« 2008年8月5日 | トップページ | 2008年8月7日 »

2008年8月6日

2008年8月 6日 (水)

★えっ! 日本の携帯電話で中国から振り込み指示 容疑の2人逮捕  だから言ったでしょう (6日)

 朝日新聞ニュースLogo3

中国人グループが「医療費が返ってくる」などと日本の携帯電話で中国から振り込みを指示して現金をだまし取ったとして、神奈川県警は6日、日本での引き出し役を務めていた中国籍の林忠(27)、陳華強(31)両容疑者=いずれも横浜市中区初音町1丁目=を電子計算機使用詐欺と窃盗の疑いで逮捕した。日本の携帯電話を海外で使える国際ローミングサービスを使っていたという。同サービスを利用した振り込め詐欺の摘発は全国初で、県警は全容解明を進める。調べでは、両容疑者は今年5月中旬、ほかのメンバーと共謀し、社会保険庁の職員を装って高松市の無職女性(当時74)に「医療費が返るので手続きをして下さい」と電話をかけ、現金自動出入機(ATM)で現金約130万円を振り込ませてだまし取った疑い。2人は引き出し役だったことを認めているという。現金を振り込む際、女性は指定された番号に電話するよう指示されており、この電話が国際ローミングサービスで中国に転送されていた。県警によると、このグループによる振り込め詐欺は20件以上、被害額は計約3千万円にのぼるとみられるという。 http://www.asahi.com/national/update/0806/TKY200808060160.html

続きを読む "★えっ! 日本の携帯電話で中国から振り込み指示 容疑の2人逮捕  だから言ったでしょう (6日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

★ラブホテルから芸能人の自宅まで グーグル「ストリートビュー」 これは問題が多い映像だ(6日)

Msn_s1_3

News1 ネット検索最大手の米Google(グーグル)社が提供しているオンライン地図サービス「Google マップ」日本版に、話題の「Street View(ストリートビュー)」機能が追加された。同社が事前に撮影した東京、大阪、仙台、札幌など12都市について、画面のパノラマ写真を360度回転操作しながら、文字どおり街路を歩いて風景を楽しむ感覚の“仮想散歩”機能である。米国では昨年5月サービスが開始されたが、偶然写り込んだ人物のプライバシーについて問題視された。今回の日本版では、米国に比べ特殊な社会構造を背景に、いわゆる身元調査や警察・選挙運動に悪用される恐れがある。(立川優)
■ラブホテルから芸能人の自宅まで
 ストリートビュー機能の使い方は簡単だ。住所や店舗名などキーワードで地図を検索した場合に表示される「ストリートビュー」ボタンをクリック、青い表示の道路上に登場の人形アイコンを押すだけだ。一般的には、遠く離れた故郷の街並みを楽しんだり、旅行や商談の下準備として見知らぬ街角をチェックする、といった使われ方をされるだろう。
 ただ、ネット掲示板などは、ストリートビューが写し出す風景について「面白い場面」だけを拾い出そう、との書き込みで盛り上がっている。例えば、別れた恋人との思い出の地▽登下校する小学生女児の無邪気な笑顔▽平将門の首らしきものが高層ビル群に浮かぶ様子▽ボヤを起こし、消防に鎮火された直後の店舗-など、ちょっとした話題性のものから、ラブホテルに入る瞬間の男女▽立小便をしている後ろ姿の男性▽交通事故直後の道路上で、警察官から事情聴取を受ける姿-といった深刻な場面まで、数多く見つけ出されている。
 もちろん、これらの「面白い場面」をグーグル社が故意に撮影したわけではない。同社はあくまで、誰もが目にできる公共の風景をネット上に再現しただけ、とのスタンスで、これらの場面も公道を走る専用車から流し撮りした際たまたま写り込んだものという。ただ、プライバシー侵害の批判を避けるため、個人の顔や車のナンバープレートなどに画像ボカシ処理を行い、加えて、不適切と感じたユーザーが直接、改善点などを“通報”できるシステムにしている。
 だが実際には、店先や電柱に貼られたポスターの電話番号がそのままだったり、テラス越しに個人宅の居間が“丸見え”だったりするなど、サービス開始直後とはいえ、無限と呼べる数の画像を今後、個別にどこまで加工できるのか疑問もある。中には、帰宅時に玄関の呼び鈴を押す小学生らしき姿の画像もあったが、逆に言えば、この家の家族構成をグーグル社が暴いたともいえ、児童をめぐる凶悪事件の多発する現代社会では、注意が必要かもしれない。
 すでにネット上には、「大事件の容疑者の自宅住所を求む」「芸能人の家とか、誰か晒(さら)して」といった“恒例の要望”が次々と寄せられている。もちろん、冷静な議論も行われており、「一般人の家なんて誰も興味ない(から実際は安心)」「自意識過剰な奴が随分と多い」といった意外な視点、そして「プライバシー侵害で訴訟の場合、グーグルが悪いのか? それとも見つけてネットに晒した奴が悪いのか?」といった意見まで噴出している。

続きを読む "★ラブホテルから芸能人の自宅まで グーグル「ストリートビュー」 これは問題が多い映像だ(6日)"

| コメント (1) | トラックバック (5)

★さぁ これでやりやすくなったよ 中国外務省、国内でギョーザ中毒認める あとは政府間交渉で…(6日)

