« 2008年9月24日 | トップページ | 2008年9月26日 »

2008年9月25日

2008年9月25日 (木)

☆チャリティー掲げビザ…実はフィリピンパブ NPO摘発 静岡県警 (25日)

Logo1_2 フィリピン人女性が災害の復興支援などの名目でチャリティーコンサートに出演するとして短期滞在ビザで入国し、実際はフィリピンパブに酷似した店で働くケースが相次いでいる。外務省や警察庁が警戒を強めるなか、静岡県警が25日、同種の店で働く女性たちのビザ発給で身元保証などをしていたNPO法人などの強制捜査に着手した。 海外から「人身売買の温床」との指摘を受けてフィリピンパブで働く女性への入国管理の厳格化が進むなか、警察当局は「抜け穴的な手法」とみて実態解明を進める方針だ。 県警が同日、風俗営業法違反(無許可営業)容疑の関係先として家宅捜索をしたのは、女性たちの身元保証をしている静岡市葵区本通1丁目の「未来チャリティー実行委員会静岡事務局」「NPO法人MIRAI」(同じ住所に存在)。24日には、拠点のひとつとみられる同県浜松市南区新橋町の飲食店「クラスメッツ」を同法違反容疑で家宅捜索し、経営者(47)らを逮捕。フィリピン人女性2人も入国管理法違反(資格外活動)容疑で逮捕した。 調べでは、経営者らは元々、同じ場所でフィリピンパブを経営していたが、いったん閉店して営業許可を返上。その後、チャリティーショーをするとして「クラスメッツ」を開店した。県警は、同店は本来は風営法の許可が必要であるのに許可を得ずに営業していた、としている。同店の客は1時間4千円などの料金を払って入店。06年に土砂災害で被害を受けたフィリピン・レイテ島への復興支援のチャリティーショーをするとして、短期滞在ビザで入国したフィリピン人女性らが、席について接客。女性たちは指名料などのチップも受け取り、合間にダンスなども披露していた。客に出す領収書の発行名義は「未来チャリティー」だった。 外務省によると、04年版の米国の人身取引報告書が、フィリピンパブの実態などを問題視して日本を人身売買の「要監視国」としたため、日本はフィリピン人女性に対する興行ビザの発給を厳格化した。フィリピン側の証明書類があれば基本的に発給していたのを改め、興行の実績などを審査するようにした。これにより、興行ビザで入国したフィリピン人は04年には約8万人いたが、07年には5700人程度まで急減した。 その一方で、警察や入管当局によると、07年春ごろから、チャリティーコンサートに出演するという名目でフィリピン人女性が短期滞在のビザ申請をするケースが増加した。「就労はしない」として興行ビザを取らずに入国するケースだ。静岡県警の捜索を受けた未来チャリティーは、この手法で女性を入国させ、フィリピン大使館主催のコンサートなどに出演する一方で、「クラスメッツ」の他にも同様の形態の店を東京都新宿区や愛知県豊橋市など4カ所に相次いで出店。店で働く女性の身元保証もしていた。 外務省は、興行ビザにかわる手段としてチャリティーコンサートが悪用されていると警戒を強め、今年5月には警視庁が東京都新宿区にある未来チャリティーの系列店を立ち入り調査していた。 http://www.asahi.com/national/update/0925/TKY200809250159.html?ref=any

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆畠山被告「死刑相当」に体震わす 青白い顔、目つむる (25日)

