« 2008年9月17日 | トップページ | 2008年9月19日 »

2008年9月18日

2008年9月18日 (木)

☆西日本新聞速報 公園で6歳男児の死体発見 殺人か (18日)

18日午後4時25分ごろ、福岡市西区小戸2丁目の小戸公園内のトイレ脇で、近くに住む内浜小学校1年、富石弘輝君(6つ)が倒れているのが見つかった。弘輝君は病院に運ばれたが、死亡が確認された。首に絞められたようなあとがあることから、福岡県警は殺害された疑いがあるとみて捜査している。

遺体発見現場そばの公衆トイレ(右)周辺で慰留物などを調べる捜査員たち=18日午後6時7分、福岡市西区の小戸公園

 県警によると、弘輝君は学校から帰宅後、母親と2人で公園で遊んでいたが、午後4時前、母親がトイレに行っている間に行方不明になったという。母親が「子どもがいなくなった」と110番した。

 通報を受けて駆けつけた警察官や、公園内にいた約10人が周辺を捜したところ、約30分後、公園中央付近にあるアスレチック広場の公衆トイレ脇で、弘輝君が倒れているのを発見した。

 遺体に目立った外傷はないが、首に絞められたようなあとがあるという。着衣に乱れはなかった。弘輝君は父母と3人暮らし。内浜小学校によると、この日は午後2時半ごろ、同校の児童と一緒に下校した。

 現場は、福岡市営地下鉄姪浜駅の北西約1.5キロにある市営公園。博多湾に面し、近くにはショッピングセンターやヨットハーバーがある。

 事件を受け、福岡市教委は同日、児童・生徒の登下校時の安全を確保するよう小中高校などに緊急通知を出した。http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/48380

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆無理やり精液飲ます 横浜拘置支所で同部屋の被告が暴行 (18日)

Msn_s1_4 産経ニュース

横浜刑務所は18日、横浜拘置支所内の30代の男性被告を暴行して傷害を負わせるなどしたとして、暴行や強要などの容疑で20代と30代の被告の男2人を横浜地検に書類送検したと発表した。同刑務所によると、2人は7月下旬~8月4日、横浜拘置支所の共同室内で同じ部屋にいた拘留中の男性被告に暴行を加え、けがを負わせるなどした疑い。部屋は8人部屋で当時は7人がいたという。30代の男は男性被告の首を絞めたり、コップに入れた自分の精液を無理やり飲ませたりしたという。8月4日午後6時半ごろ、20代の男が男性を平手打ちしているところを刑務官が発見し、発覚した。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080918/crm0809181823033-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

アルバイト口実に携帯を契約 高額請求の相談急増 (18日)

Msn_s1_3  産経ニュース

アルバイトを口実に契約した携帯電話を業者に引き渡し、後に高額な料金を請求されたという相談が急増していることが18日、国民生活センターのまとめで分かった。平成18年4月から今月1日までに計167件の相談があり、未払い通話料などで約500万円を請求されたケースもあった。携帯が振り込め詐欺などの犯罪に使われた場合、契約者が刑事責任を問われる可能性もあるといい、センターは注意を促している。10~20代の若者が相談の7割を占め、学生が最も多く56件。無職は41件で、「収入の少ない人が契約していることがうかがえる」(同センター)という。都内の10代の女子学生は、インターネット上に「1日でできる仕事」と掲げた業者に連絡し、指定されたタイプの携帯を家電量販店で4台契約。報酬2万円と引き換えに、書類とともに業者に手渡したところ、4カ月後には料金75万円が未払いとなっていた。「料金は会社が払う」などと説明されるが、業者と連絡がつかなくなるケースがほとんど。同センターは「電話番号さえ知らないまま手渡せば、解約も難しい。支払い義務は名義人にあり、うまい話はない」と警告している。

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆福岡で小1男児死亡、事件に巻き込まれた可能性 (18日)

Crm0809181849034n11

Msn_s1_2 写真は 小1男子児童が倒れていた小戸公園内を調べる福岡県警の捜査員ら=18日午後6時57分、福岡市西区

18日夕、福岡市西区の公園で、近くの小学1年の男子児童(6)が倒れているのを警察官が見つけ、119番した。病院に運ばれた男児は死亡が確認され、県警は事件に巻き込まれた疑いもあるとみて捜査を始めた。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080918/crm0809181849034-n1.htm

