« 2008年10月16日 | トップページ | 2008年10月18日 »

2008年10月17日

2008年10月17日 (金)

☆「振り込め」撲滅月間なのに…警官の目前で被害16件(17日)

「振り込め詐欺撲滅月間」の今月、東京都内のATM(現金自動預け払い機)に6000人もの警察官を配置している警視庁が、14日までの被害状況を調べたところ、計94件の被害のうち16件は、警戒中の警察官の目の前で被害者が現金を振り込んでいたことがわかった。16件の被害総額は1700万円に上り、最高額は298万円だった。被害者の大半は高齢者で、事態を重視した同庁は、警戒中の警察官に、ATMを訪れるすべての高齢者に声をかけるよう指示した。警視庁は同月間中、都内に1万2000か所あるATMを警戒するため、6000人の警察官を動員。うち1000か所には警察官を常駐させているほか、残りの1万1000か所は警察官を定期的に巡回させて被害の撲滅を目指している。ところが、14日までの2週間で94件の被害が発生し、約1億7000万円がだまし取られたことがわかった。先月の同時期の138件(被害額約2億1500万円)と比べると減少しているものの、撲滅にはほど遠い状況となっている。このため同庁で急きょ、被害状況を分析したところ、被害が集中するとみていた無人ATMやコンビニエンスストアでの被害は想定より少なく、被害の全体の7割は行員などがいる金融機関のATMから振り込まれていたことが判明。さらに、16件は警察官が常駐していたATMだったほか、金融機関の行員などがATMのそばにいながら被害を食い止められなかったケースも35件(被害額4000万円)に上っていた。多くは、警察官や行員らが被害者の振り込みに気づかなかったとみられるが、警察官に注意されながら、「家庭のことだから関係ない」と振り切って130万円を振り込んだ59歳の女性や、行員が声をかけたものの、「大丈夫です」と答えて50万円を振り込んだ73歳の女性もいた。同庁では、警察官だけでなく、金融機関側にも、ATMを訪れるすべての高齢者に声をかけるよう依頼するとともに、被害者と疑われる時には、できるだけ会話をするようにするなど声かけの内容も工夫したいとしている。

(2008年10月17日14時53分  読売新聞)

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「振り込め」阻止22件 全国の集中警戒結果 警察庁(17日)

Banner_logo_051_7 振り込め詐欺被害の防止対策として、全国の警察が現金自動預払機ATM)周辺を集中警戒した15日、全国で警察官や金融機関の職員が22件の被害を未然に防いだことが17日、警察庁のまとめで分かった。警察庁によると、茨城、神奈川、長野、静岡の各3件、東京2件、山形、千葉、福井、岐阜、三重、大阪、熊本、沖縄各1件。このうち6件が金融機関の職員によるものという。茨城県では、80歳代男性に警察官が声を掛けたところ「融資を受けるため保証金2万円を振り込まなくてはならない」と答えたため、融資保証金詐欺の説明をして、振り込みをやめさせたという。三重県では、ATM前で携帯電話を使っている80代女性に警察官が事情を聴くと、社会保険庁職員を名乗る者から還付金があるとしてATMまで来るよう促されていたことが分かった。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/187729/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ロシア大使館に男侵入 警視庁が身柄確保(17日)

Banner_logo_051_6 17日午後5時50分ごろ、東京都港区麻布台の在日ロシア大使館で、男が通用門から敷地内に侵入した。男は大使館の建物入り口まで近づいたが、職員の説得に応じて約20分後に敷地の外に出た。男は暴れたりせず、けが人はいなかった。警視庁麻布署が男の身柄を確保して事情を聴いているが、意味不明なことを話しているという。調べでは、男は30代の日本人で、通用門から車が出る際に門が開いたすきに敷地内に侵入した。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/187705/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆振り込め詐欺それでも被害7億円 撲滅月間の10月 警察庁(17日)

47newslogo1_4 警察庁は17日、「振り込め詐欺撲滅月間」とした今月の1日から14日までに、全国で621件、総額約7億1300万円の被害届け出があったと発表した。1日当たりの届け出は平均44件で、今年1-8月に比べ約30%減少。1日当たりの被害額も約5100万円と約40%減ったという。警察庁の担当者は「さらに努力し、目標に掲げた『被害半減』を達成したい」としている。警察庁によると、携帯電話で指示を受けながら現金自動預払機(ATM)を操作し、現金をだまし取られる被害は、1-8月には1日平均約500件の届け出があったが、今月前半は56件にとどまった。一方で、郵便小包「エクスパック」で現金を送らせる「非ATM型」が急増しており、各地の警察を通じてお年寄りに注意を呼び掛けている。全国では今月前半、詐欺の指示役や「出し子」と呼ばれる現金引き出し役、詐欺グループに匿名口座などを売り渡す「道具屋」らが、計40人逮捕された。http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008101701000723.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆中国製あんからトルエン 三重、山梨で5人体調不良(17日)

