« 2008年9月26日 | トップページ | 2008年9月28日 »

2008年9月27日

2008年9月27日 (土)

☆中山国交相が辞任の意向(27日)

News1 成田空港反対派住民を「ゴネ得」と批判するなど、一連の発言が野党などの反発を招いていた中山成彬国土交通相は27日夜、辞任の意向を固めた。  【写真で見る】中山成彬国土交通相
 中山国交相は同日、宮崎市内で開かれた自民党県連の会合で、「日教組(日本教職員組合)を何とか解体しなきゃいかんと思っている」と改めて日教組批判を展開。この発言に関し終了後、記者団に「(日教組に関する発言は)撤回していない。日本の教育の『がん』である日教組をぶっ壊すために私が頭になる決意を示した」と述べた。進退問題に関し中山氏は同日夜、東京に戻った際に羽田空港で「自分の出処進退は自分で決める。今晩、女房(中山恭子首相補佐官)と2人でゆっくり相談する」と記者団に述べていた。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080927-00000557-san-pol

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆長井さん射殺 一周忌に70人参列 東京・新宿(27日)

Logo_mainichi1_5 ミャンマーで反政府デモを取材中に射殺された映像ジャーナリストの長井健司さん(当時50歳)の一周忌にあたる27日、「長井健司さんを偲(しの)ぶ会」が東京都新宿区の真成院で営まれた。記者仲間や高校の同級生ら約70人が参列し故人の冥福を祈った。

【写真付き記事】ミャンマーで長井健司さん死亡(2007年9月28日朝刊)

 「ミャンマー軍による長井さん殺害に抗議する会」(木下黄太代表)が主催。会場には長井さんが撃たれた瞬間の写真が飾られ、長井さんが作詞・作曲した「もう会えない」などの歌が流された。木下代表は「最期まで最前線で取材を続けた長井さんは日本のジャーナリストの誇り。今後も長井さんの遺志を伝えていきたい」とあいさつ。会場からはすすり泣く声が漏れた。同会は昨年10月に発足。長井さん殺害に対する抗議活動や長井さんが取材で使用していたビデオカメラとテープの返還をミャンマー政府に訴える署名活動を展開している。これまでに約12万人分の署名が集まったが同政府は返却を拒んでいる。【神澤龍二】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080927-00000013-maip-soci

| コメント (0) | トラックバック (0)

★コラム「春夏秋冬」⑥ストーカーとは(27日)

      犯罪のストーカー行為とは
Nisshou4_2  最近、良く誤解を招く言葉に「集団ストーカー」なる言葉がある。ネットで検索すると探偵業などでは「集団ストーカー調査」と銘打って、いかにも犯罪行為と断定。中には「警察に相談しても取り扱ってもらえない」などと宣伝活動に利用している文言もみられる。
 「ストーカー」の意味は幅広く「ウィキペディア」によると『ストーカー(英stalker)は、特定の他者に対して執拗につきまとう行為を行なう人間を指し、その行為はストーカー行為あるいはストーキングと呼ばれ、典型的には、特定の異性に対して好意または怨恨を抱いてつきまとい等の行為を繰り返す者のことである』と書かれている。さらに『ストーキングのタイプとしてはアイドルや俳優、女優など有名人を狙うストーキング。元妻・元夫、恋人へのストーキング行為。その他に、恋愛感情がらみではなく、単純に金銭目的で誘拐を企て、対象者をストーキングする例もある。さらに、同性愛者によるストーキング行為。ある特定の団体や集団が個人を標的にして行なう嫌がらせやストーキング行為など様々だ』と紹介している。
 では、こうしたストーキング行為に警察はどこまで関与できるのか。我が国で「ストーカー行為等の規制に関する法律」により犯罪とされている。この法律は、単なる恋愛感情の拗れに利用されることのないよう極めて厳格になっている。基本的な条件としては「恋愛感情が伴う」ことを絶対的条件とし、つきまとい行為としても「待ち伏せ」「見張り」「面会の強要」「電話やファックスの嫌がらせ行為の反復」「汚物などの送り付け」「誹謗中傷の文書の配布」など幾つかの項目に合致しなければ規制することはできない。ウィキペディアでいうなら『特定の異性に対して好意または怨恨を抱いてつきまとい等の行為を繰り返す者』であり、アイドルや女優、俳優、元妻、元夫、恋人へのストーキング行為は違法行為となる。

 したがって、「集団ストーカー行為」なる文言は存在するが警察が取り締まることはできない。なぜなら法律がないからだ。この他にも、金銭目的や特定の団体が勧誘する目的によるストーキング行為なども「ストーカー行為」という犯罪にならない。調査会社が〝被害者〟をサポートするのは自由だが、「警察はなにもしないから」を宣伝文句に、顧客を勧誘するのは権限を逆利用した宣伝であり、現に慎むべきであろう。集団ストーカー行為なる犯罪は日本には存在しないのである。

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆どこから侵入?なぜ増え?福岡市の毒グモ騒動(27日)

