« 2008年10月6日 | トップページ | 2008年10月8日 »

2008年10月7日

2008年10月 7日 (火)

☆【ノーベル物理学賞】風呂あがりに浮かんだ「小林・益川理論」 研究秘話 (8日)

Msn_s1_4 1本の論文が世界を変えた。素粒子論の歴史を塗り替え、ノーベル物理学賞を受賞した「小林・益川理論」。当時の常識では考えられないほど型破りだったこの理論は、研究生活の疲れを癒やす「風呂」の中で生まれた。小林誠さんと益川敏英さんは名古屋市生まれ。ともに物理学者を目指して名古屋大理学部へ進学。益川さんが5年先輩だった。大学院では、著名な素粒子物理学者だった坂田昌一博士の研究室で机を並べ、活発に議論を交わす間柄になった。益川さんが助手として京大理学部へ移ると、小林さんも2年後に続いた。旧知の2人は、すぐに「何か面白いことをやろう」と話し合った。選んだのは、宇宙や物質の根源にかかわる「CP対称性の破れ」という謎の現象。多くの学者が挑みながら、解明できていない難題だった。 研究が始まったのは昭和47年5月。当時、益川さんは教職員組合の書記長も務め、多忙だった。2人は益川さんの時間が空く午前中に議論し、結果を家に持ち帰って熟考。翌朝、また議論する生活を続けた。研究は主に益川さんが理論面、小林さんが実験面を担当。益川さんによると、「私がモデルを作り、朝、小林君に話すと、彼がそのアイデアを実験でつぶしていく」という毎日だった。 当時、発見されていた素粒子クォークは3種類。当初は1つ多い4種類を想定した理論(4元モデル)を組み立てたが、それでは対称性の破れを説明できず、すぐに行き詰まった。 研究を始めて1カ月ほどたった6月のことだった。家で風呂に入っていた益川さんは、クォークを6種類と考える「6元モデル」を思いつく。「風呂から上がった瞬間に、ふっと頭に浮かんだ。割と単純な発想だった。4元モデルの呪縛(じゅばく)が解け、『6元でいける』とポジティブに考えられるようになっていた」

 小林・益川理論が誕生した瞬間だった。翌朝、小林さんに話すと「実験的にもうまくいきそうだ」。夏休み中のわずか2カ月間で理論を仕上げ、小林さんが英文で論文を書き、学術誌に投稿したのは9月。翌48年、掲載された。「小林君は頭脳明晰(めいせき)で繊細、私は細かな作業が苦手。まったく違う性格の2人がコンビを組んだ」。大胆な着想で突破口を提示する益川さんと、緻密(ちみつ)な検証でそれを磨き上げる小林さん。抜群の相性の良さが歴史的な快挙を生んだ。無名の若手が書き上げた論文は当初、あまり注目されなかった。「クォークが本当に6種類もあると思うのか」と先輩研究者からいじめられたこともあったという。30年余の歳月を経て、ようやく正しさが認められ、最高の栄誉を受けた小林さんと益川さん。だが、その業績について聞かれると、決まってこう答えてきた。「理論屋とすれば、理論が外れる方が面白い」。あくなき探究心は、いささかも衰えることはない。http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081007/acd0810071956006-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆中国製粒あんからトルエン=静岡の会社が輸入-男性、めまいなど訴え・名古屋(7日)

Jij1 名古屋市中川区の60代の男性が、同区内で購入した中国製粒あんを食べた後、めまいなどを訴え、この粒あんから微量のトルエンと酢酸エチルが検出されていたことが7日、分かった。同市は、粒あんを輸入した業者がある静岡県に連絡、同県が詳しく調べている。
 名古屋市食品衛生課や静岡県食品衛生室によると、9月に男性から「粒あんを食べた後に気分が悪くなった。めまいもした」と訴えがあった。同市が食べ残しを調べたところ、トルエン0.008ppm、酢酸エチル0.16ppmが検出された。いずれも健康に大きな影響を及ぼす量ではないといい、男性は既に回復している。
 また、同区内のスーパー2店で販売されていた同一製品2品を調査したところ、2品とも0.008-0.28ppmのトルエンと酢酸エチルが検出された。この2品は、包装に異常がないことから、同課は店頭で混入した可能性は少ないとみている。
 これらの粒あんは同県磐田市の食品販売会社「マルワ食品」が輸入した。同社によると、生産を委託している中国河北省の会社の工場から、1袋1キロ入りを1万3200袋輸入。本州と九州の卸業者やスーパーなどに販売したという。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081007-00000162-jij-soci

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆よど号犯最後の子女 来年1月帰国で調整(7日)

Banner_logo_051_11  日航機「よど号」を乗っ取り、北朝鮮に在住している元赤軍派メンバーの家族のうち、若林盛亮容疑者(61)=国際手配中=の次男(13)の帰国を来年1月に実現する方向で調整が進んでいることが7日分かった。同日まで北朝鮮を訪れていた代理人が日本への帰途、経由地の北京で明らかにした。実現すれば、よど号メンバーの子女は全員日本に帰国することになり、残るのはメンバー4容疑者と、日本人拉致に関連して国際手配されているメンバーの妻2人の計6人となる。(共同)http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/185048/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ノーベル物理学賞に小林誠氏ら日本人3人(7日)