20080925_y3_akita1

47newslogo1_2

 「死刑を選択すべきは明らかである」。仙台高裁秋田支部で25日に開かれた秋田県藤里町連続児童殺害事件の控訴審初公判で、検察側はあらためて死刑を求めた。今年3月の秋田地裁判決で無期懲役を言い渡されてから約半年。殺人などの罪に問われた同町粕毛、無職畠山鈴香被告(35)は、検察側、弁護側双方が控訴趣意書を読み上げるのを、時折涙を流しながら体を震わせて聞いた。ベージュ色の長袖シャツに黒のズボン姿の畠山被告は、女性刑務官に体を支えられ、目をつむったまま入廷し、青白い表情でややふらつきながら、被告人席に座った。人定質問で裁判長に名前を聞かれた際は、消え入りそうな声で自分の名前や年齢を告げるのがやっとだった。検察側は、一審判決の量刑不当と事実誤認を主張し、「特に酌量すべき事情がない限り、死刑が相当だ」などと語気を強めた。畠山被告は目を閉じたまま体を小刻みに震わせ、時折、ひざの上にのせた緑色のタオルで涙をぬぐった。弁護側が引き続き趣意書を読み上げると、さらに落ち着きを無くし、隣に座る女性刑務官が畠山被告を落ち着かせようと、体をさする場面もあった。その様子を、米山豪憲君の両親は傍聴席で静かに見守っていた。父勝弘さん(42)は検察側の主張を聞く際は資料に視線を落とし、母真智子さん(41)は豪憲君の遺影を抱きしめたまま硬い表情で聞いていた。畠山被告は裁判が中断した際、米山夫妻の方を見ることなく、母親と無言で目を合わせ、退廷した。 http://www.kahoku.co.jp/news/2008/09/20080925t43047.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆出会い系で呼び出しスパナにスタンガン、強殺未遂容疑 (25日)

Logo1 鳥取県米子市内の女性(39)が初めて会った男に暴力を受けて山中に置き去りにされた事件で米子署は、女性を殺害して金を奪おうとしたとして同市大篠津町の会社員長谷川一宏容疑者(29)を強盗殺人未遂容疑で緊急逮捕したと24日、発表した。同容疑者は「借金があり、殺害して金を奪おうと思った。女性は死んだと思っていた」と同署の調べに対して話しているという。 同署の調べによると、長谷川容疑者は23日午前0時半ごろ、出会い系サイトを使って面識のない女性を米子市の中心市街地に呼び出し、自分の乗用車に乗せて同市上福原の日野川河川敷グラウンドに移動。車内でいきなり女性の頭をスパナで殴ってキャッシュカードや携帯電話などを奪い、車外に逃げた女性を「キャッシュカードの暗証番号を教えろ」と殴り、スタンガンを背中に押しつけたり、首を絞めたりして両手の指の骨計3本を折るなどのけがを負わせた疑い。意識を失った女性を、死んだと思い込んで車で伯耆町の山中まで運び、放置したという。女性は「走行中に気がついたが、さらなる暴行を避けるため死んだように装った」と話しているという。同容疑者が車で走り去った後、20~30分歩いて山を下り、同日午前4時50分ごろ、同町真野の米子自動車道にたどり着き、非常電話で県警高速隊に助けを求めた。 同署はメールの交信記録などから割り出した同容疑者が自宅にいたため、事情を聴いたところ犯行を認めたという。女性も同容疑者を確認し、同日午後8時すぎに同署員が緊急逮捕した。同容疑者は「聞き出した暗証番号を忘れたため、(キャッシュカードを)使わなかった」と話しているという。 http://www.asahi.com/national/update/0925/OSK200809250005.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆【事故米不正転売】宮崎元顧問が捜査本部の事情聴取で偽装転売への関与を否定 (25日)

Crm0809251401022n11 Msn_s1

産経ニュース

米粉加工販売会社「三笠フーズ」(大阪市北区)による事故米の不正転売事件で、冬木三男社長(73)が不正転売を“指南”されたとしていた宮崎一雄元非常勤顧問(76)が、大阪、福岡、熊本の3府県警の合同捜査本部の参考人聴取に対し、「不正転売の指示は絶対にしていないし、手法を教えたこともない」と不正転売への関与を全面的に否定したことが25日、分かった。当初から「宮崎元顧問から教唆された」と主張している冬木社長との言い分の食い違いが改めて明らかになった格好で、捜査本部は冬木社長に事情聴取に応じるよう求め、関係者の供述や資料から実態解明を進める。合同捜査本部は24日の一斉捜索と同時に、宮崎元顧問や取引先業者ら6人を参考人として事情聴取。冬木社長は体調不良を理由に断った。宮崎元顧問によると、福岡県警南署で事情聴取に応じ、三笠フーズが農薬に汚染された工業用の事故米を食用で転売した経緯について、「そんな指示とか絶対にない。教えた覚えもない」と説明した。

