« 2008年9月11日 | トップページ | 2008年9月13日 »

2008年9月12日

2008年9月12日 (金)

★小説 警視庁・薬物特命捜査官(19)   (9月12日)

      仏の竜さん
080713_164028_m  「強引すぎるが…速度違反で逮捕は…う~ん」
 加藤は考え込んだ。イライラした笠原が言った。
 「道交法百十八条では最高六カ月と罰金なら十万円以下でずか…」
 加藤はこの言葉でふん切りがついた。
 「よし、呼び出しに応じなければ任意同行の時もあるよね。ましてや逃亡の疑いがあるならなおよろしい訳だ。自宅を出てタクシーで行き先を告げた段階で確保だな…国外なら最高だがな…」
 加藤の了解を得た笹原は外事課主任の携帯のダイヤルボタンを押した。
 「主任、どうした」
 「課長、まだ出てこないのですよ」
 加藤の了解もあり、笠原の腹は固まっていた。
 「出て来てタクシーに乗って行き先を告げた頃合いをみて任同(任意同行)をかけてくれないか。そのまま新潟中署に連行だ。警ら中のパトカーも向けるよ。文屋さんに知られないようにしないと。後々、面倒になると困るので頼みますよ」
 「主任さん、主任さん」
 笠原の言葉が終わった直後に巡査部長が叫んだ。部長の声に気づいた主任がマンションを見たとき、金田は大きな旅行バックにスーツケースをタクシーのトランクに載せている最中だった。
 「よし、行こう。タクシーだから逃げることはないと思うが、君が正面に立って運転手に警察手帳を見せる。俺が左のドアに向かう。手帳を見せたら直ぐ右のドアに向かえ。右のドアと言っても運転席の後部ドアだよ。いいなっ>」
 言われた通りに部長はタクシーの前に立ち、動きを制して右側に回ろうとした。その時、金田は運転席後ろのドアを手で開けて逃げようとした。金田の開けたドアが巡査部長と正面衝突、部長ははじき飛ばされた。
 金田は国道方向に走って逃げたが、倉庫の角を曲がったところで笹原の手配したパトカーと鉢合わせになり、追いかけてきた主任と乗務員に捕まった。巡査部長はドアと衝突した際、左の膝頭に裂傷を負った。逮捕容疑は公務執行妨害の現行犯だった。
 主任と笹原外事課長が鮫島警備部長室に呼ばれた。
 「結果的に取り押さえたから良いが判断が甘すぎないか?。報告書を出せ。みっともなくてしょうがない。連絡体制に不備はなかったのかを含めて詳細に書けよ」
 さらに続けた。
  

続きを読む "★小説 警視庁・薬物特命捜査官(19)   (9月12日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ウナギ偽装:販売先の社長自殺 (12日)

Logo_mainichi1 食品販売会社「浜伸」(東京都中央区)が欧州産ウナギを鹿児島県産と偽装し販売していた事件で、ウナギの販売先の関連会社「弥生」(東京都三鷹市)の神田真佐志社長(54)が12日、調布市内の知人男性宅で自殺しているのが見つかった。警視庁は11日、不正競争防止法違反容疑で弥生を家宅捜索し、神田社長からも任意で事情を聴いていた。調布署で自殺の原因を調べる。調べでは、神田社長は12日午後0時55分ごろ、ひものようなもので首をつった状態で死亡していた。遺書は見つかっていない。神田社長は11日、警視庁の聴取を約3時間受けた後、知人宅に宿泊。知人が12日朝出勤し、昼ごろ帰宅したところ死亡していたという。警視庁生活経済課によると、聴取の際は特に変わった様子はなく、12日は聴取の予定はなかった。【武内亮】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080913k0000m040114000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆【大阪府教委に盗聴器】課内の男性職員、設置したと名乗り出る 「職員の日常会話に興味」 (12日)