47newslogo1 福岡市東区の公園や住宅で今月、特定外来生物の毒グモ「セアカゴケグモ」が700匹以上が見つかり、住民に不安が広がっている。どこから侵入し、なぜ増えたのかは謎のままだが、国境を越えて人とモノが行き交う国際港湾都市を目指す福岡市にとって、迷惑な外来種の侵入・繁殖を防ぐ対策は急務だ。今回の“クモ騒動”を追った。 (地域報道センター・井崎圭) 海外からの巨大なコンテナが無数に積まれる人工島(福岡市東区)の一角で、男性3人が地面にはいつくばり、体長約1センチのセアカゴケグモを追い続ける。発見すると家庭用殺虫剤を噴射、卵は足で踏みつぶす。いずれも昨年11月、九州で初めてセアカゴケグモが見つかったコンテナターミナル管理会社の社員。仕事の合間に、駆除作業を続けている。クモの侵入経路としては、繁殖が続く関西圏からトラックに紛れ込んだ「国内移動説」がある。しかし、福岡市でクモが見つかったのは同ターミナルの半径3キロ圏内に集中。同市は海外貨物で運ばれた「海外侵入説」が有力とみている。

   □  □

 セアカゴケグモは、かまれると発汗や吐き気を催すが、重症の報告はない。オーストラリア原産のクモがなぜ、福岡市で繁殖したのだろうか。日本蜘蛛(くも)学会によると、クモ類は側溝やベンチ裏など日当たりのよい場所の日陰で生息し、1匹のメスは年間900―1500個の卵を産むという。繁殖が拡大すれば駆除は困難だ。九州大学大学院農学研究院の高木正見教授(昆虫生態学)は、亜熱帯地区に分布するセアカゴケグモが日本国内で繁殖した背景に、「地球温暖化」の影響があると推測。「冬場の気温が上がった影響で、簡単に越冬できるようになったのでは」と分析する。

   □  □

 福岡市は、数百万円を投じて駆除・消毒作業を実施中。重症患者が出た場合に備え、国内外からクモ毒の血清入手の検討を始めた。同時に、外来生物の侵入、繁殖を食い止める施策を急ぐ。昨年の博多港の国際コンテナ取扱量は約75万TEU(1TEUは約40立方メートル)で、コンサートなどのイベントが開かれるマリンメッセ福岡(同市博多区)の約50個分に相当。「水際でセアカゴケグモを含め小さな外来生物の侵入を防ぐのは難しい」(同市幹部)のが実情だ。外来生物の繁殖に詳しい「いきもの研究社」(大阪市)の吉田政弘代表は「自治体が外来生物の繁殖状況を調査し、その上で住民と一緒になって駆除する方法しかないのでは」と提言。福岡市生活衛生課は住民に協力を求め、まずはセアカゴケグモの発見や駆除方法を指導する市民向けの講座を計画している。=2008/09/27 西日本新聞=http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/50175?c=210

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆毒ヘビ輸入は野放し状態、(27日)

東京都渋谷区のマンションで毒ヘビ51匹を飼育していた港湾作業員の男(41)に、毒ヘビなどを販売した調布市小島町のペットショップ「黒い森」経営、阪東直樹容疑者(37)(動物愛護法違反容疑などで逮捕)が、「毒ヘビは正規の通関手続きを取ってエジプトやケニア、米国から輸入した」と供述していることがわかった。毒ヘビの多くの種は、輸入や譲渡が法的に規制されておらず、警視庁幹部は「このままでは闇取引が横行し続ける」と話している。 同庁幹部によると、阪東容疑者は2004年に黒い森を開店。毒ヘビをはじめ毒グモやサソリなど、マニア向けの動物を専門に扱い、これまでに約1億円を売り上げたという。毒ヘビはインターネットを通じて海外のブローカーに発注し、航空便や船便などで輸入していたという。コブラなどの毒ヘビは、動物愛護法で特定動物に指定されている。環境省によると、飼育や保管には抗毒血清を用意するなどして都道府県知事の許可を受ける必要があり、事実上、家庭では飼育できない。このためマニアらは闇取引で入手しているが、同法には輸入や譲渡自体を規制する条文はなく、阪東容疑者も毒ヘビを店内で無許可で飼育していた容疑で逮捕された。絶滅危惧種を保護する種の保存法や、外来生物から生態系を守る外来生物法は、種によって輸入や譲渡を禁じたり、規制したりしているものの、約700種ある毒ヘビのうち、該当するのはタイワンハブなど7種だけ。このため、国内で毒ヘビがどの程度飼育されているのかも把握できないのが実情だ。東京税関によると、動物の輸入を許可する税関でも、種の保存法などに抵触しない毒ヘビを水際で押収するのは不可能。環境省の担当者は「事件後、毒ヘビの輸入などを規制できないのかという問い合わせが多く寄せられている」と漏らしている。阪東容疑者は、港湾作業員宅で見つかった51匹を含め、100匹以上の毒ヘビを、店内で売ったり、宅配便を使ったりして全国のマニアに販売したと供述しており、同庁では販売先の特定を急いでいる。

(2008年9月27日14時35分  読売新聞)

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆立山 初冠雪  (27日)

立山 初冠雪 秋本番の朝

初冠雪を記録した立山連峰=富山県立山町で2008年9月27日午前9時44分、本社機から小松雄介撮影
Logo_mainichi1_4 http://dailynews.yahoo.co.jp/photograph/pickup/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆毎日英文サイト、記事を無断利用 (27日)

