« ☆26日誕生のパンダの赤ちゃん死ぬ 神戸市立王子動物園  (29日) | トップページ | ☆東京駅に不審なバッグ ガスボンベやライター、煙上がる (30日) »

2008年8月29日 (金)

☆小説 警視庁・薬物特命捜査官(17) (29日)

               謎はさらに深まった
 080713_164028_m 「詠子(えいこ)です。キャップはいますか」
 警視庁の九階にある毎朝新聞記者クラブは宮本キャップと生安担当の二人だけが留守番をしていた。一課の詠子は仙台から青森県の金田の自宅取材に出張取材中だ。捜査二課担当は詠子の応援で捜査本部のある江戸川警察に向かっている。
 青森の詠子からの報告である。
 「金田正夫さんが捜していたのは兄の悟さんで昭和十八年生まれの五十九歳。中学を出て八戸市内の自転車店で働いていたそうですが、昭和三十九年ごろ東京の赤羽にある不動産会社に就職したそうです」
 疲れを見せない報告に宮本の言葉も弾んでいた。
 「独身だったのか?いつ頃から行方不明になったんだ。写真はあるのか?」
 「毛無森に行ったのですが、第一、金田家そのものを知る人はいませんでした。駐在さんに聞いたのですが、新潟県警からの手配で調べた当時の話しでは、五戸川の一部周辺に引き揚げ者の集落があったらしいということでした」
 宮本の弾んだ言葉のトーンが落ちた。
 「そうすると金田正夫さんは悟さんを捜しに東京に出た当時は何処に住んでいたんだ。そこに行けば話しはとれるだろう」
 「五戸町は五戸町なんですが、どっちかと言うと八戸市の郊外でリサイクルショップを経営していたそうです。昔はくず鉄商だったそうです」
 「じぁ悟さんの話しはなにもないのか?写真などは?」
 「それがですね。中学三年生の卒業写真があったんですよ。今、支局の記者が送稿に行きました。それに殺された正夫さんの写真も若い当時の写真ですが、一緒に送ります」
 自ら判断してテキパキと仕事を進める詠子の仕事ぶりに、宮本はさすがは「一課担」だけあるなと思った。そして続けた。
 「よしいいぞ。それで…」
 「悟さんは東京に行って五、六年間は連絡があり真面目に働いていたそうですが、それ以来まったく連絡がつかなくなったそうです。赤羽に勤めていたころの住所は埼玉県の川口市なのでそっちで調べてほしいのですが…」
 詠子は続けた。
 「住所は埼玉県川口市領家×丁目××、アーバンハイツ領家一〇二号室だそうです」
 「分かった。古い話しかないようだが、それは仕方がない。で…悪いけどな、きょうは一泊して明日、こっちに帰ってくれないか」
 キャップの「明日帰れ」に不満そうな詠子の声が宮本の耳に残った。宮本は心で詫びた。
 