Msn_s1_3 産経ニュース

 大阪府教育委員会の高等学校課内で盗聴器が見つかった問題で、府教委は12日夜、同課の男性職員が設置したと名乗り出たことを明らかにした。男性職員は「特定の職員の日常会話に興味があった」などと動機を説明しているという。府教委は同日、栗山和之高等学校課長が府警東署を訪れ、発見の経緯を説明、コンセントの小型タップを装った盗聴器を任意提出した。同署は住居侵入や電波法違反などの犯罪に該当するかどうか慎重に調べる方針。府教委によると、府庁別館5階の高等学校課は、昼間は誰でも出入り自由で、日常的に高校関係者や保護者が訪れるため、外部の人物が設置したとの見方も出ていた。小型タップは文房具と同様に消耗品扱いで、備品管理の対象外。職員が自宅から持参することもあったという。http://sankei.jp.msn.com/politics/local/080912/lcl0809122119006-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆58歳の女性と判明 新宿ワシントンホテルの放置遺体 (12日)

Msn_s1_2 産経ニュース

東京都新宿区の新宿ワシントンホテルの客室からスーツケースに入れられた遺体が見つかった事件で、警視庁捜査1課の調べで、遺体は住所・職業不詳、幸山容子さん(58)と判明した。客室に宿泊していた男は所在不明で、警視庁は行方を追っている。幸山さんの遺体は腐乱が進み、死因は特定できなかったが、外傷はなく、病死とみられる。幸山さんは結婚しているが、夫と連絡が取れていないといい、捜査1課は、所在不明の男との関連を調べている。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080912/crm0809121833036-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ 江戸川の立てこもり 長男の身柄確保 警視庁(12日)

Banner_logo_051_5

東京都江戸川区船堀の共同住宅の一室で12日朝、この部屋に住む長男(31)が母親(58)に刃物を突きつけて立てこもった事件で、警視庁捜査1課と葛西署は同日正午すぎ、部屋に突入して長男の身柄を確保した。けが人はなかったhttp://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/177902/

母親を人質に男が立てこもり 東京・葛西

12日午前8時5分ごろ、東京都江戸川区船堀共同住宅に住む女性から「長男に包丁を突きつけられている」と110番があった。室内で長男(31)が母親(58)を人質に立てこもっており、警視庁捜査1課と葛西署は母親を解放して、出てくるよう長男を説得している。調べでは、部屋の玄関は施錠され、カーテンも閉められた状態で、長男は母親に刃物を突きつけているとみられる。母親は通報した際に長男が「死んだ人を火葬すると、生きている人と一緒だ。だから火葬するな。そのことを電話しないと殺す」などと話していることを伝えたという。母親は長男と2人暮らし。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080912/crm0809121206014-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆「気持ち悪い」「誰がなぜ」 盗聴器発見、府教委に動揺広がる (12日)

Banner_logo_051_3 誰が、何の目的で-。大阪府教育委員会で12日、職場に盗聴器が仕掛けられているのが分かった。「気持ち悪い」「腹立たしい」。関係者に衝撃が走り、職場には動揺が広がった。橋下徹知事は取材に応じ、開口一番「僕じゃない」。職員の仕事ぶりを隠し撮りさせたことが明るみに出ているだけに、自らの関与をまず否定し、「組織としてはよくないこと。きちんと対応する」と淡々と話した。「何の目的でこんなことを。腹立たしいという一言に尽きる」。12日午後に会見した府教委高等学校課の栗山和之課長はこう怒りをあらわにした。

続きを読む "☆「気持ち悪い」「誰がなぜ」 盗聴器発見、府教委に動揺広がる (12日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆これは面白いぞ 警察官が直接、要望聞きます 県警が「出前交番・駐在所」開設へ (12日)

