« ☆女性巡査の手挟み車で引きずる=23歳男を逮捕-北海道警 (13日) | トップページ | ★コラム「振り込むな」⑦ »

2008年9月13日 (土)

☆男体山 活火山の可能性 7000年前の噴出物確認 (13日)

Logo_mainichi1 栃木県日光市の男体山(2486メートル)が活火山である可能性が高いことが、富山大理学部の石崎泰男助教(火山学)らの調査によって明らかになった。山頂の堆積物を調べたところ、約7000年前の噴火による噴出物が2008091300000010maipsocithum0002 確認された。22日に秋田市で開かれる日本地質学会で発表する。気象庁は今後、現在国内に108ある活火山に、男体山を加えるかどうかを検討する。
【写真特集】日本の噴火

 気象庁が認定する活火山は、過去1万年以内に噴火したか、現在活発に噴気を出している火山。これまでの調査で、男体山の最後の噴火は約1万4000年前とされ、活火山に入っていなかった。石崎助教らは04年9月、山頂火口内で、噴火の痕跡とみられる火山灰や軽石が堆積した厚さ20~30メートルの粘土層を発見した。その中にあった炭化した木片の年代を調べたところ、約7000年前のものと分かったという。男体山は現在、噴気などは観測されていない。石崎助教は「男体山周辺には多くの観光地があり、自治体は噴火の可能性も考えた防災計画を策定した方がよい」と話している。【斎藤広子】http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080913-00000010-maip-soci

« ☆女性巡査の手挟み車で引きずる=23歳男を逮捕-北海道警 (13日) | トップページ | ★コラム「振り込むな」⑦ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆男体山 活火山の可能性 7000年前の噴出物確認 (13日):

» <男体山>活火山の可能性 7000年前の噴出物確認 [ニュースヘッドライン]
 栃木県日光市の男体山(2486メートル)が活火山である可能性が高いことが、富山大理学部の石崎泰男助教(火山学)らの調査によって明らかになった。山頂の堆積物を調べたところ、約7000年前の噴火による噴出物が確認された。22日に秋田市で開かれる日本地質学会で発表する。気象庁は今後、現在国内に108ある活火山に、男体山を加えるかどうかを検討する。【写真特集】日本の噴火  気象庁が認定する活火山は、過去...... [続きを読む]

受信: 2008年9月13日 (土) 午後 06時57分

« ☆女性巡査の手挟み車で引きずる=23歳男を逮捕-北海道警 (13日) | トップページ | ★コラム「振り込むな」⑦ »