47newslogo1_3 三重、山梨両県内で販売された中国製あんから、有害物質トルエンと酢酸エチルが検出され、三重で3人、山梨で2人が一時体調不良を訴えたことが17日分かった。いずれも「マルワ食品」(静岡県磐田市)が輸入したもので、名古屋市のスーパーで購入して食べた男性が目まいなどを訴えたものと同種。三重県四日市市によると、9月末から今月7日にかけ、同市のスーパーで販売されたあんを食べた同市内の80代の男性と60代と50代の夫婦の計3人が目まいや腹の不調などを訴えたが、現在はほぼ回復しているという。三重県保健環境研究所が食べ残しの「つぶあん」を検査したところ、最大で0・029ppmのトルエンと0・51ppmの酢酸エチルを検出。80代の男性宅に未開封で保存されていたマルワ食品輸入の「こしあん」からも0・016ppmのトルエンが検出された。山梨県などによると、同県南アルプス市のスーパーで販売されたあんを食べた山梨県甲斐市の60代と50代の夫婦から8日、「8月ごろに粒あんを団子と一緒に食べたところ嘔吐した」と保健所に連絡があった。夫婦は軽症。8月上旬に購入したという。食べ残しからはトルエン0・006ppmと酢酸エチル0・31ppmを検出した。http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008101701000712.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

★小説 警視庁薬物特命捜査官(24)

  ビデオ写真の解明を急げ
080713_164028_m  木島さんの足が不自由だったことから車で新潟県警に案内することになった。捜査本部からは警視庁の林管理官が同行した。木島さんは車内で、北上雅也と悟さんが同じ部屋に寝泊まりしていた当時の山谷の様子を話し出した。林管理官は、懐かしい時代の話しに自身の警察官生活をだぶらせて振り返り何度も何度も質問した。
 昔し話しをしたのも、面通しの前に木島さんに当時の多くの記憶を蘇えらせるための林管理官の作戦だった。
 関越自動車道路の新潟中央インターでは県警高速隊のパトカーが待機しており、新潟中署まで誘導したくれた。
 同署にはマジックミラー付きの調べ室はなかった。このため刑事課は金田悟と名乗る男を何度も木島さんの前を通行させることで確認させた。
 調べ室で録音された羹の雑談も聞かされた。木島さんがようやく思い出したようだ。
 木島さんは長旅で疲れていた様子なので県警で食事をしながらの事情聴取となった。刑事部長応接室に案内され、警視庁の林管理官と県警捜査一課の大島係長が立ち合うことになった。
 「いかがでしたか、思い出したことがありますか?」
 林管理官が切り出した。来る途中の乗用車内での会話の延長線上を演出した。
 「あの男の人ですね。あれはね、確か…労働センターが焼き討ちされた事件の後だったと記憶しているんです。週刊誌の写真の男と良く二人で飲み歩いていましたよ」
 「ということは、今、見た男と悟さんとは別人なんですね。そしてロックの雅こと北上雅也とも別人で、北上と先ほど見た男は仲が良かったことになる」
 大島係長の声がうわずった。DNA鑑定以外の生の証言だった。そして木島さんは続けた。
 「悟さんはさ、ほら稼がないと食べれない訳でしょう。日雇い労働者だからね。ところがあんた…」
 木島さんは饒舌になってきた。
 「なんだっけ週刊誌の男は、はなからヤクザっぽくてさ、よーく悟さんにたばこをやっていましたよ」
 「さっきの男は背広を着ているから、私たちは役人みたいでおかしいし変だなぁって見ていました。一カ月ぐらいの間に何回か来ていましたが、そのうち三人で出て行ったきり帰りませんでした」
 「宿賃の精算はその日その日なので、うちは何の損もしていないのですが、何か月か後に週刊誌の男が来て『誰か悟を訪ねて来なかったか?』て聞かれたんです。三人で出て行ったのになぁ。だからおかしなことを聞くんだなと思っていました」
 こうして、「ロックの雅」は羹兄とは別人だったことが証明された。
 報告を受けた警視庁の笹川刑事部長は、警察庁の宗像警備局長を訪ねた。金田正夫さん殺害事件の途中経過報告と北上の身柄についての打ち合わせだった。局長室には警備局担当審議官、小嶋外事課長、国際部長も呼ばれていた。笹川が苦渋にみちた顔で説明を始めた。
 「いゃぁ参りました。報道が先行した形になってしまいました」
 「それにしても警視庁も大変ですね」
 今回の場合は、発表事案とは別問題であり誰にも責任を求めることはないが、警視庁という立場上、情報を持っていながら警察庁に報告する前に報道されたことについて笹川は謝罪したつもりだった。察していた国際部長が切り出した。
 「ご承知だと思いますが、北朝鮮は残念ながらICPO(国際刑事警察機構)に加盟しておりません。中国と韓国が加盟しているので、北朝鮮を出国した場合に備えた手配は必要と思われます」
 「北上の逮捕状がない場合はどうすればよいか?それによってどこまで詰められるのかなんだよ」
 宗像局長のこの言葉に、国際部長は
 「手配には赤手配から紫手配までありますが、赤手配は引き渡しを前提に身柄の拘束を求めるものですから令状が無い以上はできません。したがって国際情報照会手配書、つまり青手配書を発行して、北上の所在発見や正確な人定事項や犯罪経歴などに関する情報を求めるほうがよいのではないでしょうか」
 そして小嶋外事課長が続けた。
 「一度手配すれば手配書は加盟国に回りますので行動確認はできるわけです。さらに詰めておくとすれば外交ルートで在北京大使館から中国にお願いして外交ルートによる平壌への働きかけが良いのではないでしょうか」
 「警視庁としては北上の令状をとるまでは行くのかね。行けるんだったら、警察庁としては北京に派遣することも可能だよ。既に中国公安当局とは来日外国人犯罪対応として連絡体制が確立しているからね」
 と宗像局長が笹川の顔を見ながら聞いた。
 

