« 2008年9月4日 | トップページ | 2008年9月6日 »

2008年9月5日

2008年9月 5日 (金)

★警視庁管内 体感治安度数 レベル1(7日現在)

  首都東京の体感治安
      (単位・レベル)

          解説

2 今年1月から7月までの警視庁管内の振り込め

詐欺被害総額は42億2460万円で、過去最高

額となった。全国的に振り込め詐欺の被害が増

加しており、国民や都民に与える不安感は大きい。

こうした「まとめ数字」の発表は、一時的に国民に

ショックを与えるが、日常発生する振り込め詐欺

事件の警察発表が少ないため、体感治Bye1安に実感

的な 影響を 与えていない。一方で五日の

朝刊段階(四日午後)では愛知県警など六県警による合同捜査本部が「振り込め詐欺名簿屋摘発」を発表した。しかも、摘発は全国初だという。だが、新聞の扱いは小さいばかりか、産経新聞などは首都圏配布の紙面には掲載されなかった。せっかく逮捕しても、これでは体感治安は好転どころか悪化するばかりである。日本中を震撼させる事件は都内ばかりか全国的にも発生していないのが幸いだ。これに対して警視庁は五日、振り込め詐欺グループに住所や氏名を聞かずに携帯電話を貸したとして、携帯電話不正利用防止法違反(匿名貸与営業)の疑いで、東京都新宿区のレンタル携帯電話会社の代表ら4人を逮捕。同法違反での逮捕者は警視庁で初めてと発表した。前日の国立の小学校への脅迫状事件の犯人逮捕は、休校にするなど地域住民を震撼させた事件だけに、マスコミの扱いは小さいものの体感治安に明るい影響を与えた。五日に新宿のワシントンホテルでスーツケース入りの女性の死体が発見されたが、殺人というよりは死体遺棄の可能性が高く不安感を与える事件ではない。したがって評価は19..9ポイントの「レベル1(みどり)」と判定する

 ※ピーポちゃんの位置が現在のレベルを表示しています。パソコンによっては勝手に動くこともありますので、原稿を参照にしてください。クリックすると挨拶します。宜しく…

続きを読む "★警視庁管内 体感治安度数 レベル1(7日現在)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

★小説 警視庁・薬物特命捜査官(18)(9月5日)