続きを読む "☆【事故米不正転売】宮崎元顧問が捜査本部の事情聴取で偽装転売への関与を否定 (25日)"

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆【千葉女児変死】幸満ちゃんの通夜、しめやかに (25日)

Crm0809252118039s11

Banner_logo_051_2

千葉県東金市の路上で遺体で見つかった保育園児、成田幸満(ゆきまろ)ちゃん(5)の通夜が25日夜、同市堀上の葬儀場で営まれ、参列者が幼くして命を奪われた幸満ちゃんを悼んだ。午後7時から営まれた通夜には遺族や親族のほか、近隣住民、幸満ちゃんが通っていた東金市立第一保育所の園児と保護者らが参列した。幸満ちゃんの友達とみられる園児の手を引いた母親らは沈痛な表情で足早に式場に入っていった。
 同保育所に子供を通わせているという30代の母親は「幸満ちゃんが安らかに眠れるよう祈りました。早く犯人が捕まってほしい」と話していた。
 式場入り口には幸満ちゃんの写真や使っていた黄色いリュックサックなどが置かれ、参列者は幸満ちゃんとの別れを惜しむように一つひとつに見入っていた。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/181507/

【千葉女児変死】「幸満の苦しみや悔しさや絶望感…、立ちすくむしか」 母親が心境吐露

千葉県東金市の保育園児、成田幸満(ゆきまろ)ちゃん(5)の死体遺棄事件で、母親の多恵子さん(37)が25日夜に営まれる通夜を前に県警を通じて書面でコメントを発表した。A4判用紙1枚に打ち込まれ、末尾に直筆で名前が記されていた。全文は次の通り(原文まま)。 ◇ この度の成田幸満の不幸は、あまりにも突然のことでした。残された私や家族にとりましては、どの様(な)言葉をもってしても言い表すことの出来ない思いがこみあげてきております。こんなに早く別れが来るとは思いもよらないことでした。5年という短い歳月でしたが、周囲の皆様に愛され元気一杯幸せに暮らせた多くの幸満の思い出が去来してきます。同時に、今となっては、母としてしてあげられなかったことばかりの思いがしてなりません。何故との思いがあります。怒りや悔しさがあります。しかし、犯人がどのような処罰を受けようとも、謝罪の言葉を言われようとも、幸満は戻っては参りません。その時の幸満の苦しみや悔しさや絶望感…、立ちすくむしかありません。今となっては、警察、報道関係の方々、周りの皆様方のお力を得て、一日も早くこの街を子供達が安全で安心して暮らせるようにすることが、唯一、幸満にしてあげられることと思います。最後になりましたが、皆様方からのお気遣いに心から感謝いたします。成田多恵子

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080925/crm0809251634029-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆小泉元首相 引退「間違いないですか」に無言でうなずく(25日)

電撃的な引退表明が明らかになった小泉純一郎元首相は25日夜、地元の神奈川県横須賀市内で報道陣の「引退は間違いないか」との問いかけに対し、無言で何度もうなずいて肯定した。同日午後7時25分、小泉元首相は横須賀市内で車に乗り込む際、報道陣に取り囲まれた。黒塗りの車の後部席に無言で乗り込んだ小泉元首相は、直後にパワーウインドウを開けた。すかさず報道陣から「引退は間違いないですか」との質問が飛ぶ。元首相は硬い表情のまま無言でうなずいた。記者が再度、「間違いないですか」と尋ねると、再び無言でうなずいた。言葉は聞かれなかったものの、詰めかけた記者たちに明確な意思表示をしてみせた。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/181460/

国内

小泉元首相が引退表明=衆院選に出馬せず、後継は次男

9月25日19時7分配信 時事通信


 自民党の小泉純一郎元首相(66)は25日、地元・神奈川県横須賀市で開いた支援者の会合で、次期衆院選には出馬せず、今期限りで引退すると表明した。後継者は次男の進次郎氏(27)とする意向も伝えた。また、国会議員は退くものの、政治活動は続ける考えを示した。
 小泉氏はこの後、「引退するのか」との記者団の質問に無言でうなずき、タクシーに乗り込んだ。引退の理由は明らかになっていないが、関係者は「首相もやって、このあともうやることはないと考えたのではないか」と語った。
 同氏は、神奈川県横須賀市生まれ。慶大経卒。1972年に衆院旧神奈川2区から初当選。大蔵政務次官、郵政相、厚相などを歴任し、2001年4月から06年9月まで首相を務めた。在職日数は1980日で、戦後歴代3位の長期政権だった。 

