カテゴリー

« ★白鳥撲殺少年を少年院送致  道徳教育はどうなっているのか 文科省は点検せい! | トップページ | ★まさに「日本列島・詐欺天国」の時代だ 今度は「高級布団の還付金」  »

2008年7月 7日 (月)

★コラム「春夏秋冬」

Topbanner01logo1 

080705_120716_m

★いま時の若者よ
 こんな見出しで書き出すと「あ~ぁ書いている年齢が…」と嫌われるかもしれない。でも、書きたいことがある。それは、ネット社会で我が国唯一の治安情報総合サイト「ポリスチャンネル」http://www.police-ch.jp/whatpc/pdf/news080701.pdfの会員に現役高校生が入会したことである。
 ポリスチャンネルとは、「世界一安全な国、日本」は、遠い昔話になりつつある状況にあることから、良好な治安を確保するため、国民の防犯意識や規範意識の高揚に資するあらゆる情報を提供する目的で平成17年1月に成立したNPO法人。現在はネットでの情報提供だが、将来は「安全・安心専門テレビチャンネル」をめざしている。法人、個人の会員で運営されている。
 

Nisshou4_4 この会員に現役の高校3年生が入会した。もちろん最年少会員で、濱島君という。入会の動機について「幼い頃から警察官に憧れていた」といい、今年9月の採用試験を目指しており、それまでに「安全・安心」に係わる勉強をしたいという。驚くのは、高校生でありながら「防災士」の資格を持ち、現に災害現場で支援活動をしていることだ。
 我々は、「いま時の若者」を知るにはどうしてもマスコミに頼りがちだ。先日は、話題の「振り込め詐欺」で東京・練馬区に住む18歳の無職少年が逮捕された。なんと、ネットの「闇職安」で知り合った3人のリーダーとして活動。1年未満の間に全国で数億円を稼いだという。さらに、ネットの掲示板への脅迫文のかき込みでは、福岡県の17歳、埼玉県の16歳のそれぞれ少女が検挙されるなど、少年犯罪がどうしても気になる。
 ところが、なんと、平成19年の犯罪白書によると、少年の刑法犯の検挙件数は減少を続けており、平成に入り最低を記録しているという。ところが、数字的には少ないものの実感が湧かないのは体感治安のせいだ。
 そんな最中、ネットサーフィンをしていたら、岐阜県内に防犯意識・規範意識を高めようと結成された高校生のボランティアグループがあった。県警の音頭で高校ごとに組織されたもので、それぞれの地域で防犯活動を続けているという。家庭・地域社会の人間関係の崩壊が治安の悪化のひとつの要因とされているなかで、少年たちが、自主的に防犯活動を展開。地域社会に溶け込んでいるとは驚きだ。
 いま、街中ではリクルート姿の男女を見かける。財団法人の社会経済生産性本部が平成19年度の新入社員に実施した「働くことの意識調査」結果がある。その第1位は「仕事を通じて人間関係を広げていきたい」が95.4%。そして3位に「社会や人から感謝される仕事がしたい」で92.9%あった。「まだ日本は捨てたものではない」ことを実感させられた。
 ということから、今回の濱島君は、まさに日本の将来のリーダー的存在である。なんと言っても、濱島君の、この談話が憎いかぎりである。
 「日本の治安は警察官だけでなく、なにより市民の皆様によって成り立っていると考えております」。頑張れ!濱島君。 

« ★白鳥撲殺少年を少年院送致  道徳教育はどうなっているのか 文科省は点検せい! | トップページ | ★まさに「日本列島・詐欺天国」の時代だ 今度は「高級布団の還付金」  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★コラム「春夏秋冬」:

« ★白鳥撲殺少年を少年院送致  道徳教育はどうなっているのか 文科省は点検せい! | トップページ | ★まさに「日本列島・詐欺天国」の時代だ 今度は「高級布団の還付金」  »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