Banner_logo_051_4 毎日新聞社は27日付朝刊で、英文サイト「毎日デイリーニューズ」のコラム「WaiWai」(6月閉鎖)が、新聞社、出版社計32社の記事を無断で利用、翻訳していたことを明らかにし「著作権に対する認識の不徹底を反省し、読者の皆さんにおわびする」との謝罪記事を掲載した。同社によると、コラムの一部は転載料を受け取って他社の出版物への転載を認めていたため、料金の返還手続きを進めているという。ウェブサイト以前の英字紙時代(平成元年10月~13年3月)にも著作権者の了解を得ない利用、翻訳があったとしている。 コラムは新聞、雑誌記事を引用しながら性的な話題なども掲載し、低俗すぎるとの批判を受けて6月に閉鎖。毎日新聞社は7月、「記事がほとんどチェックなしで掲載された」とする検証記事を掲載した。

続きを読む "☆毎日英文サイト、記事を無断利用 (27日)"

| コメント (0) | トラックバック (2)

☆「人形殺人」メンツ潰した静岡県警  (27日)

Banner_logo_051_3 人形を山林に捨てたとして廃棄物処理法違反(不法投棄)の疑いで、静岡県伊豆市の無職男(60)が書類送検された。単なるごみの不法投棄のはずが、静岡県警が、発見された“人間大”の人形を、人と間違えて「大捜査網」を敷いてしまったことから、一躍全国ニュースになってしまった。だが、男が人形を捨てたワケが明らかになるにつれ、もの悲しくも切ない事情が浮かび上がってきた。
 
 ■「女性の遺体発見!」…緊迫の県警本部
 
 静岡県伊豆市冷川。風光明媚な伊豆半島の山間に位置するこの付近は別荘地として知られる。市街地から約15キロ離れていることもあり、人通りは少ない。 9月1日午前7時ごろ、犬の散歩をしていた別荘地に住む女性(59)は斜面に人形のようなものがあるのに気づいた。ひざを曲げ、斜めに倒れているような状態。腐敗臭などもなく、人間の数千倍の嗅覚を持つとされる犬もまったくの無反応だった。女性は「何となく気分が悪くなった」ものの、そのまま帰宅し、人形のようなものを発見したことを、夫(59)に告げた。夫は1人で様子を見に行き、「人形」を棒でつつくとマネキンとは違った弾力を感じた。「これは遺体ではないか…」 午前10時20分ごろ、急いで帰宅した夫は110番通報した。「ビニールに包まれた遺体らしきものをみつけた」 県警通信指令室から連絡を受けた大仁署は刑事課員ら15人が現場に急行した。
 
 ■捜査1課長も出動、本格捜査を始めたが…

 「遺体」は道路脇の斜面下約5メートルの山林に緑色の寝袋に包まれた状態で放置されていた。頭髪部分と足先だけが露出。洋服を着ていたが首、胴体、足首の3カ所はひもで縛られ、足の裏には土が付着していた。殺人・死体遺棄事件が疑われる状況だった。現場を見た捜査員は見た目や感触などからすぐに「遺体」と判断。道路には立ち入りを禁止する規制線が張り巡らされた。ほどなく県警本部からは殺人や強盗など凶悪犯罪を専門的に扱う捜査1課の捜査員が到着。聞き込みを始めるとともに、鑑識課も指紋採取や遺留品の捜索に着手するなど、ものものしい雰囲気に包まれた。 事件発覚後すぐに犯人が判明するような殺人事件では、所轄の警察署だけで事件捜査にあたることが多いが、今回は本部の捜査1課員はもとより、捜査1課長や刑事部長といった県警幹部も現地入り。重要凶悪事件とみて県警が態勢を整えた様子がうかがえる。午後1時25分には「遺体発見について」と題して報道発表。大仁署では記者会見の準備も着々と進められた。「遺体」は捜査員の手で慎重に大仁署に運ばれた。 通常、変死体が発見されると司法解剖する前に、外見上から死因や死後の経過を推定する検視を実施する。今回も大仁署の検案室で検視を行った。

 ところが検視官が寝袋を開いてみると… これまで「遺体」として扱っていたものが実は「人形」だったと判明する。「頭髪と足先しか出ていないのと、作りが精巧だったため間違えた」
 県警幹部はこう釈明するが、そこまで精巧な人形とは… 

続きを読む "☆「人形殺人」メンツ潰した静岡県警  (27日)"

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆仰天!イチロー暴行計画(27日)

116690_c1601 Banner_logo_051_2 【シアトル(米ワシントン州)25日(日本時間26日)】衝撃の“イチロー襲撃計画報道”だ!! マリナーズイチロー外野手(34)はエンゼルス戦に「1番・DH」で出場し、張本勲氏のプロ野球通算最多安打まで、あと6本に迫る2安打を放った。残り3試合、孤軍奮闘を続ける中、同日付のシアトル・タイムズ紙が、チームメートから総スカンを食らい“制裁案”が練られていたことを報道した。仰天の“内部告発記事”だ。地元のシアトル・タイムズ紙が5日連続で「マリナーズ再建」と題した特集を開始。25日付は第2弾として、イチローへの“暴行未遂事件”を掲載した。記事はクラブハウス内の情報提供者の証言を元に作成。チームメートの一部がイチローの記録中心などのプレースタイルを「自分勝手」と“断罪”し、実際にイチローに対して暴行を加えようという動きにまで発展した。ある選手の1人は「knock
 him out(ぶっ飛ばしてやる)」と息巻いたほど。前代未聞の“襲撃計画”を知った当時の監督、ジョン・マクラーレン氏(57)がミーティングを招集して、不穏な空気を封印。“未遂”に終わらせたという。昨年も同様な騒動があり、「多くの選手がイチローのことを嫌っていることに驚いた」と関係者のコメントも載せている。