           身柄を確保せよ
080713_164028_m  新潟県警に鬼頭捜査官と警察庁外事課の調査官・加藤警視が到着した時は既に暗くなっていた。県警は刑事、生安、警備の各部長など関係者を集めて二人の到着を待っていた。鬼頭らは五階の会議室に案内された。加藤は席に座るなり挨拶もそこそこに、こう切り出した。
 「外事調査官の加藤です。実は沈没した工作船の付近から二人の遺体が発見されたことはご承知と思いますが、携帯はそのうちの一人が持っていたものです。いろんな押収資料を分析すると水死体は羹という人物と見られています」
 「羹は姓ですが名前の部分が分かりません。海水が入って難しかったのですが、押収された携帯には八十五カ所の送受信電話番号とともにメールの文面がありました。その中のひとつに、日本のお兄さん宛に書かれたと見られるメールがあったのです」
 海保の捜査終了後に提供を受けた資料を基に、警察庁は通信記録を分析。携帯番号を各県警に依頼して確認作業を進めていた。一方でメールの判読も続けていた。
 多くは、在日の朝鮮籍及び韓国籍を持つ人が契約した携帯電話、在日朝鮮人や韓国の留学生の名をデッチあげて購入した携帯で、所有者までは確認できなかった。
 携帯の番号記録からは警視庁が受け持っている朝洋商事や大阪府警が担当する暴力団員、新潟県警担当の金田のように確認されたものがあるが、特にメールは誰に送ったものか、あるいは送られたものかの特定が焦点になっていた。
 「このメールの相手が日本国内に存在することで、今回の工作船事件は、被疑者全員死亡ではありますが、関係者の身柄を確保できる一筋の光が見えてきた訳です」
 加藤はさらに続けた。
 「國島長官が言いたかったことは、まさに、この部分なんです。この部分があるからこそ、まだ捜査は終わっていないのです。日本警察の威信をかける部分なんです」
 警察庁の方針を改めて伝えた。そして、加藤はこう結んだ。
 「羹の通信相手が在日の朝鮮籍、韓国籍の人物ではないかと見ていましたが、これまでの捜査で該当者はいませんでした」
 加藤調査官と笹原は子弟の仲だったことから、笹原が気軽に質問した。
 「内容によっては事件関係者になる訳ですからメールの詳細を…」
 加藤は「ひさしぶり」という様に目で挨拶しながら答えた。
 「所々しか判読できないが、工作員・羹は『北朝鮮国内の両親は既に死亡している』と報告しながら、自分は元気なことを知らせる文面が残っている。相手が、つまり日本にいる者が北京など海外に行った時の連絡に使われたと思われる会話もあったんです」
 笹原の心臓が高鳴った。そしてこう質問した。
 「在日(の者)が海外に行った時に利用されている? しかも北京などで…」
 「その通りですが、なにか…」
 加藤調査官が聞き返した。
 「いや、いいです。後で話します」
 加藤が続けた。
 「それに対して日本国内の人物は、日本の天候や国内の警備情報などに加えて早く会いたいなどの心境も伝えていたことになりますね」
 この言葉に笠原が質問、二人のやりとりが続いた。
 「そうすると日本にいる者は羹の実兄か実弟になるわけですね?」
 「いや水死体は年齢が若いから日本国内の人物が実兄ではないかと見ていますが…」
 「通信記録は、いつ頃と推定されますか?」
 「最も新しいのは二〇〇一年十月三十一日です」
 「金田と羹のDNAが一致すれば、国内における殺人事件の可能性も出てくるわけだ」
 刑事部長の顔色が変わった。県警が追っている悟は青森県人とは別人になる。直ちに刑事・警備両部長指揮による特別捜査本部を立ち上げた。
… … … … …
 

続きを読む "★小説 警視庁・薬物特命捜査官(18)(9月5日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆1歳長女を虐待、死亡 23歳の母親逮捕 (5日)

Msn_s1_3 産経ニュース

1歳長女の腹を踏みつけるなど虐待したとして、浦和東署は5日、暴行の疑いでさいたま市緑区三室のアルバイト店員、近藤和紗容疑者(23)を逮捕した。長女は搬送先の病院で死亡。同署は司法解剖し、死因と暴行の因果関係を調べる。調べでは、近藤容疑者は4日午後8時15分ごろ、自宅アパートで、長女の腹を2、3回踏みつけ、つめを腹に押しつけるなどの暴行を加えた疑い。近藤容疑者が「娘の意識がもうろうとしている」などと市内に住む両親に連絡し、同日午後8時半ごろ、両親が119番した。調べに対し、近藤容疑者は「娘がなつかず、大泣きしたのでカッとなった」と供述している。同署によると、近藤容疑者はアパートで長男(3)、長女と双子の二男(1)の4人暮らし。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080905/crm0809051032009-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆女性は必見の原稿です  働く女性の防犯 夜道、密室…油断は禁物 (5日)

111219_c1601

Banner_logo_051_5

痴漢や通り魔、ストーカーなど女性を狙った犯罪があとを絶たない。職場からの帰宅途中やマンションでの1人暮らし…。日常生活の中で予期せぬ犯罪から身を守るにはどうすればいいのか。働く女性向けに防犯のノウハウを指南する『ライフスタイルWoman360。』(本の泉社、840円)をまとめた専門家に対策を聞いた。(中曽根聖子)