Banner_logo_051_10 スウェーデン王立科学アカデミーは7日、2008年のノーベル物理学賞を高エネルギー加速器研究機構の小林誠名誉教授(64)と益川敏英京都大名誉教授(68)=京都産業大教授、米シカゴ大の南部陽一郎(87)の3氏に授与すると発表した。授賞理由は「小林・益川理論」と「対称性の自発的な破れ」による素粒子物理学への貢献。宇宙や物質の成り立ちにかかわる根源的な現象を解明し、素粒子物理学の基礎となる「標準理論」を構築した功績が評価された。日本人のノーベル賞は6年ぶりで、共同受賞は初めて。日本人のノーベル賞受賞者は2002年の小柴昌俊氏(物理学)、田中耕一氏(化学)以来。南部氏は福井県出身で米国籍。物理学賞は故湯川秀樹氏、故朝永振一郎氏、江崎玲於奈氏、小柴氏に続く受賞。授賞式は12月10日、ストックホルムで行われ、3氏に賞金計1000万スウェーデンクローナ(約1億8000万円)が贈られる。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/science/184974/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆振り込め詐欺:被害都内ワースト、町田で防止呼び掛け集会 寸劇で手口も紹介 /東京(7日)

Logo_mainichi1  都内101署のうち今年の振り込め詐欺被害件数がワースト1の東京・町田市で6日、被害防止を呼び掛ける集会が開かれた。市内では9月末現在で既に前年を5件上回る94件(未遂5件を含む)の振り込め詐欺事件が発生し、被害額は前年比900万円増の約1億2600万円に上る。集会では町田署や町田防犯協会の幹部が注意を呼びかけた。町田市民フォーラム(原町田4)で開かれた集会では、市民約200人に警視庁生安総務課の斎藤ひとみ警部らが被害状況や対策を説明。地元の劇団が手口を寸劇で紹介した。また町田署の中谷敏署長は「振り込め詐欺は親子の情愛を利用した卑劣極まりない犯罪。市内から振り込め詐欺を撲滅しよう」と呼びかけた。町田署によると、94件のうち被害額が最も多かったのは、3月中旬に60代の主婦が約770万円を詐取された事件。息子を名乗る男から「職場の金を使い投資信託に失敗した。早く返さないとばれる」と電話があり、主婦は要求通り振り込んだ。被害者の平均年齢は65歳になる。最近では事前に携帯電話の番号が変わったと連絡したうえで、後日改めて電話をかけて金を振り込ませる「2段階振り込め詐欺」が増えている。町田署も市内約300カ所の現金自動受払機(ATM)周辺に警察官を配置し警戒を強めているが、被害宅近くまでバイク便を向かわせて直接現金を回収する手口も出てきている。【堀智行】http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20081007ddlk13040522000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆柔道の谷本、振り込め詐欺撲滅の広報大使に 警視庁 (7日)

Banner_logo_051_8  

産経ニュース

119538_c1601

過去最悪の勢いで増加する振り込め詐欺を撲滅しようと、東京都と警視庁などは7日、広報大使に北京オリンピック柔道女子63キロ級金メダリストの谷本歩実選手を任命。谷本選手は「広報大使として家族のコミュニケーションの大切さなどを伝え、(犯罪抑止に向けて)頑張りたいと思います」と意気込んだ。式典で石原慎太郎知事が「振り込め詐欺は、本当に家族の弱みにつけ込んだとんでもない犯罪。今日、素晴らしい大使が登場しました」とあいさつし、振り込め詐欺撲滅広報大使に谷本選手を任命した。谷本選手は「広報大使としてみなさんに、家族のコミュニケーションの大切さや、被害を食い止める環境づくりを心がけること、私たち20代の世代から犯罪者を出さないようにすることなどを伝えていきたい」と話した。
 また式典では、米村敏朗警視総監が高齢者を中心に毎日、全国で1億円、東京都内で2000万円の振り込め詐欺被害が新たに発生し、被害者の中には自殺する人が出ている現状を説明。犯罪者による携帯電話、口座、ATM現金自動預払機)の悪用を絶対に見過ごさないことや、突然の電話で大金をだまし取られないよう高齢者を中心に警戒をよびかけることなどを対策に掲げ、「われわれはここに、自ら推進力となって社会をあげた振り込め詐欺撲滅対策を展開する」と宣言した。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/184941/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ネットオークションに消防車出品 神戸市消防局「装備外し」未確認(7日)

Banner_logo_051_7 神戸市消防局が売却した消防車が、赤色灯やサイレンなどが装備されたままネットオークションに出品されていたことが7日、分かった。 国は自治体が消防車などの緊急車両を売却する際、装備が外されることを確認するよう求めており、同局は「確認が甘かった」としている。同局は9月17日、「支援車」と呼ばれる輸送用車両を、装備の取り外しを条件に兵庫県明石市の古物商に約50万円で売却した。しかし、24日に外部から指摘があり、そのままの装備でオークションに出品されていることが発覚。古物商から販売委託を受けた同県高砂市の中古販売業者に出品の停止を求めた。神戸市消防局は「売却契約は国の指示を守ったものだったが、売却後の確認が甘かった」として、平成19年度以降に売却した消防車7台を調査している。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/184943/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆兄弟子3被告、起訴事実認める 時津風部屋の傷害致死事件(7日)

