« ☆<暴行>刃物でランドセル刺される 下校中の小4 東京 (26日) | トップページ | ☆ヤフオクID乗っ取り、特定アドレス150万件接続 (27日) »

2008年9月26日 (金)

★小説 警視庁・薬物特命捜査官(21)  (9月25日)

  通信傍受の内容は
080713_164028_m 大阪府警の生活安全総務課長と警備部理事官が警察庁を訪れた。広域指定暴力団・篠原組の後藤田作之助の通信傍受結果報告のためだった。
 重森薬対課長は、警視庁から風間理事官と特命捜査官の鬼頭を呼んだ。警察庁十六階西側の特別会議室に刑事、生安、警備の各局幹部が集まった。
 「それでは只今から後藤田の通信内容について捜査結果を報告させて頂きますが、始めに録音を聞いて頂きます」
 府警の生総課長が自らテープレコーダーのスイッチを押した。テープは回り出したが暫くの間、音声は無かった。
 「声が出ないところがありますが、これは削除を求められて消した部分です」
 と音声がない部分について生総課長が説明した直後、鮮明な声が流れ出した。
 「それでキンはアナやんには何にゆうた?」
 ドスのきいたダミ声声だった。
 比較的若い声がこれに答えた。
 「あのバカ野郎がぁ 俺に一千万出せっ言うんたんですよ。だったらお前は、約束したブツが手に入らないでは済まされんぞ。責任をどう取るんや」
 答えるようにダミ声の男の声。
  「だったら出るところに出るうって言うから、どうしようもなかった」
 そして物騒な言葉が出た。
  「で、やっちまった?…大丈夫でっか」
 とダミ声の男。それが後藤田だろうと鬼頭は思った。その後も二人の会話が続いた。
  「奴は骨董(古物)屋だから…もともと俺たちとの接点はおまへん。サツ(警察)には   バレないと思うよ。ただ奴はヤク射っていたようなんだよ。どうも俺たちから出たブツを掠(か  す)めていたような気がするだなぁ」
  「二割ぐらいは横流ししてるんとちゃいますか?」
 背景音に「兄貴っ、兄貴っ」と繰り返して呼ぶ声が聞こえた。そして会話はさらに続いた。若い男の声だ。
  「金はもろうたからええけど…どこぞやに流していたんとちやうか?…。ところで会長はん、今度はいつ頃入るんでっか?。それにやっちまったキンに代わる者おるんかね…」
 「もう北はだめだ。特に船はな。重油か何か液体に溶かして入れるっていう手もあるとかなんとか言ってたな。単価が高くてしょうがないんだそうだ」
 「ほな、見直しを含めて集まりましょか、総会名目で…」
 「そうだな、ところで…車の調子はどうなんだよ。ニューベンツは…」と言いかけてその後が削除されていた。
 電話の録音はここで止まっていた

。「スポット傍受」で法律的に継続録音ができないばかりか、録音してしまったとしても関係のない部分の記録は保存できないことから、このようになったのだと生総課長が説明した。
 「以上が第三回目の通話ですが、携帯は後藤田の090・23××・××から022・211・××××の固定電話に架けられたものです」
 「固定電話はNTT東日本への割当てで、所有者照会の結果、仙台市青葉区中央四丁目××、新城ビル四階にある新城商会の代表取締役、穴守敬二郎となっていました」
 「どっちの声が穴守?ダミ声のほうかね」
 風間が訪ねた。「いや、若く聞こえるほうです」と生総課長が答え、さらに続けた。
 「宮城県警に照会した結果、穴守敬二郎は約三十年ぐらい前に公選法違反の歴があります。これは当時の首長選での戸別訪問です。それから一級建築士の資格があるほか中東貿易協力会役員などという肩書きもあります」
 「中東貿易協力会という団体は存在するのかね?」
 風間が全員の顔を見回しながら聞いた。聞いたというよりは問いかけたものだった。
 「経企庁で調べましたが、一応は存在はするそうです」

 と米森理事官が答えた。そして続けた。
 「中東貿易協力会とは主に韓国、中国、インド、北朝鮮、イラン、フィリピンなどを対象にした食品関係から繊維製品まで幅広い輸出入関係業界が会員になっています。昔は工作機械関係業界も加入していたのでココム規制もあり公安の対象でもあったようです」
 「今はどうなっているのですか?」
 風間の問いに、米森が答えた。
 「ココムは一九九四年に廃止され、今はワッセナー条約に変わっていますが、協会内に兵器関係業界はないので対象にはしていません」
 続いて、府警の生総課長からは傍受の状況の説明があった。立ち会いには消防署員が協力したこと。傍受期間は三日間に設定。記録として保存できたのは本件を含めて二件だったことなどが説明された。さらに続けた。
 「それでは次の傍受に移りますが、通信事情が良くなくて途中から後藤田のオフィスの固定電話に変わられましたので途中で終わりましたが一応聞いて下さい」

