« ★空・陸から大捜査線 伊計で窃盗容疑者逮捕2008年8月24日 (25日) | トップページ | ★無人島の死体なんていうから謎めいていましたが 瀬戸内海の無人島付近で発見の男性遺体 暴力団員と断定 (25日) »

2008年8月25日 (月)

★産経新聞【主張】刑事警察 「人」の地道な努力継承を (25日)

Msn_s1_3

産経ニュース

今年の警察白書は、刑事警察を取り巻く状況と課題をさまざまな角度から分析している。 戦後の警察制度の改革で、警察に第1次捜査権が与えられて、60年が経過した。白書でも指摘しているように、犯罪は悪質、巧妙化してますます広域化の一途をたどっている。 地域社会の脆弱(ぜいじゃく)化と人間関係の希薄化は「人からの捜査」を困難にし、経済のグローバル化による物流の活発化は「物からの捜査」も難しくしていると解説する。 警察は今、捜査を含め大きな転換点に立っているといっても過言ではなかろう。 刑法犯の認知件数は、平成8年から14年にかけて、7年連続で戦後最多の記録を更新し続け、14年がピークだった。しかし、その後は減少し続けている。数字上の治安は安定してきている。 しかし、今年は6月の東京・秋葉原の無差別殺傷事件に代表されるように、通り魔事件が多発し、住民が肌で感じる「体感治安」は、極度に悪化しているのが実情である。 また、今年になってから、「振り込め詐欺」の被害が目立っており、このままのペースで推移すれば、被害総額は過去最悪になると推測される。警察庁は警戒を強めており、被害を食い止めるためにも、住民ひとりひとりが用心することが求められる。最近はDNA鑑定に代表されるように、科学捜査は飛躍的に向上し、プロファイリング(犯罪情報分析)といった有効な捜査手法も導入され、刑事警察も強化されつつある。しかし、事件を捜査するのは「人」で、刑事の粘り強い地道な努力が事件解決につながることは、今も変わりがない。凶悪、残忍な事件が起き、犯人がなかなか逮捕されないと、もどかしく感じ、警察への信頼も薄らいでいく。5月に入って、愛知県豊田市と京都府舞鶴市で立て続けに高校1年の女生徒が殺害された事件から4カ月近くたつが、解決に至っていないのは残念である。証拠の乏しい難事件を解決してこそ、住民の警察への信頼は高まり、体感治安も安定する。 警察も他の組織同様、団塊世代が次々と退職する時期を迎えている。ベテラン捜査員の技術や手法などが次世代の捜査員に引き継がれなければならない。警察の捜査力が問われる時代である。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/172796/

« ★空・陸から大捜査線 伊計で窃盗容疑者逮捕2008年8月24日 (25日) | トップページ | ★無人島の死体なんていうから謎めいていましたが 瀬戸内海の無人島付近で発見の男性遺体 暴力団員と断定 (25日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★産経新聞【主張】刑事警察 「人」の地道な努力継承を (25日):

» ジュディの日暮し日記(リウマチ、脳内メーカー、アドセント、般若心経 [ジュディの日暮し日記]
平家物語、般若心経、ジュエリー、脳内メーカー、リウマチ、骨折,音楽、映画、その他色々な日ごろ思ったこと、実際にあったことを、綴ってます。 [続きを読む]

受信: 2008年8月25日 (月) 午後 01時30分

« ★空・陸から大捜査線 伊計で窃盗容疑者逮捕2008年8月24日 (25日) | トップページ | ★無人島の死体なんていうから謎めいていましたが 瀬戸内海の無人島付近で発見の男性遺体 暴力団員と断定 (25日) »