続きを読む "★小説 警視庁薬物特命捜査官(24)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆農薬冷凍インゲン、袋に1ミリの穴 警視庁発表(17日)

Logo3_5 中国製冷凍インゲンを食べた東京都八王子市の女性(56)が農薬ジクロルボスによる中毒に陥った問題で、警視庁は17日、このインゲンの袋を科学捜査研究所で詳しく調べたところ、袋の端に1ミリほどの穴があったと発表した。捜査1課によると、商品袋の左端には空気を抜くための空気孔(幅約5ミリ)が2カ所あり、穴はそのうちの一つの空気孔の直近にあったという。同庁は穴が開いた経緯などについて詳しく調べる。ジクロルボスは、東京都の検査で調理前のものから6900ppm、加熱後のものからは同4100ppmの濃度が検出された。警視庁の鑑定では加熱前のものから濃度4600ppm以上が検出された。 http://www.asahi.com/national/update/1017/TKY200810170292.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆女児殺害の足利事件 再審請求でDNA型再鑑定へ(17日)

Msn_s1_3 産経ニュース

栃木県足利市で平成2年、4歳の女児が殺害された「足利事件」で殺人などの罪に問われ、無期懲役が確定した元幼稚園バス運転手、菅家利和受刑者(62)の再審請求即時抗告審で、東京高裁(田中康郎裁判長)がDNA型の再鑑定を行う方向で検討していることが17日、菅家受刑者の弁護団の話で明らかになった。再鑑定が行われれば、初めてのケースとなる。菅家受刑者は無罪を主張したが、女児の衣服に付着した体液と菅谷受刑者のDNA型が一致するという鑑定結果が有罪の決め手となり、1、2審で無期懲役が言い渡された。また、最高裁がDNA型鑑定の証拠能力を認めた初めてのケースとなり、有罪が確定した。 これに対し弁護団は、事件当時、DNA型鑑定が導入された直後だったことから、「当時の鑑定は信用できない」などと平成14年に再審請求した。しかし、宇都宮地裁は再鑑定を行わず、今年2月に棄却した。弁護団は即時抗告審で改めて再鑑定を請求。高裁から「再鑑定する方向で考えている」との意向が伝えられたという。再鑑定に反対してきた検察側も、15日付で「裁判所の決定が実施するということであれば、反対はしない」とする意見書を高裁に提出した。弁護団によると、早ければ11月中にも再鑑定の採否が決定される見込み。http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/081017/trl0810171704007-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

★電話で暗唱番号聞き出す 新手の詐欺に注意呼びかけ 長野(17日)

