« 2008年9月28日 | トップページ | 2008年9月30日 »

2008年9月29日

2008年9月29日 (月)

☆日刊警察ニュース 2008年09月29日

秋田県警は金融機関等と「振り込め詐欺ホットライン」運用

08092911 秋田県警察は、金融機関等と警察署刑事課直通の携帯電話「振り込め詐欺ホットライン」(写真)の運用などの「水際対策」を推進している。全県的に振り込め詐欺被害が多発していることから、被害防止のための総合対策の一環として、被害防止の最後の砦である振り込め場所の金融機関において、金融機関のTopbanner01logo1協力を求め窓口などで現金を振り込もうとする被害者に振り込みを思いとどまらせる水際対策。

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆三浦元社長、ロス移送へ…弁護側が人身保護請求取り下げ(29日)

 【サイパン=山下昌一】1981年11月のロス疑惑「一美さん銃撃事件」を巡り、米自治領・北マリアナのサイパン島で拘置中の元輸入雑貨会社社長、三浦和義容疑者(61)のロサンゼルスへの移送取り消しなどを求めた人身保護請求の審理が29日、北マリアナ連邦地裁であった。三浦元社長が移送に応じる意向を示したため、弁護側は冒頭で人身保護請求の取り下げを表明、審理は約5分で終了した。ロス郡検事局とロス市警は近く元社長の移送に踏み切るとみられ、今後の焦点は、ロスでの捜査や弁護活動に移る。この日の審理には、三浦元社長も出廷。審理終了が決まると、代理人のブルース・バーライン弁護士に「サンキュー」と言って握手を求めた。閉廷後に記者会見したバーライン弁護士によると、元社長とは開廷前、1時間半にわたって面会し、この中で元社長が自ら、「カリフォルニアに行く時が来た。カリフォルニアで闘い続ける」と述べたという。(2008年9月29日13時44分  読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080929-OYT1T00226.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆行方不明の弁護士死亡…暴力団絡む強制執行妨害事件で指名手配中(29日)

Msn_s1  産経ニュース

山口組系暴力団組長らによる強制執行妨害事件に絡み、大阪弁護士会所属の弁護士が6月から行方不明になっていた問題で、大阪府警捜査4課は29日、共犯として指名手配していた弁護士、山本恵一容疑者(57)が死亡していたと発表した。大阪市港区の安治川河口で6月7日に発見された身元不明の水死体が山本容疑者と確認された。府警は強制執行妨害容疑などで容疑者死亡のまま書類送検する方針。調べでは、山本容疑者は三重県四日市市の不動産会社社長(56)、暴力団組長(54)ら4被告と共謀。不動産会社が法務局に供託した営業保証金1000万円の差し押さえが迫った平成19年8月、公証人に虚偽の公正証書を作成し、債権者による差し押さえを妨害した疑い。山本容疑者は4人が逮捕された2日後の6月3日ごろ所在不明になっていた。その後、安治川河口付近で6月7日に見つかっていた身元不明の男性水死体が山本容疑者に似ていることが判明し、今月下旬に遺族らが確認した。遺体に外傷などはなかったという。大阪弁護士会によると、山本容疑者に対しては、事件処理を放置しているなどとして30件の懲戒請求が出ていたという。同弁護士会は29日午後、「(死亡は)誠に残念。会員の更なる弁護士倫理順守の徹底に向け、今後いっそうの努力を重ねる」とする上野勝会長名の談話を発表した。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080929/crm0809292114027-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆<殺害>「11歳の息子の首絞めた」母から事情聴く 横須賀(29日)

Logo_mainichi1 29日午前6時50分ごろ、神奈川県横須賀市金谷3のアパート「望月ハイツ」の3階で、「孫が死んでいる」と119番があった。駆けつけた市消防局救急隊員がアパート室内で倒れている市立城北小6年、高梨裕貴君(11)を発見、病院に搬送したが間もなく死亡した。裕貴君の母親(40)が「首を絞めて殺した。自分も死のうと思った」と話しており、県警横須賀署は母親から殺人容疑で事情を聴いている。 調べでは、裕貴君に目立った外傷はなく、和室に置かれていたマットレスであおむけに倒れていた。裕貴君は長男で、会社員の父親(55)、母親と3人暮らし。母親が同日早朝に「息子を殺した」と祖母(67)方を訪れ、祖母がアパートで裕貴君を発見した。父親は当時、釣りに出かけており、母親は「(父親が不在の)時間帯を狙ってやった」と話している。祖母は「母親はノイローゼ気味だった」と話しているという。【鈴木一生、池田知広】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080929-00000033-mai-soci

| コメント (0) | トラックバック (0)

★衣服など入ったレジ袋、遺体発見と同時間帯に目撃…千葉女児遺棄(29日)

