« ☆男体山 活火山の可能性 7000年前の噴出物確認 (13日) | トップページ | ☆<2人組強盗>帰宅直後の男性重傷…200万円奪われる (13日) »

2008年9月13日 (土)

★コラム「振り込むな」⑦

  ATM前に「この場所で振り込め詐欺被害発生」の立て看板を
Nisshou4_3  オレオレ詐欺、還付金詐欺、ネットのワンクリックなどの架空請求詐欺を総称して「振り込め詐欺」と呼ばれている。警察庁がまとめた今年上半期(1月から6月)の被害総額は166億8814万円で統計開始以来、最悪ペースの数字だという。13日夜のNHKニュースでは埼玉県内で2000万円も振り込んだオレオレ詐欺が発生したという。例によって「携帯番号が変わった」という手口だった。こうした被害を防ぐため警察庁は10月を「振り込め詐欺撲滅強化月間」に指定し、全国銀行協会と協力してATM(現金自動出入機)に警察官を配置するよう全都道府県警察に指示した。一方警視庁では今年1月~7月の被害は2740件で被害額は42億2460万円にのぼっている。前年同期と比較すると1078件、13億6300万円も増加した。やはり統計開始以来、最高ペースの数字だという。この被害総額42億2460万円は、今年6月に発生した中国・四川大地震による保険金支払い額42億1500万円を上回る数字なのだ。そこで警視庁は、9月と10月を取締の強化期間として、既に機動隊員を各署に配備、被害防止作戦を展開しているが、さらに10月を「撲滅強化月間」に指定し、都内千数百カ所のATM(現金自動出入機)に機動隊員らを配備して警戒にあたることになっている。
 

平成8年の11月だったと記憶している。國松孝次長官の時だった。「このままですと全国の交通事故死者数が今年も1万人を突破する危険な状況になってきました。そこで全国の機動隊員を動員して交差点に立たせることで抑止したい。とにかく警察官の姿を見せることなんです」と言った國松長官の苦渋の顔を思い出す。そして、みごとに1万人を割ることができた。やはり警察官は制服姿がいかに犯罪抑止に効果があるかを実感させられた。
 笑い話ではなく、冒頭の見出しはどうか。良く街を歩いていると「交通死亡事故発生場所」の看板を見かける。中にはドキリとさせられる看板もある。そこで、提案だ。過去に被害のあったATM機の近くに「振り込め詐欺被害発生」の立て看板はいかがだろうか。機動隊が年中守ることは不可能だから、せめて看板だけでもどうかと提案したい。

« ☆男体山 活火山の可能性 7000年前の噴出物確認 (13日) | トップページ | ☆<2人組強盗>帰宅直後の男性重傷…200万円奪われる (13日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★コラム「振り込むな」⑦:

« ☆男体山 活火山の可能性 7000年前の噴出物確認 (13日) | トップページ | ☆<2人組強盗>帰宅直後の男性重傷…200万円奪われる (13日) »