続きを読む "☆仰天!イチロー暴行計画(27日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

★警視庁管内 体感治安度 レベル2

首都東京の体感治安(30日現在)
      (単位・レベル)

          解説

2過去1週間のニュースを振り返ってみると、イ

ンターネットヤフーニュースのトピックス欄では

30日朝現在、千葉県で発生した5歳女児死体

遺棄事件が10件と減少傾向にあるのに対して

:麻生内閣問題が15件でトップに浮上。新たに

衆院選関連ニュースが加わり、政局の動きが

Bye1の中の関心事となってきた。一方、東京都内

では26日から28 日未明にかけて秋

葉原駅周辺で、計8カ所のゴミ集積場が放火される連続放火事件が発生。住民の方の話しでは、うち1件は民家の壁の近くで炎が立ち上がるなど危険な状況だったという。さらに板橋区内では28日から29日未明にかけてごみ集積場5カ所で家庭ごみの袋が燃える連続放火事件があり、岡山県警管内では、ストーカー殺人事件が発生している。なんとなく治安に影響を感じざるをえない。よって「レベル2(あお) にした。

※ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください。クリックすると挨拶します。宜しく

続きを読む "★警視庁管内 体感治安度 レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ロス疑惑三浦容疑者厳しい情勢に(27日)

産経新聞殺人罪での逮捕は無効、共謀罪での逮捕は有効と、三浦和義容疑者の逮捕無効申し立てに対するロス郡地裁の判断は、検察、弁護双方の主張に一定の理解を示した形となった。今回、「一事不再理」など論点をめぐる法律論争に一定の判断が下されたことは、逮捕から半年以上が過ぎながら、いまだに「入り口」での議論が続いている審理の進行を後押しする可能性がある。 「死刑の可能性がある殺人罪での訴追が消えたことは、三浦容疑者の得点。しかし、共謀罪も終身刑ときわめて重い刑が科される可能性があることには変わりなく、全体としては検察側有利の判断」と、審理を傍聴したロスの司法関係者は指摘する。一方で、三浦容疑者の弁護を担当するゲラゴス弁護士は「訴追の半分は取り消された。後の半分も、本裁判にいく前に終わりに持ち込む」と、新たな戦略を練る。現在、三浦容疑者のサイパンでの弁護団はあらゆる手段を行使して移送阻止を図っている状態だが、今後、ゲラゴス氏の判断次第で、早期にロスに戦いの場を移すことも考えられる。 移送が行われたとしても、弁護側は共謀罪をめぐる一事不再理の是非を再び持ち出し、起訴手続きにあたる予備審問の前に全力を挙げて釈放を求めていくことを示唆している。本裁判までには長い時間がかかるのは必至だ。(ロサンゼルス 松尾理也)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080927-00000520-san-int

続きを読む "☆ロス疑惑三浦容疑者厳しい情勢に(27日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆振り込め詐欺<宅配ピザチェーンチラシ配布 27日

Logo_mainichi1_3 飲食サービス会社「フォーシーズ」(東京都港区)は傘下の宅配ピザチェーン「ピザーラ」の全店舗で、振り込め詐欺への注意を喚起するチラシの配布を決めた。過去最悪のペースで増え続ける振り込め詐欺対策に頭を悩ませる警視庁から相談を受け、無償で協力を申し出た。早ければ11月に約50万部の配布を予定している。フォーシーズ宣伝企画部によると、ピザ宅配時に配布する「お勧め品」などを掲載したチラシ(B4判)のうちB5判大を無償提供する。今後デザインや文面などを決定する。 ピザーラは全国34都道府県で539店舗を展開。1カ月当たりの宅配件数は約120万軒に上る。宣伝企画部は「顧客の年齢層も幅広く、宅配時のチラシは確実に手渡しができる。社会貢献を通じて予防のきっかけになれば」と話している。【酒井祥宏】http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080927-00000026-mai-soci

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆三浦元社長の逮捕状 有効は共謀罪(27日)

K10043751911_011

News_pic1_2

いわゆるロス疑惑の銃撃事件で日本で無罪が確定したあと、サイパンで逮捕された三浦和義元社長に対し、ロサンゼルス市警察が請求した逮捕状について、94186_c1601ロサンゼルスの裁判所は一部を有効とする判断を示しました。これは、妻を殺害したなどの疑いでロサンゼルス市警察が請求した三浦和義容疑者(61)に対する逮捕状について、弁護側が無効を申し立てていたものです。これまでの審理では、同じ事件で2度裁くことを禁じた「一事不再理」の原則が、日本での裁判が終わっている三浦元社長のケースにも適用できるかどうかが争点となっていました。裁判所は、逮捕状の容疑のうち、三浦元社長が妻の殺害を何者かと共謀したとする容疑について、「日本の裁判の中で議論はされているが、日本には共謀罪は存在せず、裁かれたことにはならない」と述べて、有効と判断しました。共謀罪は、カリフォルニア州の刑法では、2人以上の人が犯罪を行うことで合意し、実行に向けて何らかの行為が行われた場合に成立すると定められており、犯行が実際に行われなくても罪に問われ、最高刑は終身刑です。裁判所は、妻を殺害したとする容疑については「すでに日本で裁かれている」として無効と判断しましたが、三浦元社長にとっては厳しい判断となりました。これを受けて、検察側は三浦元社長をロサンゼルスに移送する手続きを進める方針で、逮捕以来、7か月にわたってサイパンにこう留されてきた三浦元社長は、ロサンゼルスに移送される可能性が高くなりました。

