« ☆岡崎の全14万世帯に避難勧告=1時間に140ミリ-自衛隊に災害派遣要請・愛知 こんな異常気象初めてだ 陰の声「中国が人工降雨した罰があたったのさ」(29日) | トップページ | ☆休日昼間の高速、全線半額へ 東日本など3社10月から (29日) »

2008年8月29日 (金)

☆ウナギ産地偽装330万匹?愛媛の加工会社に改善命令へ (29日)

News1_2 ウナギ加工会社「サンライズフーズ」(愛媛県伊予市)の出荷したウナギのかば焼きに産地偽装の疑いが浮上した問題で、農林水産省は29日にも、産地不明のかば焼きに「愛媛県産」と表示したとして、同社に対し、日本農林規格(JAS)法に基づく改善命令を出す。同社は「愛媛県産」と表示したもの以外にも、年間約330万匹の「国産」と表示したかば焼きを出荷しているが、農水省はこれらも、他社から購入した中国産などのかば焼きを社内で詰め替えた可能性が高いと見て調べている。愛媛県警も情報収集を進めている。

 

サンライズ社のかば焼きの大半は、東京・築地市場最大手の水産卸売会社「中央魚類」(東京都中央区)に出荷され、東日本の70以上のスーパーなどで一般消費者向けに販売されていた。中央魚類が扱う全かば焼きの7割を占め、昨年度の築地市場で扱われた全かば焼き(約3320トン)の約2割(約645トン)に相当する量だった。農水省などによると、サンライズ社は少なくとも今年3月~5月、産地不明のかば焼きに「愛媛産 四国名代・老舗の味」などと表示し、約2万匹を中央魚類などに販売した。サンライズ社は松山市内にある自社の養鰻(ようまん)場で育てたウナギを自社工場で焼いたもののように装うため、養鰻場の出荷証明書や製造証明書などを取引先に送っていた。ところが、農水省が今年6月末~8月に立ち入り調査したところ、養鰻場の九つある養殖池のうち、ウナギがいたのは一つだけで、養殖に不可欠な稚魚やウナギのえさを仕入れた際の取引書類も見当たらなかった。サンライズ社の工場に勤める従業員は読売新聞の取材に、「生きたウナギはほとんど見ない。かば焼きが乗ったトレイの包装をはがし、別のトレイに乗せてラッピングし直している」と証言。取引業者も「サンライズ社の工場で見るのは『中国産』と書かれた段ボール箱ばかり」と話す。サンライズ社は「会社の方針として一切の質問に答えられない」と説明を拒んでいる。 最終更新:8月29日3時5分http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080829-00000002-yom-soci

読売新聞

« ☆岡崎の全14万世帯に避難勧告=1時間に140ミリ-自衛隊に災害派遣要請・愛知 こんな異常気象初めてだ 陰の声「中国が人工降雨した罰があたったのさ」(29日) | トップページ | ☆休日昼間の高速、全線半額へ 東日本など3社10月から (29日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/42311699

この記事へのトラックバック一覧です: ☆ウナギ産地偽装330万匹?愛媛の加工会社に改善命令へ (29日):

« ☆岡崎の全14万世帯に避難勧告=1時間に140ミリ-自衛隊に災害派遣要請・愛知 こんな異常気象初めてだ 陰の声「中国が人工降雨した罰があたったのさ」(29日) | トップページ | ☆休日昼間の高速、全線半額へ 東日本など3社10月から (29日) »