<6歳児変死>公園で発見、死亡確認…首絞められた跡 福岡

Logo_mainichi1 18日午後4時半ごろ、福岡市西区小戸2の小戸公園内のトイレ付近で、同市立内浜小1年の富石弘輝ちゃん(6)が倒れているのが見つかり、病院に搬送されたが死亡が確認された。首に絞められたような跡があり、県警は事件に巻き込まれた可能性もあるとみて調べている。 調べでは、弘輝ちゃんは午後4時ごろ、母親と一緒に公園に遊びに来ていたが、行方不明になり、母親らが探していた。県警から通報を受けた福岡市消防局が病院に搬送した。 現場はJR博多駅から西に約10キロの住宅街で近くにヨットハーバーがある。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080918-00000069-mai-soci

47newslogo1 18日午後4時ごろ、福岡市西区小戸の小戸公園内のトイレ脇で、西区小戸、小学1年富石弘輝君(6)が倒れているのが見つかり、病院に運ばれたが死亡が確認された。首に絞められたようなあとがあり、福岡県警は殺人事件として捜査を始めた。調べによると、死因は頸部圧迫による窒息とみられる。弘輝君は母親と一緒に公園で遊んでいる途中で行方が分からなくなった。母親がトイレに入った2、3分の間のことだったという。周囲にいた人らが公園内や近くの海岸などを捜していた。捜索に加わった人によると、弘輝君は子ども向け大型遊具のそばにあるトイレ外壁と柱のすき間で、ぐったりした状態で見つかった。呼び掛けても反応はなく、近くに弘輝君のものとみられるサンダルが落ちていた。弘輝君が通う市立内浜小学校によると、この日は午後2時半ごろ同級生と一緒に下校した。

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆11都道県警が宮城県沖地震想定し訓練 (19日)

Msn_s1  産経ニュース

 東北管区警察局と宮城県警は18日、近い将来の発生が予想される宮城県沖地震などを想定した被災者救助訓練を宮城県蔵王町で実施した。訓練には東北6県警や「東日本広域緊急援助隊特別救助班」を構成する北海道警など5都道県警の計約440人が参加した。訓練は、宮城県南部を震源とする震度6強の地震が発生したと想定。岩手・宮城内陸地震で車が土砂に埋没したケースを受けた訓練現場では、緊急援助隊員らが土砂を撤去し油圧式カッターで車の屋根を切断、中から被災者に見立てた人形を救出した。地震で止まったエレベーターのドアをバールでこじ開ける訓練もあった。東北管区警察局の塩田透局長は「宮城県沖地震の備えを急がなければならない。国民の期待に応えるために、日ごろから能力の向上を図っていきたい」と述べた。http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/080918/dst0809181811010-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆出会い喫茶「キャンカフェ」従業員が少女にわいせつ (18日)

Banner_logo_051_4 出会い喫茶「キャンカフェ」で知り合った少女にわいせつな行為をしたとして、神奈川県警少年捜査課と鎌倉署は18日、県青少年保護育成条例違反(わいせつな行為)容疑で、横浜市西区浅間町のキャンカフェ従業員、黒瀧大輔容疑者(24)を逮捕した。県警は同日、横浜市西区にある同店を捜索、勤務表などを押収した。調べでは、黒瀧容疑者は5月9日午前1時45分から午前5時ごろまでに、横浜市西区のカラオケボックスで、相模原市の無職の少女(16)にわいせつな行為をした疑い。黒瀧容疑者は勤務するキャンカフェで少女と出会い、「18歳未満と分かっていた」と供述しているという。神奈川県の松沢成文知事は児童買春の温床になるおそれがあるとして、18歳未満の「出会い喫茶」への入店禁止を盛り込んだ「県青少年保護育成条例改正案」を9月県議会に提出することを発表している。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/179508/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆職務質問され警官に包丁かざす、東京新聞の販売店員逮捕 (18日)

職務質問をした警察官に包丁を振り上げたとして、警視庁目黒署が、東京新聞上目黒専売店従業

(

の百武

)

