« ★米国大使館に抗議文 右翼構成員は元警官 (13日) | トップページ | ★野口みずき「欠場」 JOCに伝える 17日は土佐と中村だけが出場  (13日) »

2008年8月13日 (水)

★少女の歌も“口パク” 五輪開会式、花火に続き 「全部喋ったら楽になるで…」 (13日)

Chn0808121907007n11 Msn_s31

産経ニュース

北京五輪開会式で、中国国旗が五輪メーン会場の国家体育場(愛称・鳥の巣)に入る際、9歳の少女が革命歌曲を歌う場面が、実際は別の7歳の少女が歌った“口パク”だったことが12日、分かった。

 

中国の通信社、中国新聞社が同日伝えた。開会式の音楽を担当した中国の著名作曲家、陳其鋼(ちん・きこう)氏は「対外的な印象を考えた。国家利益のためだ」と説明しているが、国内からも批判の声が出ている。 2006年トリノ冬季五輪開会式ではイタリアのテノール歌手、故パバロッティ氏の熱唱が後で口パクと判明したことがあるが、声が全く別人なのは極めて異例。開会式では花火の映像が合成だったと判明したばかり。開会式の際に革命歌曲「歌唱祖国」を歌った画面が放映されたのは林妙可さん。お下げ髪で笑顔を絶やさずに歌う様子がメディアで反響を呼び「微笑の天使」と大きく取り上げられたが、実際に歌っていたのは小学校1年の楊沛宜さんだった。(共同)http://sankei.jp.msn.com/world/china/080812/chn0808121907007-n1.htm

« ★米国大使館に抗議文 右翼構成員は元警官 (13日) | トップページ | ★野口みずき「欠場」 JOCに伝える 17日は土佐と中村だけが出場  (13日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/42151857

この記事へのトラックバック一覧です: ★少女の歌も“口パク” 五輪開会式、花火に続き 「全部喋ったら楽になるで…」 (13日):

« ★米国大使館に抗議文 右翼構成員は元警官 (13日) | トップページ | ★野口みずき「欠場」 JOCに伝える 17日は土佐と中村だけが出場  (13日) »