Banner_logo_051_6 大相撲の時津風部屋の序ノ口力士、時太山(ときたいざん)=当時(17)、本名斉藤俊(たかし)さん=が暴行を受け死亡した事件で、傷害致死罪に問われた兄弟子、伊塚雄一郎(25)、木村正和(25)、藤居正憲(23)の3被告の初公判が7日、名古屋地裁(芦沢政治裁判長)で開かれ、いずれも起訴事実を大筋で認めた。 弁護側は「親方の指示に逆らえなかった」「(斉藤さんを)立ち直らせる思いだった」などと主張。検察側は冒頭陳述で、元親方山本順一被告(58)=同罪で起訴=が「おまえらも教えてやれ」と3被告に暴行を指示したと指摘した。さらに3被告も斉藤さんが部屋から逃げたことに腹を立てており、指示通りに暴行に加わったと述べた。兄弟子の公判は10日まで連続4日間にわたり開かれ、11月10日に結審する。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/184863/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ANNニュース 三浦元社長をロス移送へ 市警捜査官がサイパンに (7日)

94186_c1601 サイパンで身柄を拘束されている三浦和義元社長をロサンゼルスへ移送するため、ロス市警の捜査員が現地に向かいました。 ロス市警・未解決殺人事件捜査班のリック・ジャクソン捜査官ら4人は日本時間の7日未明、サイパンに向けて出発しました。ジャクソン捜査官らは先月15日にもサイパン入りしましたが、この時はサイパン最高裁が三浦元社長の移送を停止したため、一度、ロサンゼルスに引き返していました。三浦元社長は、今週中にもロサンゼルスに移送され、来週前半には正式起訴に向けた裁判手続きが始まる予定です。http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/inte_news9.html?now=20081007174037

| コメント (0) | トラックバック (0)

★北朝鮮の覚醒剤密輸事件 逃亡の男、時効3週間前に逮捕(7日)

Msn_s1_3 産経ニュース

 約300キロの覚醒(かくせい)剤を北朝鮮から密輸しようとしたとして、警視庁組織犯罪対策5課などの合同捜査本部は覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで指名手配中だった住所不定、指定暴力団住吉会系元幹部、青山幸男容疑者(60)を逮捕した。時効まであと3週間だった。調べでは、青山容疑者は住吉会系組長=懲役18年の判決確定=ら6人と共謀し、平成10年8月15日、高知県窪川町(現・四万十町)興津崎沖付近の海上で、漁船「玉丸」に覚醒剤約300キロ(末端価格180億円)を積んでいた疑い。容疑を認めている。青山容疑者は同年7月下旬に、組長の指示を受け北朝鮮に入国。覚醒剤の梱包や荷出し作業をするなどしていたとみられる。今年8月末、千葉県鎌ケ谷市のアパートに潜伏しているとの情報が警視庁に寄せられ、時効直前の逮捕となった。「玉丸」は10年8月10日に日本を出港し、東シナ海の公海上で北朝鮮籍の船から覚醒剤を受け取った。しかし、海上保安庁の巡視船に発見され、覚醒剤を海上に投棄していた。組長ら組関係者4人と雇われた船長ら6人が、覚せい剤取締法違反の罪で懲役7~18年の判決を受け、確定している。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081007/crm0810071225011-n1.htm

続きを読む "★北朝鮮の覚醒剤密輸事件 逃亡の男、時効3週間前に逮捕(7日)"

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆全裸のスペイン語男、皇居のお堀を遊泳 写真付き (7日)

Crm0810071354025n11 Msn_s1_2 産経ニュース

7日午前11時半ごろ、東京都千代田区皇居外苑の皇居外堀に男が入り込んだと通行人が近くの交番に通報した。男は堀の中で泳いだり、石垣に上ったりしたが、約1時間半後の午後1時ごろ、堀から出てきたところで警視庁丸の内署員に取り押さえられた。調べでは、男は仲間5人ぐらいと外堀近くにいた際に荷物を堀の中に落とし、取りに行くために堀の内に立ち入ったとみられる。警察官らがボートで近づき、さすまたで取り押さえようとしたが、水中から水をかけたり、石をなげたりして抵抗した。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081007/crm0810071354025-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆【個室ビデオ店放火】離婚後に「割腹自殺」はかる 犯行直後にも「死にたい」(7日)

