« ★相次ぐ「食品偽装事件」の摘発 中国毒ギョーザ事件の国内捜査は終了 (30日) | トップページ | ★これはひどすぎる 外務官僚、ホテル代1500万“踏み倒し” セミスイートに300日宿泊 (30日) »

2008年7月30日 (水)

★振り込め詐欺防止にシルバー作戦 福島県警 (30日)

 福島県警では『「振り込め詐欺」被害防止シルバー作戦』展開                                                                                    

Topbanner01logo1 福島県警では『「振り込め詐欺」被害防止シルバー作戦』展開

~還付金等詐欺被害防止用チラシをATMコーナーへ掲示~

福島県警察は、高齢者の被害が8割以上を占めているため、『「振り込め詐欺」被害防止シルバー作戦』を展開している。「振り込め詐欺」被害防止広報用リーフレットを作り、高齢者参加の会合や高齢者防犯教室、高齢運転者講習等各種会合等の参加者へ配布し、指導・啓発している。「還付金等詐欺被害防止用チラシ」(写真)を、ATMコーナーへ掲示し、▽ATMコーナーでの携帯電話使用の自粛促進▽金融機関職員によるATMコーナーでの携帯電話使用者への声かけ▽ATMコーナーでの注意喚起広報-等を推進している。

http://www.police-ch.jp/news/2008/07/day30.php

【ブロガーコメント】

 Nisshou4_2 これは素晴らしいアイディアです。振り込め詐欺のなかでも「オレオレ詐欺」のターゲットはお年寄り。最近は「携帯の番号が変わったから知らせる」が前触れ。数日おいて「会社の金を使い込んだ」などと具体的な振り込め作戦に入るのです。何故、時間をおくか? ここに重要なポイントがある。常に連絡をとっているか近くに住んでいる場合は、次に作戦に出ても「何、言ってるのよ」となってしまう。そして警察に通報されてしまう。ところが、信じて振り込んでしまう人は、息子と疎遠になっているから、二度目の電話ですぐ分かる。つまり〝悪知恵〟感が働くわけだ。「疎遠」となると、故郷のお母さんやお婆さん、お父さん、お爺ちゃん。だから、県警が対策を強化すれば効果がでるのはてきめんだ。

« ★相次ぐ「食品偽装事件」の摘発 中国毒ギョーザ事件の国内捜査は終了 (30日) | トップページ | ★これはひどすぎる 外務官僚、ホテル代1500万“踏み倒し” セミスイートに300日宿泊 (30日) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/42010400

この記事へのトラックバック一覧です: ★振り込め詐欺防止にシルバー作戦 福島県警 (30日):

« ★相次ぐ「食品偽装事件」の摘発 中国毒ギョーザ事件の国内捜査は終了 (30日) | トップページ | ★これはひどすぎる 外務官僚、ホテル代1500万“踏み倒し” セミスイートに300日宿泊 (30日) »