« ☆【拉致新疑惑】捜査当局が拉致事件で再捜査 10年前に失踪の辻出さん  (8日) | トップページ | ☆岡山県内の大麻摘発過去最多ペース  (8日) »

2008年9月 8日 (月)

☆未公開株詐欺で100人から2億円 東京の業者 兵庫県警が捜査 (8日)

Msn_s1_2  産経ニュース

東京都豊島区の有価証券販売会社が、都内の中堅プリント基板製作会社(倒産)の未公開株をめぐり、偽の投資話を持ちかけ、高齢者らが購入代金をだまし取られる被害が相次いでいることが7日、分かった。被害者は約100人、被害総額は2億円に上るとみられる。この証券会社は証券業の登録を受けておらず、告訴を受けた兵庫県警が詐欺や金融商品取引法違反(無登録営業)容疑で捜査している。関係者の話などによると、未公開株を販売していたのは「昭栄」(営業休止)。数年前から、上場予定のない中堅プリント基板製作会社「リムテック」(東京都中央区)の未公開株をめぐり、高齢者らの自宅に電話をかけて「必ず上場する。値上がりは確実だ」などと偽の投資話をもちかけて、購入するよう勧誘していたという。

 

昭栄は、証券ブローカーを通じてリ社元幹部社員から1株約20万円で購入。60万円で転売、1株あたり40万円の利ざやを稼いでいたとみられている。昭栄は購入代金の振り込みを確認後、リ社株と「50万円で上場する」などと記載した偽の内容の文書を送付し、被害者らに上場を信用させていたという。リ社は平成17年9月と10月に非上場の新株を発行したが、一部の株主が新株発行に反対。18年に東京地裁で新株発行の無効判決が出たこともあり、経営状況が悪化。19年5月に上場しないまま倒産した。昭栄も現在は営業を休止しているという。兵庫県警はリ社株の購入者から告訴を受けており、現在捜査中。証券ブローカーやリ社元幹部社員も一連の未公開株の売買に深く関与しているとみている。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080908/crm0809080107003-n2.htm

« ☆【拉致新疑惑】捜査当局が拉致事件で再捜査 10年前に失踪の辻出さん  (8日) | トップページ | ☆岡山県内の大麻摘発過去最多ペース  (8日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆未公開株詐欺で100人から2億円 東京の業者 兵庫県警が捜査 (8日):

» 金商法の登録手続きが大変(だった)理由② ー未公開株ブローカーについてー [TRYANDERRORIST【失敗至上主義】]
さて以前書いた件の続編です。 未公開株ブローカーといえば 金融業界を賑わした問題の一つで、ご存じの方も多いと思いますが、 この問題実は中々深い根の問題だったりするのでは? とわたくしは考えています。 金融庁もおそらく・・そう考えていると思います。... [続きを読む]

受信: 2008年9月12日 (金) 午前 02時05分

« ☆【拉致新疑惑】捜査当局が拉致事件で再捜査 10年前に失踪の辻出さん  (8日) | トップページ | ☆岡山県内の大麻摘発過去最多ペース  (8日) »