 女性を狙う凶悪犯罪の多発を受け、大手警備会社「セコム」(東京都渋谷区)は昨秋、女性社員5人によるプロジェクトチーム「働く女性の安全委員会」を発足。啓発活動の一環として今年3月、防犯のノウハウをまとめた同書を出版し、同社のウェブ上にも防犯コーナーを開設した。同社が全国の働く女性135人を対象に行ったアンケートによると、痴漢の被害に遭った人は85人に上るのに、外出時の対策として防犯ブザーを持つ人はわずか10人で、118人は「何もしていない」と答えた。あまりにも無防備な実態にメンバーの一人、真野恵理さんは「どんなに悲惨な犯罪被害が報じられても、自分だけは大丈夫と思う人がほとんど。でも女性なら絶対に安全といえる場所や時間はないという現実を知り、自分の身を守る方策を考えて」と呼びかける。では、具体的にどんな行動を心がければいいのか。

 

続きを読む "☆女性は必見の原稿です  働く女性の防犯 夜道、密室…油断は禁物 (5日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

★振り込めグループに携帯電話レンタル 会社社長ら逮捕 (5日)

Banner_logo_051_4 振り込め詐欺グループに住所や氏名を聞かず携帯電話を貸したとして警視庁捜査2課は携帯電話不正利用防止法違反(匿名貸与営業)の疑いで、東京都新宿区のレンタル携帯電話会社「ITコミュニケーション」代表、野坂和哉容疑者(26)=同=ら4人を逮捕した。同法違反での逮捕者は警視庁で初めて。調べによると4人は今年1月下旬、新宿区の路上で、振り込め詐欺グループのリーダーだった加藤 千弥(かずや)被告(26)=電子計算機使用詐欺罪で起訴=に対し、氏名や連絡先を確認せずに携帯電話9台を23万円で貸した疑い。加藤被告らは借りた携帯電話を使って振り込め詐欺を繰り返していた。同社は800台の携帯電話を保有し、タブロイド紙に広告を出すなどして客を募り、1台2万5000~3万円で貸し出していた。同社の携帯電話は、これまでに150件の振り込め詐欺で使われ、計2億円の被害が出ている。調べに野坂容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認している。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/176051/

続きを読む "★振り込めグループに携帯電話レンタル 会社社長ら逮捕 (5日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆大阪の新聞購読料詐欺で 容疑者とみられる男の写真公開 (5日)

111360_c1601

Banner_logo_051_3

新聞販売店従業員を装った男が「長期契約すれば購読料を安くする」などと偽って購読者から現金をだまし取った事件で、大阪府警泉佐野署は5日、同府熊取町内の被害者宅の防犯ビデオで撮影された男の写真を公開した。大阪市内などで相次いでいる同様の事件の被疑者と年齢や体格が似ており、同署は同一犯とみて捜査している。同署によると先月29日午後1時半ごろ、熊取町大字大久保の女性(29)が自宅を訪れた読売新聞と朝日新聞の販売店主を装った60歳ぐらいの男から「1年契約すると両新聞共通の購買券や2万5000円分のデパート商品券をあげる」と言われ2万円を渡した。その後男は「車に購買券などを取りに行く」と言って現金を持ったまま姿を消したという。女性が販売店に確認したところ「そうしたサービスはしていない」と言われ、同署に被害届を提出した。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/176059/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆モスクワのカフェで爆発、10人死傷 (5日)

Banner_logo_051_2 モスクワ南部のカフェで4日午後10時(日本時間5日未明)ごろ、爆発があり、1人が死亡、9人が重軽傷を負った。捜査当局は、何者かがカフェのテラス席に手榴(しゅりゅう)弾のような爆発物を投げ込んだものとみて調べている。ラジオ局エホ・モスクブイは当時、カフェには露南部カフカス地方の出身者が集まっていたと伝えており、グルジア紛争に触発された排外主義者によるテロである可能性もある。(モスクワ 遠藤良介)

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/176124/

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆こんな手口で… 「パチンコ勝てる」と百数十万円詐欺 (5日)