Chn0808061757010n11 Msn_s1_2

産経新聞ニュース

 中国外務省は6日、中国製ギョーザ中毒事件をめぐり「中国国内で6月中旬に中毒事件が起きていた」と認めた。その上で「中国政府は事件を極めて重視している。公安省が全力を挙げて捜査を展開している」と表明した。共同通信の書面質問に答えた。質問は「天洋食品(中国河北省)が回収した冷凍ギョーザで、6月中旬、中国国内で中毒事件が起きたか」との内容だった。一方、輸出食品の安全管理を担当する中国国家品質監督検査検疫総局の報道課は「日本からの報道で初めて知った。事実関係を確認中だ」と述べ、事件発生の確認を避けた。また、工場地元の河北省衛生庁衛生監督局は天洋食品のギョーザについて「同じ皮でつくったギョーザはすべて廃棄してある」と述べ、国内で流通したとの見方に疑問を投げかけた。(共同)http://sankei.jp.msn.com/world/china/080806/chn0808061757010-n1.htm

続きを読む "★さぁ これでやりやすくなったよ 中国外務省、国内でギョーザ中毒認める あとは政府間交渉で…(6日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

★「松本サリン事件終わった」妻、澄子さんの死亡で河野義行さんが会見 (6日)

101278_c1601

Banner_logo_051

「わが家にとっての松本サリン事件の終わる日というのは、妻が治った日、あるいは死んだ日。ですから松本サリン事件は、これで終わった日になる。そんな位置付けになると思う」。河野義行さんは5日午後、長野県松本市の自宅前で報道陣の取材に応じ、妻、澄子さんの死去にふれて、こう語った。 澄子さんの14年間の闘病生活を振り返っては、「やっぱり生きる意義を感じていたと思う。それは、自分がいつも妻に『あんたは寝ているだけと思っているかもしれないけれど、実は家族や私を支えているのは、あんたなんだよ』と言っていたので、彼女の中では、生きる意義があって、命のギリギリまで燃やし続けてくれた」と話した。 松本サリン事件の実行犯らに対しては、「以前と変わらない。憎んだりする思いは今でも持っていない」と述べた。また、事件前の澄子さんの人柄を聞かれた河野さんは、「格安商品が大好き。スーパーで肉が安いと3キロ、4キロと買ってくる。子供にはやさしくて、おやつは妻がほとんど作って子供に食べさせていた」と家庭でのエピソードを紹介した。子供3人が小学生だったときに毎年行っていた家族のキャンプ旅行が、鮮明に覚えている澄子さんとの楽しい思い出。心に残っている言葉。それは、「パパー」と自分を呼んでいた澄子さんの声だという。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/167250

続きを読む "★「松本サリン事件終わった」妻、澄子さんの死亡で河野義行さんが会見 (6日)"

| コメント (0) | トラックバック (2)

★山形県警で本部長と知事が新設駐在所を視察激励  駐在所は住民との接点だ(6日)

08080531

Topbanner01logo1

齋藤弘山形県知事と安田貴彦県警察本部長は、駐在所で勤務する駐在所員と夫人を激励するため、寒河江警察署慈恩寺駐在所を訪れた(写真)。同駐在所は、旧白岩、高松、日和田の3駐在所を統合し、今年4月から勤務員2人を配置した新設の駐在所。齋藤知事から駐在所夫人に対し、夫の不在時に来訪者や電話の応対、各種願届出の受理などのほか、地域住民との触れ合い活動を積極的に行い、警察活動に協力していることなどの労をねぎらうとともに、謝意の言葉をかけた。http://www.police-ch.jp/news/2008/08/day05.php

| コメント (0) | トラックバック (0)

★わずか10分で腰まで増水 男性2人死亡、不明3人 都会の恐ろしさ (6日)

Pn2008080501000709ci00021

47newslogo1

東京都豊島区雑司が谷のマンホールで男性5人が流された事故は、現場にいた作業員のひざ下約30センチだった水量が、わずか10分間で腰の周辺まで急激に増え、濁流に流されたことが5日、警視庁などの調べで分かった。5人のうち埼玉県三郷市の現場監督者大島浩さん(49)は現場から約3・5キロ離れた神田川で見つかったが、搬送先の病院で死亡した。近くのポンプ所で同日夜、ほかの4人を捜索していた東京消防庁が水中に沈んでいる男性1人を発見、死亡が確認された。警視庁は流された作業員寺井誠さん(44)と確認した。

 

続きを読む "★わずか10分で腰まで増水 男性2人死亡、不明3人 都会の恐ろしさ (6日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

★MDMA2万錠密輸容疑 関空で米国籍の男逮捕 (6日)

Crm0808051717015s11 Msn_s1

産経新聞ニュース

大阪府警関西空港署大阪税関関西空港税関支署は5日までに、麻薬取締法違反(営利目的密輸)などの疑いで、米国籍の自称ネットワーク技師、サイモン・アニエクイロ・ヌワンコ容疑者(36)を逮捕した。調べでは、ヌワンコ容疑者は7月13日、ドイツから関西空港に到着した際、2重底に細工したスーツケース2個の中に合成麻薬MDMA計約2万錠(末端価格約8000万円)を隠し、日本に持ち込もうとした疑い。税関検査の際、一人旅の割には荷物が多いのを税関職員が不審に思い、エックス線検査したところ、発覚した。ヌワンコ容疑者は「スーツケースはニューヨークの路上で買った。MDMAが入っているとは知らなかった」と容疑を否認している。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080805/crm0808051717015-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月5日 | トップページ | 2008年8月7日 »