« 2008年7月21日 | トップページ | 2008年7月23日 »

2008年7月22日

2008年7月22日 (火)

★大丈夫か北京五輪 中国公安詳報

Banner_logo_051

 北京五輪直前の中国でテロとみられる警察署やバスの爆破が相次いでいるが、胡錦濤主席のお膝元の安徽省で、鉄橋爆破を計画したテロ未遂まで発生していたことが分かった。五輪前のイメージダウンを恐れた中国当局は、鉄橋爆破未遂事件を隠蔽していた。また、同時多発的に各地で暴動も頻発し、警戒対象外だった民衆から公安が憎悪の対象として標的にされ、多数の警官が死傷している。中国は現在、テロや暴動を防ぐべき公安が見えない襲撃者におびえるという治安上最悪の事態に直面している。新華社によると、21日朝、雲南省昆明市で離れた2カ所で通勤バスが相次ぎ爆発し、3人が死亡、14人が負傷した。当局は「人為的破壊行為」と断定し捜査している。省内では19日、農民500人と警官隊が衝突し、2人が死亡、警官ら50人以上が負傷する暴動があったが、関連は不明だ。香港の人権団体によると、河北省では9日、警察署に仕掛けられた爆弾が爆発し、10人が負傷した。政府関係者によると、胡主席の出身省の安徽省で今月上旬、鉄橋に仕掛けられた爆薬が見つかった。爆薬は爆発前に撤去され、死傷者は出なかったが、容疑者の特定には至っていない。河北、安徽いずれのケースも当局は公式の報道を控えている。

続きを読む "★大丈夫か北京五輪 中国公安詳報"

| コメント (0) | トラックバック (0)

★とうとうマスコミも関与 大分市教委部長の口利き 本社社員が関与 密着と癒着取材は違います

47newslogo1_2 Title1

大分県教委汚職事件に絡み、二〇〇八年度の小学校教員採用試験で、大分市教委部長の口利きに、大分合同新聞社事業局の幹部社員がかかわっていたことが二十二日、大分合同新聞社の調査で分かりました。報道に携わる新聞社として、幹部社員が口利きにかかわった事実を重く受け止め、さらに詳しい調査を進めています。

続きを読む "★とうとうマスコミも関与 大分市教委部長の口利き 本社社員が関与 密着と癒着取材は違います"

| コメント (0) | トラックバック (0)

★性的経験メールでばらされと訴え  これは知識がないとわからない問題だ????? 

 47newslogo1

京都新聞ニュース

同僚女性に紹介された携帯電話サイトで性的な質問に答えたら、内容が知らないうちに別の同僚に転送され、職場でからかわれるなど精神的苦痛を受けたとして、京都市の20代の女性が同僚女性に420万円の損害賠償を求めた訴訟の判決がこのほど、京都地裁であり、上田卓哉裁判官は一部を不法行為と認めて50万円の支払いを命じた。

続きを読む "★性的経験メールでばらされと訴え  これは知識がないとわからない問題だ????? "

| コメント (0) | トラックバック (0)

★世の中にうまい話はない~多発する五輪詐欺  日本のような振り込め詐欺はおきないのかな

 Msn_s1_3

産経新聞ニュース

Gbh0807221156005n11

写真はオリンピック宝くじに熱中する市民ら。一攫千金を狙う気持ちが詐欺師に利用されている=14日、北京市内の宝くじ売場 (撮影・浜坂達朗)

北京五輪の開幕が近づき、中国当局は無差別テロや突発事件の防止に全力をあげ、取り締まりを強化している。7月になってから北京市内には私服警察官の姿が急増、出稼ぎ労働者の多くは故郷に戻され、街は静かになった。中国紙を読む限りでは、市内の泥棒や強盗事件のニュースは確かに減少している。一方で、五輪がらみの詐欺事件についていえば、逆に増えているような気がする。

 

続きを読む "★世の中にうまい話はない~多発する五輪詐欺  日本のような振り込め詐欺はおきないのかな"

| コメント (0) | トラックバック (0)

★模倣犯の出現を当局は警戒 中国・昆明のバス連続爆発

Chn0807211937003p31

Msn_s1_2

産経新聞ニュース

【北京=野口東秀】中国雲南省の昆明市で21日に発生した路線バス連続爆発事件は、北京五輪を目前に控え、胡錦濤指導部が治安に神経をとがらせる中で発生した。政府の腐敗や横暴に対して不満分子が起こしたテロの可能性も否定できない。

 

続きを読む "★模倣犯の出現を当局は警戒 中国・昆明のバス連続爆発"

| コメント (0) | トラックバック (1)

★迷惑ブログが急増 出会い系サイトに誘導するケースも 広告収入稼ぎなど目的

Msn_s1 産経新聞ニュース

広告収入を稼ぐのが目的で内容が意味不明だったり、出会い系サイトに誘導したりする「迷惑ブログ(日記風サイト)」が急増し、頻繁に更新されているブログのうち12%を占めていることが総務省の調べで21日までに分かった。インターネットで検索すると、上位を迷惑ブログが占めることもあり、情報収集の邪魔になっている。 ただ、ブログの内容を規制するのは難しいのが現状で、総務省は「ネット接続業者が迷惑ブログを遮断する技術の開発を進めるなどの対策が必要」(消費者行政課)としている。迷惑ブログの典型は、検索されやすい話題の語句などが、ただ無意味に並んでいるだけのもの。ブログやブログ上の広告をクリックさせることで、迷惑ブログの開設者に収入が入る仕組みになっている。

続きを読む "★迷惑ブログが急増 出会い系サイトに誘導するケースも 広告収入稼ぎなど目的"

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月21日 | トップページ | 2008年7月23日 »