« ☆中高年ブームで死者・行方不明が過去2番目 長野の夏山遭難 (11日) | トップページ | ☆同時テロ7年、根絶へ誓い NY跡地で追悼集会へ (11日) »

2008年9月11日 (木)

☆違法駐車 事故原因に認定、所有者を異例の立件 埼玉 (11日)

違法駐車 事故原因に認定、所有者を異例の立件 埼玉埼玉県警狭山署が、死傷事故の現場付近に違法駐車していたワゴン車の所有者2人を自動車運転過失致死傷容疑で、さいたま地検川越支部へ書類送検した。駐車車両は直接、事故に絡んではいないが、「事故を誘発する可能性を予見できた」と判断した。違法駐車を事故原因に認定して立件するのは異例で、県警は今後も同様に対処していく姿勢をみせている。書類送検されたのは同県入間市内の塗装会社役員の男性(42)と同県所沢市内の塗装業の男性(46)。調べでは、2人は今年5月12日午前11時25分ごろ、入間市上藤沢の市道で、駐停車禁止の規制がある交差点やその付近にそれぞれワゴン車を縦列駐車し、死傷者が出る事故を引き起こした疑い。東京都内の男性会社員(49)=自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕=の軽乗用車が、この2台を避けようとして対向車線にはみ出し、交差点で近くに住む派遣社員の男性(当時22歳)の原付きバイクと出合い頭に衝突。バイクの男性が死亡し、後ろに乗っていた妻(19)も軽傷を負った。同署によると、違法駐車した2人は数十メートル離れた住宅で塗装作業をしていた。「交通量が多くないので駐車しても大丈夫だと思った」と供述したという。しかし、現場の交差点は信号機がなく、コンクリート塀があって見通しも悪いため、狭山署は悪質と判断し、9月1日に送検した。県警交通捜査課は「今後も違法駐車が事故を誘発した場合は、道交法違反ではなく、自動車運転過失致死傷罪の適用を念頭に捜査していく」と話している。【浅野翔太郎、小泉大士】
毎日新聞http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080911-00000012-maip-soci

« ☆中高年ブームで死者・行方不明が過去2番目 長野の夏山遭難 (11日) | トップページ | ☆同時テロ7年、根絶へ誓い NY跡地で追悼集会へ (11日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆違法駐車 事故原因に認定、所有者を異例の立件 埼玉 (11日):

» 川越・一家3人死傷 『愛情注いでいたのに』 [鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み]
川越・一家3人死傷 『愛情注いでいたのに』 障害抱えた一人息子 川越市藤間の無職福島忠さん(56)が十日、妻のきぬ衣さん(53)と長男の正大さん(27)を殺害し自殺を図ったとみられる事件で、一家を知る人たちの話からは、障害を抱える一人息子の正大さんに愛情を注ぐ忠さん夫婦の姿しか浮かんでこない。一家に何があったのか。川越署は入院中の忠さんから事情を聴くなどして、惨劇に至った原因の解明を図る。 �... [続きを読む]

受信: 2008年9月13日 (土) 午前 08時28分

« ☆中高年ブームで死者・行方不明が過去2番目 長野の夏山遭難 (11日) | トップページ | ☆同時テロ7年、根絶へ誓い NY跡地で追悼集会へ (11日) »