Crm0810071323021n11

産経ニュースMsn_s31

大阪市浪速区の個室ビデオ店「キャッツなんば店」で15人が死亡した放火事件で、殺人などの疑いで逮捕された無職、小川和弘容疑者(46)が約15年前に離婚した後、腹を刃物で切って自殺を図っていたことが7日、わかった。小川容疑者は犯行直後、店の前で警察官に事情を聴かれた際、腹部の傷跡を見せ、「死にたかった」などと訴えたという。小川容疑者は手首にも刃物による傷跡があり、知人らに「これまでに2~3回自殺を図ったことがある」と話していた。浪速署捜査本部は、自暴自棄な生活を送り、自殺未遂を繰り返していた小川容疑者の犯行時の心理状況の解明を急いでいる。調べや関係者によると、小川容疑者は大手電機メーカー社員だった平成2年、大阪府門真市内で3階建て住宅を購入し、妻と幼い長男と住み始めた。翌年、長女が生まれたが、直後に離婚。妻は長女を連れて出て行った。小川容疑者はこの後まもなく、腹部を刃物で切って自殺を図ったものの、一命は取り留めた。知人によると腹部に十字形の大きな傷が残ったという。13年に勤務先を退職。約1000万円の退職金を手にしたが、ギャンブルなどで使い果たした。16年には母親が病死し、借金を重ねるようになった。こうした状況でさらに2~3回、手首を切ったり、ガス自殺を図ったりしたが、いずれも死にきれなかった。最近でも自殺願望はなくならず、今年夏ごろから通っていた地域生活支援センターでは、親しくなった女性に「死にたい、死にたい」と頻繁に漏らしていた。また、一緒にビデオ店に入店した露天商の男性と事件2日前に知り合ったときも「今日もむしゃくしゃして死に場所を求めてふらふらしていた」と説明したという。小川容疑者は犯行後、個室ビデオ店からシャツとパンツ姿で店外に逃げ出した。店の前に立ちつくす小川容疑者を避難客と思った警察官が事情を聴いたところ、「ごめんなさい」と何度も謝罪を繰り返したうえで、自らシャツをまくり上げて「死にたかった」と話したという。動転した小川容疑者が必死に自殺を図ったことを訴えたとみられる。捜査本部は、知人ら関係者の事情聴取を進め、小川容疑者の過去をさらに詳しく分析。自殺願望を募らせた背景を調べるとともに、ビデオ店の個室で放火した際に自殺する意志が本当にあったかどうか、慎重に捜査する方針。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081007/crm0810071323021-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

★携帯電話不正貸出し 社長逮捕 警視庁(7日)

News_pic1_2 東京の携帯電話のレンタル会社の社長らが、客の名前や住所を確認しないまま、携帯電話を貸していたとして逮捕されました。この会社の携帯電話は130件の振り込め詐欺に悪用されていることから、警視庁は実態の解明を進めています。逮捕されたのは、墨田区の携帯電話のレンタル会社「トライザグ」の社長、細田裕三容疑者(47)ら2人です。警視庁の調べによりますと、細田社長らは去年2月から今年4月にかけて、名前や住所を確認しないまま、7人の客にあわせて42台の携帯電話を貸したとして、携帯電話不正利用防止法違反の疑いが持たれています。調べに対し、いずれも容疑を認めているということです。日刊紙やチラシに「即日配達します」などと宣伝し、他人名義の運転免許証のコピーでも貸していたということで、1台4万円でJR山手線の駅などで受け渡していました。これまでの調べによりますと、この会社は4年前から少なくとも2700台のレンタル携帯電話を貸し出し、ヤミ金融業者に使われていたほか、130件の振り込め詐欺に悪用されていることから、警視庁は実態の解明を進めています。http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/06.html

続きを読む "★携帯電話不正貸出し 社長逮捕 警視庁(7日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆連続コンビニ強盗 男を手配 警視庁 (7日)

News_pic1 先月、東京の国立市と立川市の2つのコンビニエンスストアで相次いで起きた強盗事件で、警視庁は、このうち立川市の事件で、22歳の男を指名手配するとともに、男が、関東地方周辺のコンビニエンスストアで起きた10件あまりの強盗事件に関与しているとみて捜査しています。指名手配されたのは、大阪出身の無田裕也容疑者(22)です。
この事件は、先月5日、国立市と立川市にある2つのコンビニエンスストアに男が押し入り、現金およそ10万円を奪ったもので、警視庁は、防犯カメラの映像などから、同じ男による犯行とみて捜査していました。その結果、先月15日に山梨県甲府市のコンビニエンスストアで起きた強盗事件で、指名手配されていた無田容疑者と服装などの特徴が一致したことから、警視庁は、立川市の事件にも関わっていた疑いが強まったとして指名手配しました。
無田容疑者は、ことし8月以降、長野県や千葉県で起きた強盗事件でも指名手配されているほか、東京や埼玉県などのコンビニエンスストアに押し入った男とも特徴がよく似ているということです。
警視庁は、無田容疑者が10件あまりの強盗事件に関与しているとみて捜査しています。http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/02.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆振り込め詐欺で注意放送 ジャスコ唐津店 佐賀新聞から (7日)

47newslogo1 佐賀県内で相次ぐ振り込め詐欺被害を防止しようと、ジャスコ唐津店(唐津市鏡)は6日、注意喚起の店内放送を本格的に始めた。県内の大型商業施設では初の取り組み。同店には多い日で約7000人の来客があり、約2時間おきに放送を繰り返す。試行した先月中旬には、放送を聞いたテナント店員が還付金詐欺を見破って犯人を“撃退”しており、効果が期待されている。店内放送は、多くの人が集まる場所で詐欺の手口を知ってもらおうと、唐津署が協力を要請。「おれおれ詐欺や還付金詐欺が発生しています」「公的機関がATMで還付金を支払うことはありません」などと放送し、注意を呼び掛けている。試行期間の先月中旬、50代の女性テナント店員宅に、社会保険事務所の職員を名乗る男から「5年間さかのぼって医療費の還付がある」と電話があったが、出勤後に店内放送を聞き、再び連絡してきた男を追及。詐欺を見破った。 唐津署は「今回のような詐欺の未然防止活動を強化したい。(不審電話は)一人で判断せず、家族など周囲に相談してほしい」と訴える。 県警によると、県内の振り込め詐欺の認知件数(1-9月)は前年比18件減の71件。件数は減っているものの、被害額は同2100万円増の8900万円と大きく増えている。

