« 2008年9月15日 | トップページ | 2008年9月17日 »

2008年9月16日

2008年9月16日 (火)

☆ネット融資詐欺グループ「統括」の容疑者を逮捕 なんと4億円も…(16日)

Logo3_2 インターネット上で金融業者を装い、融資を申し込んできた人から現金をだまし取ったとして、警視庁と鳥取県警は、詐欺グループを主導していたとみられる東京都江東区豊洲3丁目、中古車販売会社役員石崎直樹容疑者(31)を詐欺容疑などで逮捕したと16日発表した。 同庁捜査2課によると、石崎容疑者は架空の金融業者のホームページを開設。5月に融資を申し込んだ福岡県の無職女性(25)に「ブラックリストに載っている」などと偽り、削除の謝礼名目で十数万円を私書箱に郵送させ、詐取した疑いがあるという。同課は、石崎容疑者は少なくとも三つの詐欺グループを統括し、仲間に拠点の契約方法や詐欺の手法などを教え、毎月、利益の半分を上納させていたとみている。「責任者会議」を開いて詐取金額を報告させては、成績が悪いグループの責任者を叱責(しっせき)するなどしていたらしい。 http://www.asahi.com/national/update/0916/TKY200809160259.html

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆ネット詐欺計画の高3逮捕 架空口座開設した疑い (16日)

Banner_logo_051_5 北海道警函館中央署は16日、インターネットオークション詐欺を計画し、銀行口座開設のため他人名義の住民票を取得、偽造したとして、有印公文書偽造・同行使などの疑いでいずれも函館市の私立高校3年で17歳の男子生徒3人を逮捕、送検したと発表した。調べでは、3人は4月中旬ごろ、不正に取得した他人名義の住民票を、スキャナーやプリンターを使って名前や住所などを変えて偽造し、5月下旬ごろ、この偽造住民票を利用してインターネット専用の銀行口座を開設。さらに架空の身分証も偽造して、郵便物を郵便局に留め置くための手続きをした疑い。調べに対し、3人は「インターネットオークションで詐欺をするための準備だった」と供述。オークションに出品するため、デジタルカメラなど計14点を盗んでいたことも認めており、同署がさらに調べている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/178811/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆モバゲー、ついに「健全サイト」として認定 ★これは絶対に問題です「止めて下さい」悪質です。あなたたちは節穴ですか?★(16日)

MarkeZine青少年の保護と健全な育成を目的としたモバイルコンテンツの審査・認定および啓発・教育活動を行う第三者機関であるモバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)は、エン・ジャパンが運営する「en高校生」とディー・エヌ・エー(DeNA)が運営する「モバゲータウン」を第2回認定サイトとして発表した。先日、携帯各社はEMAが健全サイトに認定した場合、青少年向けのフィルタリングサービスの対象からはずすと発表しており、認定サイトのサービスへの反映は来年1月または2月から行うとしている。10代に人気のサイトとして知られるモバゲータウンは、携帯各社が導入した青少年向けのフィルタリングサービスの影響を受けており、モバゲータウンを運営するDeNAはパトロール体制を強化するなどの対策を講じ、フィルタリングサービスの見直しを訴えていた。今回、EMAの認定を受けたことで、子どもたちもフィルタリングサービスを受けながらモバゲータウンを利用することが可能になる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080916-00000004-sh_mar-sci

| コメント (0) | トラックバック (3)

☆愛媛県警で年末まで「振り込め詐欺緊急対策」 (17日)

Topbanner01logo1

~撲滅へ県内全署に対策室を設置し検挙・予防対策を推進~

08091611 愛媛県警察は、県内の振り込め詐欺事件が今年に入ってから急増していることから、振り込め詐欺を撲滅するため「振り込め詐欺緊急対策」を年末まで実施することとした。県内全署に振り込め詐欺対策室を設置し(写真)、(1)あらゆる警察活動を通じた振り込め詐欺関連情報の収集の推進(2)携帯電話及び預金口座の不正流通の遮断(3)ATM周辺における検挙・予防対策の推進-等を柱とする検挙・予防対策を推進する。http://www.police-ch.jp/news/