続きを読む "☆三浦元社長の逮捕状 有効は共謀罪(27日)"

| コメント (0) | トラックバック (1)

★泣き叫ぶような声 住民が聞く NHKニュース(27日)

K10043746511_011

News_pic1 千葉県東金市で5歳の女の子が死亡しているのが見つかった事件で、遺体が見つかった時間帯に女の子の泣き叫ぶような声を現場近くの住民が聞いていたことがわかり、警察は事件との関連を調べています。この事件の被害者の成田幸満ちゃん(5)は口などをふさがれて窒息死させられたとみられ、今月21日の午後0時半ごろ、東金市の道路脇に置き去りにされているのが見つかりました。警察は、幸満ちゃんが現場からおよそ300メートル離れた母親の実家の病院にいたあと、まもなくして殺害された疑いがあるとみています。その後の調べで、遺体が見つかった時間帯に女の子の泣き叫ぶような声を、現場から100メートルほど離れた所にあるマンションの住民が聞いていたことが新たにわかりました。叫び声は現場の方向から聞こえ、一瞬でやんだということです。また、地元の女子中学生が、正午ごろに病院近くの路上を1人で走っている女の子を目撃していました。当時、現場付近は雨が降っていたということですが、女の子は傘を差さずに現場の方向に走っていったということです。警察は、これらの情報と事件との関連を調べるとともに、幸満ちゃんが病院の外で襲われたあと遺体が置き去りにされた疑いがあるとみて、現場周辺を中心に不審な人物が目撃されていないか聞き込み捜査を進めています。http://www3.nhk.or.jp/news/t10014374651000.html

続きを読む "★泣き叫ぶような声 住民が聞く NHKニュース(27日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆偽の旧一万円札98枚を使用 東京(27日)

Msn_s1_2 産経ニュース

警視庁捜査2課は26日、偽造通貨行使の疑いで、住所不定、無職、清水篤容疑者(48)を逮捕した。調べでは、同罪で起訴された小川俊一被告(71)と共謀し、昨年12月21日正午ごろ、豊島区のみずほ銀行池袋支店で、旧1万円札98枚を小川被告の銀行口座に入金しようとした疑い。タイから帰国中の機内で逮捕。偽札の入手先について、小川被告はこれまでに「タイでもらった、と清水容疑者が言っていた」などと供述している。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080927/crm0809270315001-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆千葉女児殺害 目撃場所近くで連れ去りか(27日)

Msn_s1 産経ニュース

千葉県東金市の成田幸満(ゆきまろ)ちゃん(5)死体遺棄事件で、幸満ちゃんは、遺体で発見される約30分前に走っているのが目撃された路上付近で、何者かに連れ去られた可能性があることが27日、千葉県警東金署捜査本部の調べで分かった。これ以降の幸満ちゃんの目撃情報はなく、捜査本部は、付近で叫び声や悲鳴を聞いた住民がいないか聞き込み捜査し、連れ去り現場の特定を急いでいる。調べでは、幸満ちゃんは21日正午ごろ、遺留品の発見現場近くの丁字路で、知り合いの10代の女性に「ゆきちゃん」と呼びかけられ、振り向いたが立ち止まらず、走り去った。幸満ちゃんは直後の午後0時26分、約100メートル離れた公園そばの路上で遺体で発見。午後0時10分ごろまでは、遺体らしきものはなかったことが確認されており、この約15分の間に遺棄されたとみられる。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080927/crm0809270818002-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆麻生支持率、各紙はバラバラ (J-CAST)(27日)

Jcast1 新聞各紙が出した麻生内閣支持率は44~53%と、最大で10ポイント近くの違いが出ている。さらに、次の総選挙で自民・民主どちらが有利かでも見方が分かれる混乱ぶりなのだ。「麻生人気」は、どこまで本当なのか。