10月07日更新 http://www.saga-s.co.jp/view.php?pageId=1036&blockId=1070670&newsMode=article

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「格闘技の練習? やってないっす」 ☆石井慧、柔道界追放! 強化委員長「なぜみんなを敵に回す」 (7日)

Mrt0810071136002n11 Msn_s1

産経ニュース

北京五輪金メダリストで総合格闘技への移籍が取りざたされている柔道の石井慧選手(21)=国士舘大=は7日午前、東京都世田谷区内の宿舎で記者会見。日ごろの“ビッグマウス”を封印し、「総合格闘技は将来的に興味はあるが、卒業に専念したい」と語るにとどまった。主な一問一答を再現すると…。 「今は学生なので、卒業を第一に考えている。それから総合格闘技に将来、行ってみたい、興味みたいなのはある。将来やりたいけど、今は卒業のことで頭がいっぱいなので、これから振り出しに戻って考えたい。時間を少し頂きたい」

 --報道などでは吉村(和郎)強化委員長が「総合格闘技へ行きたければ行けばいい」と言っていますが 「その前から自分は来年の世界選手権に出ないで休みながらやるとか、言ってきた。柔道がポイント制になってきたので、世界選手権に出なかったりしたら、自然とロンドンの五輪とかもなくなる」

 --父親にはどんな相談をしたか 「父親も卒業することを、第一に考えているので、授業も出るようにしている」

 --いつごろまでに総合格闘技に行きたいのか 「まだ、はっきりとは決めてない。時間があるので、ゆっくり考えている。焦っても仕方がない」

 --総合格闘技の練習はしていたが 「あんまり…、全然やってないっす」

 --格闘技の団体からオファーがあるという報道もあるが 「格闘技の話もない」

 --吉村強化委員長が柔道家らしくない発言や言動に怒っているようだが 「今後気をつけて直していくところは直していきたい」

 --将来、格闘技に行くにしても最後は柔道界に戻りたいか 「指導者として柔道界に残るというのはない」

 --来年、格闘技に行く可能性は 「卒業をまずして、それから振り出しに戻る。柔道を本当にやりたいかどうか、考えてみようと思う」

http://sankei.jp.msn.com/sports/martialarts/081007/mrt0810071136002-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆兄弟子3人罪状認める=「元親方指示逆らえなかった」-力士傷害致死・名古屋地裁(7日)

時事通信大相撲時津風部屋の序ノ口力士斉藤俊さん=当時(17)=が宿舎2008100700000004maipsocithum0001 で暴行を受け死亡した事件で、傷害致死罪に問われた兄弟子の伊塚雄一郎(25)=番付外怒濤=、藤居正憲(23)=番付外時王丸=、木村正和(25)=序二段明義豊=3被告の初公判が7日、名古屋地裁(芦沢政治裁判長)であり、3被告とも起訴事実を大筋で認めた。
 その上で、伊塚被告らは「一部異なる部分もある」などと主張。3被告を担当する弁護人も、犯罪の成立は認めた上で、元親方山本順一被告(58)=公判前整理手続き中=の名を挙げ、「指示には逆らえなかった。一部憤慨した感情もあったが、基本的には俊さんを立ち直らせたいという気持ちでやった」などと述べた。
 続いて検察側が冒頭陳述を行い、山本被告の指示を受けた木村被告が、死亡直前の「ぶつかりげいこ」で俊さんを20回程度倒した後、臀部(でんぶ)や腹部を10回程度けったと指摘。さらに、伊塚被告も金属バットや木の棒で俊さんを複数回殴打したなどと述べた。公判は同日以降、4日連続で開かれ、10日には俊さんの父正人さん(51)が意見陳述する。来月10日には検察側の論告求刑と弁護側最終弁論が行われ、結審する予定。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081007-00000047-jij-soci

  写真は 初公判を前に俊さんの遺影を手に思いを語る斉藤正人さん=名古屋市中区の名古屋地裁前で2008年10月7日午前9時38分、大竹禎之撮影(毎日新聞)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081007-00000004-maip-soci.view-000

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆東証、日経平均1万円割れ 4年10カ月ぶり(7日)

Banner_logo_051_4 7日の東京株式市場は、金融危機の拡大で前日の米国ニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均が終値で約4年ぶりの1万ドル割れとなったことを受け、日経平均株価は前日終値比150円近く下げて始まり、その後も下げ幅を広げ、一時4年10カ月ぶりに1万円の大台を割った。日経平均株価は午前9時10分現在、前日終値比276円54銭安の1万196円55銭。東証1部全体の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は26・70ポイント安の972・35。金融機関から不良債権を買い取る金融安定化法が3日に米国で成立したが、資産の買い取り方法の実効性や米財政に与える影響を疑問視する声が根強く、株価下落傾向に歯止めがかからない。金融危機は米国だけでなく、欧州などの世界経済にも波及しており、円は対ドル、対ユーロともに高値をつけ、輸出関連産業の業績悪化懸念が高まり、幅広い銘柄で売りが広がっている。市場では「今のところ積極的に買う動きは見られない」(証券アナリスト)との指摘もあり、株価の底入れは見極められない状況だ。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/finance/184785/

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆「知事職投げ出すな」 宮崎県に転身反対意見殺到 (7日)