 二回目の傍受の音声は途切れ途切れで始まっている。途切れる電話が後藤田の通話の相手だ。
   「…から…今…ナ…です」
   「聞き取りにくいがな。成果はどないでしか」
   「…やり………です」
   「その結果はアナやんから聞いてまんがな。でなく、今後のことを含めた取引全体に関してはどないですか?と聞いているのや」
   「…ひきは…あ…は、新橋の…金山…と会う予定だが、金山がセン…で、アナ…」
   「もし、もし、もーし」
   「…は…聞こえ…か…」
   「聞こえんがなもー。事務所の電話にかけてくれへんか。待っているやさかい」
 これで電話は切れた。
 「以上が二件目の傍受内容です」
 生総課長は、通話相手について次のように説明した。
 「後藤田は090・23××・××の携帯ですが、この相手は090・226×・××でプリペイドカード式の携帯と分かりました。東京・麻布で販売されたのですが、購入者も話している奴も不明でした」
 そしてこう続けた。

 「固定電話の傍受も必要ですので、さらに令状を請求する予定でございます。今回はまだ七日しか利用していません」と続けた。
 「いいですか?」と鬼頭が口を開いた。
 「この中に出てくる液体に溶かして持ち込む手法は、関空で実際にあった例だと記憶しております。最近は蛇頭を含めて船が大陸から来ないのでいすよ。ですから北朝鮮からの薬は現在のところ入荷がありません」
 「何故なんだね」
 刑事企画課の高橋課長の問いに、さらに鬼頭が続けた。
 「どうも、例のオペレーションの一件が響いているものだと思いますが…一部には、韓国軍が対北対策で沿岸警備を強めたためという見方もあります」
 二人の会話に重森が割って入った。

 「分かりました。これで後藤田はどうですか?ガサを入れられますか?」
 重森が最も心配していたことだ。覚せい剤の「覚」の字も出ていない。「ブツ」という言葉だけでは令状は降りないだろうと思っていたのだ。この言葉に続いたのは瀬上生安局長だった。
 「いきなりの令状は降りないだろう。しかし、登場人物の関係について、少し精査しようではないかね」
 暫く沈黙の後、生総課長は総括の意を込めて登場人物のおさらいと聞き取れない部分を紹介するつもりで説明を続けた。
 「分かりました。繰り返しになりますが、二回目の大阪弁は後藤田で、北の工作船と交信のあった携帯を利用しています。アナやんと呼ばれている男が仙台の穴守敬二郎。一回目の男です。貿易協力会の会長を勤めるなどしています」

 一呼吸のあと続けた。
 「次に、聞こえなかった電話の内容は想像ですが、『新橋』の『金山』という土地名と氏名が出てきますが、これは仙台市で水死体で発見された東京・新橋の金山剛ではないかと思われます」
 鬼頭もその様に感じていた。その通りだったとしたら、途切れている部分を繋げるとこうなる。今度は、鬼頭が予測される会話を再現した。
 「『取引は一応、成功でした。明日は新橋の古物商をしている金山(社長)と会う予定だ』と言い、そのあとに続くのは『その金山が仙台で穴守と会う』かなにかスケジュールを話しているのではないでしょうか。問題は後藤田の話し相手は誰かということです」
 重森が引き継いだ。
 「もうひとつある。後藤田が最初に聞いた『成果はどないでした?』と言う部分だ。これに対して相手が説明しているが、さらに後藤田は『アナちゃんから聞いている』と言っている。その成果は何かだ。スケジュールとは別で、しかもそれは、何かを実行した結果ということになる。それを知っているのは後藤田と穴守とこの通話相手だ」
 「そうすると、とりあえず後藤田ー穴守ー金山が結びつく可能性が出てきたことになる。さらに後藤田と穴守の共通する人物だ。会話の中で『今…ナ…』の部分だが、これが分かれば想像は付くが、いずれにせよ引き続き後藤田の事務所の固定電話の傍受をもう一度実施する必要があるような気がするがどうだろうか…」
 瀬上生安局長の言葉だ。大阪府警は警察庁局長としてのこの言葉に、再度の令状請求に自信が持てた。
 つづく

« ☆<暴行>刃物でランドセル刺される 下校中の小4 東京 (26日) | トップページ | ☆ヤフオクID乗っ取り、特定アドレス150万件接続 (27日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★小説 警視庁・薬物特命捜査官(21)  (9月25日):

» 私書箱 [激安!池袋の私書箱新規オープンです]
池袋の私書箱の紹介です [続きを読む]

受信: 2008年9月27日 (土) 午後 06時32分

« ☆<暴行>刃物でランドセル刺される 下校中の小4 東京 (26日) | トップページ | ☆ヤフオクID乗っ取り、特定アドレス150万件接続 (27日) »