支持率、10ポイント近いずれ

   科学的な世論調査のはずなのに、これほど調査結果やその見方が違うものなのか。

   毎日新聞は、2008年9月24、25日の世論調査結果を発表。次期衆院選で勝ってほしい政党として、自民が41%と民主の37%より上回ったと報じた。この結果は、ここ1年で初めてのことだという。そのうえで、「こうした数字を与党は好感しており、早期衆院解散・総選挙に向けた流れが加速しそうだ」との見方を伝えた。  一方、産経新聞は、ほぼ逆の見方だ。フジテレビとの25日の合同世論調査で、衆院選比例代表で投票したい政党は、民主が39.3%と自民の36.0%を上回ったと報告。そして、次のように書いたのだ。「自民党が見込んだ『総裁選効果』や『ご祝儀相場』はみられず、新内閣発足の勢いで衆院解散・総選挙に臨むという自民党のシナリオ通りにはならなかった」   これらの記事を素直に読めば、こんな結論が考えられる。麻生太郎新総理は、毎日の見方に立てばすぐに解散を、産経の見方なら解散を先延ばしした方が賢明だと。新聞を見比べた読者は、頭が混乱しそうだ。  支持率調査でも、各紙の結果は最大10ポイント近くずれている。  産経が44.6%と、主な新聞では最も低い。続いて、毎日45%、朝日48%、共同通信48.6%、読売49.5%、そして、最も高い日経が53%だ。   福田康夫前首相が改造内閣を発足させたときも、各紙調査結果がバラバラになった。これは、J-CASTニュースが8月4日に報じているが、マスコミの世論調査は当てにならないものなのか。

「解散風を変えるのは難しい」

   インターネット新聞「JANJAN」代表で市長経験のある竹内謙さんは、調査結果の違いについてこうみる。「質問内容や聞き方、調査のタイミングによって、世論調査結果の数字が違ってきます。例えば、福田改造内閣について、東大の菅原琢准教授は、質問に『内閣改造』という言葉を入れただけでイメージアップするということを指摘しています」   ただ、各紙の支持率調査について、明確に分かる傾向も指摘する。それは、麻生内閣は、各紙とも小泉内閣以降で発足直後最も低い支持率になっていることだ。  比較的低い支持率になった理由について、各紙では、「お友だち内閣」とも言われた組閣・党役員人事の問題や国民の感覚に近くないことなどが挙げられている。  「麻生人気」で解散のシナリオは、今後どうなるのか。竹内さんは、こう言う。「解散風を変えるのは難しいと思います。すでにポスターを発注するなど、候補者はもうその気になって準備していますから。首相に解散権はありますが、いったん強い風が吹くと変えていくのは難しいでしょう。また、マイナスになりかねない要素も多く、自民党内などにも来年まで延ばすより早い方が有利との考えがあるようですね」   麻生首相自身は9月25日、世論調査結果について、「仕事をした上での評価ではない」として支持率にあまり興味がないことを明らかにした。また、与謝野馨経済財政担当相は26日、スタートとしては「いい数字だと思う」と答えている。   「麻生人気」が本物かどうかは、選挙の結果いかんということにもなりそうだ。

[ 2008年9月26日20時57分 ]

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆高齢者1万人でアドバイザー警視庁 (27日)

Top_header_logo1_2 急増する振り込め詐欺被害の撲滅を目指し、警視庁は高齢者約1万人を対象に、「振り込め詐欺被害防止アドバイザー」として委嘱すると決めた。来月8日に全署で一斉に委嘱式をする。同庁としては初の試みという。 同庁振り込め詐欺緊急対策本部(本部長・植松信一副総監)によると、委嘱されるのは各署の防犯協会、交通安全協会の会員や警察官OBなどの防犯意識の高い高齢者約1万人。全員がボランティアで、1署当たり約100人を選ぶ。 アドバイザーには、地域の会合や普段の付き合いの中で、自然な形で振り込め詐欺被害の話をしてもらい、仲間同士の「口コミ」で高齢者の防犯意識を高めることが狙いだ。 

時事通信社

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆振り込め詐欺:愛知で6件(27日)

Logo_mainichi1_2 娘を装った女による「おれおれ詐欺」が7月以降、愛知県内で6件発生し、被害額が1900万円に上ることが県警の調べで分かった。女のおれおれ詐欺は珍しいといい、県警は「おれおれ詐欺をするのは男だと思い込まないで」と注意を呼びかけている。名古屋市内の70代の主婦宅に女の声で電話があったのは7月下旬。女は「金縛りに遭うので風水占いで見てもらったら、250万円のつぼを買わされたの」と伝えた。主婦は30代の娘と思い込み、指定された銀行の口座に全額を振り込んだ。女が「携帯電話をなくした」と言ったため、その後、娘の本来の携帯電話に電話はしなかったという。女は8月上旬にも主婦に「実は水晶とネックレスも買わされた」と電話、300万円を別口座に振り込ませた。この時は銀行側が、多数の不自然な振り込みに気付き、振り込みは取り消された。同一とみられる女は7月下旬から8月末までに、同様の手口で女性計6人から金をだまし取っていた。【桜井平】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080927k0000m040160000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆メラミン問題、中国輸入品に検査命令(27日)

メラミン検出を受け、厚生労働省は26日、中国から輸入される牛乳や乳製品、これらを原材料とする加工食品について、食品衛生法に基づく検査命令を出した。輸入業者は国登録検査機関の検査を受け、メラミンが含まれていないことを確認しなければ、輸入できなくなる。一方、厚労省は、中国本土以外の12か国・地域から輸入される牛乳・乳製品やこれらを原料とする加工食品についても、メラミンの検査を始めた。25日に全国の検疫所に指示した。対象は、中国から乳製品などが入った可能性のある韓国、台湾、香港、タイ、シンガポール、インドネシア、マレーシア、フィリピン、ベトナム、ミャンマー、インド、バングラデシュ。検疫所でサンプルを抜き取る抽出検査を実施し、メラミンが検出されれば、業者に回収・廃棄を命じる。

