« ★小説 警視庁・薬物特命捜査官(19)   (9月12日) | トップページ | ★官民で振り込め対策 警察、銀行業界が連携 これだけでは不十分 問題は通信手段(13日) »

2008年9月13日 (土)

★警視庁管内 体感治安度数 レベル1 (15日現在) 

    首都東京の体感治安
      (単位・レベル)

          解説

2

東京では都民を震撼させるような大きな事件発

生もなく2連休が過ぎた。新聞・テレビ各社は平

穏な報道が続いている。10日に東京・品川区

で女性が浴室で血だらけになって殺害された事

件と八丈島の路上で男性の死体が発見された

2件の殺人事件があったが、各紙もテレビも続

報を書くようなニュースではなく沈静化した。

Bye1_2撲界の大麻騒動も一段落し秋場所も始まっている。警視庁の 振り込め詐欺については、撲滅に向けて対策本部事務局を発足させ、10月を月間として都内1000カ所以上のATMで警察官が警戒にあたることになっている。他の県警については、13日夜石川県白山市鶴来(つるぎ)桑島町で秋祭りの会場に男が乱入。7人の殺傷事件が発生、朝日新聞が1面で、読売も社会面でスペースを割いた。さらに13日に豊島区北大塚で発生した2人組による200万円強奪事件はテレビが続報を流すなど、首都の治安に影響を与えていたが、それも13日夜で治まったようだ。よって「レベルは1(みどり)」とした。

 ※ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください。クリックすると挨拶します。宜しく…

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦ました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪 ポイント100~80
レベル4 治安の悪化    ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向 ポイント 59~40
レベル2 治安の悪化の兆し ポイント 39~20
レベル1 平穏                ポイント 19以下
   【ポイント概数】
テロ・無差別殺人事件等       80~50 
路上殺人や連続殺人・連続強盗・強姦 70~60
広域重要事件            50~40
肉親殺人事件(家族の皆殺し事件)    60~50
放火殺人              50~30
強盗殺人              50~20
連続放火              40~30
各項目に少年が絡む場合   +20~10
犯人逮捕記事は上記のポイント総数から -50から10

その他、外的検討要件として外国や他県発生事件を判断基準に加えた。これら事件の新聞・テレビの扱い程度(新聞では1面か社会面か。扱い段数等)、ネットではブログニュースのアクセス人気度なども加えて総合的に判断した。

« ★小説 警視庁・薬物特命捜査官(19)   (9月12日) | トップページ | ★官民で振り込め対策 警察、銀行業界が連携 これだけでは不十分 問題は通信手段(13日) »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★警視庁管内 体感治安度数 レベル1 (15日現在) :

« ★小説 警視庁・薬物特命捜査官(19)   (9月12日) | トップページ | ★官民で振り込め対策 警察、銀行業界が連携 これだけでは不十分 問題は通信手段(13日) »