拓也容疑者(34)(東京都目黒区東山)を銃刀法違反と公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕していたことがわかった。同署副署長によると、百武容疑者は16日午後5時40分ごろ、同区大橋の同店駐輪場で、前かごに包丁(刃渡り約16センチ)を入れて自転車に乗っていたところ、同署員の職務質問を受け、包丁を振り上げたことから取り押さえられた。百武容疑者は、勤務先の店長から勤務態度などを度々注意されていたといい、「店長を殺してやろうと思って自宅から包丁を持ってきた」と供述している。同署は殺人予備容疑でも送検している。中日新聞東京本社(東京新聞)の加藤久昌販売局総務は「当社と取引のある販売店員が起こした不祥事で誠に遺憾。再発防止のため教育を徹底したい」とコメントしている。(

2008年9月18日12時30分

  読売新聞)

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「お孫さん…」電話後自宅に男、78歳女性600万円被害 (18日)

17日夜、さいたま市岩槻区の女性(78)から、孫のアルバイト先の上司を名乗る男に現金600万円をだまし取られたと、110番があった。岩槻署で詐欺事件として調べている。発表によると、17日午前10時半ごろ、女性宅に、男から「お孫さんが金を使い込んだ。穴埋めに600万円が必要」と電話があった。女性は、近くに住む高校生の孫(17)のことだと思い、銀行で定期預金を解約。約2時間後、自宅を訪ねてきた男に現金を渡した。夜に孫が訪ねてきたため、だまされたことに気付いた。男は25歳前後で、紺のスーツを着ていた。

(2008年9月18日12時40分  読売新聞)

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆消火器を皇居にうち込む、元自衛官を逮捕 (18日)

18日午前2時40分ごろ、東京都千代田区隼町4の皇居沿いの国道20号で、警視庁麹町署のパトカーが「ドン」という爆発音を数回聞き、歩道に乗り上げたトラックの近くに不審な男が立っているのを発見した。同署員が職務質問したところ、男は「皇居に向けて消火器5本をうち込んだ」と話したため、同署で付近を捜索した結果の水中や土手から消火器3本と火薬を詰めた時限発火装置付きの小型ドラム缶(直径41・5センチ、高さ50センチ)2本が見つかった。同庁公安部は、爆発物取締罰則違反(使用)容疑で男を逮捕した。発表によると、男は、神奈川県相模原市の元陸上自衛官で、灯油販売業小川俊之容疑者(34)。時限発火装置は同日午前8時に爆発するようセットされていたが、同庁爆発物処理班が処理した。公安部幹部によると、消火器には火薬が詰め込まれ、トラックの荷台に積んだ土のうを発射台代わりに、皇居に向けて発射されたとみられる。荷台にはリード線や着火スイッチのようなものもあったという。同庁はドラム缶や消火器の構造、火薬の成分などを調べている。小川容疑者は「自分は愉快犯。世の中がどのような反応を示すか興味があったのでやった」と供述。皇居を狙った理由については「広くて、安全だと思った」と話しているという。(2008年9月18日11時49分  読売新聞)YOMIURI ONLINE トップへhttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080918-OYT1T00392.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「ネット殺人予告」急増、秋葉原事件3か月で66人摘発=読売新聞 (18日)

