« 2008年8月4日 | トップページ | 2008年8月6日 »

2008年8月5日

2008年8月 5日 (火)

★中国、異例の迅速謝罪 邦人記者暴行で大使館に やはり牙を見せましたね (5日)

47newslogo1 20080805010009111

 【カシュガル(中国新疆ウイグル自治区)=池田実】中国新疆ウイグル自治区カシュガルで警官ら16人が死亡したテロ事件で、現場を取材していた本紙カメラマンらジャーナリスト4人が4日夜、一時武装警察に拘束され、暴行を受けた。拘束されたのは東京新聞(中日新聞東京本社)写真部の川北真三記者(38)と、日本テレビ北京駐在の勝田真司記者(37)の邦人2人と、香港の記者2人。川北記者は4日午後10時45分ごろ、取材に向かうため事件現場近くの路上を小走りに歩いていたところ、数人の武装警察官に突然取り押さえられ、他の3人の記者とともに同地の辺境部隊の敷地内に連れ去られた。4人は同地の敷地内で地面に倒され、頭部を踏み付けられたうえ、脇腹やあごなどに殴るけるの暴行を受けた。その後、武装警察官は、川北記者のカメラを奪い取り、撮影内容をチェック。4人は携帯電話などで連絡をとることも許されないまま、約2時間拘束され、5日午前1時前(日本時間午前2時前)解放された。カシュガル市政府の外事弁公室は「取材に訪れることは違法ではないが、軍事施設を撮影していたなら違法だ」としているが、川北記者は現地に到着したばかりで、現場に向かっているところだった。この騒ぎで、川北記者のカメラの一部が破壊された。 当局側は同日未明、日本人ジャーナリスト2人に翌日謝罪することを約束した。◆暴力に強く抗議   深田実・東京新聞編集局次長の話 事実関係を確認中だが、解放されたとはいえ正当な取材に対する暴力的拘束には強く抗議する。(中日新聞)

続きを読む "★中国、異例の迅速謝罪 邦人記者暴行で大使館に やはり牙を見せましたね (5日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

★事件続く桐生一に警官講師派遣 規範意識向上へ特別研修 これは英断ですが、事件が起きてからでは遅すぎます (5日)

Msn_s1_4 産経新聞ニュース

沢正明知事は4日の定例記者会見で、私立桐生第一高校(桐生市)で、傷害致死事件やわいせつ事件が相次いだことを踏まえ、規範意識の向上を図るため、警察官を同校に派遣し、教職員や生徒を対象にした特別研修を実施する考えを明らかにした。今後、県警と協議を進め、月内にも実施する方針。 大沢知事は、一連の事件について「誠に遺憾。逮捕された少年はもとより、学校関係者も真摯(しんし)に反省してほしい」と述べた。特別研修の内容については、「県警と連携し、警察官を講師として、規範意識の向上を目指す取り組み」としている。県警少年課などによると、犯罪捜査のノウハウを持つ警察官を同校に派遣し、非行防止や犯罪に巻き込まれないための注意点などを講義する方向で検討しているという。また、日本高校野球連盟が第90回全国高校野球選手権大会への同校の出場を認めたことに関連し、「同校は、(日本高野連が出した)事件再発防止の要望書を、真摯に受け止めて実行すべきだ」と述べた。

続きを読む "★事件続く桐生一に警官講師派遣 規範意識向上へ特別研修 これは英断ですが、事件が起きてからでは遅すぎます (5日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

★「松本サリン事件終わった」妻、澄子さんの死亡で河野義行さんが会見 (5日)

Crm0808052138022n21

Msn_s1_3

産経新聞ニュース

「わが家にとっての松本サリン事件の終わる日というのは、妻が治った日、あるいは死んだ日。ですから松本サリン事件は、これで終わった日になる。そんな位置付けになると思う」。河野義行さんは5日午後、長野県松本市の自宅前で報道陣の取材に応じ、妻、澄子さんの死去にふれて、こう語った。 澄子さんの14年間の闘病生活を振り返っては、「やっぱり生きる意義を感じていたと思う。それは、自分がいつも妻に『あんたは寝ているだけと思っているかもしれないけれど、実は家族や私を支えているのは、あんたなんだよ』と言っていたので、彼女の中では、生きる意義があって、命のギリギリまで燃やし続けてくれた」と話した。松本サリン事件の実行犯らに対しては、「以前と変わらない。憎んだりする思いは今でも持っていない」と述べた。また、事件前の澄子さんの人柄を聞かれた河野さんは、「格安商品が大好き。スーパーで肉が安いと3キロ、4キロと買ってくる。子供にはやさしくて、おやつは妻がほとんど作って子供に食べさせていた」と家庭でのエピソードを紹介した。子供3人が小学生だったときに毎年行っていた家族のキャンプ旅行が、鮮明に覚えている澄子さんとの楽しい思い出。心に残っている言葉。それは、「パパー」と自分を呼んでいたhttp://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080805/crm0808052138022-n1.htm澄子さんの声だという。

| コメント (0) | トラックバック (0)

