« 2008年9月29日 | トップページ | 2008年10月1日 »

2008年9月30日

2008年9月30日 (火)

★警視庁管内 体感治安度 レベル2

  首都東京の体感治安(2日現在)
      (単位・レベル)

 2     解説 
東京都杉並区の住宅街で先月25日、小学生が

刃物を持った男にランドセルを刺された事件で、

同日前後にも、同現場付近で小学生2人が刃物

を持つ男に追いかけられた被害が明らかになっ

Bye1_2。被害は計4件で、警視庁は半径1・5キロ以

内で起きていることから、同一犯とみて

パトロー ルを強化。近隣の小学校10校

では集団下校しているという。また先月、JR秋葉原駅周辺で、計8カ所のゴミ集積場が放火される連続放火事件が発生。1件は民家の壁の近くで炎が立ち上がるなど危険な状況だった。さらに板橋区内でもごみ集積場5カ所が燃える連続放火事件があった。さらに1日未明には葛飾区で女性がひき逃げされ死亡する事件も発生した。今回の大阪市浪速区の個室ビデオ店の放火殺人事件は、新宿・歌舞伎町の事件があるだけに、他県警の事件だが治安の悪化を感じる。よって体感治安度は「レベル3(きいろ) にした。

※ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください。クリックすると挨拶します。宜しく

続きを読む "★警視庁管内 体感治安度 レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「あす検定…」陸自1曹が職務中射撃練習、拳銃2発を誤射(30日)

30日午後1時50分ごろ、防衛省(東京都新宿区)の地下1階中央指揮所出入り口付近で、警備中の陸上自衛隊警務隊の男性1曹(44)が、所持していた9ミリ拳銃を誤って発砲した。弾は2発発射されたが、床と壁に当たったためけが人はなかった。 統合幕僚監部によると、1曹は同日朝から、指揮所出入り口の警備詰め所に同僚と2人で勤務している際、実弾入りの弾倉が装てんされていることに気づかずに引き金を引いたという。1曹は「射撃の検定が翌日に控えており、それをイメージして構えて撃った。空の弾倉が入っていると思っていた」と話している。自衛隊では、弾倉が空の場合でも拳銃の引き金を引く行為は安全上問題があるとしているが、禁止する規定はない。ただ、発砲は自衛隊法違反(武器の不正使用)容疑にあたるため、1曹を処分する方針。

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆<傷害>上司に熱湯かけ管制官逮捕 大分県警(30日)

Logo_mainichi1_3 大分県警国東署は30日、口論の末、上司に熱湯を浴びせてけがをさせたとして、同県別府市山の手町、国土交通省大分空港事務所の航空管制官、江藤宏至容疑者(50)を傷害容疑で逮捕した。「お茶をいれようとして誤ってかけてしまった」などと容疑を否認しているという。調べでは、江藤容疑者は4月4日午後2時15分ごろ、国東市の大分空港事務所事務室で、上司の男性航空管制官(57)にやかんに入った熱湯を浴びせ、顔や腕に3週間のやけどを負わせた疑い。直前、上司と仕事の指導を巡って口論になったという。4月中に被害届が出され、同署は任意で事情を聴いていたが、否認を続けたため逮捕した。 管制業務は3交代制で当時2人は勤務中だったが、管制室外の事務室で仕事をしており、管制業務に支障はなかったという。江藤容疑者は84年入省し、同事務所には94年から勤務している。【深津誠】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080930-00000160-mai-soci

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆8月の振り込め詐欺被害額2割減 撲滅月間、ATMへ警官配置(30日)

