« ☆振り込め詐欺撲滅へ 全国の警察が動き出す さぁ国民運動だ 長崎県警、青森県警、警視庁 (11日) | トップページ | ☆起訴事実を認める=北朝鮮女スパイ、「ざんげし、娘と生きさせて」 (11日) »

2008年9月11日 (木)

☆アジアで覚せい剤使用増加 国連薬物事務所が報告書 (11日)

Banner_logo_051  国連薬物犯罪事務所(UNODC、本部ウィーン)は9日、覚せい剤の1種であるアンフェタミンタイプの合成薬物に関する報告書を公表し、こうした薬物の使用が先進国では減少傾向にある一方で東・東南アジアなどで増加傾向にあると指摘、世界的な市場規模が650億ドル(約6兆9670億円)に上ると推計した。報告書によると、アジア地域では2006年に中国、タイ、ミャンマーカンボジア、ラオスなど約半数の国々でメタンフェタミン使用が増加。
 日本についてはこれまで、メタンフェタミンの主な密輸元は北朝鮮や中国と伝えられてきたが、カナダやマレーシアからの密輸が増え、昨年は原産地の明確な密輸押収量全体の66%がカナダからだったと指摘した。(共同)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/177397/

« ☆振り込め詐欺撲滅へ 全国の警察が動き出す さぁ国民運動だ 長崎県警、青森県警、警視庁 (11日) | トップページ | ☆起訴事実を認める=北朝鮮女スパイ、「ざんげし、娘と生きさせて」 (11日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/42441031

この記事へのトラックバック一覧です: ☆アジアで覚せい剤使用増加 国連薬物事務所が報告書 (11日):

« ☆振り込め詐欺撲滅へ 全国の警察が動き出す さぁ国民運動だ 長崎県警、青森県警、警視庁 (11日) | トップページ | ☆起訴事実を認める=北朝鮮女スパイ、「ざんげし、娘と生きさせて」 (11日) »