« ★性的経験メールでばらされと訴え  これは知識がないとわからない問題だ?????  | トップページ | ★大丈夫か北京五輪 中国公安詳報 »

2008年7月22日 (火)

★とうとうマスコミも関与 大分市教委部長の口利き 本社社員が関与 密着と癒着取材は違います

47newslogo1_2 Title1

大分県教委汚職事件に絡み、二〇〇八年度の小学校教員採用試験で、大分市教委部長の口利きに、大分合同新聞社事業局の幹部社員がかかわっていたことが二十二日、大分合同新聞社の調査で分かりました。報道に携わる新聞社として、幹部社員が口利きにかかわった事実を重く受け止め、さらに詳しい調査を進めています。

本社の調査によると、社員は二〇〇八年度の採用試験が行われる前年の二〇〇六年、パーティーで隣り合わせた市教委部長と雑談。社員の子が教員採用試験を受験していると話したところ、「ぜひ頑張ってください。一次を通ったら声を掛けてくださいよ」と言われた。翌年の試験で、一次試験に合格したあと、市教委部長を訪ね、「よろしくお願いします」と頼みました。社員の子は合格しています。これまでの関係者の話では、市教委幹部が県教委幹部に口利きをしたことが明らかになっています。県警が押収した採用試験の資料では、社員の子の得点が加点されたとされています。社員は合格発表後の年末に、約五千円相当のお歳暮を市教委部長に贈っています。大分合同新聞社は詳しい社内調査を行っています。関係社員の処分を含め、調査の結果は二十三日朝刊で伝えます。http://www.oita-press.co.jp/featureNews/121558687423/2008_121670550892.html

【ブロガーコメント】

Nisshou4_4

マスコミの取材には、最初から「不正を暴く目的」で取材源に近づく場合と、取材対象の懐の中に飛び込んで人間関係をつくり、親密な取材源にしてしまうと「取材協力者」づくりなどがあります。新聞記者で大事なのは「人脈」です。ところが難しいのは、どこまでが私的な関係なのか、どこから先が公的行為なのかが、麻痺してしまう事なんです。「宜しく」とお願いしたことが、自分は何気なく、言ったつもりが、相手が「マスコミという魔物」を意識していた場合は、まったく逆の結果になってしまうことがあります。

 新聞社は転勤族が多い。当然、役所担当iは名刺を切り、懐の中に飛び込み人脈づくりをする。この場合、相手が「マスコミさんだから、何かしてやらないと」という親切心が働くと、のっぴきならない関係に陥ってしまうことがあります。公私混同に入る危険性が多くなるのです。今回の場合は「事業局の幹部」だという。地方紙では、事業は地域に密着がないと仕事にならない。ここのところが一番、難しいのです。それは「密着」と「癒着」は違うからです。

 

« ★性的経験メールでばらされと訴え  これは知識がないとわからない問題だ?????  | トップページ | ★大丈夫か北京五輪 中国公安詳報 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★とうとうマスコミも関与 大分市教委部長の口利き 本社社員が関与 密着と癒着取材は違います:

« ★性的経験メールでばらされと訴え  これは知識がないとわからない問題だ?????  | トップページ | ★大丈夫か北京五輪 中国公安詳報 »