Banner_logo_051_4 全国の8月の振り込め詐欺被害額は約20億5700万円で、前月比で22%減少したことが30日、警察庁の調べで分かった。一方、今年1~8月の被害総額は約240億円に上り、前年同期比1・4倍と依然として高い水準にあることから、警察庁は10月を撲滅月間と位置づけ、ATM現金自動預払機)への警察官配置など全国規模の“被害根絶作戦”に着手する。
 警察庁によると、8月の振り込め詐欺被害は、被害全体の半分を占める「オレオレ詐欺」が前月比26%減の約11億円となったほか、今年に入って猛威を振るっていた「還付金詐欺」も減少。「取り組みが一定の成果をあげた」(同庁幹部)格好だが、8月までの被害総額は約240億円で、年間被害額は依然として過去最悪となる可能性が高い。 警察庁の方針を受け、警視庁は1日から被害の多いATM現金自動預払機)約1000カ所に機動隊員ら警察官を配置し、水際での被害阻止に取り組む。同時に振り込め詐欺に関する相談を受け付けるホットライン((電)03・3501・2967、平日の午前8時半~午後5時15分)も開設する。 また、8日には都内の高齢者ら約1万人を「振り込め詐欺被害防止アドバイザー」に任命。振り込め詐欺の被害者の中心が高齢者であることから、同世代が“助言役”となって口コミによる啓発活動を目指す。 撲滅月間に先立って警視庁では30日、島嶼(とうしよ)部をのぞいた都内96署の副署長を集めた緊急会議を開き、植松信一副総監が「都内での被害額は1日2000万円に上る。正念場の中の正念場と位置づけて、被害抑止に努めてほしい」とげきを飛ばした。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/183003/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ネット掲示板の「成り済まし」に住所、氏名の開示命令 福岡地裁(30日)

Banner_logo_051_3  インターネット掲示板で自分に成り済まして書き込みをされ名誉を傷つけられたとして、福岡市の女性がプロバイダー(接続業者)のソネットエンタテインメント(東京)に発信者情報の開示などを求めた訴訟の判決で、福岡地裁は30日、住所、氏名開示を命じた。判決理由で岸和田羊一裁判長は、一部の書き込みについて「閲覧者に女性が信用性のない人物との印象を与え、社会的評価を低下させたことは明らかだ」と指摘、「プロバイダー責任法により、発信者情報の開示義務がある」と述べた。 判決によると、女性の息子は進学校の中学に入学。平成18年11月、受験と教育に関する掲示板に、女性と誤認させるようなハンドルネームで「デビューしました!」「当方の息子、名門R中合格」などの書き込みがされた。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/183019/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆1日から後部座席シートベルト着用義務で罰則強化 大阪府警が啓発(30日)

Banner_logo_051_2 10月1日から後部座席のシートベルト着用義務の違反者に罰則(行政処分で1点減点)が適用されるのを前に、大阪府警高速隊は30日、吹田市の名神高速吹田サービスエリア(SA)で啓発キャンペーンを行い、後部座席の同乗者にシートベルト着用を呼びかけた。 後部座席のシートベルト着用は今年6月施行の改正道交法で義務づけ。警察庁は、ドライバーらへの周知期間を設けるため、これまで悪質なケースを除いて摘発しないよう全国の警察本部に指示していた。吹田SAではこの日、高速隊員らが車を1台ずつ止め、「明日から取り締まりが強化されます。高速道路で違反すると運転者は1点減点されます」と声をかけた。大阪府警は「悲惨な事故を減らすためにも後部座席での着用を徹底してほしい」と話している。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/183024/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆神奈川県藤沢署は「振り込め詐欺撲滅キャンペーン」(30日)

~ATM機の利用者を中心に高齢者の防犯意識高揚呼掛け~

 神奈川県藤沢署は「振り込め詐欺撲滅キャンペーン」 Topbanner01logo1 神奈川県藤沢警察署は、被害者となるケースが多い高齢者の防犯意識を高めるため、ATM機の利用者を中心とした「振り込め詐欺撲滅キャンペーン」を展開した。JR藤沢駅前などで犯人役のオオカミと、被害者役のうさぎのぬいぐるみ劇を通じ、最近多発する「還付金詐欺」について説明し、「ATM機を携帯電話で通話しながら操作していた高齢者がいたら注意すること」など振り込み詐欺根絶へ向けての防犯意識の高揚を訴えた(写真)。http://www.police-ch.jp/news/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「逆恨みで痴漢申告」「私を悪者に」最高裁で当事者争う(30日)