千葉県東金市田間、保育園児成田幸満(ゆきまろ)ちゃん(5)の死体遺棄事件で、遺棄現場近くの駐車場で見つかった幸満ちゃんの衣服や運動靴などが入った二つのレジ袋が、遺体発見と同じ時間帯に駐車場にあったという目撃情報があることがわかった。東金署捜査本部は、犯人が遺体と着衣を短時間に前後して捨てたとみている。捜査関係者によると、二つのレジ袋は、遺体遺棄現場から約100メートル離れたマンション駐車場で、遺体発見の約2時間後の21日午後2時半過ぎに、捜査員が確認した。捜査本部が近隣住民らに聞き込みをした結果、遺体が発見された午後0時半頃に「白い袋を見た」という証言が得られた。 捜査員が確認した時には、一つの袋は車の助手席側に置かれ、駐車場に面した路上から見えていたが、もう一つは後部トランクの下に隠れていたという。

読売新聞 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080929-00000025-yom-soci

続きを読む "★衣服など入ったレジ袋、遺体発見と同時間帯に目撃…千葉女児遺棄(29日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆あくびして退廷 「小女子焼き殺す」書き込み被告に有罪(29日)

Banner_logo_051_5  インターネットの掲示板に「小学校で小女子を焼き殺す」と書き込んだとして、威力業務妨害の罪に問われた千葉県船橋市丸山の無職、杉田敦史被告(23)の判決公判が29日、さいたま地裁であり、西野牧子裁判官は「いたずらではすまされない卑劣な犯行。他人の痛みを想像しない無神経さは看過できない」として、懲役1年6月、保護観察付き執行猶予3年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。西野裁判官は「警察に捕まるか捕まらないかきわどい文章で勝負し、掲示板の反響が見たいという動機は身勝手。魚の意味だと言い逃れできるよう、『小女子(こうなご)』という言葉を選び、犯行は巧妙」と指摘。「学校に謝罪もなく、『小女子』は魚だと不合理な弁解を繰り返し、反省がない」と厳しく非難した。指先をいじり、時折首をかしげながら判決を聞いていた杉田被告。判決宣告後、ズボンの後ろポケットに手を突っ込み、あくびをしながら退廷した。 判決によると、杉田被告は6月29日、インターネットの掲示板「2ちゃんねる」に、「明日午前11時に丹後小学校で小女子を焼き殺す」「おいしくいただいちゃいます」などと書き込み、母校である埼玉県三郷市立丹後小学校の児童約490人に、5日間にわたり集団下校させるなど、同校教諭らの業務を妨害した。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/182482/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆空き家の軒下に金色の大蛇現れる 愛媛(29日)

117415_c1601  29日午前9時35分ごろ、愛媛県新居浜市坂井町の空き家の軒下で、金色の大蛇がはっているのを隣家の無職の男性(80)が発見。警察に通報し、駆けつけた警官が4人がかりで捕獲した。新居浜署はペットとして飼われていたとみて、遺失物として保管し、所有者を探している。 同署によると、ヘビは体長約2・Banner_logo_051_43メートル、体重約7・2キロ。金色のまだら模様で、おとなしいという。爬虫(はちゅう)類専門店によると、ビルマニシキヘビの生まれつき色素がないアルビノ(白化個体)とみられる。毒はないが、成長すると体長約4メートルにまでなり、動物愛護法で特定動物に指定され、飼育には都道府県の許可が必要という。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/182584/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆中山補佐官(拉致問題担当)に辞令交付(29日)

麻生太郎首相は29日、中山恭子首相補佐官(拉致問題担当)に辞令を交付した。中山氏は安倍、福田両内閣での拉致問題担当の首相補佐官を務めたほか、福田改造内閣では拉致問題担当相に起用された。麻生内閣で河村建夫官房長官が担当相を兼務したため補佐官に復帰した。28日に失言問題で引責辞任した中山成彬前国土交通相は夫。 一方、政府高官は29日、麻生首相が福田内閣時代に補佐官が担当していた教育、社会保障以外の分野を担当する補佐官を30日にも任命する方向で調整していることを明らかにした。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/182619/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆【中国毒ギョーザ】公安当局、容疑者数人に絞り込む 犯行は否認(29日)

Banner_logo_051_3 日中両国で被害者が出た中国製ギョーザ中毒事件を調べている中国の公安当局は、今年6月に中国で起きた事件で、製造元の天洋食品(河北省石家荘市)の従業員について捜査を進め、容疑者を「数人」まで絞り込んだが、いずれも犯行を否認していることが29日、分かった。中国筋が明らかにした。 毒物混入事件は立証が難しく、容疑者の自供も得られていないことから捜査が難航している可能性がある。 中国の公安当局は、8月下旬までに従業員9人について「容疑が濃厚」と判断。中国筋は「いま容疑者として残っているのは数人」と述べ、その後さらに絞り込みが進んだことを示唆した。(共同)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/182628

