23.4%、高校生の29.2%がトラブルを経験していた。一方、教員の約4分の3は学校裏サイトについて「見たことがない」「よく知らない」と答えていた。【木村健二】http://mainichi.jp/select/today/news/20081018k0000m040121000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆生徒脅して電話かけさせたか 三重県の女子高生監禁事件(18日)

News_pic1 三重県紀北町で高校2年生の女子生徒が塾の経営者の男の自宅に監禁され、母親に現金を要求するメールが送られてきた事件で、女子生徒が母親に直接かけてきた電話の中で「お金は用意できたの」と尋ねていたことがわかりました。警察は、男が女子生徒を脅して電話をかけさせ母親が要求に応じるか確かめようとしたものとみて調べを進めています。この事件は、三重県紀北町に住む高校2年生の16歳の女子生徒が、16日の午後、下校途中に行方不明になり、母親の携帯電話に「娘を預かった。300万円を用意しろ」という現金を要求するメールが送られてきたものです。警察は、17日、女子生徒がそろばんを習いに通っていた塾の経営者、市川元容疑者(63)の自宅で女子生徒を保護するとともに、市川容疑者を監禁などの疑いで逮捕しました。警察の調べに対し、市川容疑者は「自分はやっていないし、知らない」などと容疑を否認しているということですが、被害者の女子生徒は「市川容疑者に監禁された」と話しているということです。これまでの調べで、女子生徒は17日の朝、母親に直接かけてきた電話の中で「わたしは大丈夫」と話したあと、「お金は用意できたの」と尋ねていたことがわかりました。この電話はすぐに切れたということで、警察は、市川容疑者が女子生徒を脅して電話をかけさせ母親が現金の支払いに応じるかどうかを確かめようとしたものとみて調べを進めています。http://www3.nhk.or.jp/news/t10014809651000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆iモード・Yahoo!ケータイで「猫にしか聴こえない着信音」配信(18日)

 Impress Watchドワンゴは、携帯電話向けコンテンツ配信サイト「dwango.jp☆取放題DX」で、“猫にしか聴こえない着信音”の配信を開始した。iモード端末とYahoo!ケータイ端末で利用できる。 「猫にしか聴こえない着信音」は、人間には聞き取れず、猫には聞こえるという周波数(19KHz)に加工した着信音。猫に聞き取りやすくした音で、実際に人間や猫が聞き取れるかどうかは個人差(猫差)があるという。iモード対応のFOMA端末、Yahoo!ケータイ対応の3G端末で利用できる。「dwango.jp☆取放題DX」会員であれば無料で利用できる。また、同社では、「猫が喜ぶ着信音」も配信予定としているが、詳細は明らかにしていない。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081017-00000016-imp-sci

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ネットから消えた?「民主・前田」…身内がウィキ工作 夕刊フジ(18日)

News1 民主党を離党した前田雄吉衆院議員のネットワークビジネス(マルチ商法)擁護発言が波紋を呼ぶ中、衆議院内のパソコンから、同党議員による「ネットワークビジネス議連」に関する解説サイトが一斉に改ざん、白紙化されていたことが分かった。書き換えられたのはフリー百科事典「ウィキペディア」内の、同議連や同議連所属議員の解説ページ。同党のイメージダウンを嫌う人物による“工作”とみられるが、足跡が残ることまで気が回らなかったようだ。
 最初に書き換えが発覚したのは10日午前8時前。ウィキペディアの「ネットワークビジネス」の項目で、同議連および民主党に関する以下の記述が一気に削除された。≪ネットワークビジネス推進連盟−事務局長 前田雄吉〔民主党衆議院議員比例東海ブロック(愛知6区)〕松木謙公〔民主党衆議院議員比例北海道ブロック(北海道12区)〕松下新平〔無所属参議院議員宮崎県選挙区〕顧問 山岡賢次〔民主党衆議院議員比例北関東ブロック(栃木4区)〕 日本では民主党を中心に以上の議員がネットワークビジネスの後援者として活動している≫ 以降、わずか10分足らずの間に「前田雄吉」「藤井裕久」「山岡賢次」の項目からネットワークビジネス議連に関する経歴がキレイに削除され、「ネットワークビジネス推進連盟」の項目でも議連に関する一切の記述が消滅。「健全なネットワークビジネスを育てる議員連盟」に至っては、解説すべてが白紙化されてしまった。後者2項目については、現在編集保護がかけられ、他の項目も17日朝までに、別人によって記述の多くが復活している。 ウィキペディアの書き換えや削除は、すべてIPアドレス(コンピューター識別番号)が足跡として残る。一連の書き換えを行った“工作員”のIPアドレス「210.136.96.22」をたどったところ、衆議院に割り当てられていることが分かった(ホスト名host2.shugiin.go.jp)。
 さらに、同じIPアドレスを使用し、現在インターン生として現職国会議員の手伝いをしているとされる、東大OGを名乗る人物の存在も分かったが、インターン先の議員名までは、17日朝の時点で判明していない。国会関係者のウィキペディア改ざんは今年5月、「アダルトゲームで青少年は心を破壊され、人間性を失う」などと発言した民主党、円より子参院議員の項目に、参議院のIPアドレスから数十回にわたって書き換えが行われ、編集不能になった例がある。http://netallica.yahoo.co.jp/news/51921