続きを読む "☆愛媛県警で年末まで「振り込め詐欺緊急対策」 (17日)"

| コメント (0) | トラックバック (2)

☆10月を「振り込め詐欺取り締まり強化月間」 警察庁 (16日)

Msn_s1_2 産経ニュース

過去最悪のペースで被害が拡大している振り込め詐欺対策を強化するため、警察庁は16日、来月1日から1カ月間を「振り込め詐欺取り締まり強化推進期間」とすることを決めた。期間中はATM(現金自動預払機)の周辺に警察官を集中配置するなど、全国警察を挙げて対策を進める。警察庁は同日、庁内に設置している振り込め詐欺対策室の第2回会議を開催。安藤隆春次長が被害防止策について「国民の目に見える形で被害を減少させるためには、真に実効ある組織一丸となった取り組みが必要となる」と訓示した。推進期間中、全国の警察では「被害の半減」を目標に、振り込め詐欺の捜査の主軸となる捜査2課など知能犯捜査部門だけでなく、組織犯罪捜査や少年、生活経済、地域、機動捜査などの幅広い部門が連携して対策に臨む。警察庁によると、今年1~7月の振り込め詐欺の被害状況は、認知件数が約1万3800件、金額は約193億円に上り、いずれも前年同期比約1・5倍に増加している。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080916/crm0809161059004-n1.htm

振り込め詐欺半減へ無人ATMに警官配置

 今年1~7月の振り込め詐欺の被害が193億3900万円と過去最悪のペースで増加していることを受け、警察庁は16日、来月1か月間の全国の被害を今年の月間平均約2000件から1000件程度に半減させるよう全国の警察本部に指示した。 特に2か月に1度の年金振込日となる10月15日を集中警戒日とし、この日は全国の被害をゼロにすることを目標に掲げる。無人ATM(現金自動預け払い機)を中心に警察官を張り付ける「人海戦術」で被害を抑え込む方針だ。警察庁が被害抑止のモデルケースとしているのが、警視庁深川署が4月から始めたATM対策。東京・江東区の西部を管轄している同署では、今年に入って振り込め詐欺の届け出が激増し、1~4月の被害は昨年同期の3件(被害額520万円)から46件(同7450万円)にはね上がった。このため同署は、犯人が振込場所に指定したATMを中心に署員を配置。高齢者の注意喚起などを徹底した結果、管内の5~6月の被害は6件にとどまった。警察庁は10月に全国規模で同様の対策を進める方針。過去の手口を分析して、詐欺グループが「振込場所」として指定することの多いATMを特定し、警察官が手薄な地域では、防犯ボランティア団体などにも協力を求め、ATMの利用者に振り込め詐欺にだまされていないか声をかける。振り込め詐欺被害は年間283億円に上った2004年以降、減少傾向にあったが、今年に入って「払いすぎた医療費を払い戻す」などと偽る還付金詐欺などが急増。月間の平均被害は1966件に上っている。(2008年9月16日14時32分  読売新聞)YOMIURI ONLINE トップへ

続きを読む "☆10月を「振り込め詐欺取り締まり強化月間」 警察庁 (16日)"

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆「子供殺しに行く」中学校に電話した中学生逮捕 (16日)

Banner_logo_051_3 「子供を殺しに行く」と中学校に電話をかけて学校業務を妨害したとして、警視庁日野署は16日、威力業務妨害の疑いで、東京都日野市の15歳と14歳の中学3年の男子生徒2人を逮捕した。 ■最新のニュース…みんなの意見はこちら!

