« ☆スタントマンが“交通事故”を再現 警視庁が東大で交通安全教室 (22日) | トップページ | ★警視庁管内 体感治安度 レベル2 »

2008年9月22日 (月)

☆電車の落書き 捜査の難しさ、進まぬ対策 (23日)

産経ニュースMsn_s1_7

車両を塗り尽くすような大がかりな電車落書き事件が全国で後を絶たない。7月に東京、今月4日に大阪、そして今月10日には仙台市営地下鉄で見つかった。落書きの主流はアルファベットのような文字をスプレー缶で描く「グラフィティ」。検挙されるのは一部にすぎない。だが「落書き」とあなどれるほど、簡単な問題ではない。(荒船清太)
 仙台市営地下鉄の落書き事件を複数犯とみるのは、自身も店内やポスターなど合法的な場所でグラフィティを楽しむヒップホップ店の男性店員だ。この男性は落書きに残された「タギング」に注目した。タギングとは絵画でいうサイン。「今回の落書きには、タギングのようなものが3つほど確認できる」と指摘し、複数の“画家”がいたとの見方をする。さらに「右側の肌色の文字はおそらく人の指がモチーフ。文字の上部に、うっすら色を変えてつめのような絵が描かれている。色がべったりした左側の文字と比べて上手に見える」と、タッチの違いも指摘する。ただ、絵柄などで書き手を特定することは難しいという。グラフィティはラップやブレイクダンスと並ぶヒップホップ文化の一部。男性によると、ヒップホップ文化が日本に根付き始めた5年ほど前からグラフィティも浸透し始め、書き手の裾野が広がっているためだ。 器物損壊などの容疑で捜査にあたる宮城県警幹部も「落書きの塗料は乾燥すると色素しか残らず特徴が分析できない。スプレー缶なら指紋も残らない」と捜査の難しさを明かす。落書き現場の同地下鉄富沢車両基地(仙台市太白区)は敷地面積約8万3000平方メートルで「人の出入りが激しく、足跡も分析しきれない」という。

  

   ■  ■

 一方で、現場の警備は万全とはいえない状況だった。仙台市交通局によると、同基地は高さ3・5~5・6メートルのフェンスで全周約1400メートルが囲まれていた。だが、フェンス上部の鉄条網は所々破れ、4つある門のうち2つは監視カメラも見当たらない。

 県警捜査員が調べたところ、近くの歩道橋からフェンスを飛び越えて侵入できることが分かったという。

 同基地では、3年ほど前までは深夜にも車両が見える場所まで行って巡回していた。だが電車に近づくリスクの方が高いと判断され、これをやめた。

 事件の数日前、北門の南京錠を、より安全な数字暗号式の錠前に変えたばかり。「それでも違法覚悟で門を飛び越えられてはどうしようもない」と、同市交通局の担当者は頭を抱える。

 日本の鉄道施設の警備の甘さは外国にまで伝わっている。6月、成田空港(千葉県)から入国しようとした外国人の落書きグループを成田入国管理局が阻止した事件があった。入管によると、グループは昨年1月の東京メトロ(東京都)の電車落書き事件への関与も疑われていて、豪州では過去に刑罰を受けたこともある「その筋では有名な団体」。日本に入国しようとした理由を問われて「豪州より警備が緩いから」と、ぬけぬけと答えたという。

    ■  ■

 「落書きではなく、爆発物を仕掛けられていたらと思うと…」。国土交通省鉄道局危機管理室の浦嶋一馬専門官は「落書きより、車両基地に侵入された事実の方が重大」と指摘する。落書きされた仙台市営地下鉄は4両編成で定員576人。爆発物が仕掛けられれば、それだけの生命が危険にさらされる。平成17年、英ロンドンで発生した地下鉄などを狙った同時爆破テロでは50人以上が死亡した。富沢車両基地では今年7月の北海道洞爺湖サミット前後に、テロ警戒レベルを上げ、外周を回転灯付きの車で回るなどした。しかし現在は普段通り。仙台市交通局は「予算の制限もあり、通年で警戒したり、監視カメラを増やすこともできない」と釈明する。各国の警備体制を比較した浦嶋専門官は「鉄道会社も営利企業。現状では国だって助成金を出すのも難しい。テロを経験した国と、経験していない国を比べると、予算や事件に対する反応に温度差を感じる」と話し、危機感を募らせている。 ◇
 ■仙台市営地下鉄車両落書き事件
 10日午前7時10分ごろ、富沢車両基地に停車中の電車1両に、長さ約10メートル、高さ約2メートルの落書きがされているのを運転士が発見。市交通局によると、この車両は9日午前9時ごろから屋外の留置線に止まっていた。日中は人の出入りが多いため、同局は終電後の10日午前0時以降の犯行の可能性が高いとみている。
 全国的には、4日に大阪市営地下鉄御堂筋線の新大阪駅の引き込み線に止めていた車両に長さ約16メートル、高さ約1メートルの落書きされているのが発覚。7月には東京都北区の東京新幹線車両センター構内で上越新幹線が落書きされているのが見つかった。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/180499/

« ☆スタントマンが“交通事故”を再現 警視庁が東大で交通安全教室 (22日) | トップページ | ★警視庁管内 体感治安度 レベル2 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆電車の落書き 捜査の難しさ、進まぬ対策 (23日):

» 車のローンのお得な選択肢 [車のローンのお得な選択肢]
車のローンのお得な選択肢 [続きを読む]

受信: 2008年9月22日 (月) 午後 09時40分

« ☆スタントマンが“交通事故”を再現 警視庁が東大で交通安全教室 (22日) | トップページ | ★警視庁管内 体感治安度 レベル2 »