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆副都心線池袋駅の火災 たばこの火の不始末?(18日)

Banner_logo_051_2 東京都豊島区の東京メトロ副都心線池袋駅構内で16日夜に廃材置き場が燃えた火災で、廃材置き場にあったごみ袋の中にたばこの包み紙が入っていたことが17日、池袋署の調べで分かった。廃材置き場が鉄のフェンスで囲われ、出入り口が施錠されていたことも判明。同署はたばこの不始末などによる失火の可能性もあるとみている。 調べでは、駅構内で内装工事が行われ、廃材置き場は工事現場内にあった。工事関係者が使用し、廃材や段ボール、ごみ袋が置かれていたという。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/187770/

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆水戸の民家で女性変死 着衣に乱れ、顔に殴られたような痕(18日)

Banner_logo_051 17日午後8時半ごろ、水戸市笠原町、会社員、佐藤正則さん(53)方で、妻の典子さん(49)が死んでいるのを、単身赴任先から帰宅した佐藤さんが発見、110番通報した。典子さんは着衣に乱れがあり、顔には殴られたような痕があった。水戸署は殺人事件とみて捜査を始めた。調べでは、典子さんは1階の玄関付近で仰向けに倒れていた。佐藤さん一家は3人家族だが、大学生の長女(21)は都内で別居。佐藤さんも仕事で週末以外はつくば市内に住んでおり、自宅には普段、典子さんが1人で暮らしていたという。現場はJR水戸駅から南西へ約2キロの閑静な住宅街。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/187760/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆徳島連続爆発:威力小さい火薬か 県警が鑑定(18日)

Logo_mainichi1_5 徳島市の創価学会徳島文化会館と三木国際交流センタービルの連続爆破事件で、使用された火薬は、花火などで使われる比較的威力の小さいものである可能性が高いことが、徳島県警捜査本部の調べで分かった。鑑定の結果、ダイナマイトなど強力な爆発物の成分は見つからなかったという。13日未明の人通りの少ない時間の犯行だったこともあり、捜査本部は人に危害を加える目的は薄かったとみている。【井上卓也】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081018k0000m040087000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆当たり屋行脚、200件か=36歳男「カッターでけが装う」-富山(18日)

Jij1 故意に車にぶつかり、相手から金をだまし取ったとして、富山県警に詐欺容疑で逮捕された男が、全国で200件の当たり屋を繰り返し、「けが人を装うため、カッターナイフで体を切った」と供述していることが17日、分かった。男は住所不定、無職石村正儀被告(36)=詐欺罪で起訴=。高岡署の調べによると、石村被告は9月中旬、高岡市羽広の交差点で、左折してきた男性(72)の乗用車の右側面に自転車で衝突。治療費や自転車修理代として、男性の息子から十数万円を詐取した疑い。石村被告は自ら被害者として110番していた。これまでに83件の被害届を出し、総額135万円をだまし取っていた。「すぐに避けられない高齢者のドライバーばかりを狙った」と話している。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081017-00000182-jij-soci

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆無銭宿泊の元放送局記者を逮捕 所持金数百円も「支払うつもりだった」(18日)

Banner_logo_051_8 ホテルに無銭宿泊したとして、仙台中央署は、詐欺容疑で、元放送局記者の会社役員、向山富美男容疑者(58)=東京都世田谷区用賀=を逮捕した。所持金は数百円だったが、「支払うつもりだった」と容疑を否認しているという。 調べでは、向山容疑者は9月中旬から下旬ごろまで、仙台市青葉区のホテルに滞在し、約37万円分の宿泊代などを支払わなかった疑い。ほかにも無銭宿泊の情報が数件あり、仙台中央署は余罪を追及する。 向山容疑者は平成10年の参院選で福島選挙区から出馬したが落選した。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/187720/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆【中国製インゲン】被害訴えの多くは勘違い 厚労省まとめ(18日)

Banner_logo_051_5 中国製冷凍インゲンから高濃度の有機リン系殺虫剤ジクロルボスが検出された問題で、17日も各地の保健所に健康被害の訴えが相次いだ。厚生労働省のまとめだと、問題発覚後に関東の6都県で検査が行われ、25件が不検出。2件が検査中となっている。厚労省によると、訴えは問題のインゲンを食べた後、何らかの症状が出たという内容で群馬、茨城、千葉、埼玉、東京、神奈川の保健所に寄せられた。「食べて8時間後にしびれた」「発疹(はっしん)が出た」といった有機リン系農薬中毒にはみられない症状が多かった。一方、食べた直後に瞳孔が縮んで視力障害が出たり、けいれんが起きるといった中毒特有の症状は1件もなかった。すでに問題のインゲンは店頭から撤去されたことから、厚労省は「健康被害が拡大する可能性は少ない」(監視安全課)とみている。今年1月の中国製ギョーザ中毒事件では、健康被害が確認された後に全国で約1000人が医療機関を受診したが、すべて中毒は否定された。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/187748/

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月17日 | トップページ | 2008年10月19日 »