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「日本人女性医師」ソマリアで解放交渉 反政府組織(29日)

Logo1 【アディスアベバ=古谷祐伸】エチオピア東部で国際医療支援団体「世界の医療団(MDM)」(本部・パリ)のスタッフ2人が誘拐された事件で、現場のオガデン地方(ソマリ州)を拠点にする反政府組織「オガデン民族解放戦線(ONLF)」は27日、2人がソマリア中部におり、解放に向け地元有力者が犯人と交渉中だと明らかにした。2人は「日本人女性医師とオランダ人男性看護師」と明言した。女性医師は30歳代前半との情報もある。2人は22日、ソマリア国境に近い、シラボ地区のラーソ・カーノ村を訪問中、武装した若い男3人に車で連れ去られた。ソマリア中部を転々としているが無事という。 犯人はソマリア中部ドゥサマレブ地区出身。身代金を要求している模様だ。地元氏族の長老らが解放するよう説得している。交渉には、オガデン地方のソマリア系部族やONLFも関与している。MDMアディスアベバ事務所の責任者は28日、「詳細は言えないが、解決に向けあらゆる努力をしている」と話した。 国連安全保安局エチオピア事務所がまとめた治安情勢報告書によると、MDMのスタッフが18日、オガデン地方を移動中にONLFの検問を受けたという。これが誘拐された2人の可能性もある。 ソマリアでは、エチオピアの軍事支援を受ける暫定政府に対し、イスラム系武装勢力が攻撃を強め、治安は極めて悪い。外国人を狙った誘拐事件が多発。22日には、ドイツ人男性とソマリア人女性の夫婦が数日の拘束の末に解放された。カナダ人やオーストラリア人の記者ら3人も8月23日に拘束され、身代金250万ドルを要求されていると報じられている。 http://www.asahi.com/international/update/0928/TKY200809280169.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆事故装い保険金詐取 観光バス元運転手と元バスガイドの計5人逮捕 大阪府警(29日)

交通事故を装って保険金をだまし取ったとして、大阪府警交通捜査課と岸和田、南堺両署は28日、詐欺容疑で、観光バスの元運転手の男3人と元バスガイドの女2人を逮捕した。いずれも消費者金融に借金があったという。逮捕されたのは、元運転手の川島秀幸容疑者(34)=富田林市高辺台=と同、稲井啓成容疑者(37)=堺市東区=ら5人。調べでは、2人は知り合いの元運転手やバスガイド保険金詐欺を持ちかけ共謀。平成19年5月12日深夜、大阪府岸和田市内の府道で、川島容疑者らの乗る乗用車に仲間の軽乗用車を故意に追突させた上、「首が痛い」と訴え、保険会社から治療費など約1186万円を詐取した疑い。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080928/crm0809282225025-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ヤフオクでID乗っ取り5000件 不正出品の被害補償へ(29日)

Banner_logo_051_2 ヤフーは9月26日、「Yahoo!オークション」(ヤフオク)で、ユーザーのIDが何者かに乗っ取られ不正利用され、ユーザーから身に覚えのない出品手数料などを徴収していたとし、被害にあったユーザーに対して被害額を補償すると発表した。分かっているだけで約5000件のIDが被害にあっており、今後も増える可能性がある。5月ごろから同社に対して「出品した覚えのない商品が自分のYahoo!IDで出品され、出品手数料が引き落とされている」といった問い合わせが急増し、調査したところ、中国の特定のIPアドレスから、大量のログインがあったことを確認した。そのIPアドレスからヤフオクに対し、約150万件の文字列を使って数秒に1回の頻度でログインが試みられており、そのうち約4.3%(約6万 5000)の文字列がYahoo!のIDと合致していた。パスワードは「1~2回のトライで合致していたものが多く、ログイン可能な確率は高かった」(同社広報部)という。150万の文字列の9割以上がYahoo!IDと合致せず、「-」「.」などYahoo!IDで利用できない記号が含まれたIDもあったため、同社からIDやパスワードがもれた可能性はないとしている。同社は「他社サービスのIDリストがもれ、他社サービスと同じIDやパスワードを利用しているユーザーが被害にあったのではないか」と推測している。乗っ取られたIDから主に出品されていたのは偽ブランド品で、IDの持ち主のユーザーに対して、出品手数料などが請求されていた。落札された商品は、落札者の元に問題なく届いていたという。同社はこれまで、被害にあったユーザーからの問い合わせに対し「補償は行わない」などと説明していたが、不正アクセスを確認したため、被害額を補償することにした。「これまで問題のある対応をしてしまったユーザーには申し訳ない」と謝罪している。 同社に対して被害を申告していたユーザーのうち、メールアドレスなど連絡先が分かる約5000件に対して、9月18日に謝罪と返金を知らせるメールを送信。1人当たりの返金額はまちまちで、利用状況などを精査して今後確定するという。 被害にあったユーザーからの申告は今後も増える可能性もあり、随時対応するとしている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/182359/