47newslogo1 かかりつけ医があるように、“かかりつけ警察官”がいてもいい-。山形県警は毎月1回以上、「ふれあい警察の日」を設定し、警察官が直接、住民に防犯上の注意点を紹介したり、意見、要望を聞いたりする「出前交番・駐在所」を開設する方針を決めた。警察官が出向く先として、さまざまな住民が集まる地域拠点の公民館に注目。今後、各警察署が市町村などと協議し、公民館との連携事業を検討する。県内の刑法犯認知件数は年々、減少している半面、東京・秋葉原の無差別殺傷事件など全国的に凶悪な事件が相次いでいる。さらに、架空の医療費還付、携帯電話サイトの利用料請求などの手口で現金をだまし取る振り込め詐欺事件が横行。広報活動を強化しているが、被害は一向になくならない。県警地域課によると、行政職員が配置されている公民館は県内に二百数十カ所。サークルや講座、展示会など利用者はバラエティーに富む。管内の危険個所マップを作るなど独自に防犯活動を展開している公民館も。こうした公民館は「今、何が危険なのか情報が不足している」などと悩んでいるという。公民館との連携事業は「ふれあい警察の日」に推進する。出前交番・駐在所では警察官が直接、振り込め詐欺の手口や近隣の不審者情報などを紹介。利用者からの相談などを受け付ける。ほかにも例えば、公民館利用者にチラシなどで随時、警察からの情報を発信する「お知らせ板」や、利用者が要望などを寄せる「安全・安心ポスト」の設置を想定。ファクスや公民館のホームページなどを使った配信、こども見守り隊など住民ボランティア団体向けの講習会などが考えられる。公民館長会議などを通じて協力を求め、それぞれの地域特性に合った事業を検討する予定。県警地域課は「地域と警察との連携を、組織同士ではなく、住民一人一人との関係に深めたい」としている。 http://www.yamagata-np.jp/news/200809/11/kj_2008091100169.php

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ そして警察の出番です 汚染米転売で強制捜査へ 熊本県警 (12日)

Msn_s1 産経ニュース

米粉加工販売会社「三笠フーズ」(大阪市)が、汚染された事故米を転売した問題で、農林水産省は11日、「美少年酒造」(熊本県城南町)にベトナム産の汚染米を食用として売ったとして、不正競争防止法違反の疑いで三笠フーズと、グループ会社の米穀卸会社「辰之巳」の2社を熊本県警に告発した。県警は告発を受け、近く強制捜査に乗り出す方針を固めた。農水省の調査によれば、三笠フーズ側は農薬アセタミプリドに汚染された米を辰之巳を通じて美少年酒造に売った疑いがもたれている。美少年酒造によると、同酒造は1月から5月にかけ6回に分け、辰之巳を通じて計32・4トンの米を汚染米と知らずに清酒の原料として購入した。辰之巳は同酒造の求めに応じて納入品が国産米であるとする証明書も交付。しかし、売られた汚染米はベトナム産のうるち米だったという。

【事故米不正転売】汚染米、清酒3万本に混入の疑い 熊本・美少年酒造

三笠フーズ(大阪市)による事故米の不正転売問題で、熊本県城南町美少年酒造は9日記者会見し、同社が8月7日以降に出荷した清酒1.8リットル瓶3万本分に汚染米が混入していた疑いが強いことを明らかにした。同社は当該商品の出荷を自粛、自主回収を始める。 同社によると、混入の疑いがあるのは、三笠フーズのグループ会社の米穀卸会社辰之巳(大阪市)から1月31日~5月7日に計6回に分けて購入した32.4トンの米で製造した分。38万本分が在庫として残っており、自主回収や在庫廃棄の費用などを含め被害額は約1億円になるという。九州農政局が仕入れ伝票などを調べたところ「事故米とほぼ一致した」との報告を受けた。美少年酒造は「三十数年間の付き合いだったのに裏切られた。大きい憤りを感じる」としている。

続きを読む "☆ そして警察の出番です 汚染米転売で強制捜査へ 熊本県警 (12日)"

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆NYで追悼式典 同時テロ7周年 (12日)