Banner_logo_051_4 電話で暗証番号を聞き出したうえで、自宅を訪れてキャッシュカードをだまし取るという新たな手口の詐欺事件が9月以降、長野県や近隣各県で相次いで発生しており、県警生活安全企画課は注意を呼びかけている。 警察職員を名乗るものから被害者に口座番号や暗証番号を聞き出す不審電話があり、その後金融機関の職員を名乗るものが自宅を訪れ、キャッシュカードをだまし取る-という手口。高齢者に電話をかけてお金を振り込ませる「振り込め詐欺」に対しては、銀行などの警戒が厳しくなったため、さらに手口が巧妙化したとみられる。7日には長野市内に住む70代と80代の女性が被害に遭い、計約390万円がだまし取られたほか、山梨県では9月中旬に2件、新潟県では10月上旬に1件、静岡県では9月中旬以降15件、群馬県では9月中旬に8件発生している。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/187662/

続きを読む "★電話で暗唱番号聞き出す 新手の詐欺に注意呼びかけ 長野(17日)"

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆女子高生監禁、63歳男を逮捕 300万円要求メール 三重・紀北町(17日)

Banner_logo_051_3 三重県紀北町内の高校2年の女子生徒(16)が16日午後から行方不明となり、三重県警捜査1課は17日午前10時50分ごろ、同町内の63歳の男の自宅で女子生徒を発見。男も別の場所で身柄を確保した。女子生徒は発見当時、体をふとんにくるまれ、ひもで縛られた状態で、顔などにけがをしていたが、命に別条はないという。捜査1課は逮捕監禁容疑で男を逮捕した。調べによると、女子生徒は16日午後0時40分ごろ、自宅近くの駅で同級生と別れた後、行方不明となった。午後2時ごろ、母親の携帯に女子生徒のアドレスから「子供を預かった。300万円を用意しろ」などという内容のメールがあった。夜になっても女子生徒が帰らないため、母親が警察に通報した。その後、17日午前8時半ごろに、女子生徒の携帯から母親に無事を伝える内容の電話があり、警察が捜査を進めたところ、近くに住む男の自宅で女子生徒を発見した。捜査1課によると、男は女子生徒と顔見知りだったという。同課は詳しい動機などを調べている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/187587/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆女子高生を監禁の疑い 60代の男聴取 三重県警

Logo3 三重県警は、同県南部の女子高校生を監禁した容疑で、同県紀北町の60代の男から事情を聴いている、と17日発表した。男の自宅で女子高校生を発見した。女子高校生は緊縛されていたが、命に別条はないという。 県警によると、女子生徒は16日午前中の試験を終えて下校したが、帰宅せず、家族が午後7時ごろ警察に通報した。午後2時ごろには、女子生徒から家族の携帯電話に、自力で帰宅できないという趣旨のメールがあったという。17日朝、女子生徒本人から家族へ電話があったが、その後、連絡が取れなくなっていた。 http://www.asahi.com/national/update/1017/NGY200810170001.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆三浦元社長:「自殺は不満」ジミー佐古田捜査官が会見(17日)

20081017k0000e040052000p_size51

Logo_mainichi1_4

写真は三浦和義・元輸入雑貨販売会社社長の自殺について会見するジミー佐古田ロサンゼルス郡地検捜査官=2008年10月16日、吉富裕倫撮影

【ロサンゼルス吉富裕倫】81年のロス銃撃事件の捜査にかかわってきた米ロサンゼルス郡地検のジミー佐古田捜査官(73)が16日、ロス市内で会見した。輸入雑貨販売会社の三浦和義元社長(61)の自殺について「大変がっかりしているし、不満だ」と述べた。捜査については「法的議論があっても、さらに訴追を進めることができた」との見解を示し、「三浦元社長の訴追は終結したが、(銃撃されて死亡した元社長の妻)一美さん、(三浦元社長の交際相手で変死体で発見された)白石千鶴子さんの事件は終わっていない」と話した。佐古田捜査官は、三浦元社長の逮捕後、訴追を進めるため地検に再雇用された。元社長の自殺に伴い、近く退職する。http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081017k0000e040046000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

★警察署で署員が飛び降りか 東京・港区の高輪署(17日)

47newslogo1_2 17日午前8時ごろ、東京都港区高輪の警視庁高輪署前の路上で、同署員の男性が倒れているのが見つかった。男性は搬送先の病院で死亡が確認された。同署は、男性が署の建物から飛び降りたとみて原因などを調べている。高輪署はJR品川駅の北西約750メートルの住宅街にある。http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008101701000185.html

