« ★京都府警察は「生活相談の活性化に向けた相談員に対する研修会」 (19日) | トップページ | ★若ノ鵬容疑者、大麻使用認める 風呂場壊す、稽古サボる…「大麻」若ノ鵬の奇行( 20日) »

2008年8月20日 (水)

★捜査機関のブラックリストか? 「芋づる式摘発か」謎呼ぶ相関図 (20日)

Crm0808192331029n11

写真は さまざまな憶測を呼んでいる「証券業界 魑魅魍魎マップ」(一部を画像処理)

Msn_s1 産経ニュース

企業や金融ブローカー、政治家ら約80社、約50人の関係が描かれた出所不明の相関図が金融・証券業界に出回り、さまざまな憶測を呼んでいる。「証券業界 魑魅魍魎(ちみもうりょう)マップ」と銘打たれた図は昨年から業界に出回ったが、記された企業や個人が金融商品取引法(旧証券取引法)違反などで次々と摘発。捜査機関が作製した“ブラックリスト”との有力説もあり、「図に沿って芋づる式に摘発されるのでは」と業界関係者が関心を寄せている。

 

関係者によると、図は昨年ごろから証券会社などへファクスで送り付けられた。金融・証券業界の人脈や資金のつながりなどが具体的に記されている。 図の中心付近には「最後の大物仕手筋」の異名をとった西田晴夫被告(58)=大阪地裁で公判中=の名前が記載されている。大阪地検特捜部が昨年10月、証券取引法違反(相場操縦)容疑で逮捕したが、証券取引等監視委員会などが長年追ってきたターゲットだった。その脇に記されているのが「西田被告の番頭格」と称されるIT関連企業社長(42)とコンサルタント会社社長(42)。資金繰りに苦しむ会社の資金調達に協力して得た成功報酬など約13億円の所得を隠し、所得税4億数千万円を脱税したとして、東京国税局が今年4月、所得税法違反の罪で東京地検特捜部に告発した。西田被告と社長らは数々の株の仕手戦で名が挙がっており、図には仕手戦を仕掛けられたとされる企業約10社も記されている。このほかにも、証取法違反容疑で大阪府警に摘発されたパチンコ情報提供会社「梁山泊」やIT関連企業「アイ・シー・エフ」(現オーベン)、ライブドア元社長の堀江貴文被告(35)=同法違反罪で懲役2年6月、上告=など経済事件に登場した面々が並ぶ。 関係者によると、こうした図やリストは過去にも出回ったが、信用性に疑問符が付くケースが多かった。今回の図は業界内に出回る中で徐々に書き加えられたとみられるが、オリジナルは警察の組織犯罪対策担当者が作製したとの説もあるいう。 ある証券関係者は「市場に巣くう闇社会の縮図。相関関係をたどると、近年摘発された事件も地下水脈でつながっている実態がよく分かる」と話している。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080819/crm0808192331029-n1.htm

« ★京都府警察は「生活相談の活性化に向けた相談員に対する研修会」 (19日) | トップページ | ★若ノ鵬容疑者、大麻使用認める 風呂場壊す、稽古サボる…「大麻」若ノ鵬の奇行( 20日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★捜査機関のブラックリストか? 「芋づる式摘発か」謎呼ぶ相関図 (20日):

« ★京都府警察は「生活相談の活性化に向けた相談員に対する研修会」 (19日) | トップページ | ★若ノ鵬容疑者、大麻使用認める 風呂場壊す、稽古サボる…「大麻」若ノ鵬の奇行( 20日) »