« ★被害男性は日系ブラジル人 愛知の路上殺人事件 (23日) | トップページ | ★悲劇から2年 撲滅なお遠く 福岡県警取り締まり 今年1月福岡地裁が「危険運転致死傷罪」の訴因変更を求めた事件 アホな裁判官がいるから飲酒運転が減らないんだよ 白書を見てみろ!(24日) »

2008年8月24日 (日)

★<五輪野球>短期決戦、「情の采配」通じず 星野監督 毎日新聞 (24日)

毎日新聞

2008082300000116maibasethum0001 北京五輪の野球は23日、3位決定戦で、日本は米国に4-8で逆転負けを喫して4位となり、銅メダル獲得はならなかった。メダルを逃したのは00年シドニー大会以来。野球は12年のロンドン大会で実施競技から外れることが決まっている。 ○米国8-4日本● 日本投手陣が、米国の長打攻勢に屈した。日本は一回、荒木のソロ本塁打で先制、同点の三回にも青木の3ラン本塁打で勝ち越した。しかしその裏、和田が4番・ブラウンに3ランを浴びて同点とされると、五回には2番手の川上がティーガーデンに2点適時二塁打、続くドナルドに左越え2ラン本塁打を放たれた。日本の打線は序盤の勢いを生かせず、四回以降は散発4安打に終わった。▽日本・星野仙一監督 (故障者が多かった)ケガはつきもの。言い訳にならない。最初の試合(キューバ戦)から打者も投手も、怖々やっているというか、戸惑った感じだった。しかし選手は必死で、一つになってやってくれた。申し訳ない。その一言です。

News1_2  「金メダルしかいらない」と北京五輪に臨んだ野球日本代表は、銅メダルにすら届かなかった。チームを率いた星野仙一監督は「日本の野球のレベルを見せつけようという思いがあったが、それができない難しさ」と振り返り、短期決戦で行われる国際大会の、采配(さいはい)の難しさを漏らした。野球の監督には大きく分けて「勝負に徹するタイプ」と「選手を育てるタイプ」がいるとされる。その違いは「選手は駒」として非情に割り切れるか否か。星野監督はプロ野球・中日や阪神の監督時代を通じ、後者のタイプと言われてきた。五輪でも、そうした一面が出た。1次リーグで2敗を喫した岩瀬を、準決勝でも八回から起用して打ち込まれ、金メダルへの夢を断たれた。準決勝で2失策のG・G・佐藤を3位決定戦でも先発で起用し、佐藤は再び大きな失策を犯した。「(五輪で)勝つためには何でもやる」と公言していた星野監督だが、采配のバックボーンは、やはり「情」だった。1年間のプロ野球のペナントレースなら、意気に感じた選手が立ち直るのを待つ余裕もある。しかし、1試合の勝敗が大きく左右する五輪では、一つのミスが致命傷につながる。 短期決戦ではツキのない選手、波に乗れない選手も出る。故障者も相次いだ。それを切り捨てることができなかった「情の采配」の敗北だった。【田中義郎】http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080823-00000116-mai-base

【ブロガーコメント】

Nisshou4 星野タタキをしてもしょうがないだろう。十分な戦力を与えなかった日本プロ野球機構が〝犯人〟や。韓国などはシリーズを中断しているではないか。それなのに日本は、パリーグの反対で休まなかった…で、代表選手の中には故障者が多かったと聞く。それにしてもこの新聞なんかは、選手交代に「情」が入ったという。それが監督に与えられた権限やないのか? 指揮官していると「こいつに賭けてみたい」という時があるもんだよ。それよか、マラソンはなんや!女子に続いて男子選手も不参加だとさ。昔は、国家予算としてオリンピック選手の強化予算っていうのあったが、今はないのかな… いや、待てよ。確かクーベルターンとか言うオッサンがいたよな。確か「参加することに意義がある」とか言っていなかったかなぁ

« ★被害男性は日系ブラジル人 愛知の路上殺人事件 (23日) | トップページ | ★悲劇から2年 撲滅なお遠く 福岡県警取り締まり 今年1月福岡地裁が「危険運転致死傷罪」の訴因変更を求めた事件 アホな裁判官がいるから飲酒運転が減らないんだよ 白書を見てみろ!(24日) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/42251365

この記事へのトラックバック一覧です: ★<五輪野球>短期決戦、「情の采配」通じず 星野監督 毎日新聞 (24日):

» 無念!星野ジャパン、そして野球の未来 [ぷーーさんの日記]
無念!星野ジャパン。痛恨のメダルなし!オリンピックが閉幕しました。10日間の日程で行われた五輪野球。韓国の金で閉幕しました。崖っぷち予選4位から始まった準決勝。韓国戦は先制しながらもまさかの逆転負け、そして失意の3位決定戦。対アメリカ、こちらも先制しながらまさかの逆転負け、敗因は何だろう?監督の采配?人選ミス?いろいろ言われているけれど、、、、、まず準決勝の韓国戦。観ているほうすらも、いつ打たれるかもと、韓国打線に怯えていたような気がします。一方韓国ベンチはどうだったのだろう...... [続きを読む]

受信: 2008年8月27日 (水) 午後 11時26分

« ★被害男性は日系ブラジル人 愛知の路上殺人事件 (23日) | トップページ | ★悲劇から2年 撲滅なお遠く 福岡県警取り締まり 今年1月福岡地裁が「危険運転致死傷罪」の訴因変更を求めた事件 アホな裁判官がいるから飲酒運転が減らないんだよ 白書を見てみろ!(24日) »