2008年9月27日  読売新聞)

丸大食品の自主回収対象4商品からメラミン検出

 大手食品会社「丸大食品」(大阪府高槻市)が有害物質メラミン混入の可能性がある商品を自主回収している問題で、同社と大阪府、高槻市は26日、回収対象の6商品のうち、4商品から37~0・8ppmのメラミンを検出した、と発表した。中国での問題発覚後、国内で流通していた食品からメラミンが検出されたのは初めて。府などは「直ちに健康に悪影響があるレベルではない」としているが、丸大食品は、回収対象商品すべての製造を中止した。高槻市は食品衛生法に基づく回収命令を出す方針。発表によると、4商品は、市販用の「グラタンクレープコーン」「クリームパンダ」「抹茶あずきミルクまん」と、業務用「クリームパンダ」。検出値は、市販用クリームパンダが最も高く37ppm(高槻市検査分)、次いで、業務用クリームパンダ36・6ppm(大阪府検査分)、グラタンクレープコーン14ppm(丸大食品検査分)など。他の回収対象である市販用の「角煮パオ」と「もっちり肉まん」からは検出されなかった。原料として中国の現地工場で使用された、中国の大手乳製品メーカー「伊利」の牛乳についても検査したところ、6月12日と8月1日製造分から12~10ppmが検出された。 丸大食品は、グラタンクレープコーンの検出濃度から、原料の牛乳には41・2ppmが含まれていたと推定。同社は「これまでに中国で発表された最高濃度の8・6ppmを超えるもので、原料の牛乳は極めて高濃度だった」としている。昨年4月以降、伊利の牛乳を原料に製造された6商品は計約35万袋出荷されたが、自主回収できたのは約8500袋分にとどまり、残りは大半が消費されたとみられる。

続きを読む "☆メラミン問題、中国輸入品に検査命令(27日)"

| コメント (0) | トラックバック (2)

☆幸満ちゃんに最後のお別れ-千葉(27日)

「かわいそうで」=幸満ちゃん葬儀

Top_header_logo1 千葉県東金市の保育園児成田幸満ちゃん(5)の遺体が見つかった事件で、幸満ちゃんの葬儀が26日午前、同市内の斎場で営まれた。式には57人が参列し、最後の別れを告げた。
 参列者によると、祭壇はカーネーションやヒマワリなどたくさんの花で大きなハート形にかたどられていた。幸満ちゃんの祖父が一緒にお風呂に入った時の思い出などを話し、「たくさんの人に見守られて」とあいさつ。母親の多恵子さん(37)も気丈に振る舞っていたという。
 午後0時20分ごろ、位牌(いはい)を持った祖父と遺影を手にした多恵子さんが斎場から姿を見せ、親族らが小さなひつぎを霊きゅう車に運んだ。多恵子さんは憔悴(しょうすい)した様子だった。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080926-00000066-jij-soci

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆毎日新聞が談話捏造と告訴状 (27日)

Banner_logo_051  小泉純一郎元首相の引退表明に関する毎日新聞の記事をめぐり、元首相秘書官の飯島勲氏が26日、「毎日新聞に発言していない談話を掲載された」として、毎日新聞社や担当記者に対する名誉棄損容疑などの告訴状を警視庁麹町署に提出した。同社は「引退表明数日前の談話を誤って引用した」として、記事中の談話の取り消しを発表した。 問題になったのは、26日付朝刊5面に掲載された元首相が引退を表明した背景の解説記事。この中で引退表明の報を聞いた飯島氏が「小泉氏は(サプライズを生む)魔法のつえをなくしてしまった。次期衆院選で小泉氏が応援しても小泉チルドレンは負けるだろう」と周辺に語ったとした。飯島氏は「毎日新聞から(取材の)電話も受けていない。捏造(ねつぞう)だ」と発言を否定。これに対して同社は、「飯島氏は引退の報を聞いてこのようなコメントはしていない」と発言の経緯が事実と異なることを認めた。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/181912

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆警察ニュース 日刊警察新聞社提供 (27日)

Topbanner01logo1 「第2回警察庁新型インフルエンザ対策委員会」開く

~発生前後に実施する各種施策を定めた行動計画まとめる~

警察庁は「第2回警察庁新型インフルエンザ対策委員会」(委員長・安藤隆春次長)を開き、新型インフルエンザの発生前後に同庁、各都道府県警察が実施する各種施策を定めた「警察庁新型インフルエンザ対策行動計画」をまとめた。国内発生時の対策として、感染予防資機材の整備はじめ、防疫措置、水際対策、医療活動の各支援、多数死体取扱いにあたっての措置などが盛り込まれている。http://www.police-ch.jp/news/

宮城県警察は「振り込め詐欺撲滅」対策会議

~「振り込め詐欺の封じ込め」に関する具体的な方針について指示~

宮城県警察は「振り込め詐欺撲滅」対策会議 宮城県警察は「振り込め詐欺撲滅」対策会議を開いた(写真)。「警察庁振り込め詐欺対策室」第2回会議を受け、県警振り込め詐欺対策本部司令塔・事務総括の加藤清生活安全部参事官兼生活安全企画課長が県下24署の振り込め詐欺担当者を緊急招致し、「振り込め詐欺撲滅アクションプラン」に示された諸対策の徹底と10月1日からの強化推進期間における「振り込め詐欺の封じ込め」に関する具体的な方針について指示した。