2008100612232906301  Plc0810032348019s21

国政への転身が取りざたされていた東国原知事に対し、県民から「知事職を投げ出すべきではない」など、反対の意見が県に殺到している。「立候補か」との一報が流れた3日夕から6日午前まで県秘書広報課に寄せられたメール195件のうち、転身に賛成する意見はわずか4件。 6日にかかってきた電話もすべて反対意見といい、県民には、知事就任2年目の国政転身に強い抵抗感がある実態が浮き彫りになった。

(詳細は7日付朝刊で)Logo1

【写真】東国原知事の国政転身に多くの反対意見が寄せられたメールなどの対応に追われる県職員=6日午後、県庁秘書広報課http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=11598&catid=74&blogid=13

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆出会い系喫茶摘発 経営者ら5人逮捕 全国で初めて 埼玉県警(7日)

 Newimg031 埼玉県警繁華街・歓楽街総合対策推進本部と大宮署などは五日、売春防止法違反(周旋)の疑いで、さいたま市大宮区宮町一丁目、出会い喫茶「モモカフェ大宮店」の経営者の男らを逮捕した。県警によると、同法で出会い系喫茶が摘発されたのは全国初。逮捕されたのは、上尾市原市、同店経営若田部厚夫容疑者(40)ら男女五人。調べでは、若田部容疑者らは八月二十五日、同店内で会社員男性を同店会員女性に売春の相手として紹介し、売春の周旋をした疑い。若田部容疑者は「周旋はしていない」と容疑を否認しているという。同店では男性客が入会金一万円を支払い、店内で待機。女性会員が書いたPRカードを見て女性会員にトークを申し込み、店外に連れ出していた。県警は一日十四万円以上を売り上げていたとみて調べている。http://www.saitama-np.co.jp/news10/06/07x.html

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆東京海上日動の保険代理店経営者、2億6000万円を詐取(7日)

東京海上日動火災保険は6日、広島市内の同社の代理店経営者(先月24日に死亡)が、架空の投資商品を募って顧客から約2億6100万円をだまし取っていたと発表した。1人当たりの被害額は最高1億円を超すとみられ、東京海上日動は被害者への補償や法的措置を検討する。代理店は広島市中区のウエルカム広島。先月24日に被害者から東京海上日動に「経営者と連絡が取れないが商品の元本は大丈夫か」といった問い合わせがあり発覚した。1995年3月ごろからだまし取っていたとみられる。被害についての問い合わせは東京海上日動広島中央支店(0120・667・615)。

(2008年10月7日02時31分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081007-OYT1T00156.htm

| コメント (0) | トラックバック (2)

☆俳優の緒形拳さん死去、71歳(7日)

映画「砂の器」「復讐するは我にあり」、ドラマ「必殺仕掛人」などで活躍した俳優の緒形拳(おがた・けん、本名・明伸=あきのぶ)さんが亡くなったことが7日、分かった。71歳だった。 東京都出身。1958年、辰巳柳太郎さんが主宰する「新国劇」に入団。65年にNHK大河ドラマ「太閤記」で主役の豊臣秀吉役に抜擢され、一躍人気スターとなった。翌66年の大河ドラマ「源義経」でも弁慶を演じ、評判となった。68年に新国劇を退団後は映画やドラマで活躍。テレビでは69年の「風林火山」、72年の「必殺仕掛人」などで人気を不動のものにした。映画では、74年の野村芳太郎監督「砂の器」で、主人公に殺される元巡査を好演。83年には今村昌平監督がカンヌ国際映画祭グランプリを受けた「楢山節考」で母親を山中に捨てに行く息子を演じ、日本アカデミー賞主演男優賞などを受賞した。

(2008年10月7日03時59分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081007-OYT1T00169.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「エクスパック」を悪用、振り込め被害が急増中 読売新聞(7日)

Bye1 郵便事業会社の小型小包「エクスパック」を悪用した振り込め詐欺の被害が、今年1~8月に少なくとも1193件に上り、昨年同期(729件)の1・6倍に増えたことが警察庁のまとめでわかった。被害者が誰とも対面しないよう郵便ポストから私設私書箱に送らせる手口で、警察が振り込め詐欺対策でATM(現金自動預け払い機)の警戒を強めた今春から急増している。郵便事業会社は防止策として、パックの表面に大きな注意書きを載せることを決めた。エクスパックは2003年10月から始まったサービス。専用封筒(縦34センチ、横25センチ)をポストに投函すれば、原則、翌日に指定先に配達される。料金は一律500円で、ホームページ上で配達状況を確認できることから、インターネットオークションで利用されることも多い。専用封筒は全国の郵便局のほか、一部のコンビニエンスストアでも販売している。料金の500円を払って専用封筒を購入すれば切手は不要で、本来は現金を送ることはできないが、品名に「書類」と書かれれば「現金が入っていても確認しようがない」(郵便事業会社)のが現状だ。振り込め詐欺に悪用されるケースが目立ち始めたのは昨年半ばごろからで、今年2月に127万円をだまし取られた静岡県袋井市の男性会社員(37)の場合、詐欺グループからエクスパックを購入するコンビニエンスストアまで指定されていた。同じく6月に50万円の被害にあった福島県西郷村の女性会社員(39)は、詐欺グループからエクスパックの品名の欄に「書類」と書くよう命じられたうえ、郵便局の窓口ではなく郵便ポストに投函するよう指示されていた。警視庁が先月、エクスパックを利用して振り込め詐欺を繰り返していたとして逮捕した詐欺グループ12人は「融資の前に保証金が必要」などと持ちかけ、他人名義の私設私書箱にエクスパックを送らせており、リーダーの男(29)は「これまでに1億円をだましとった」などと供述しているという。全国の警察は今年6月以降、振り込め詐欺の送金手段の8割近くを占めていたATMの警戒や不正口座の監視を強化しており、被害者がATMを使って送金するケースは2月の1661件に比べ、8月は780件まで減少した。警察庁は、ATMや銀行窓口での送金のほか、郵送などを使った手口も振り込め詐欺の一種としている。このうち、エクスパックを悪用した被害は、04年はわずか25件だったのに対し、昨年は1203件に上り、今年に入ってからは5月に198件、8月も231件を記録するなど同月末までに速報値で1193件に急増した。郵便事業会社は「詐欺行為に使用されることは残念」(渉外広報部)としている。専用封筒に小さく記載している注意文「現金を送ることはできません」の「現金」部分を、赤字で大きく目立たせるよう年内にもデザインを変更する。