Msn_s1_2  産経ニュース

宮城県石巻市の20代女性がパチンコ店とトラブルになった際の保証金名目で、現金計百数十万円をだましとられたと石巻署に4日、届けた。同署は、振り込め詐欺事件とみて捜査している。調べでは、女性は7月中旬、携帯電話で登録した派遣会社の契約社員として働き始め、約1週間後、「パチンコの仕事がある。必ず勝てる打ち方を教える」などと持ち掛けられた。その際、「パチンコ店とトラブルになった場合、店にお金を支払う必要があるが、『業務履行保証金』を支払っていれば、支払う必要はない」と言われ、8月中に3回、計百数十万円を複数の銀行口座に振り込んだ。指示通りにパチンコをしても勝てず、会社に電話をしても通じなくなり、女性は被害に気付いたという。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080905/crm0809050020000-n1.htm

続きを読む "☆こんな手口で… 「パチンコ勝てる」と百数十万円詐欺 (5日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆6日にもウナギ偽装で家宅捜索へ 愛媛県警

Msn_s1  産経ニュース

愛媛県伊予市の「サンライズフーズ」(大山修人社長)によるウナギの産地偽装問題で、愛媛県警は4日、高知、宮崎県産のウナギを愛媛県産と表示した不正競争防止法違反(虚偽表示)容疑で、6日にも同社など数カ所を家宅捜索する方針を固めた。大山社長が仕入れた中国産かば焼き約113万匹の流通先が不明で、ガス使用量改ざんなどの工作も発覚したことから、県警は意図的な産地偽装で全容解明には強制捜査が不可欠と判断。中国産を国産と偽っていた疑いもあるとみて、約113万匹の行方も解明する。調べでは、同社は自社の養殖場から仕入れた活ウナギに高知県産と宮崎県産が混入しているのを知りながら、製造したかば焼きを愛媛県産と表示し、出荷していた疑いが持たれている。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080905/crm0809050202005-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆国立市の小学校殺害予告女を逮捕 再三の苦情を郵送 学校は休校 さすが警視庁ですね(5日)

 Banner_logo_051 東京都国立市の市立第五小学校の全児童538人を狙った殺害予告が警視庁に封書で届いた事件で、警視庁は以前から同小に苦情を訴えていた女による犯行と断定、威力業務妨害の疑いで4日夜、逮捕した。 市教育委員会は4日、同小を休校にしていた。調べでは、女は同市の無職、岡部和子容疑者(60)。8月下旬ごろから今月初めにかけ、警視庁あてに、自筆で「児童4人が自転車に乗っていた自分とぶつかった」「5小の全児童を殺す」などと脅迫文を郵送。小学校を休校にさせるなどして業務を妨げた疑い。封書の差出人は架空だったが、脅迫文の内容や筆跡などから、岡部容疑者の犯行と断定した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/175915

続きを読む "☆国立市の小学校殺害予告女を逮捕 再三の苦情を郵送 学校は休校 さすが警視庁ですね(5日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆殺害予告は茶封筒 パトロール強化 東京・国立の小学校 (5日)

Msn_s1_5  産経ニュース

 東京都国立市の市立第5小学校の全児童538人を狙った殺害予告が、警視庁に封書で届いていたことが4日、分かった。警視庁から連絡を受けた市教育委員会は4日、国立5小を休校にするとともに、パトロールを強化した。一方、立川署は威力業務妨害や脅迫の疑いがあるとみて捜査を始めた。調べでは、殺害予告は茶封筒で警視庁あてに郵送された。消印は今月1日で、封筒の中には便箋(びんせん)3枚が入っており「児童4人が自転車に乗っていた自分とぶつかった」「5小の全児童を殺す」などと書かれていた。差出人の住所や名前も記されていたが、該当する人物は存在しなかったという。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080904/crm0809042019025-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (1)