 調べでは、2人は5日午前8時20分ごろ、携帯電話から自分が通う中学校とは別の市内の中学校に電話をかけ、「今日12時までに日野市の子供を殺しに行く」などと脅し、クラブ活動を中止にさせたり、集団下校させたりして学校の業務を妨害した疑い。都内では4日、「児童を殺す」という殺害予告があった国立第五小が休校になっている。2人は「同じような事件を起こせば、学校から早く帰れると思った」などと供述している。電話を受け、日野市では中学校8校と小学校17校が集団下校などの措置を取った。2人は「こんなに大ごとになるとは思わなかった」と反省した様子だという。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/178719/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆駐車トラブルから包丁で首切りつける 殺人未遂で59歳男逮捕 大阪 (16日)

Banner_logo_051_2  16日午前7時35分ごろ、大阪市淀川区東三国のマンション入り口付近で、軽乗用車を止めていた大阪府吹田市の男性会社員(30)が住人の男と口論になり、包丁で首を切りつけられ、軽傷を負った。近くの住民の通報で駆け付けた淀川署員が殺人未遂の現行犯で男を逮捕した。調べでは、男は無職、三岳厚容疑者(59)。「駐車位置をめぐり口論になった」と供述している。事件当時、酒に酔っていたという。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/178756/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆天洋食品の9人が容疑濃厚  中国当局、ギョーザ事件で (16日)

Banner_logo_051  中国製ギョーザ中毒事件を捜査している中国の公安当局は、6月に中国内で起きた中毒事件に関し、製造元の天洋食品(河北省石家荘市)のギョーザ生産ラインで働いていた従業員のうち9人について、殺虫剤混入にかかわった疑いが濃厚と判断していることが16日、分かった。中国筋が明らかにした。
 ■最新のニュース…みんなの意見はこちら!

 同筋によると、6月の事件は天洋食品が日本での事件後に回収したギョーザを従業員の親戚(しんせき)や同郷者らに格安で販売。これを食べた4人が中毒になり、ギョーザから有機リン系殺虫剤「メタミドホス」が検出された。中国当局は、このギョーザが国内の市場に出回っていないことから「天洋食品内部で殺虫剤が故意に混入された可能性が高い」とみて、問題のギョーザを製造した日に勤務していた従業員を徹底捜査。正規と臨時の従業員を合わせ9人が容疑濃厚として残っているという。(共同)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/178774/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆本日は新聞休刊日です 愛知の名鉄名古屋本線に妨害、線路上に土管や棒 (16日)

15日午後、愛知県豊明市阿野町の名鉄名古屋本線上り線で計2回、電車が線路上に置かれた土管や竹の棒などをはねて、一時停車した。愛知署は列車往来危険容疑で調べている。同署の発表によると、同日午後1時35分ごろ、岐阜発豊橋行き快速特急電車(乗客200人)の運転士が走行中、物が当たった音に気づいて停車。乗務員が調べたところ、線路脇に長さ26センチの土管片や20センチのブロック片が見つかった。同4時50分ごろにも、犬山発東岡崎行き普通電車(乗客30人)の運転士が線路上に竹の棒が置かれているのを発見し、ブレーキをかけたが間に合わずにひいた。竹は長さ1メートル60~2メートル50で、計12本置かれていた。 いずれも乗客にけがはなく、電車の走行にも問題がなかった。

(2008年9月15日23時21分  読売新聞)

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆交通死ゼロ7000日達成の村 でも鹿児島県で3位 (16日)

Logo3 鹿児島県奄美大島の宇検村で13日、交通死亡事故ゼロ7000日達成の記念式典があった。参加した村民ら約300人は「ゼロ1万日を目標に安心安全な村にしよう」と誓い合い、村内をパレードした。 瀬戸内署によると、村内では89年7月12日を最後に死亡事故が起きておらず、10日で7000日に。県内では三島村の9357日、十島村の7761日(いずれも10日現在)に次ぐ大記録。 国馬和範村長はあいさつで「村民一丸となって交通安全に取り組んだ結果だ。小さくても全国に誇れる村づくりにつなげていきたい」と決意を述べた。http://www.asahi.com/national/update/0915/SEB200809150002.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ナイフで刺したピザ店員を逮捕 宅配トラブルで口論 (16日)