Logo_mainichi1_2 痴漢だと、うその申告をされた」「私に痴漢をしたのはこの人です」――。電車で痴漢をしたとして逮捕されたものの不起訴になった男性が、被害を訴えた女性に賠償を求めた訴訟で、当事者の2人が29日、最高裁第二小法廷(津野修裁判長)で開かれた弁論で主張を戦わせた。最高裁で当事者同士が事実関係について主張し合うのは珍しい。訴えているのは、東京都国立市の元会社員、沖田光男さん(66)。この日の弁論では、「私は『携帯電話をやめなさい』と一言、注意しただけ。ところが注意を逆恨みしたのか、女性はうその被害を警察に申告した」と述べた。 続いて、女性は「自分が悪いのに、私を悪者にして訴えてきた」「ここまでうそを述べている相手は不幸な人。言い分はすべて作りあげた内容」と涙ながらに沖田さんを批判し、「誓ってうそをついていない」と反論した。一、二審判決によると、沖田さんは99年9月2日、JR中央線の電車内で女性に下半身を押しつけたとして東京都迷惑防止条例違反の現行犯で逮捕されたが、嫌疑不十分で不起訴となった。一、二審判決は、沖田さんが痴漢行為をしたと判断し、賠償を認めなかったが、最高裁が今回、弁論を開いたため、判断が見直される可能性がでてきた。判決は11月7日。(中井大助) http://www.asahi.com/national/update/0929/TKY200809290328.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆通天閣近くの殺人で無職男逮捕 大阪府警(30日)

Msn_s1_2 産経ニュース

大阪市浪速区の通天閣近くで、無職の井川駿さん(76)が殴られ死亡した事件で、府警捜査1課と浪速署は29日、殺人容疑で住所不定、無職、浪江彬容疑者(26)を逮捕した。目撃者が逃げた黒色乗用車のナンバーを一部記憶しており、浪江容疑者が浮上。府警が逮捕状を取って行方を追っていたところ、同日、浪速署に出頭した。浪江容疑者は「通天閣の下で押し倒したが、殴っていない」と否認しているという。 調べでは、浪江容疑者は10日午後11時25分ごろ、大阪市浪速区恵美須東通天閣本通商店街で、散歩中の井川さんの顔面を多数回殴り、殺害した疑い。井川さんは当初意識があり、「『おい、おっさん』と声をかけられた。やりとりの後、いきなり殴られた」と話しており、府警は通行中に浪江容疑者が一方的に井川さんに因縁を付けて暴行したとみて追及する。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080929/crm0809292352036-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「可愛かった…」女児連れ去りの女逮捕(30日)

Msn_s1 産経ニュース

母親と買い物に来ていた女児を連れ去ったとして、埼玉県警狭山署は29日、未成年者略取の疑いで、同県入間市仏子、無職、宇田志乃ぶ容疑者(38)を逮捕した。調べでは、宇田容疑者は同日午後1時45分ごろ、同市内にあるショッピングモールの子供服売り場で、母親の手を離れていた川越市の女児(1歳9カ月)を店外に連れ出して軽乗用車に乗せ、約4キロ離れた別のショッピングモールに連れ去った疑い。約45分後、宇田容疑者は「買い物の途中で迷子を見つけた」などと自分で110番通報。駆けつけた同署員が店で女児を保護した。当初は、発見者を装っていたが、連れ去った店の防犯カメラに、2人が映っていたことから犯行が発覚した。宇田容疑者は夫(43)と2人暮らし。子供ができないことに悩んでいたといい「かわいい子を見て発作的に拉致してしまった」などと容疑を認めている。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080930/crm0809300104001-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆<ストーカー>24歳女性殺される 岡山県警に相談も(30日)