☆「自分は重要な人間だ」と思い込む 「自己愛性人格障害」とは何か (5日)

J-CASTニュース茨城県土浦で8人を連続殺傷した犯人が、人格障害の一種「自己愛性人格障害」と診断された、と各紙が報じている。この障害は「自分は重要な人間だ」「周りは自分を理解できない」と思い込むのが特徴だ。ただ、一方で本当に「自己愛性人格障害」なのかという指摘もある。

■「世が世ならば、自分はもっと高い地位にいたはずだ」

  「魔法の世界は現実と違い、自分は特別な存在になれる。すべてが自分の思い通りにできる。だから死にたい」 2008年8月31日「朝日新聞」は金川真大被告がこのように供述していると報じた。茨城県土浦市のJR荒川沖駅で08年3月に8人を殺傷した犯人は、高校を卒業してから進学も就職もせず、コンビニでアルバイトをしていて、家に帰れば部屋にこもってゲーム三昧。一緒に暮らしている家族とはほとんど口をきかなかった。そして次第に、「世が世ならば、自分はもっと高い地位にいたはずだ」と思い込むようになった。逮捕後、捜査関係者にも真顔でそう話し、不満を口にする場面もあったという。そんな「本来」の自分になれる理想世界を死後に求めた。犯行に及んだのは死刑になるためで、「自殺は痛いからいやだ」「派手な事件を起こして死刑になりたかった」として身勝手極まりない理屈を述べているという。 「自己愛性人格障害」というのは聞きなれない病名だが、この人格障害には、幼少期に過保護に育てられ、「私は特別な人間なんだ」と思い込むタイプがあるという。厚顔無恥、誇大、顕示欲の強さなどが特徴とされる。また、幼い頃から親の愛情を受けなかったために、「自分は本当はもっとすごいんだ」と空想して、傷付いた自尊心を取り戻そうとするタイプもあるという。

 

続きを読む "☆「自分は重要な人間だ」と思い込む 「自己愛性人格障害」とは何か (5日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆ジュリアナ6日に一夜限り復活 荒木師匠はボディコン特注 (5日)

47newslogo1_4

 1990年代前半に一世を風靡した伝説的ディスコ「ジュリアナ東京」が6日、東京・ディファ有明で一夜限りの復活を遂げる。かつて扇子を振って踊るダンスを流行させ、“お立ち台の女王”と呼ばれた荒木師匠ことタレントの荒木久美子も出陣する。レコード会社エイベックスの創立20周年記念企画の一環。94年に閉店したジュリアナのお立ち台を再現し、ボディコン衣装のレンタルも行う。復活を歓迎する荒木は美容系クリニックに通ってダイエット。「お立ち台は戦いの場。わたしにとってボディコンは戦闘服」と語り、当日は特別注文の衣装で臨む。「体力や肌の張りでは若い人に負けるけど、あの時代の空気を体感した者として最高のパフォーマンスを見せて一番目立ちたい」と宣言した。http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008090201000554.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

☆学校の先生も高齢化 小学校は平均年齢44.4歳 過去最高を更新 (5日)

産経新聞平成19年度の小中高校教員の平均年齢は3年前より0.3~0.9歳上昇し、いずれも過去最高を更新したことが4日、文部科学省の学校教員統計調査で分かった。全体に占める割合も50~55歳が小学校で20.8%(16年度比2.9ポイント増)と最も多いが、20歳代の割合も小中学校で1~2ポイント増えるなど「世代交代」が始まっている。調査は3年ごとに行っており、今回は19年10月1日現在で調べた。
 平均年齢は小学校は44.4歳(16年度44.1歳)、中学43.8歳(同42.9歳)、高校45.1歳(同44.3歳)でいずれも過去最高となった。
 

続きを読む "☆学校の先生も高齢化 小学校は平均年齢44.4歳 過去最高を更新 (5日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月4日 | トップページ | 2008年9月6日 »