警視庁高輪署で飛び降り 59歳警部補が死亡

Msn_s1 17日午前8時ごろ、東京都港区の警視庁高輪署前の路上で、男性が倒れているのがみつかった。男性は同署交通課警部補(59)で、搬送先の病院で死亡が確認された。同署は飛び降り自殺とみて原因などを調べている。警部補は退職を目前に控えており、宿直勤務明けだった。同署はJR品川駅の北西約750メートルの閑静な住宅街にあるhttp://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081017/crm0810171022002-n1.htm

続きを読む "★警察署で署員が飛び降りか 東京・港区の高輪署(17日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆中国産冷凍インゲン問題、地元公安当局が捜査に着手(17日)

【莱陽(中国山東省)=加藤隆則】中国産の冷凍インゲンから高濃度の有機リン系殺虫剤「ジクロルボス」が検出された問題で、商品を生産した山東省莱陽市の「煙台北海食品有限公司」と同市政府が16日、同市内で記者会見した。慕欣・同市副市長は「日中友好の大局に立ち、日本の消費者に責任ある態度を取る」と発言、市政府内に調査グループを設け、公安当局が捜査に着手したことを明らかにした。

(2008年10月17日02時32分  読売新聞)

(

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ジョギング男性殴られけが 大阪・茨木(17日)

 MSN産経ニュース17日午前1時半ごろ、大阪府茨木市玉櫛の路上で、ジョギングをしていた近くに住む男性会社員(28)が、後ろから自転車で近付いた男に、いきなり鈍器のような物で頭を1回殴られた。男性は後頭部を5針縫うけがを負ったものの命に別条はないといい、茨木署が傷害容疑で男の行方を追っている。調べでは、自転車の男は犯行後、男性がよろけている間に、そのまま無言で逃げたという。現場は、阪急南茨木駅の東約700メートルの住宅街。付近では今年6月にも、夜間にジョギング中の男性が後頭部を刃物で切りつけられる事件が起きており、同署は関連を調べている。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081017/crm0810171012001-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆<メラミン>中国産の乾燥卵から検出…三井物産発表(17日)

Logo_mainichi1_3 三井物産は16日、中国から輸入した粉末状の乾燥卵から化学物質「メラミン」が最大4.6ppm検出されたと発表した。納入先の卵加工会社から製パン会社が購入し、菓子パンの材料に使用。消費者に販売された。ニワトリのエサにメラミンが混入したことが原因とみられる。エサを食べたニワトリの卵からのメラミン検出は初めて。三井物産によると、今年9月に約20トンの乾燥卵を輸入し、卵加工会社のキユーピータマゴ(東京都調布市)に納入。うち400キロを製パン会社に販売し、10月上旬、菓子パンの材料に使われた。菓子パンの大半はスーパーなどで販売されたとみられる。菓子パン4種類を検査したところメラミンは検出されなかったという。残る19.6トンは三井物産が回収し、返品または廃棄する。鶏卵を乾かして粉状に加工した乾燥卵は、パンや菓子、ホットケーキ粉などの原材料に使われる。07年度に3368トンが輸入され、このうち約8%に当たる約265トンが中国製。三井物産は「メラミン問題は認識していたが、エサへの混入までは想定しておらず、リスク管理が甘かった」と釈明している。【森禎行】http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081016-00000124-mai-soci

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆中国製インゲン 埼玉16人、茨城、群馬でも 「体調不良」訴え続々 (17日)

San1 埼玉県は16日、県内のイトーヨーカドーと、系列のヨークマートで購入した中国製冷凍食品「いんげん」を食べた16人が、嘔吐(おうと)や下痢などの症状を訴えたと発表した。いずれも殺虫剤のジクロルボス中毒に特有のしびれ症状の訴えはなく、回復しているという。

  【写真で見る】 殺虫剤が検出されたものと同じ中国製冷凍インゲン

 このうち、さいたま市の5人が食べた商品は、製造工程を示すロット番号が、東京都八王子市の主婦が食べて健康被害を訴えたジクロルボス混入の商品と同一だった。県やさいたま市保健所は残りを回収して成分を分析する。茨城県でも、日立市のイトーヨーカドーで買った同じロット番号の商品を15日に食べた高萩市の女性が、日立保健所に舌のしびれと胃痛を訴えたため、成分を分析している。一緒に食べた家族に症状は出ておらず、女性も快方に向かっているという。群馬県では、同商品を食べた伊勢崎市の女性が「下唇がけいれんするのを感じた」と伊勢崎保健福祉事務所に通報。東京都にも舌のしびれや吐き気などの訴えが6件あったが、現時点では有害物質が検出された事例は報告されていない。一方、千葉県警と柏市は16日、舌のしびれや吐き気を訴えていた同市内の2人が食べ残したインゲンから、ジクロルボスなどの有機リン系農薬は検出されなかったと発表した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081017-00000092-san-soci