Msn_s1

大阪市天王寺区のピザ宅配店「ピザ・サントロペ上本町店」付近で男性が腹を刺された事件で、大阪府警天王寺署は15日、殺人未遂容疑で、同市生野区中川西、ピザ店アルバイト店員、神田圭三容疑者(38)を逮捕した。神田容疑者は「宅配でトラブルになった客を殴ったが刺していない」と供述したが、凶器とみられるナイフが神田容疑者のバッグから発見されたという。調べでは、神田容疑者は14日午後5時50分ごろ、同市天王寺区のピザ店入り口付近で、客の組員(33)の腹を刺した疑い。組員は3週間のけが。事件の約1時間前、組員が同市中央区内の知人宅からピザを注文。届けに行った神田容疑者がこの知人宅を発見できず、電話で口論に。組員が同店を訪れさらに口論が続き、神田容疑者が刺したという。 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080915/crm0809151343009-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆九州誠道会vs道仁会「抗争終結したい」 (16日)

Msn_s1_7

 産経ニュース

指定暴力団九州誠道会福岡県大牟田市)の関係者が「道仁会(同県久留米市)との抗争を終結したい」と捜査当局に伝えていたことが19日、関係者の話で分かった。双方が組織として抗争終結を決定したかどうかは不明で、九州北部の各県警が引き続き警戒と情報収集に当たっている。一連の抗争で容疑者を特定できていない事件を抱える福岡、熊本両県警は「徹底捜査と取り締まりを継続する」としている。九州誠道会は、道仁会の会長人事に反発した勢力が平成18年に離脱して結成。これまでの抗争で双方の幹部ら6人が殺害された。2月28日、福岡県公安委員会が指定暴力団に認定。会長の朴植晩容疑者(55)は、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで警視庁に指名手配されている。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080319/crm0803192248041-n1.htm

続きを読む "☆九州誠道会vs道仁会「抗争終結したい」 (16日)"

| コメント (1) | トラックバック (0)

☆事件か事故か調査難航 洋上セミナー女子大生不明 (16日)

014465131

47newslogo1 大学洋上セミナー(兵庫県など主催)に参加した神戸市の女子大学生(21)が、ベトナム沖を航海中の客船「ふじ丸」(23、235トン)で行方不明になってから、15日で2週間が経過する。神戸海上保安部は、当時船内にいた約700人への聴き取りなどを進めているが、手がかりに乏しく、同保安部幹部は「事件か事故かも含めてまったく分からない状態だ」としている。(安福直剛)

見えぬ足取り ふじ丸は八月十八日(すべて日本時間)に神戸港を出航後、ベトナム、シンガポールを経て中国・広州に向かっていた。女子大生が最後に確認されたのは、九月一日午前二時半ごろ。同室の女性に「洗濯物を取りに行く」と言って、一人で部屋を出た。この後の足取りが分かっていない。 洗濯室にはIDカードがあったといい、女子大生がIDカードを持って部屋を出ていれば、洗濯室に入室していたことを裏付ける。その後、行方が分からなくなったとみられるが、洗濯機には女子大生の洗濯物が残されていた。

転落場所は「確かなことは船内に女子大生がいないことだけ。何かの原因で、海に転落したとみるしかない」と神戸海上保安部。転落の可能性があるのは、外部に面するデッキ。だが、高さ一メートル以上の柵があり、普通に歩いていて転落することは考えにくい。女子大生の五階の自室と四階の洗濯室を往復するには、通常デッキを通る必要がない。デッキの柵は海水にさらされ、指紋などは検出できなかった。船内には約四百八十人の参加学生のほか、乗組員など計七百人が乗船。全員に調査用紙を配布し、一部から事情を聴いたが、有力な目撃証言などは得られていない。

 【外国海域での事件、事故調査】 日本船籍の船がどこの海域を航行していても、海上保安庁法に基づき、海上保安官が船内の立ち入り検査権を持つ。日本船籍の船内では日本の法律が適用される。外洋で人が転落した場合、海上保安庁はSAR(サーチアンドレスキュー)条約に基づき、最寄りの条約加盟国の救助機関に捜索を要請することができる。

http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/0001446512.shtml

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月15日 | トップページ | 2008年9月17日 »