★「罪の意識あった」青森産リンゴ果汁偽装は社長の指示 何を信じてよいのか分からん世の中だよ (5日)

リンゴ加工品などの製造販売会社「青森県果工」(同県弘前市)が、輸入したリンゴ濃縮果汁を使った飲料を青森県産と偽って販売していた問題で、同社の佐々木隆夫社長(61)が4日、取材に応じ「私が偽装の指示を出した」と認めた。 佐々木社長は、理由として県産リンゴ原料の不足と価格高騰などを挙げ、約2年前から中国と南アフリカから輸入したリンゴ果汁を使って偽装を始めたことも明らかにした。社員も輸入果汁を使っていることを認識していたという。 佐々木社長は「罪の意識はあったが、コストの問題があった」と釈明した。また、同社は県の調査に対し、飲料メーカーなどに卸す業務用のジュースや濃縮果汁、ペーストでも輸入した濃縮果汁を青森県産と偽って使っていたことを認めた。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/166820/

| コメント (0) | トラックバック (0)

★右手にノコギリ、左手にカマ…女子中学生襲われる 茨城・鉾田市 ホラーを真似たのか? (5日)

Banner_logo_051 4日午後0時50分ごろ、茨城県鉾田市借宿に住む農業の男性(42)から、「娘がノコギリで切られた」と県警鉾田署に通報があった。切られたのは同市立中学校に通う女子生徒(13)で、腕に軽傷を負った。同署は傷害事件として犯人の行方を追っている。 調べでは、女子生徒が外出しようと家を出た直後、背後から近づいてきた男に突然、左腕付近をノコギリで切りつけられたという。 男はそのまま逃走。30歳ぐらいで身長約170センチ、黒い上下に長靴、野球帽を被り、右手にノコギリ、左手にカマを持っていたという。ノコギリは刃渡り約30センチで、男性方にあったものだった。女子生徒によると、襲われた男と面識はなかった。現場は水田や畑などに囲まれた農村地帯で、人通りはほとんどないという。

続きを読む "★右手にノコギリ、左手にカマ…女子中学生襲われる 茨城・鉾田市 ホラーを真似たのか? (5日)"

| コメント (0) | トラックバック (1)

★ふざけるな!!! 液体は顔料と判明 テレ東の異臭騒ぎ (5日)

Msn_s1_2 4日午前、東京都港区虎ノ門の「テレビ東京」の異臭騒ぎで、郵便物から漏れだしていた液体は顔料だったことが、警視庁と東京消防庁の調べで分かった。 警視庁などは同封されていた紙を分析するなどして、差出人の目的などを調べている。 調べでは、封筒はA4版で、あて先は「テレビ東京」になっていた。中には、容器に入れられた液体とともに数枚の紙が同封されていたという。

| コメント (0) | トラックバック (0)

★捕鯨船妨害 きょうにも逮捕状請求 米国人活動家ら特定 (5日)

Msn_s1 米環境保護団体「シー・シェパード(SS)」による日本の調査捕鯨船への妨害問題で、日本の捜査当局は4日、実行犯の米国人ら数人を威力業務妨害容疑で立件する方針を固めた。5日にも逮捕状を請求する。これまで立件が困難で野放し状態だった妨害活動を未然に防ぐためにも、国際社会に対し、日本政府として毅然(きぜん)とした姿勢を示す必要があると判断した。調べでは、SSのメンバー数人は、昨年2月と今年3月、南極海を航行していた調査捕鯨船団の母船「日新丸」などに対し、SSの抗議船から異臭を放つ酪酸(らくさん)とみられる化学物質の入った瓶を投げつけるなどして、航行を妨害した疑い。3月3日の妨害活動では、乗組員ら3人が軽いけがをした。

 

続きを読む "★捕鯨船妨害 きょうにも逮捕状請求 米国人活動家ら特定 (5日)"

| コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年8月4日 | トップページ | 2008年8月6日 »