静岡県知事が「振り込め詐欺撲滅宣言」

~「警察と共に被害根絶に向けて全力で取り組む」~

静岡県知事が「振り込め詐欺撲滅宣言」 静岡県の石川嘉延知事が定例記者会見で「警察と共に被害根絶に向けて全力で取り組む」などとする「振り込め詐欺撲滅宣言」を行った。人の情や弱みにつけ込む悪質な犯罪撲滅に取り組む県の強い意思を県民に伝えるとともに、改めて県民に振り込め詐欺に対する注意を喚起することが目的。また、JR静岡駅コンコースで、県民に対する啓発活動の一環として、警察と県の協働による街頭キャンペーンを実施した(写真)。

岐阜県警で法医等3師会と多数死体の検視等訓練

岐阜県警で法医等3師会と多数死体の検視等訓練 岐阜県警察は、大規模地震が発生し身元の分からない多数の死者が出たという想定で、岐阜県法医等3師会(医師会・歯科医師会・薬剤師会)、大垣市と相互に連携し、遺体収容から検視、検案、歯牙検案、行方不明者届出受理、身元確認、火葬許可証交付までの一連の流れに沿った訓練を実施した(写真)。県警の検視部隊・法医等3師会医師・大垣市職員など93人が参加した。
放射塔

中部国際空港で高齢者交通安全教室

中部国際空港で高齢者交通安全教室 ○…愛知県中部空港警察署は、秋の交通安全県民運動(21日から30日)を前に、中部国際空港旅客ターミナルイベントステージで寸劇を取り入れた高齢者向けの交通安全教室を開いた。
○…教室には、常滑警察署の協力を得て、常滑市内の老人クラブ員約30人が参加し、県警本部の交通安全教育チーム「あゆみ」が「尾張黄門の交通安全漫遊記」と題して寸劇を披露した(写真)。
○…あゆみのメンバー2人と会場から加わった助さん、格さん役が観客の笑いを誘いながら熱演。後部座席のシートベルト着用や75歳以上の高齢者標識の表示義務等、6月の改正道路交通法を解説した。空港利用者も足を止め、興味深げに様子を見守り、「分かりやすくておもしろい」といった感想も寄せられ、好評を博した。

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆ 世界遺産:推薦候補に佐渡など5件(27日)

Logo_mainichi1 文化庁は26日、世界文化遺産に国内から推薦する候補を記載する「暫定リスト」に「金と銀の島、佐渡」(新潟県)など5件を追加すると発表した。他に提案されていた27件は見送った。ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界遺産委員会が登録抑制傾向にあることなどを踏まえ、自治体からの公募は打ち切る。観光振興を狙った自治体などの「世界遺産ブーム」も区切りを迎えそうだ。自然遺産を含めリスト記載は計14件となる。追加5件のうち、百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群(大阪府)は、構成資産の陵墓を宮内庁が管理し、文化財指定されていない。文化庁は国指定文化財であることを推薦の条件にしてきたため同等とみなすことに問題がないかどうかなどを確認後、記載する。他4件は年内にも記載、同委員会に提出する。ただ文化庁は5件について「記載済みの候補と比べ、国際的評価を得るまでの道のりは相当遠い」と厳しく評価。佐渡は「鉱山遺跡を中心に、世界遺産の石見銀山(島根県)と統合した形での登録を目指すべきだ」とし、北海道・北東北の縄文遺跡群(北海道、青森県、岩手県、秋田県)は「4道県以外の遺産と組み合わせるのが推薦の条件」とした。記載を見送った27件のうち、阿蘇(熊本県)など5件は「カテゴリー1a」に分類。「価値の証明作業が相当程度進展した段階で改めて審議すべきだ」とした。「1b」の4組8件は他候補と統合して登録を目指すよう求めた。「カテゴリー2」の17件は「現状テーマのままでは記載できない」との位置付け。足利学校と足利氏の遺産(栃木県)など3件は、学校だけを抜き出して「1b」に入れた。国内候補は当初、文化庁が独自に選定していたが、06年度に公募方式が始まった。世界各国の暫定リストには計約1470件の候補が記載されている。【加藤隆寛】http://mainichi.jp/select/today/news/20080927k0000m040072000c.html

続きを読む "☆ 世界遺産:推薦候補に佐渡など5件(27日)"

| コメント (0) | トラックバック (2)

☆児童買春で美浜町議ら逮捕 和歌山 (27日)

Msn_s1  産経ニュース

15歳の女子中学生にみだらな行為をしたとして和歌山北署は26日、児童買春・ポルノ禁止法違反の容疑で、和歌山県美浜町吉原の同町議、岩崎将好容疑者(34)を逮捕した。容疑を否認しているという。調べでは、岩崎容疑者は2月25日夜、和歌山市内の中学3年の女子生徒=当時(15)=に現金約2万円を渡す約束をし、同市内のホテルでみだらな行為をした疑い。同署によると、岩崎容疑者は平成19年秋ごろ、同市内で女子生徒に声をかけて知り合い、電話で呼び出していたという。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080926/crm0809262301054-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月26日 | トップページ | 2008年9月28日 »