112869_c1601

Banner_logo_051_2 約3000人が犠牲になった米中枢同時テロから7年を迎えた11日、ニューヨークの世界貿易センター(WTC)ビル跡地近くの公園で追悼式典が行われた。ブルームバーグ・ニューヨーク市長は「米国民として地球市民として、罪のない人たちを追悼するため戻ってきた」と述べた。WTC北棟ビルで働いていた父親を失った子供たちも演壇に立ち、「父は亡くなったがいつも私たちとともにいて、いい人になるよう見守ってくれている」と語り、家族のきずなはテロでも引き裂けないとを訴えた。(ニューヨーク 長戸雅子)http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/177718/

米大統領、テロ戦の成果強調=国防総省でも追悼式-同時テロ7年

9月12日0時33分配信 時事通信

 【ワシントン11日時事】米同時テロでハイジャック機の突入により184人が犠牲になったワシントン郊外の国防総省で11日午前(日本時間同日夜)、遺族らが出席し、追悼式典が行われた。ブッシュ大統領は演説で「勇敢な兵士らのおかげで本土には2557日間、攻撃がなかった」と対テロ戦の成果を強調、兵士の貢献をたたえた。
 ブッシュ大統領はまた、同省敷地内に完成した追悼公園について「大半の米国人が事件の生の記憶を持たない時代になっても、ここを訪れれば21世紀が自由とテロの戦いから始まったことを学ぶだろう」と述べた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080912-00000007-jij-int

続きを読む "☆NYで追悼式典 同時テロ7周年 (12日)"

| コメント (0) | トラックバック (1)

【さらば革命的世代・産経連載】 機動隊員にも妻子がある 警察の方針転換 ☆スペシャルコラム(12日)

Banner_logo_051ヘルメットが割れた

 「正視に堪えない…」。昭和43年10月2日、東京都港区の青山葬儀所。当時、警視庁外事1課長だった元内閣安全保障室長の佐々淳行さん(77)は、喪章をつけたまま、うつむくしかなった。棺の近くには6歳と4歳になる2人の遺児が、事態を飲み込めずに無邪気な表情で座り、その横で31歳の未亡人が嗚咽(おえつ)していた。

 夫は、警視庁第5機動隊分隊長、西条秀雄巡査部長=当時(34)。前月4日未明、日本大学経済学部本館のバリケード封鎖解除に出動し、校舎4階付近から落とされた人頭ほどのコンクリートの塊が頭を直撃、頭蓋骨骨折で意識不明のまま25日後に死亡した。大学紛争による警察官の殉職は初めてだった。
 コンクリートの重さは約16キロ。かぶっていたヘルメットが二つに割れるほどの威力だったという。

 「あんなもの落とされたら死ぬに決まってるだろう」「機動隊員だって妻子がいるんだぞ」。怒りに震える参列者たち。2階級特進で警部となった西条さんの遺影を前に、警視庁幹部らは警備態勢を大転換する方針を固めた。「身内意識」の強い警察にとって、事件はそれほどの衝撃だった。

 当時の公安1課長、村上健警視正はその日の記者会見で憤りをあらわにした。「警視庁はこれまで学生側にも言い分があると思っていたが、もうこれからは手加減しない」

 同年11月から警備1課長に就任した佐々さんは「この一件で警察は態度変えた」と振り返りつつも、「それでも警察の役目は相手を生かして逮捕して裁判にかけることにある。死者を出さない警備をせねばならず、結果的にわれわれの側が大きな被害を受けることになった」と話す。

 その後も44年4月に岡山大で26歳の巡査が側頭部に投石を受けて死亡するなど、学生対機動隊の衝突は激化する一方だった。警察側の負傷者のなかには、失明した人や生涯残るほどの障害を身体に残した人もいた。当時の機動隊員たちにとって、「死」は身近な存在になっていた。

 

続きを読む "【さらば革命的世代・産経連載】 機動隊員にも妻子がある 警察の方針転換 ☆スペシャルコラム(12日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆妊婦さん、シートベルトはこう着けて…警察庁が教則改正 (12日)