今年6月の東京・秋葉原の無差別殺傷事件以降、警察当局がインターネット上での殺人予告などの取り締まりを強化してから、3か月間に全国で66人が摘発・補導されたことがわかった。警察は犯行予告を見つけるたびに平均2週間で書き込んだ人物を特定しているが、違法な書き込みがおさまる気配はない。逮捕者の1人は、読売新聞の取材に「文字を打ち込んでいるうちに感覚がおかしくなった」と語り、ネット上で注目されたいという欲求が、過激な犯行予告へと変わっていった経緯を打ち明けた。神奈川県横須賀市内の元被告の男性(26)は秋葉原事件から11日後の6月19日、ネット上に「JR横浜駅を爆破する」などと書き込み、威力業務妨害容疑で逮捕された。男性は高校を2年で中退し、派遣の仕事をしながら画家を目指していた。携帯電話を使って、ネット上の掲示板に書き込むようになったのは1年ほど前。暇つぶしのつもりで始めたが、次第に仕事の休憩時間にも熱中するようになった。当日は朝から自宅で絵を描いており、気づくと日付が変わって午前4時過ぎになっていた。携帯電話を操作すると、秋葉原事件の直後で犯行予告を話題にした掲示板があった。興味を引かれる書き込みがなく、「盛り上げよう」と午前4時59分、送信ボタンを押した。「今日の午前中、横浜駅の東口のどこかに爆弾を仕掛けるわ。死にたい奴は来い」しばらく待ったが、「通報します」との書き込みが来ただけ。男性は「止められるもんなら止めてみろや」「通報も逮捕も全然怖くないんだ」と書き込みを続けた。神奈川県警の捜査員が自宅を訪ねてきたのは、それからわずか5時間後。男性はその日のうちに逮捕され、懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を受けた。今は家で親の仕事を手伝いながら絵の勉強を続けているが、携帯電話は解約した。「掲示板のやり取りを楽しみたかっただけで、秋葉原事件にあこがれたわけではなかった。ネットは書き込みを続けるうちに感覚がおかしくなる。もうネットは見たくもない」 男性はそう振り返った。警察庁によると、今月8日までに同様の犯行予告で13歳以下の5人が補導、61人が逮捕・書類送検され、「人を投します」「埼京線の上野駅で人を殺します」などと誤字や実在しない場所を使って摘発されるかどうか試していた容疑者もいた。66人が犯行予告を書き込んでから警察の摘発・補導までの平均日数は14・2日。ネットの履歴から利用者を割り出す技術が向上したためで、うち3人は即日特定されている。それでも違法な書き込みは相次いでおり、同庁は「秋葉原事件までは同種の犯罪の統計を取っていないため比較はできないが、愉快犯とみられる書き込みが増えているのは間違いない」と指摘している。

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆銀行協会員など名乗る振り込め詐欺事件、埼玉で通報25件 (18日)

Logo3 埼玉県行田市で16~17日、銀行協会員や警官をかたる男たちによる詐欺事件の通報が25件も相次いだ。そのうち79歳と75歳の無職女性が計125万円をだまし取られた、と行田署が発表した。同署は男の人相や言動などから同一グループの犯行と見ている。 同署によると、16日午後4時半ごろ、女性(75)宅に警官を名乗る男から「銀行協会から連絡があります」と電話があり、間もなく同協会員という男から電話があり、「あなたの情報が漏れて通帳が偽装された。キャッシュカードを作り直してほしい」と言われた。さらにスーツ姿の25~30歳くらいの男が自宅に来て、暗証番号を聞き出し、カードを持ち去った。その後、約50万円を引き出されたことに気づいたという。 同日午後5時半ごろには、同市内の別の女性(79)が同様の被害に遭い、約75万円をだまし取られたという。 全国銀行協会は「職員が個人宅を訪れ、カードを借用したり、暗証番号を聞いたりすることは一切ない」として注意を呼びかけている。 http://www.asahi.com/national/update/0918/TKY200809170334.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆打ち首獄門だな 「寝ないで売春しろ」 親戚女性に売春を強要、女ら逮捕 (18日)

Banner_logo_051_2 親戚(しんせき)の女性に売春を強要したとして、岡山県警少年捜査課などは17日、売春防止法違反容疑で、住所不定、無職の石井しのぶ被告(35)=児童福祉法違反罪などで起訴=と岡山県笠岡市の職業不詳、池上弘純容疑者(42)を逮捕した。
 調べでは、2人は4月27日~6月19日、横浜市南区のホテルなどで5回にわたり、石井容疑者の親戚の女性(25)に1回1万5000円~3万円で売春をさせた疑い。石井容疑者は自宅に住まわせていた家出少年らに代金の回収などをさせ、交際する池上容疑者の口座に送金していた。
 県警によると、石井容疑者は平成17年8月ごろから女性を自宅に住ませ暴行するなどして出会い系サイトを通じ1日平均4人を相手に売春を強要。女性には交通費として1日2000円を渡していただけで「寝ないで売春しろ」「1日最低でも6万稼げ」などと言って暴力を振るい、女性を恐怖心で逃げられないようにしていたとみられる。
 同容疑者は未成年者に売春の手伝いなどをさせたとして、児童福祉法違反などで逮捕、起訴されている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/179275/

| コメント (0) | トラックバック (0)

★無断で写真使用、NHK記者らを書類送検 (18日)