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆還付金詐欺、関市で間一髪セーフ ATM警戒中(17日)

47newslogo1  全国の警察が「ATM(現金自動預払機)集中警戒日」としてATMの巡回を強化した15日、岐阜県関市内のショッピングセンターでは、巡回中の警察官がATMを探していた同市の無職女性(66)に気づき、振り込め詐欺の被害を未然防止する一幕があった。 関署などによると、女性は同日午前11時半ごろ、関市片倉町のユニー関店でATMを探していた。そばで警戒していた岐阜県警自動車警ら隊員2人に、慌てた様子でATMの場所を尋ねたが、不審に思った隊員2人が女性に詳細を確認。国税局職員を名乗る男から女性に電話があったことが分かり、「還付金詐欺」と判明。女性は入金せずに済んだ。女性には「今日中にATMに行って還付手続きをしてほしい」といった電話があったという。被害を防いだ同隊の山田佳典巡査長(28)は「自分もいつ狙われるか分からない、という自覚を持ってもらいたい」と話した。県内ではこの日、延べ約660人の警察官を動員。計1600カ所以上のATM周辺で警戒に当たっていた。 http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20081016/200810160919_6129.shtml

| コメント (0) | トラックバック (0)

★玉川温泉:「北投石」79個盗む…3被告を再逮捕 秋田(17日)

Logo_mainichi1_2  秋田県仙北市田沢湖玉川にある国の特別天然記念物「玉川温泉の北投石(ほくとうせき)」を盗掘したとして県警仙北署などは16日、同県鹿角市十和田毛馬内、元電気工事業、成田博(66)=窃盗罪で起訴=ら3被告を森林法と自然公園法違反容疑で再逮捕したと発表した。調べでは、3容疑者は7月16日午前0時半ごろ、玉川温泉で北投石79個(総重量20キロ)を盗んだ疑い。北投石はラジウムを放出する貴重な鉱石で、玉川温泉と台湾でのみ産出される。入浴の際、浴槽に入れると難病に効くとされ、100グラムあたり3万~13万円で売買されているという。3容疑者は同じ日に玉川温泉で湯華11袋(約110キロ、時価約110万円)を盗んだ疑いで逮捕された。その際、成田容疑者の車に北投石が入っていたため、再逮捕した。【坂本太郎】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081017k0000m040088000c.html

続きを読む "★玉川温泉:「北投石」79個盗む…3被告を再逮捕 秋田(17日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆山口組:静岡・富士宮の後藤組を絶縁か(17日)

Logo_mainichi1 指定暴力団山口組系の有力組織、後藤組(静岡県富士宮市)の後藤忠正組長(66)が、山口組から絶縁されたとみられることが16日、警察当局の調べで分かった。警察当局によると、山口組は、後藤組長が山口組の会合に欠席を繰り返したことなどを理由に除籍を決定。しかし、後藤組長が難色を示したため、より厳しい対応をしたとみられる。絶縁されると、山口組への復帰はできないという。後藤組は92年、映画監督の故伊丹十三さん襲撃事件を起こすなど「武闘派」としても知られる。http://mainichi.jp/select/today/news/20081017k0000m040138000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆副都心線池袋駅構内で不審火 上下線とも一時全線運休(17日)

Banner_logo_051_2 16日午後9時25分ごろ、東京都豊島区の地下鉄副都心線池袋駅構内で火災があり、駅事務所脇に置いてあった段ボールや廃材などが焼けた。通報を受けた消防隊員がホームなどにいた客を避難誘導したことから、けが人はなかった。駅事務所脇は火の気がなく、警視庁池袋署と東京消防庁は不審火とみて出火原因を調べている。午後9時50分ごろに鎮火したが、火災の影響で副都心線は一時、上下線ともに全線運休となった。 サラリーマンらの帰宅時間と重なったところに、消防車10台以上が出動し、池袋駅は一時騒然となった。副都心線の出入り口には駅員と警備員が立ち、構内に入るのを制限していた。 千葉市の調理師の男性(29)は「横浜に行くため、渋谷で電車に乗り換えようと副都心線の池袋駅に行ったら、煙が出ていたので驚いた」と話した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/187465/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆早大実験室で火事 消防車など20台以上出動(17日)