  毎朝新聞川口通信部からの報告書が警視庁の宮本宛てにファックスで届いたのは、翌日の昼前だった。通信部員が不在で取材が遅れたというのだ。
 ファックスを見た宮本が川口通信部員に電話かけた。金田悟に関する詳細な報告書に謝意を言うつもりだった。
 「何十年にもなるのでその資料を廃棄してもおかしくないのですが、庁舎移転前なので残っていました。ですから世間に出すこと事態問題なのですが、たまたま警視庁からの問い合わせの直後に私が飛び込んだものですから…。タイミングが良かったのと昔からのネタ元だったので入手できた情報なんです」
 と通信部員は興奮して報告した。そしてファックスの内容をこう話した。
 「住民票見てください。川口には昭和三十九年五月に届け出がありました。青森県五戸町からの転入なんです。そして見てもらえれば分かると思いますが、悟さんが川口から転出したのは五十一年八月二十一日なんです。当然、その先は分かりません」
 「領家×丁目のマンションの聞き込みは全然、モノになりませんでした。『隣は何をする人ぞ…』なんです」
 毎朝新聞は社会部遊軍記者五人を使い、当時の赤羽の勤務地を含めて金田悟さんの足取り取材に全力をあげた。
 詠子の記事は殺害された金田正夫さん事件で、正夫さんが捜していた悟さんが現在も行方不明であり、謎を提供する夕刊ネタとしては十分なインパクトを与えた。
       …  …  …  …
 「毎朝の夕刊見たか」
 新潟県警の生安課長が叫びながら保安課に飛び込んできた。保安では毎朝新聞でなく地元紙の新潟日々を購読していた。
 「おい、俺たちが追っている金田悟と毎朝の顔写真が違うような気がするな。中学当時だからと言っても、明らかに違うよな。これ…」
 「写真(悟さんの)を持って来いよ」
 「違うぞこれは骨格が…。こっちの悟は在日ではないかと言われているたげに…いや、そう信じていたのになぁ。いきなり青森県の人と言われても…」
 「同姓同名と言っても出身地まで同じなんだから…」
 二人の写真の違いは生安部長から警察庁外事課にも報告された。
 新潟県警では毎朝新聞の夕刊報道で生安、警備、外事に刑事部捜査一課が加わり、緊急捜査会議が開かれた。
 「こっちが追っている奴の写真と行方不明になった悟と違うというのはどういう事態が考えられるんですか?」
 鮫島警備部長の問いかけに笹原外事課長が立ち上がり、興奮した声で報告が始まった。
 「人が違うのでしょう」
 「バカ野郎、そんな事ぐらい分かっているよ。その先だよ先」
 鮫島警備部長の唾が飛んだ。笠原課長が答えた。
 「なりすましですよ。言葉を換えれば『はい乗り』です」
 「言葉なんて変えなくても分かるんだよ。いちいち堪にさわるな、君は…」
  鮫島は笠原を睨み付けた。「またいじめているな」と感じた花田刑事部長が鮫島を制した。
 「まぁーまぁー。そう興奮しないで…」
 花田部長の言葉に笹原はホットした。そしてこう続けた。
 「これはあくまでも想像ですが、例の北朝鮮による拉致事件で利用された手口で、北が工作員を養成する日本人教官獲得のための常套手段でした」
 笠原は、さらに続けた。
 「日本人の戸籍を買うか、あるいは殺害して強引にその人物になりすますのです」
 そして笹島は、はい乗りの代表的事件として西新井事件の説明を始めた。
 「昭和四十五年ごろ李京雨という北朝鮮の工作員が密入国した後、東京都内のゴム製造会社に就職するのですが、その時の名は松田某。昭和四十七年には東京・山谷の路上で寝ていた小熊某にはい乗りしていたんです。日本を拠点に韓国、香港、マレーシア、タイなどに出入国を繰り返していた事件です」
 この言葉を遮るように鮫島が口を開いた。
 「ちょっと待った。ということは青森の金田悟が俺たちが追っている悟にはい乗りされたと言うのか?」
 「想像ですが、その様に考えられます」と笠原。
 「だとすれば、今回の北朝鮮の工作船事件とピッタリ結びつくことになりはしないか?」
 鮫島のこの言葉に、出席者全員が〝刑事熱〟を自覚した。
 鮫島はさらに続けた。
 「そうすると…」言いかけた時、会議室の電話が鳴った。警備部別室の職員が電話に出た。そして
 「阿部生安部長= 警察庁の重森課長からです」
 会議が中断した。笹原は「来たな」と思った。
 「重森です。写真が違うって…。金田悟の写真が違うというのかね。その前に金田の柄(身柄)は何処にあるの? 別件でも良いから確保できないの? 海外に飛ばれると困るでしょうが…」
 「それが…容疑が…ないので…。見張りはしているのですが…」
 と阿部が口ごもった。
 「柄、捕れない?こちらから警視庁の鬼頭捜査官を向けるから…青森県警と…それと、悟はどこの県に足取りがあるんだね」
 「はい、長野県内にあります」と阿部。
 「じゃ、長野県警も含めて本物の悟、いや追って…う~ん、どうでもいいや。とにかく悟の足取り確認も急がないと…。それと奴の髪の毛でも良いからDNA鑑定の資料収集に全力を挙げること…。鑑定には最低でも三日が必要だからね。それに引きネタは拘留時間を考えてな…」
 一呼吸おいて重森はさらに続けた。
 「それに言っておくが、海保の捜査は終わった。しかし、先日、國島長官が言った通り、警察は全力投球の方針を固めていることを忘れないようにね。頼みますよ」
 重森の言葉は厳しい口調だった。阿部は受話器の向こうの重森の苛立ちが分かった。
 こうして新潟県警では〝なりすまし事件〟が浮上、それが警視庁・隅田川の殺人事件と結びつき、さらに、なりすましの手段によっては新たな殺人の可能性が出てきた。捜査範囲は警視庁、長野県警、埼玉県警、青森県警へと広がった。
 警視庁と新潟県警は刑事部捜査一課を中心に薬物関係では生活安全部、北朝鮮工作船関連の〝なりすまし事件〟では警備・公安部からも捜査員を動員する大捜査体勢を組むことになった。つづく

« ☆26日誕生のパンダの赤ちゃん死ぬ 神戸市立王子動物園  (29日) | トップページ | ☆東京駅に不審なバッグ ガスボンベやライター、煙上がる (30日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/42321819

この記事へのトラックバック一覧です: ☆小説 警視庁・薬物特命捜査官(17) (29日):

» 俳優の柳楽優弥さん、病院搬送=大量に薬物摂取か、治療終える−東京 [ブログニュース]
 カンヌ国際映画祭の最優秀男優賞を史上最年少の14歳で受賞した俳優柳楽優弥さん(18)が29日未明、東京都品川区の自宅マンションから救急車で病院に運ばれた。大量に薬物を摂取したとみられ、家族が119番した。命に別条はなく、所属事務所は「治療を終えており、入院はしていない」としている。 柳楽さんは2004年、映画「誰も知らない」で主役を務め、カンヌ映画祭で最優秀男優賞を受賞した。その後はドラマやCMでも活躍してい...... [続きを読む]

受信: 2008年8月30日 (土) 午前 10時03分

« ☆26日誕生のパンダの赤ちゃん死ぬ 神戸市立王子動物園  (29日) | トップページ | ☆東京駅に不審なバッグ ガスボンベやライター、煙上がる (30日) »