Banner_logo_051 北海道警札幌西署は17日、ニュース番組で風力発電の風車写真2枚を無断で使用したとして著作権法違反(複製権の侵害など)の疑いで、法人としてのNHKと報道局記者らNHK職員5人、外部プロダクションの社員2人を書類送検した。
 調べでは、記者らは3月26日、東京都内にある風力発電関連の会社で取材した際、事務所内に飾ってあった札幌市の写真家、縄田頼信さん(50)の写真を接写。4月2日の全国ニュースで、イメージ映像として複数回放送し、縄田さんの著作権を侵害した疑い。
 NHK広報局は「取材先の会社の了解を得ていたので問題ないと判断し取材、放送した」としている。縄田さんが5月に告訴し、同署が記者らから事情を聴くなど捜査していた。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/179265/

続きを読む "★無断で写真使用、NHK記者らを書類送検 (18日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

★警視庁管内 体感治安度 レベル2

  首都東京の体感治安(21日現在)
      (単位・レベル)

          解説

2_3

18日夕、福岡市西区の公園内で近くに住む小

学1年生(6歳)が、首を絞められて殺害される

殺人事件の続報は19日になり、凶器として使

用されたのは携帯ストラップとみられていたが、

同日夜の捜索でその携帯が発見されるなど動

きだした。白昼、しかも憩いの場という公園で

Bye1生した事件だけに、東京から離れた事件と

はいえ治安の悪化を感じさせる。連休初日の土曜日の新聞で特筆すべきは産経新聞。社会面のトップで仙台市の東北高校のリンチ事件は30人以上による「集団リンチ」と報じ、脇トップに福岡小1男児の続報「明確な殺意も謎多く」を持ってきた。読売の1面では、長野県内で発生したあんによる嘔吐事件で、あんは中国産だったとし、最近の〝食物事件〟にさらに波紋をひろげるなど、なんとなく治安の悪化を感じさせている。したがって「レベルは2(あお)」。

 ※ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください。クリックすると挨拶します。宜しく

続きを読む "★警視庁管内 体感治安度 レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆振り込め詐欺被害防止へ「おしゃべりパトロールボックス」開発 (18日)

Housyatou011

Pchlogom

08091751 ○…和歌山県和歌山北警察署は、振り込め詐欺被害防止機器「おしゃべりパトロールボックス」を開発し、無人のATMコーナー周辺に設置した。
○…全国的に振り込め詐欺の被害が後を絶たず、和歌山県下においてもこの種被害が急増している。同署では、振り込め詐欺被害防止対策の一つとして、振り込みに訪れた被害者を「音声」により呼び止め、瀬戸際で被害を防止するネライ。
○…開発に当たったのは同署地域課で勤務する青年警察官(写真)。警ら要点に設置している「パトロールボックス」に赤外線センサーを組み込み、人が通ると感知して発声するもの。同署では、「おしゃべりパトロールボックス」を無人のATMコーナー周辺に設置し、視覚で「旭日章」と県警マスコット「きしゅう君」、聴覚で「振り込め詐欺防止のアナウンス」に加え、巡回パトロールの警察官により、被害防止に当たる。http://www.police-ch.jp/news/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆テレビ界の不倫騒動急増で珍商売が注目 (ゲンダイネット) (18日)

 最近、テレビ界を舞台にした不倫疑惑が相次いで報道されている。フジテレビ渡辺和洋、フリーの山本モナ、企業トップと撮られたテレビ東京の女性記者、さらにTBS井上弘社長……。そこである珍商売がテレビ局幹部の関心を集めている。“VIP・シークレット・サービス=通称S・S”。リストラされた元写真週刊誌の記者やカメラマンらのグループで構成されるマスコミ対策集団だ。グループの詳細は不明です。中心人物は元『フォーカス』の敏腕記者で数々のスクープをモノにし、芸能プロから“鬼”と恐れられていた人物だとか。彼が編み出した盗撮方法は現在も多くの週刊誌が踏襲しているほどで、マスコミや業界に豊富な人脈を持っている」(事情通)気になるのは、そのサービス内容。表向きは局のためのマスコミ対策だが、実際はトップや女子アナの下半身対策が中心。私生活をパパラッチからいかにして守るかが最重要課題だ。ちなみに料金は、1回あたりの警護代は全部込みで150万円だそうだ。もっとも、万が一盗撮された場合には代金に3倍の金額を上乗せして返金される。また、「年会費500万円を払えば1回の警護代は50万円」(関係者)だという。S・Sに連絡する方法はなく、ある日突然、自宅や会社のメアドに案内が来るという。メールには「この誘いは一度しかしない。あなたはある週刊誌のターゲットになっている。身に覚えがあるなら電話を」と対象者のプライベート写真入りで送られてくる。現在、90%以上の確率で問い合わせが来るという。ホンマかいな。