Banner_logo_051 東京消防庁に入った連絡によると、17日午前1時15分ごろ、東京都新宿区西早稲田1の早稲田大学6号館化学実験室から出火した。 午前1時45分現在延焼中で、東京消防庁は消防車など20台以上を出して消火に当たっているが、けが人などの情報はないという。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/187482/
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

★警視庁管内 体感治安度 レベル2

 首都東京の体感治安(17日現在)
       (単位・レベル)

2   解説

15日は振り込め詐欺対策として1万5000人

の警察官が都内にある1万2000カ所のATM

の警戒日。ところが「警察官が警戒しているの

にもかかわらず3人が被害に遭った」の報道。

信頼という治安への影響が懸念された。16日

16時27分配信の共同通信のニュBye1 ースで「AT

Mでの振り込み1件発生。他に3件あったがバイク便利用などの犯行だった」という。3件は警察官配置に関係なかった。1件という数字は重いが、治安の信頼は失わずに済んだ。現場に配置された警察官の名誉のために記しておく。ところで、東京都八王子市の中国製冷凍食品「いんげん」から殺虫剤「ジクロルボス」が検出された事件は被害の拡大はないが、捜査は難しいようだ。徳島市の連続爆破事件は、犯行声明で「民族義勇軍 山雄」と名乗った。本物か分からないが、公安事件を視野の捜査になるだろう。地下鉄池袋の不審火は連続性がない。都内外ともになんとなく、治安の悪化を感じる。よって「レベル2(あお)」とする。

※ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください。クリックすると挨拶します。宜しく

   

続きを読む "★警視庁管内 体感治安度 レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ATMに警告画面表示を導入へ 奈良県の南都銀行(17日)

News_pic1_9 過去最悪のペースとなっている振り込め詐欺の被害の拡大を食い止めようと、奈良市に本店がある南都銀行は、ATMで、詐欺を警告する画面を確認しないと振り込みができないようにするシステムを、関西の地方銀行では初めて、11月から導入することになりました。このシステムは、南都銀行が警察などと協力して開発しました。ATMで振り込み操作に入ろうとすると、「振り込め詐欺に注意」という警告メッセージや、「還付金がある」とか、「オレだけど」といった、詐欺の電話の決まり文句などが画面いっぱいに表示され、確認ボタンを押さないと、送金手続きの画面に進めない仕組みです。南都銀行などによりますと、こうしたシステムを導入するのは、関西の地方銀行では初めてだということです。南都銀行では、11月中旬に奈良県内を中心に、700台あまりあるすべてのATMに、このシステムを導入することにしています。南都銀行事務統括部の金澤雅宏課長は、「警告画面のメッセージを読み、確認のボタンを押すという作業に時間を使うことで、被害者が落ち着き、冷静さを取り戻すきっかけになれば」と話しています。http://www.nhk.or.jp/nara/lnews/07.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆寸劇で「振り込め詐欺注意を」 青森県警五所川原警察署 ☆秋田では民間会社員が協力の勉強会(17日)

News_pic1_7 振り込め詐欺の被害が、青森県内でも相次いでいるなか、中泊町では、15日、被害にあいやすいお年寄りに警察官が寸劇を演じて、注意を呼びかけました。寸劇は、五所川原警察署の署員らが、仕事の合間に練習してきたもので、中泊町の会場には地元のお年寄りおよそ80人が集まりました。寸劇では、警察や弁護士を名乗って電話をかけてきて「お宅の子どもが交通事故を起こしたので、すぐに大金が必要だ」とウソを言って振込みをさせる手口が、津軽弁のジョークも交えてわかりやすく紹介されました。寸劇の終わりには、電話を受けてもすぐに振り込まないこと、必ず誰かに相談し、決して1人で振り込まないことなど注意点が指摘されました。また、最近の傾向として郵便局やコンビニから「エクスパック」と呼ばれる配達サービスを使って現金を郵送させる手口が目立っていることも説明されました。県内では、ことしに入ってから先月までに、124件の振り込め詐欺が起き、去年の同じ時期よりおよそ60パーセント増えていて14日も警察が警戒を強めるなか八戸市と弘前市で女性が被害に遭っています。http://www.nhk.or.jp/aomori/lnews/06.html

