« ★これは放置できません 刑事8割が「捜査協力得にくい」 平成20年版警察白書  (22日) | トップページ | ★審理長期化必至か 三浦容疑者、サイパン逮捕劇から半年経過 (22日) »

2008年8月22日 (金)

★面倒、多忙、警察嫌い…=得にくい国民の捜査協力-警察白書 まだまだ日本は平和なんだよ(22日)

News1 時事通信

「面倒」「多忙」「警察を快く思わない」-。そんな理由で、警察が国民の捜査協力を得にくくなっていることが、2008年版警察白書から読み取れる。「聞き込み」を糸口に解決した事件数も大幅に減っており、「協力の確保は急激に困難になっている」としている。
 警察庁は1-2月、第一線の刑事警察官に日ごろ感じる困難や課題をアンケート。全国の計2454人から得た回答を白書に載せた。
 それによると、「捜査への協力を得ることが困難と感じる」は79.2%に上った。最も多い理由(複数回答可)は、「警察に話すのが面倒と考えている人が多い」の58.3%。次が「情報提供に慎重な会社が多い」の48.2%で、「多忙で協力をためらう人が多い」の31.9%、「警察を快く思っていない人が多い」の30.8%、「何の得にもならないと考えている人が多い」の26.4%と続いた。困難と感じる具体的な場面は、「資料の任意提出を拒まれる」の52.3%が最多。「関係者が氏名を明かしたがらない」は43.2%、「住民に聞いても情報提供を拒まれる」も29.8%あった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080822-00000062-jij-soci

刑事警察の変革求める 08年版警察白書

警察庁は22日「変革を続ける刑事警察」を特集した2008年版警察白書を公表した。銃器を使う凶悪事件や街頭での無差別殺傷事件が相次ぎ発生、犯罪情勢は依然厳しいと分析し、DNA型データベースの充実など科学技術の活用による捜査力向上が必要だとしている。白書は、戦後に警察の1次捜査権が確立して以降、社会情勢とともに変化してきた刑事警察の歴史と現在の状況を紹介。07年の刑法犯認知件数が10年ぶりに200万件を下回ったものの、120万件前後だった昭和40年代に比べ高い水準にあると指摘した。一方、個人情報への意識が高まり捜査上必要な情報の提供を拒まれるケースが増え、聞き込み捜査を端緒とした刑法犯摘発件数は1993年に1万464件だったが、07年は4820件と大幅に減少した。これに対し白書は、DNA型データベースの充実や容疑者の3次元顔画像データベースの構築など科学捜査を駆使、通信傍受やプロファイリング(犯罪情報分析)などの捜査方法を活用することが重要だと指摘。「国民の理解と協力を得ながら捜査力を強化、犯罪と対決する」と結んでいる。http://www.chunichi.co.jp/s/article/2008082201000150.html

« ★これは放置できません 刑事8割が「捜査協力得にくい」 平成20年版警察白書  (22日) | トップページ | ★審理長期化必至か 三浦容疑者、サイパン逮捕劇から半年経過 (22日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/42239190

この記事へのトラックバック一覧です: ★面倒、多忙、警察嫌い…=得にくい国民の捜査協力-警察白書 まだまだ日本は平和なんだよ(22日):

« ★これは放置できません 刑事8割が「捜査協力得にくい」 平成20年版警察白書  (22日) | トップページ | ★審理長期化必至か 三浦容疑者、サイパン逮捕劇から半年経過 (22日) »