(2008年10月7日03時02分  読売新聞)
ピーポちゃんをクリックして! 「振り込まないで」と叫んでいます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆生活保護費の詐取・横領、6年で2億1000万円 ケースワーカーら (7日)

Banner_logo_051_3 生活保護費を受給する際、ケースワーカーらが詐取したり、横領、紛失、預かり金のまま本人に渡していなかったなどのトラブルが全国の19都道府県の43福祉事務所で、平成14~19年の6年間で約50件、発覚していることが6日、会計検査院の調べで分かった。総額は2億1000万円にのぼるとみられる。 関係者によると、生活保護を支給される人の代わりに福祉事務所のケースワーカーらが受け取ったまま、本人に渡さなかったり、紛失したほか、被支給者からだまし取ったり、事務員の入力ミスで本人が受け取ることができなかったケースがあった。大半は懲戒免職処分になっているが、刑事事件になっていないケースも多いとみられる。 厚生労働省によると、生活保護世帯への国庫負担金は全国で18年度は約2兆円、19年度は約1兆9000億円にのぼる。 大阪府では、大阪市西淀川区保健福祉センターの職員が平成18年10月、生活保護費約50万円を金庫から着服。同市生野区保健福祉センターの職員は15~17年、過払いだったとして生活保護者が返還するために持参した365万円を横領した。職員はいずれも懲戒免職処分となっている。18年1月には、生活保護ケースワーカーとして勤務していた京都市南区役所の保険年金課の職員が、担当世帯が転居した際に、敷金として約41万円を請求したが、実際は約21万円しかかかっていなかった。福岡市でも同市城南区保健福祉センターの元主査(55)が18年、福岡市の生活保護受給者の女性が就労して収入が増えたのに、支給の廃止手続きを取らず、市から約50万円を詐取したとして逮捕されている。検査院は、厚生労働省を通じ、市町村などに事務処理規定を作り、再発防止策を講じるなどの是正処置を求める予定。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/184776/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆わいせつDVD製造工場を摘発 1日で60万円売り上げる(7日)

Banner_logo_051_2 わいせつなDVDを販売目的で所持したとして、警視庁保安課などがわいせつ図画販売目的所持の現行犯で男6人を逮捕し、製造工場からDVD約6500枚を押収していたことが6日、分かった。逮捕された1人は警視庁が今年7月に板橋区内で過去最大となる約12万枚のDVDを押収した事件の主犯格という。調べでは、6人は共謀。8月中旬から、東京都豊島区の製造工場で海外から持ち込んだわいせつDVDをダビングして販売していたとされる。 これまでに顧客ら10万人以上を勧誘、1日に約60万円を売り上げていたとみられ、警視庁では売り上げの多くが暴力団に流れていたとみて追及する。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/184777/

| コメント (0) | トラックバック (0)

★「詐欺被害」と警官装い詐欺 高齢女性3人が310万円被害(7日)

Banner_logo_051 静岡中央署は6日、静岡市内の民家8軒に警察官をかたる男から「詐欺被害に遭ったので個人情報を保護する」などと電話が同日相次ぎ、うち70~80歳の女性3人が自宅を訪れた男にキャッシュカードを渡して計約310万円を引き出される詐欺事件があったと発表した。手口が似ていることから、同署は同一犯による犯行の可能性もあるとみて捜査している。 調べでは、このうち無職女性(80)の自宅には同日午後3時ごろ、千葉県警の警官を名乗る男から「何者かがあなた名義の口座を作っている。暗証番号を変えた方がよい」と電話があった。女性が口座の暗証番号を教えると、金融庁の職員を名乗る中年の男が自宅を訪れキャッシュカード2枚を持ち去ったという。不審に思った女性が銀行に確認したところ、現金200万円が引き出されていた。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/184797/

続きを読む "★「詐欺被害」と警官装い詐欺 高齢女性3人が310万円被害(7日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「腹にタオル20年放置」 松山の女性が提訴(7日)

