« ★厳重警備でピリピリ、北京五輪テロ対策の成果は?(2日) | トップページ | ★もはや、ここまで落ちた少年犯罪 16歳の少女は「生きていくのが嫌になった」…(3日)  »

2008年8月 3日 (日)

★時代の寵児…晩年は闘病の日々 赤塚不二夫さん「忙しすぎて、死んでいる暇なんかないのだ!」が死去 (3日)  

 Top0808030021

Banner_logo_051

「赤塚のナンセンス漫画の根底にはどこか哀愁があり、彼が目指していたチャプリンの世界と重なってしまう」。伝説の漫画アパート「トキワ荘」でともに暮らした友人、杉並アニメーションミュージアムの鈴木伸一館長はこう評する。 赤塚さんがトキワ荘に入居した当初、少女漫画を描いていたがさっぱり売れなかった。ある日、雑誌の穴埋めとして描いたギャグ漫画「ナマちゃん」が人気に。その後も「おそ松くん」「天才バカボン」など、漫画史に残る作品を連発。一躍、時代の寵児(ちょうじ)となった。

 

単行本は飛ぶように売れ、アニメ化される。貧乏だったトキワ荘時代の反動からか、にぎやかな生活を送るようになった。ショーやジャズ祭の演出、タレントのタモリの発掘…。活躍の場を広げ、キャラクター同様に自身も人気者となった。平成7年、還暦と漫画家生活40周年を迎えた。このころから病魔との戦いの連続となった。9年末に食道がんが判明し、12年には急性硬膜下血腫で開頭手術。それでも笑いへの情熱は失われなかった。同年に出版した視覚障害の子供たちのためのギャグ満載点字絵本「よーいどん!」が大ヒット。しかし、14年には、脳内出血で再び手術。16年からは意識不明の状態が続いていた。18年には闘病を支えた妻、眞知子さんが急逝した。 10年にがんを公表した際、同じ食道がんを患った落語家、立川談志さんと“がん対談”を行った。もらった名は、立川不二身(ふじみ)。記者会見の席では、“シェー”のポーズとともに、得意のユーモアでがんをこう笑い飛ばした。

 「忙しすぎて、死んでいる暇なんかないのだ!」http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/166365

« ★厳重警備でピリピリ、北京五輪テロ対策の成果は?(2日) | トップページ | ★もはや、ここまで落ちた少年犯罪 16歳の少女は「生きていくのが嫌になった」…(3日)  »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★時代の寵児…晩年は闘病の日々 赤塚不二夫さん「忙しすぎて、死んでいる暇なんかないのだ!」が死去 (3日)  :

« ★厳重警備でピリピリ、北京五輪テロ対策の成果は?(2日) | トップページ | ★もはや、ここまで落ちた少年犯罪 16歳の少女は「生きていくのが嫌になった」…(3日)  »