« ☆小中学生、水着のおかげで脱出? 冠水で立ち往生のバスから 広島 (22日) | トップページ | ☆福岡小1殺害:女子トイレで襲う? 弘輝君の足跡複数発見 (22日) »

2008年9月22日 (月)

☆ATMで携帯「自粛して」と放送…みずほ銀が振り込め防止装置 (22日)

みずほ銀行は、新たな振り込め詐欺対策として、無人の現金自動預け払い機(ATM)コーナーで携帯電話を使うと、使用自粛を促すアナウンスが流れる装置を大手行で初めて導入した。

 高齢者に携帯電話でATMの操作を指示して振り込みをさせる「還付金詐欺」の被害を水際で防ぐ狙いだ。神保町や飯田橋など都内の無人ATMコーナー5店舗に設置、効果を検証したうえで全国に広げることも検討する。装置は、携帯電話の使用を禁止する病院などに導入されており、設置場所から約5メートル以内で携帯電話を使うと「ATMコーナーでの携帯電話の通話はご遠慮下さい」との音声が自動的に流れる。還付金詐欺は、社会保険事務所員を名乗って「税金を払い戻す」などと電話をかけ、高齢者に携帯電話を持ってATMコーナーに向かうよう誘導する。税金が返還されるように偽ってATM操作を指示して金をだまし取る。金融機関はATMコーナーでの携帯電話の利用自粛をポスターなどで呼びかけているが、みずほ銀行はさらに効果を上げるために装置を導入した。還付金詐欺は、今年1~7月までに3836件、約40億5000万円の被害が警察に届けられている。昨年1年間の被害と比べるとすでに件数で約1・5倍、金額で約1・3倍となっており、被害が拡大している。

« ☆小中学生、水着のおかげで脱出? 冠水で立ち往生のバスから 広島 (22日) | トップページ | ☆福岡小1殺害:女子トイレで襲う? 弘輝君の足跡複数発見 (22日) »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆ATMで携帯「自粛して」と放送…みずほ銀が振り込め防止装置 (22日):

« ☆小中学生、水着のおかげで脱出? 冠水で立ち往生のバスから 広島 (22日) | トップページ | ☆福岡小1殺害:女子トイレで襲う? 弘輝君の足跡複数発見 (22日) »