最終更新:9月25日21時6分

時事通信

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆NHK首都圏ニュース 取り調べ録画 全国に拡大へ(25日)

NHK首都圏放送センタートップ

全国の警察の捜査部門の幹部を集めた会議が24日、東京で開かれ、警察庁は、先月から一部の警察で始まった取り調べの録音・録画の試みを、来年度には全国に拡大する方針を示しました。東京・千代田区のホテルで開かれた会議には、全国の警察の捜査部門の幹部およそ270人が集まりました。会議の冒頭で警察庁の吉村博人長官は、裁判員制度を前に、一部の警察で行われている取り調べを録音・録画する試みについて訓示し、「試行を積み重ねて効果や課題を検証した上で、来年度には全国に拡大する予定だ」と述べました。取り調べの一部を録音・録画する取り組みは、来年5月から始まる裁判員制度で、国民から選ばれる裁判員に事件をわかりやすく立証するために行われ、先月から、警視庁や大阪府警察本部など全国の5つの警察で試行されています。また吉村長官は、過去最悪のペースで急増する振り込め詐欺の対策として、来月の強化月間に現金の引き出し役や、他人名義の銀行口座や携帯電話を提供する犯行グループを集中的に取り締まるよう指示しました。http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/07.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆5歳女児変死:正午すぎに目撃情報…「1人で走っていた」 (25日)

20080925k0000m040166000p_size51

Logo_mainichi1 千葉県東金市で、同市田間の看護師、成田多恵子さん(37)の次女幸満(ゆきまろ)ちゃん(5)が遺体で見つかった事件で、幸満ちゃんとみられる女児が21日正午すぎ、衣類などが見つかった駐車場そばの路地を1人で走っているのを近所の女子中学生(14)に目撃されていたことが分かった。遺体は午後0時25分ごろ、約100メートル南側の路上で見つかったが、それまでの生存情報がないことから県警東金署捜査本部は幸満ちゃんが路地付近で屋内や車に連れ込まれ、直後に殺害された可能性があるとみている。女子中学生によると、女児は多恵子さんが勤務する東金中央クリニックと隣接する鴇嶺(ときがね)小学校北西の「公民館前通り」を南西方向に進み、コンビニの手前で左折して路地を駐車場方向に走った後、姿が見えなくなったという。女子中学生は携帯メールを使いながら公民館前通りの反対側を女児と同じ方向に歩いていた。時間は正午から同10分ごろだったという。女子中学生は女児について「友人の妹だから知っている子だとわかった」と話している。 これまでの調べで、幸満ちゃんの左腕に強くつかまれた際にできるあざと血痕が残っていた。あざは死亡直前にできたとみられ、左腕を持って強い力で引っ張られた可能性があるという。また、足の裏は泥などで汚れていなかった。こうした遺体の状況などから捜査本部は、幸満ちゃんが路地から遺体発見現場までの狭い範囲の屋内などで殺害された可能性があるとみて聞き込み捜査をしている。【山本太一、寺田剛】http://mainichi.jp/select/today/news/20080925k0000m040154000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆日本人女性誘拐か エチオピア  (25日)