日刊ゲンダイ2008年9月11日掲載)http://news.www.infoseek.co.jp/topics/entertainment/n_divorce2__20080917_5/story/14gendainet07025902/

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆警察庁が新型インフル流行時の行動計画…病院警戒、機動隊投入も (18日)

警察庁は17日、新型インフルエンザウイルスが国内で流行した場合の行動計画を決定した。 新型インフルエンザが海外で発生した段階から対策室や対策本部を設置し、情報収集を開始。混乱が予想される国際空港周辺などの警備にあたる。政府計画では警察官は「社会機能維持者」としてワクチン接種の優先対象になっており、感染者と接触する可能性がある職員には順次、接種を受けさせる。国内で感染が確認されれば病院の警戒のほか、外出制限地域への交通規制も実施。機動隊も投入し、混乱に便乗した犯罪や感染者の密入国を取り締まる。(

2008年9月17日11時39分

  読売新聞)

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆新銀行東京の元行員が提訴 集団いじめで自殺未遂 (18日)

47newslogo1_2 新銀行東京の元男性行員(40)が、上司らから集団的ないじめを受け自殺未遂を起こすまで追い詰められたとして、銀行と当時の幹部ら6人に慰謝料など約6750万円の損害賠償を求める訴えを17日、東京地裁に起こした。訴状によると、男性は開業前の2004年10月に入社。当時から上司に連日ののしられ、意図的に評価を下げられた。試用期間の延長を通告され、応じなければ解雇すると数回言われたと主張している。採用後もお茶くみなどを命じられ、同僚へのセクハラをでっち上げられて懲罰委員会にかけられ、支店に異動後も嫌がらせが続いたという。昨年5月に自殺未遂を起こし、同11月に退職した。男性は現在も自宅で休養しており「まじめに業務に専念しようとしたが、思い半ばで断たれた」と話している。http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008091701000845.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ネットに悪口書き込み 中高生6人に1人が経験 (18日)

47newslogo1 山梨県内の小中高校生の携帯電話所有者で、ネット上に他人の悪口などを書き込んだ経験がある中高生がほぼ6人に1人に上ることが16日、県教委が発表した実態調査結果で分かった。また、インターネットやメール機能の利用について、家族とルールを決めていないのは高校生で6割を超え、小中学生でも3割以上いた。全国でネット上のサイトに誹謗(ひぼう)や中傷を書き込む「ネットいじめ」が深刻化する中、県教委は結果をもとに教職員向けの指導資料を作成し、利用モラルの指導を強化する。 調査は県教委が初めて実施。対象は高校2年(公私立、特別支援)3891人(同学年生徒の42・0%)、中学2年(市町村立)894人(10・1%)、小学5年(市町村立)1035人(12・1%)。22項目の選択方式で行った。
 調査結果では、携帯電話の所持率は高校生96・5%、中学生61・7%、小学生21・1%。このうち、保護者ら家族とネットやメールの利用に関する約束ごとがないと答えたのは高校生61・9%、中学生36・6%、小学生33・8%。また、有害サイトへのアクセスを制限するフィルタリング機能が未設定なのが高校生46・1%、中学生37・5%、小学生でも18・5%いて、一定数の児童生徒が「無制限」にネット接続できる環境にあることがうかがえる。
 また、ネット上に文句や悪口、ひどい言葉を書き込んだ経験があるのは高校生16・9%、中学生14・6%で、小学生でも4・4%いた。理由は「相手が悪いから」や「ストレス発散」が目立った。 1日にメールやネットを利用する時間は、「1時間以上」が高校生70・2%、中学生62・9%、小学生13・7%。特に中高生の約15%が「4時間以上」使っていて、高い“依存率”を示した。
http://www.sannichi.co.jp/local/news/2008/09/17/5.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月17日 | トップページ | 2008年9月19日 »