Logo_mainichi1  29日午前7時10分ごろ、岡山市の新岡山港沖に女性の遺体が浮いているのを砂利運搬作業中の男性が見つけ、海上保安庁に通報した。遺体は同市南古都、会社員、杉本文(あや)さん(24)。27日に自殺を図った同市内の男(24)が殺害をほのめかしており、岡山県警は入院中の男の回復を待って殺人容疑で逮捕する方針。県警は今月中旬、杉本さんから「(男に)つきまとわれたり、電話が頻繁にかかってくる」などとストーカー行為の相談を受け、携帯電話の番号を変えるよう助言。「対応は適切だった」としている。県警によると、杉本さんは26日午後9時ごろ、家族に「1人で映画を見に行く」と自宅を出て以降、行方が分からなくなった。男は27日午後6時ごろ、市内のホテルから「女を殺した」と110番。睡眠薬を飲み手首を切っていて入院したが、軽傷という。男は杉本さんの名前を挙げ、「殺した」と供述。ホテルにあった男の乗用車内から少量の血痕が見つかっており、事件との関連を調べている。 杉本さんの遺体は死後数日経過しているとみられ、頭に数カ所の傷があった。県警は30日に司法解剖して死因を調べる。【石川勝義、松井豊】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080929-00000131-mai-soci

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆釣りざおで下着ドロ 30年以上盗み続けて…自宅に500枚(30日)

Banner_logo_051 2階ベランダに干してあった女性用下着を釣りざおで盗んだとして、警視庁巣鴨署は窃盗の疑いで、東京都豊島区駒込のトラック運転手、日野彰容疑者(51)を逮捕した。 3メートル近くまで伸びる釣りざおの先端に、下着を引っかけるためのくぎをさし、盗みに使っていた。自宅から女性用下着約500枚が見つかっており、「18歳ごろから盗んでいた。おもにコインランドリーから盗んだ」と供述しているという。 調べでは、日野容疑者は23日午後3時半ごろ、駒込の民家の2階ベランダに干してあった下着1枚を盗んだ疑い。2階にいた住民が、釣りざおが下から伸びてきて、下着が盗まれるのを目撃。日野容疑者が自転車で逃げたため、110番通報した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/182763

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆女性の遺体発見 岡山県警捜査本部設置 ストーカー行為で警察に相談していた(30日)

News_pic1 岡山市で29日、頭に傷がある女性の遺体が見つかりました。
女性は27日岡山市内で自殺しようとした男性からストーカー行為を受けていると警察に相談していたことがわかり、警察は殺人事件とみて捜査するとともに、男性がなんらかの事情を知っているものと見て話を聴くことにしています。29日午前7時10分ごろ岡山市の新岡山港で砂利運搬船の作業員が岸壁近くの海面に女性の遺体が浮いているのを見つけ海上保安部に通報しました。連絡を受けた警察が調べたところ、見つかったのは、岡山市南古都の会社員、杉本文さん(24)であることが判りました。杉本さんは死後、数日が経過し、頭に数か所のけがをしていることなどから警察では殺害されたものとみて29日岡山市の西大寺警察署に捜査本部を設置しました。これまでの調べで、杉本さんは警察に対して岡山市内に住む24歳の男性から「ストーカー行為を受けて困っている」という相談をしていたことがわかりました。この男性は27日の夜、岡山市のホテルで自殺しようとしてけがをし、現在病院に入院していて、警察に対して「杉本さんを殺した」などと話しているということです。警察は、男性が杉本さんが死亡した経緯についてなんらかの事情を知っているものとみて回復を待って話を聴くことにしています。http://www.nhk.or.jp/okayama/lnews/01.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆【撲滅 振り込め詐欺】(下)防犯活動 官民一体の総力戦(30日)