★「振り込め」防止配達員が研修 秋田の民間会社が協力

高齢者が振り込め詐欺の被害にあうのを防ごうと、乳酸菌飲料の販売会社の配達員が配達先で被害防止を呼びかけるための研修会が行われました。これは秋田中央警察署が、高齢者宅を訪問することの多い女性の配達員に、振り込め詐欺の被害防止を呼びかけてもらおうと行ったものです。警察署で行われた研修会には乳酸菌飲料の販売会社の女性配達員およそ120人が集まりました。はじめに秋田中央警察署生活安全課の佐々木千代志係長が「還付金詐欺」や「架空請求」など振り込め詐欺が大きく4種類に分けられることを説明し、「怪しいと思われる電話がかかってきた時は相手が誰かを確かめるよう呼びかけてください」と高齢者へのアドバイスの仕方を説明していました。このあと、秋田県警が作成した振り込め詐欺の手口を紹介した動画が上映され、参加者たちは真剣な表情で見ていました。
参加した配達員の女性は「きょう知ったことを配達先のお年寄りにきちんと伝えていきたいです」と話していました。女性配達員たちは今後、振り込め詐欺の被害防止を呼びかけるチラシも配達先に配って、被害防止に一役買うことにしています。http://www.nhk.or.jp/akita/lnews/03.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆中学校職員 口座売り渡し逮捕 神奈川県警(17日)

News_pic1_6 横浜市の中学校の職員の男が、ヤミ金融の男の指示を受けて自分の口座を売り渡したとして16日逮捕されました。口座は先月、振り込め詐欺に使われており、警察は売買の詳しい実態を調べています。逮捕されたのは横浜市旭区にある横浜市立の中学校の職員、秦野進容疑者(54)です。警察の調べによりますと、秦野職員はことし8月、自分の銀行口座を1万3000円で売り渡したとして犯罪収益移転防止法違反の疑いが持たれています。
これまでの調べで、秦野職員は他にも2つの口座を売り渡していて、3つの口座は振り込め詐欺に使われ、先月石川県や大阪市の男女3人が現金あわせて50万円を振り込んでだまし取られていたということです。調べに対し秦野職員は「借金で金に困り、ヤミ金融の男から指示されて売り渡した」などと供述し、郵便小包に預金通帳とキャッシュカードを入れて東京都内のマンションに送った後、自分の別の口座に代金が入っていたということです。
警察はヤミ金融の業者が口座の売買に深く関わっている疑いがあるとみて実態を調べています。横浜市教育委員会は「学校職員がこのような事件を起こし、極めて遺憾だ。事実関係を確認して厳正対処したい」と話しています。http://www.nhk.or.jp/yokohama/lnews/01.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆インゲン冷凍処理後に混入か 殺虫剤、袋の内側からも検出(17日)

Msn_s1_3 産経ニュース

中国製冷凍インゲンから高濃度の有機リン系殺虫剤ジクロルボスが検出された問題で、製品の袋の内側からも殺虫剤が検出されていたことが16日、警視庁捜査1課の調べで分かった。インゲン以外からも殺虫剤が検出されたことで残留農薬の可能性は消え、人為的混入の疑いがより強まった。検出値の高さから殺虫剤混入は中国工場でインゲンが洗浄、冷凍処理された後とみられ、混入時期は中国での製造・袋詰め過程か、日本の店舗で梱包が解かれた後だった可能性が高い。警視庁は混入時期の絞り込みを進めている。

 ■輸送段階なし

 輸入元のニチレイフーズによると、殺虫剤が検出されたインゲンは昨年8月、中国黒竜江省の農場で収穫後、北緑食品(同省)の工場で洗浄、湯通しを経て冷凍処理された。ニチレイは「洗浄・冷凍前の混入であれば、あれほど高濃度にはならない」としており、混入は冷凍後とみられる。その後、仮包装され、倉庫に約11カ月間保管後、煙台北海食品(山東省)に運ばれ、袋詰め・箱詰めされた。その後は日本の店頭に製品が並ぶまで梱包は解かれなかったという。このため、中国で混入したとすれば、箱詰め後の輸送段階ではなく、冷凍後から袋詰めされるまでの過程だった可能性が高い。日本での混入の場合は箱が開封された後だ。警視庁の調べでは、袋には故意に穴や傷がつけられた形跡はなかったが、もともと通気用穴が2カ所開いている。被害にあった主婦(56)がインゲンを購入したイトーヨーカドー南大沢店で開封後に通気用の穴に注射針などを差し込み、混入させるなどの可能性も捨てきれず、警視庁は店側の保管状況や、防犯カメラの映像の解析を進めている。

続きを読む "☆インゲン冷凍処理後に混入か 殺虫剤、袋の内側からも検出(17日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月16日 | トップページ | 2008年10月18日 »