Msn_s1_4  産経ニュース

四国がんセンター(松山市)で胆石治療の手術を受けた際、医師が腹部にタオルを置き忘れ、約20年間生活して健康被害が出たとして、松山市の女性(61)が6日までに、病院を管理する独立行政法人国立病院機構に慰謝料など約2840万円の損害賠償を求める訴えを松山地裁に起こした。訴状によると、女性は昭和61年11月、胆のう摘出手術の直後から腹部に違和感やだるさを感じ、強い痛みが顕著になった平成18年4月、松山市内の別の病院の診察を受けタオルの置き忘れが判明。手術で除去した。四国がんセンターは「事実は認めている。対応は検討中」としている。http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/081006/trl0810062120021-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆宮城県警は「高校生サイクルサミット」開催 日刊警察新聞社(7日)

Topbanner01logo1_2 宮城県警察は、高校生自転車利用者のマナーアップ対策として県内全警察署で各1校指定している「自転車利用マナーアップモデル校」代表を一堂に会して「高校生サイクルサミット」を開いた(写真)。生徒会や自転車マナーアップ隊による街頭指導など活動状況や活動上の問題点、今後の活動のあり方等について討論した。生徒会や自転車マナーアップ隊による街頭指導を実施している。中には、活動用ジャンパーやモデル校看板を作り、最寄りの駅での交通街頭監視など創意工夫を凝らした活動を行っている学校もあった。http://www.police-ch.jp/news/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆福岡県警が金融機関と「振り込め詐欺被害防止緊急連絡会議」 日刊警察新聞 (7日)

官民一体となった諸対策を推進し被害を水際で防止~

Topbanner01logo1 福岡県警察は、全国的に被害が急増している「振り込め詐欺」の被害を水際で防止することを目的に、県合同庁舎会議室で、県内の金融機関57社、福岡財務支局、日本銀行福岡支店、県関係課との「振り込め詐欺被害防止緊急連絡会議」を開催した(写真)。会議では、官民一体となった諸対策の推進と情報の共有化が重要であることを再認識するとともに、振り込め詐欺撲滅に向けた共通認識を持った。http://www.police-ch.jp/news/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆携帯の110番通報位置をGPSで把握 佐賀県警で新システム (7日)

Sireisitu1

現場を特定しにくい携帯電話からの110番通報に対応するため、佐賀県警本部は来年度から、通報者の位置情報を47newslogo1_2、衛星利用測位システム(GPS)で把握する新システム「携帯電話発信地表示システム」を導入する。半径数メートルから数十メートルの範囲で居場所を特定できるようになり、事件事故の現場出動の時間短縮が期待される。 県警地域課によると、110番通報の全体の受理件数のうち携帯電話が占める割合は、1993年は3・1%(751件)だったが、2000年には過半数を突破。昨年は66・7%(3万2500件)に上った。携帯電話の普及で事件事故のさなかにも通報できる利便性は高まったが、一方で、事件に巻き込まれ、パニック状態で通報してくるケースや、土地勘に乏しく現場を説明できないケースも少なくない。「通報を受けてから現場を特定するのに要する時間は確実に増えているのが現状」(地域課)という。 これまで、固定電話からの110番通報では、県内一円の110番通報を集中管理する通信指令室の地図システム上に電話番号が表示され、NTTに照会するとすぐに電話加入者の所在地が分かった。しかし、携帯電話からの通報は、通報者の位置情報を地図システム上に表示できなかった。新システムを導入すると、衛星が携帯電話からつかんだ位置情報を、携帯電話事業者を通じて指令室に送信。通報から早くて10―20秒の間に、指令室内の地図システム上に通報者がいると思われる範囲を絞り込んで表示する。同課は「位置情報は、通報者とのやりとりを補強するものとして、有効な手段になるはず」と期待を寄せる。県警は新システム導入に向け指令室内の地図システムの一部改修に約1000万円の予算を見込んでいる。システムは07年4月から警察庁などで運用を開始。現在は22都道府県警が導入している。【写真】県警本部の通信指令室。新システム導入により、携帯電話による110番通報から現場到着までの時間短縮が期待される http://www.saga-s.co.jp/view.php?pageId=1036&blockId=1070115&newsMode=article

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆虐待で死亡のお年寄り27人 07年度、厚労省調査(7日)

47newslogo1 2007年度に家庭内での介護をめぐる虐待などで死亡した65歳以上の高齢者数が27人に上ることが6日、自治体を通じて厚生労働省がまとめた調査で分かった。いずれも加害者は介護している親族だった。調査は高齢者虐待防止法に基づくもので、06年度を対象とした初回調査に比べ5人減少したが、家庭内での虐待件数は704件(5・6%)増の1万3273件だった。高齢者虐待の厳しい実態があらためて浮き彫りになった。調査結果によると、自治体への相談、通報は1万9971件(1581件増)。亡くなった27人のうち、殺人は13人。親族との心中は4人だった。このほか介護の放棄による死亡が7人、暴行後に死に至ったケースが3人だった。1件で複数の高齢者が虐待を受けたケースもあり、被害者数は1万3727人。性別(不明除く)は女性が77・4%にあたる1万626人、男性は3073人だった。被害者全体のうち、要介護認定者は69・2%にあたる9496人だった。一方、特別養護老人ホームや老人保健施設などの職員らによる虐待件数は62件(8件増)、相談・通報件数は379件(106件増)で、増加傾向だった。家庭内での虐待の内容(複数回答)は、身体的虐待が63・7%、暴言など心理的虐待が38・3%、介護などの放棄28%、財産を取り上げるなど経済的虐待が25・8%の順に多かった。2008/10/06 21:17   【共同通信】http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008100601000591.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月6日 | トップページ | 2008年10月8日 »