Msn_s31 産経ニュース

振り込め詐欺で失われるのは現金にとどまらない。自責の念や失意から被害者が命を絶つ最悪のケースもある。新潟県内では昨年4月、振り込め詐欺グループから金をだまし取られていた農業の男性(59)が自殺した。「融資保証金」の名目で振り込んだ回数は実に70回、被害金額は3600万円を超えていた。悩み続けた末に自殺を選んだ男性遺書には、家族を思う言葉が書き連ねてあった。警視庁と新潟県警が今年2月に逮捕した男は「遊ぶ金欲しさでやった」と悪びれもせずに話した。大阪府内でも平成17年11月、多重債務者の50代の男性が自殺している。振り込め詐欺グループが「消費者金融のブラックリストからデータを削除する」と持ちかけ、手数料名目で多額の現金をむしり取っていた。「家族や回りに相談できる人がいなかったのか。犯人が本当に憎い」。ある捜査員は涙まじりに語った。被害拡大に歯止めがかからない中、警察庁は6月、安藤隆春次長をトップとする「振り込め詐欺対策室」を設置。金融機関や携帯電話各社に捜査への協力を要請し、10月は撲滅月間と位置づけて被害発生の半減を目標に掲げている。「毎日60人以上、額にして1億円近い被害が出ており、犯罪としては極めて深刻な状況にある」。安藤次長はこう指摘した上で、「(知能犯捜査に当たる)従来の刑事部捜査2課の手法にこだわらず、あらゆる部門が持ち味を発揮する必要がある」と警察内部の垣根を越えた捜査の重要性を強調する。都道府県警の中でも、首都・東京の治安を預かる警視庁は「実行犯の大半が東京を舞台にはびこっており、責任は極めて重い」(植松信一副総監)と積極的な取り組みを展開している。9月からは、過去に被害が発生している無人のATM(現金自動預払機)周辺などで、地域警察官に加えて警備部の機動隊約700人も派遣した警戒活動を開始している。さらに刑事部の専従捜査班100人に加え、公安部の捜査員も動員。アパートのローラー作戦などで過激派のアジトを割り出す捜査手法を頼りに、振り込め詐欺グループの犯行拠点の特定に乗り出すなど、各部が縦割り意識を取り払って撲滅に向けて動き出している。

   

続きを読む "☆【撲滅 振り込め詐欺】(下)防犯活動 官民一体の総力戦(30日)"

| コメント (0) | トラックバック (2)

☆台風、10月1日に九州南部接近=前線も活発、東海まで大雨注意-気象庁(30日)

Jij1 台風15号は29日午後、台湾北方の東シナ海を北へ進んだ。東寄りに進路を変え、10月1日に九州南部・奄美地方に接近した後、2日午後にかけて日本の南海上を進む見込み。日本の南海上にある前線も北上して活発化するため、気象庁は九州から東海まで大雨に注意を呼び掛けた。15号は29日午後3時、台北の北約160キロの海上を時速15キロで北へ進んだ。中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル。半径300キロ以内は15メートル以上の強風域。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080929-00000095-jij-soci

Typha1

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆留学仲介大手が破綻 「ゲートウェイ21」前払い金返還不能も(30日)

Banner_logo_051_6 海外留学仲介大手の「ゲートウェイ21」(東京都新宿区、福井伴昌社長)が営業を停止し、30日にも東京地裁に破産を申し立てることが29日、分かった。同社代理人の弁護士事務所が明らかにした。負債総額は約12億9000万円で、留学予定者が前払いした約9億5000万円が返還不能になる可能性があるという。 同社は資金繰りが悪化し、26日に営業停止した。同社から現地手配業者に代金が支払われていないケースが多く、今後渡航できない事例が多数発生するとみられる。民間の信用調査会社や同社ホームページ(閉鎖)によると、同社は平成9年設立。アメリカ、カナダ、メキシコオーストラリアイギリスアイルランドなど海外13カ国31都市を対象に、語学留学やホームステイなどの海外留学を仲介。年間約1万人の実績がある。東京・銀座のほか、大阪、名古屋、広島、福岡などの主要都市に支社を開設。昨年6月決算の売上高は28億5000万円。 同社は10月5日午後6時から「主婦会館プラザエフ」(同千代田区)で債権者説明会を開く予定。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/182666/

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月29日 | トップページ | 2008年10月1日 »