続きを読む "☆ヤフオクでID乗っ取り5000件 不正出品の被害補償へ(29日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆10月3日解散濃厚に 中山氏辞任で公明が態度硬化(29日)

Banner_logo_051 中山成彬国土交通相(65)は28日、相次ぐ失言の責任を取り、在任5日間で正式に辞任した。麻生太郎首相はただちに後任に金子一義元行政改革担当相を起用、早期の事態収拾を図った。だが、内閣発足早々のダメージに与党の動揺は収まらない。首相は平成20年度補正予算成立後の解散を模索しているが、公明党は「予算審議すれば傷が広がる」(幹部)として態度を硬化。与党内では代表質問終了日の10月3日の解散に向け、地ならしを始めており、3日解散が濃厚な情勢となってきた。・【関連】「崖の上の麻生首相」は「一か八かのカケ」に  中山氏は28日午前、首相官邸で麻生首相に対し、成田空港反対派住民や日教組への一連の問題発言を陳謝、「これ以上迷惑をかけられない」として辞表を提出した。辞任後、中山氏は記者会見で「重要ポストをいただき意欲を燃やしていたが、経済危機の中で国会審議に支障があるならば本意ではない。身を引く決意をした」と述べた。政府・与党は29日に首相の所信表明演説を行い、10月1~3日に衆参両院で代表質問を行う方針。政府・与党は当初、緊急経済対策の実施に向け、6日から補正予算案審議に入り、10日までに成立を目指す考えだった。民主党なども10日の「話し合い解散」を与党側に打診していた。ところが中山氏の失言を受け、公明党が「このまま予算審議に入れば野党に首相の任命責任を徹底追及され、内閣支持率が急落しかねない」(幹部)として補正予算案審議に難色を示し始めた。すでに公明党所属議員に対し、10月3日午後は国会周辺での待機を命じる「禁足令」を発した。3日に解散し、衆院選を「10月21日公示、11月2日投開票」とするシナリオが透けてみえる。

| コメント (0) | トラックバック (1)

★【撲滅 振り込め詐欺】(中)犯行の飛車角 「携帯」と「口座」(29日)

Msn_s1_5  産経ニュース

身分確認は自宅に届いた郵便物のコピーでも大丈夫です。ファクスしてください」「受け渡しは新宿駅か渋谷駅。紙袋に入れてお渡しします」 東京都内で携帯電話のレンタルを手がける業者に客を装って電話すると、従業員と思われる女性がよどみなく仕組みを説明した。 携帯電話の用途は聞かれない。「それはお客さまそれぞれですし、こちらからお尋ねしません」。電話口の女性はさらりと話した。振り込め詐欺に使われても大丈夫なのか聞いてみた。「それもお客さまの都合ですから」。犯行に加担しているという自覚は感じられなかった。

■■■

 振り込め詐欺犯の“飛車角”。警視庁捜査員がそう呼ぶのが「携帯電話」と「銀行口座」だ。この2大ツールを犯行グループに使わせないことが振り込め詐欺の被害抑止につながる。警視庁は8月、携帯電話不正利用防止法違反(匿名貸与営業)の疑いで、レンタル業者の代表の男(26)ら4人を逮捕した。名前や住所といった本人確認をせずに携帯電話9台を貸していた疑いだ。捜査の結果、この業者が貸した携帯電話は少なくとも150件の振り込め詐欺に使われ、計2億円の被害が出ていることが確認された。この業者はNTTドコモとの間で800台に上る携帯電話を契約。夕刊紙に広告を出して客を募り、1台2万5000~3万円の初期費用で貸し出した上、通話料とは別に1日数百円の利用料も徴収していた。「市販の携帯電話よりも割高だが、詐欺の収益を考えたら安い投資といえる」(警視庁幹部) NTTドコモは「一気に(こうした利用を)排除するのは難しい。(契約の際)携帯電話のレンタル業者であると明かさないことが多い」と対策の難しさを口にする。これらの携帯を本人確認の不十分なまま貸し出すレンタル業者は後を絶たない。

続きを読む "★【撲滅 振り込め詐欺】(中)犯行の飛車角 「携帯」と「口座」(29日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月28日 | トップページ | 2008年9月30日 »