« ★三浦元社長の逮捕状訴訟、ロス郡裁判所が26日に結論 (7日) | トップページ | ☆究極の防犯は「どこかの窓を割っておく」!? 空き巣の常習犯が供述 大阪府警 (7日) »

2008年9月 7日 (日)

☆老夫婦刺殺、孫が行方不明 現場に血液付いた包丁 茨城県  (7日)

Banner_logo_051  茨城県土浦市の無職、西山裕さん(82)と妻、由幾子さん(78)の変死体が5日に自宅で見つかった事件で、事件後に同県内に住む孫の男性(24)の行方が分からなくなっていることが6日、分かった。県警土浦署捜査本部は、男性が何らかの事情を知っているとみて行方を捜している。調べでは、西山さんは同市乙戸南の自宅の居間で胸や腹などを、由幾子さんは寝室で腹を数カ所刺され死亡していた。現場に物色したような形跡はなかった。また、居間にある台所から、微量の血液が付着した凶器とみられる文化包丁(刃渡り約15センチ)が見つかった。捜査本部は、包丁がもともと台所にあったのか、犯人が持ち込んだのかを調べるとともに、血液や指紋の鑑定を進める。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/176421/

« ★三浦元社長の逮捕状訴訟、ロス郡裁判所が26日に結論 (7日) | トップページ | ☆究極の防犯は「どこかの窓を割っておく」!? 空き巣の常習犯が供述 大阪府警 (7日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆老夫婦刺殺、孫が行方不明 現場に血液付いた包丁 茨城県  (7日):

« ★三浦元社長の逮捕状訴訟、ロス郡裁判所が26日に結論 (7日) | トップページ | ☆究極の防犯は「どこかの窓を割っておく」!? 空き巣の常習犯が供述 大阪府警 (7日) »