« ★「罪の意識あった」青森産リンゴ果汁偽装は社長の指示 何を信じてよいのか分からん世の中だよ (5日) | トップページ | ★事件続く桐生一に警官講師派遣 規範意識向上へ特別研修 これは英断ですが、事件が起きてからでは遅すぎます (5日) »

2008年8月 5日 (火)

★「松本サリン事件終わった」妻、澄子さんの死亡で河野義行さんが会見 (5日)

Crm0808052138022n21

Msn_s1_3

産経新聞ニュース

「わが家にとっての松本サリン事件の終わる日というのは、妻が治った日、あるいは死んだ日。ですから松本サリン事件は、これで終わった日になる。そんな位置付けになると思う」。河野義行さんは5日午後、長野県松本市の自宅前で報道陣の取材に応じ、妻、澄子さんの死去にふれて、こう語った。 澄子さんの14年間の闘病生活を振り返っては、「やっぱり生きる意義を感じていたと思う。それは、自分がいつも妻に『あんたは寝ているだけと思っているかもしれないけれど、実は家族や私を支えているのは、あんたなんだよ』と言っていたので、彼女の中では、生きる意義があって、命のギリギリまで燃やし続けてくれた」と話した。松本サリン事件の実行犯らに対しては、「以前と変わらない。憎んだりする思いは今でも持っていない」と述べた。また、事件前の澄子さんの人柄を聞かれた河野さんは、「格安商品が大好き。スーパーで肉が安いと3キロ、4キロと買ってくる。子供にはやさしくて、おやつは妻がほとんど作って子供に食べさせていた」と家庭でのエピソードを紹介した。子供3人が小学生だったときに毎年行っていた家族のキャンプ旅行が、鮮明に覚えている澄子さんとの楽しい思い出。心に残っている言葉。それは、「パパー」と自分を呼んでいたhttp://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080805/crm0808052138022-n1.htm澄子さんの声だという。

« ★「罪の意識あった」青森産リンゴ果汁偽装は社長の指示 何を信じてよいのか分からん世の中だよ (5日) | トップページ | ★事件続く桐生一に警官講師派遣 規範意識向上へ特別研修 これは英断ですが、事件が起きてからでは遅すぎます (5日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★「松本サリン事件終わった」妻、澄子さんの死亡で河野義行さんが会見 (5日):

« ★「罪の意識あった」青森産リンゴ果汁偽装は社長の指示 何を信じてよいのか分からん世の中だよ (5日) | トップページ | ★事件続く桐生一に警官講師派遣 規範意識向上へ特別研修 これは英断ですが、事件が起きてからでは遅すぎます (5日) »