« ★秋葉原の無差別殺傷事件など議論 「報道と読者」委員会 (27日) | トップページ | ★これはびとい  「彼女に振られた」と通報 非常識110番で業務に支障 栃木県警が事例集製作 (27日) »

2008年7月27日 (日)

★是非!読んでみてください。【中高齢夫婦、ささいな理由で激高 親族殺しの背景とは】(27日) 

Banner_logo_051_3 今年に入り、夫婦間での殺害事件が目立っている。日常生活におけるささいなトラブルが動機となるケースが多い、と専門家は指摘する。今年2月、大阪市内で90歳夫が、87歳の妻を絞め殺す事件があったほか、5月には38歳妻が45歳の夫を包丁で刺し殺す事件が発生。大阪府茨木市でも今月、40歳の夫が33歳の妻を殴ったうえ、首を絞めて殺害するなどの事件が起きた。特徴的なのは「水を持ってこいといわれた」など、ささいな理由で激高し、配偶者を手にかける中高齢夫婦の殺人事件が多い点だ。富田林市の事件でも口論の内容は「電話の留守番設定をめぐって」だった。専修大学名誉教授の森武夫氏は、「経済的に離婚できないなどの理由で、配偶者の行動に対し、我慢を強いられてきている夫婦は多い。年を取ると互いの行動に我慢する力もなくなり、ちょっとしたことで怒りがはじけやすくなるのでは」と背景について考察する。また今年6月には、27歳妻を殺害したとして逮捕された35歳の夫は、2月にDV(配偶者間暴力)の傷害容疑で逮捕。懲役2年、執行猶予4年の有罪判決を受けたばかりだった。DVは、東京都渋谷区のバラバラ殺害事件の1審判決でも、妻の被告が夫を殺害した動機とされた。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/164491/

« ★秋葉原の無差別殺傷事件など議論 「報道と読者」委員会 (27日) | トップページ | ★これはびとい  「彼女に振られた」と通報 非常識110番で業務に支障 栃木県警が事例集製作 (27日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★是非!読んでみてください。【中高齢夫婦、ささいな理由で激高 親族殺しの背景とは】(27日) :

« ★秋葉原の無差別殺傷事件など議論 「報道と読者」委員会 (27日) | トップページ | ★これはびとい  「彼女に振られた」と通報 非常識110番で業務に支障 栃木県警が事例集製作 (27日) »