2008091142937811n1

警察庁は11日、シートベルトの着用義務が免除されている妊婦について、「着用する方が安全」との見解を初めて示し、交通ルールなどをまとめた「交通の方法に関する教則」を改正し、着用方法を盛り込む方針を明らかにした。これまでは「ベルトが子宮を圧迫して危険」との指摘もあり、妊婦は着用義務の対象外とされてきたが、日本産科婦人科学会などが今年4月、妊婦でもシートベルトを着用した方が交通事故時の衝撃を軽減できるとの見解を示していた。教則に盛り込まれる着用方法は、〈1〉腰ベルトをおなかの膨らみを避けて、腰骨の低い位置を通す〈2〉肩ベルトを腹部を避けて体の側面に通す――などが骨子。正しく着用すれば、事故の際に母体と胎児にかかる衝撃を軽くできるという。同庁では今月末をめどに教則を改正。当面は道交法改正は行わず、着用しなくても罰則は科さない方針。

(2008年9月11日14時35分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080911-OYT1T00614.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆振り込め詐欺売上金持ち逃げした高校生に制裁 少年グループ逮捕 (12日)

Banner_logo_051_4振り込め詐欺の売上金を持ち逃げされたので取り戻して」と依頼され、東京都品川区の私立高校3年の男子生徒(18)を探し出して監禁、暴行を加えたとして、警視庁少年事件課などは監禁傷害の疑いで、大田区の無職の少年(19)ら少年6人を逮捕した。調べでは、少年らは7月11日午前4時20分ごろ、東京都墨田区錦糸の区立体育館近くで、男子生徒に「逃げられると思ってるのか」などと怒鳴って顔を殴るなどして軽傷を負わせた上、乗用車に押し込んで約40分間にわたり監禁した疑い。少年らは、知人の無職少年(18)から「振り込め詐欺の売上金120万円を持ち逃げしたやつがいる。探してくれ」と依頼され、男子生徒の行方を捜索。探し出して犯行に及んでいた。 被害に遭った男子生徒は120万円を持って逃げたことを認め「金はほとんど使ってしまった」などと供述しているが、振り込め詐欺で得た金かどうかなどは供述していないという。逮捕された少年の大半は、振り込め詐欺についての関与を否定している。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/177591/

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆タイ邦人殺害、窃盗で逮捕状=帰国の男2人、捜査本部設置-岐阜県警 (12日)

時事通信タイで岐阜県出身の棚橋貴秀さん(33)の遺体が見つかった事件で、岐阜県警は11日、棚橋さんの口座から無断で現金を引き下ろしたとして、窃盗容疑で愛知県の男(31)、大阪府の男(30)の逮捕状を取った。
 2人は棚橋さんが行方不明となった直後の8月6日に帰国。それぞれ愛知県警と京都府警に出頭し、県警が任意で事情を聴いたが、大阪府の男は現在、所在が分からなくなっており、県警が行方を追っている。
 県警は9日、遺体をタイから移送。DNA鑑定で棚橋さんと確認したことを受け、11日、刑法の国外犯規定に基づき、殺人容疑で山県署に捜査本部を設置した。棚橋さん殺害も2人が関与したとの見方を強めており、タイ警察当局から情報提供を受けるなどして裏付けを進める。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080911-00000136-jij-soci

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ 「出会い喫茶」18歳未満入店禁止! 神奈川県が条例改正案提出 (12日)

47newslogo1_3 神奈川県の松沢成文知事は11日の定例記者会見で、児童買春の温床になる恐れがあるとして、18歳未満の「出会い喫茶」への入店禁止を盛り込んだ県青少年保護育成条例改正案を9月県議会に提出すると発表した。県によると、京都府も9月府議会に同様の改正条例案を提出予定。可決されれば全国初という。出会い喫茶は、男性客が女性を指名し店外に誘い出すことができるシステムで横浜、川崎両市内に計7店舗あるという。改正案は、出会い喫茶を「面識のない異性同士の交際の機会を提供する店舗」と定義。18歳未満の(1)入店(2)勧誘(3)業務への従事-などを禁止する内容。営業停止などの罰則も設ける。

http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008091101000503.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月11日 | トップページ | 2008年9月13日 »