Msn_s31 産経ニュース

非政府組織(NGO)「世界の医療団」(本部・パリ)は、エチオピア東部のオガデン地区で活動していた専門家ボランティア2人が22日午後(現地時間)に誘拐されたことを明らかにした。医療団は2人の氏名や国籍を公表していないが、現地報道などによると、日本人女性とオランダ人男性の可能性が高い。関係者によると、現場はソマリア国境から約80キロの付近で、医療団メンバーが頻繁に訪れていたという。2人は反政府組織に誘拐されたとみられ、在エチオピア日本大使館などが安否や身元の確認を急ぐとともに、情報収集を進めている。医療団はパリの本部に緊急対策チームを立ち上げ、関係機関などと連絡を取り合っているとしている。オガデン地区は石油資源が豊富で、以前から分離独立を求めるオガデン人のオガデン民族解放戦線など複数の反政府組織が活動。エチオピア政府と対立しており、爆弾テロによる死傷者も多数出ている。また、「(現地は)外国人が足を踏み入れることを嫌う」(同大使館)気質が強く、昨年4月には石油採掘をしていた中国人9人を含む74人が殺害される事件が発生している。このため、外務省は不測の事態が発生する可能性が高く、渡航延期を勧告している。

■ 世界の医療団 民間非営利団体(NPO)「国境なき医師団」を離脱した医師ら15人が1980(昭和55)年設立した組織。フランスのクシュネル外相は創設メンバーの一人。81年に初めてベトナムに医療チームを派遣。平成7年1月の阪神・淡路大震災の際も医療チームを派遣、同年3月に同医療団の日本事務局が設けられた。エチオピアでは約20年間、支援活動に取り組んでいる。http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/080924/mds0809242346003-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆【千葉女児変死】現場にトランク開いた不審なRV車 (25日)

Banner_logo_051 千葉県東金市の保育園児、成田幸満(ゆきまろ)ちゃん(5)の死体遺棄事件で、遺体が発見される約20分前の21日正午すぎごろ、遺体遺棄現場のプレハブ小屋前の道路に、トランクの開いたRVタイプの車が止まっていたことが24日、分かった。車を目撃した女性はその数分前に、遺棄現場から約200メートル離れた路上で幸満ちゃんを見かけていたという。
 不審な車と幸満ちゃんを目撃したのは、市内に住む10代の女性。女性は幸満ちゃんと面識があった。女性によると、同日正午前に友人宅に徒歩で遊びに行く途中、遺棄現場から直線距離で200メートルほど離れた路上で、小走りの幸満ちゃんを見かけたという。ピンク色の水筒を肩からぶら下げ、幸満ちゃんの衣類が入ったレジ袋が見つかったマンション駐車場の方向に向かっていた。事件後、水筒は見つかっていない。その後、正午すぎごろにプレハブ小屋の向かいにある公園の近くを歩いた際、公園越しにトランクが開いている車が止まっているのを発見した。人が乗っていたかは確認できなかったという。幸満ちゃんは正午ごろ、母親の多恵子さん(37)の勤務する「東金中央クリニック」で職員に目撃されたとの情報もあり、捜査本部で足取りを調べている。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/181193

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆角川春樹監督、映画「笑う警官」で15年ぶりにメガホン (25日)

Banner_logo_051_4 角川春樹監督(66)が映画「笑う警官」(来秋公開予定)で、15年ぶりにメジャー作品の指揮を執ることが23日、分かった。昨年のNHKドラマ「ハゲタカ」で注目された大森南朋(36)を主演に、腐敗した警察内部の暗闘を描くサスペンス。角川監督は「服役で人間の辛酸をなめ尽くし、初めて人間のドラマを撮る自信がついた」と、66歳の再出発へ力強く踏み出した。
 映画界に復帰後、「男たちの大和」「椿三十郎」など話題作を連発。プロデューサーとして豪腕をふるってきた角川春樹が、ついに“現場”へ戻ってきた。監督業は「時をかける少女」のリメーク以来11年ぶり。メジャー配給作品となると「REX 恐竜物語」以来、実に15年ぶりだ。「ブランクへの不安は何一つない。むしろ今、初めて人間のドラマを撮れる自信があるんだ。2年5カ月と3日の獄中生活で人間の辛酸をなめ尽くし、人の痛みの何たるかが、オレにもやっと分かったからな(笑)」 復帰第1作は「笑う警官」だ。北海道出身の作家、佐々木譲氏の「道警シリーズ」の第1作。角川氏が約40年前に版権を購入、日本に紹介した、マルティン・ベック・シリーズの題名を継承させた警察小説だ。

 

続きを読む "☆角川春樹監督、映画「笑う警官」で15年ぶりにメガホン (25日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月24日 | トップページ | 2008年9月26日 »