« ☆警察も取り調べ録音・録画=初試行、千葉で20分間 (2日) | トップページ | ☆麻生氏支持が22府県 ポスト福田で緊急アンケート (3日) »

2008年9月 2日 (火)

☆ 【角界大麻汚染】露出身2力士から大麻陽性反応 警視庁が事情聴取(2日)

Mrt0809022041003s11

Msn_s1_5 産経ニュース

日本相撲協会は2日、この日関取に抜き打ちで行った尿検査の結果、ロシア出身の幕内露鵬、十両白露山の兄弟からマリフアナの陽性反応があったと発表した。ロシア出身の元幕内若ノ鵬が大麻所持容疑で逮捕、解雇されたのを受けての措置として、東京・両国国技館で、十両以上の関取を対象に抜き打ちの尿検査を実施した。昨年の力士死亡事件をきっかけに設置された同協会の再発防止検討委員会は8月29日の会合で、尿検査導入を検討していた。http://sankei.jp.msn.com/sports/martialarts/080902/mrt0809022041003-n1.htm

日本相撲協会は2日、関取に抜き打ちで行った尿検査の結果、ロシア出身の西前頭3枚目、露鵬(28)=本名ボラーゾフ・ソスラン・フェーリクソビッチ=と、弟で東十両6枚目の白露山(26)=本名ボラーゾフ・バトラズ・フェーリクソビッチ=からマリフアナ(大麻)に対する陽性反応が出たと発表した。相撲協会から連絡を受けた警視庁は大麻取締法違反の疑いもあるとみて、2人から任意で事情聴取を始めた。この日の検査は簡易的なもので、力士会に出席した69人の関取を対象に行われた。2人と同じロシア出身で元幕内若ノ鵬のガグロエフ・ソスラン容疑者が8月に大麻取締法違反(所持)の疑いで警視庁に逮捕され、その後相撲協会から解雇されたのを受け、力士死亡事件をきっかけに設置された同協会の再発防止検討委員会が尿検査の実施を検討していた。露鵬と白露山は、元若ノ鵬と親交が深かったという。白露山は北の海理事長の部屋に、露鵬は大嶽部屋にそれぞれ所属している。 検査には、慶大スポーツ医学研究センター教授で日本アンチドーピング機構ドーピングコントロール委員会委員の大西祥平氏が立ち合った。相撲協会生活指導部長の伊勢ノ海理事(元関脇藤ノ川)は「非常に残念に思う」と述べた。http://sankei.jp.msn.com/sports/martialarts/080902/mrt0809022041003-n1.htm

« ☆警察も取り調べ録音・録画=初試行、千葉で20分間 (2日) | トップページ | ☆麻生氏支持が22府県 ポスト福田で緊急アンケート (3日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/42360906

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ 【角界大麻汚染】露出身2力士から大麻陽性反応 警視庁が事情聴取(2日):

« ☆警察も取り調べ録音・録画=初試行、千葉で20分間 (2日) | トップページ | ☆麻生氏支持が22府県 ポスト福田で緊急アンケート (3日) »