カテゴリー

« ☆銀座に装甲車! 都が防災訓練 初の日曜開催に (31日) | トップページ | ☆朝日新聞1面 中国「ギョーザ中毒は工場内犯行」 臨時工を集中聴取 (31日) »

2008年8月31日 (日)

☆島根県警は、本部と県内十二警察署の取調室に、透視鏡(マジックミラー)を増設 (31日)

47newslogo1_2 捜査部門以外の警察官が容疑者の取り調べを監督する制度が、九月から試験運用される。島根県警は、本部と県内十二警察署の取調室に、透視鏡(マジックミラー)を増設するほか、監督実施者十三人を決め、準備を進めている。 監督実施者は、本部は総務課課長補佐が担当するほか、ほとんどの署では総務課長ら総務部門の責任者が務める。一部の小規模署は副署長や次長が担当する。

 

取調室に設置される透視鏡は、室外が明るい場合、室内の取調官や容疑者から鏡の向こう側にいる監督実施者が見えることもある。このため、県警は窓に遮光カーテンを付けるなど、室外を暗くすることで、室内から監督実施者の姿が見えないよう工夫した。 県内では、透視鏡を設置していない取調室が約五割あるといい、今後増設する予定という。同制度は、鹿児島・志布志事件などで密室での取り調べが問題視されたことから、国家公安委員会が四月に定めた規則に基づき、実施する。本部と各署に取り調べ監督官を置き、同規則で監督対象行為と定めた(1)容疑者の体への接触(2)ことさらに不安を覚えさせる言動(3)便宜供与や便宜の約束-などの問題行為を確認すれば、取り調べを中止したり、捜査主任官に対応を要請する。http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=505870004

« ☆銀座に装甲車! 都が防災訓練 初の日曜開催に (31日) | トップページ | ☆朝日新聞1面 中国「ギョーザ中毒は工場内犯行」 臨時工を集中聴取 (31日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ☆銀座に装甲車! 都が防災訓練 初の日曜開催に (31日) | トップページ | ☆朝日新聞1面 中国「ギョーザ中毒は工場内犯行」 臨時工を集中聴取 (31日) »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

留置所

無料ブログはココログ