« 2008年7月19日 | トップページ | 2008年7月21日 »

2008年7月20日

2008年7月20日 (日)

★「『勉強しろ』に反感」…埼玉の父親刺殺事件

Crm0807201159005n11

Msn_s1_3 経新聞ニュース

埼玉県川口市の製薬会社員の男性(46)が、中学3年の長女(15)に自宅マンションで刺殺された事件で、長女が県警の調べに「父親に『勉強しろ』といわれ、反感があった」などと供述していることが20日、分かった。「普段はあまり会話はなかった」などとも話しており、県警は犯行動機について、慎重に調べを進める。長女はこれまで、父親との関係について「『勉強しろ』といわれて『はい』と言う以外、会話はあまりなかった」などと供述していたが、こうしたやりとりに反感をもつこともあったことをほのめかしているという。その一方で、「父親を特別に憎んでいたわけではない」とも話しているという。事件当初は「お父さんが家族を殺す夢を見た」などと不自然な話をする場面もあった。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080720/crm0807201159005-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

★大阪府警 元祖ニューハーフ「ベティ」逮捕 扱いは男?女? やはり独房でしょ

Crm0807201006002n11 Msn_s1_2

産経新聞ニュース

ニューハーフの草分け的存在として、多数のテレビ番組に出演するなど活躍していた「ベティ」こと春山学容疑者(52)が17日、風営法違反容疑で大阪府警南署に逮捕された。自身がママを務める大阪・ミナミの人気ショーパブ「Bettyのマヨネーズ」で、風俗営業の許可を受けずに客を接待していた。同署は「他の違法営業店への警鐘にもなる」としているが、ニューハーフの身柄の扱いには、やや戸惑いも隠せないでいる。

ニューハーフと呼ばれて 「警察だ!静かに!」

 16日午後7時半ごろ、約40人の同署捜査員が店になだれ込んだ。当時34人の客でにぎわっていた店内に「キャー」「えーっ」と客の声が響いた。同署は男性ホステスら4人を現行犯逮捕。春山容疑者もその後出頭し、17日未明に逮捕された。同店は昭和60年にオープン。春山容疑者は人気歌手・桑田佳祐さんのプロデュースで歌手デビューし、その際に桑田さんから「ニューハーフ」の呼び名を贈られたという。店はニューハーフたちが繰り広げるショーを売りに人気を集め、旅行会社のツアーに組み込まれるほどの人気。オープン当初は現在の店の斜め向かいのビルに入居していた。ショーは毎晩3回。入れ替え制で、始まるまでの間にニューハーフのホステスが客席で酒の相手をしていた。ショーの中身は月替わり。洗練された踊りや、3サイズが全て100というアンコちゃんのコミカルなトークが人気の的。5000円で飲み放題というのも常連客が多い理由だった。

続きを読む "★大阪府警 元祖ニューハーフ「ベティ」逮捕 扱いは男?女? やはり独房でしょ"

| コメント (0) | トラックバック (0)

★高齢タクシー運転手は辞退を… もみじマーク制定時の「自主返納」の話題の中心がタクシー運転手問題だった

Msn_s1  産経新聞ニュース

 東京都内でタクシーがからむ人身事故が急増している。今年5月末までに起きた事故は約3600件と、前年同期比で130件増えた。平成12年に約8000件を記録してから減少傾向だったが、今年に入って増加に転じた。背景にはタクシーの台数増による慢性的な客取り合戦に加え、運転手の高齢化の進行があるとみられ、警視庁は業界団体に事故防止対策の強化を呼びかけるなど、異例の厳しい態度で臨んでいる。

続きを読む "★高齢タクシー運転手は辞退を… もみじマーク制定時の「自主返納」の話題の中心がタクシー運転手問題だった"

| コメント (0) | トラックバック (0)

★コラムスペシャル「ヤミ金撲滅と言うが…」4 終わり

Nisshou4
 警視庁の生活経済課が平成15年に着手した山口組五菱会の金融事件を担当したひとりの刑事がいる。その刑事の手持ちの資料(チャート)の中に、A4の紙を横に貼り付けた1㍍近い長さのリストがある。そのリストには、グループごとに分けられた金融業者名と所在地、代表者名、電話番号、利用されている携帯番号がびっしり書かれている。
 「これが事前に作り上げた金融業者のリストだ」と刑事は自慢げに語った。良く見ると、まるで広域指定暴力団山口組系五菱会の組織図のように、単なる名簿ではなく、金の流れまでが詳細に書かれているのだ。
 「これがあったからスムーズに解明できた」と刑事は付け加えた。

続きを読む "★コラムスペシャル「ヤミ金撲滅と言うが…」4 終わり"

| コメント (4) | トラックバック (1)

« 2008年7月19日 | トップページ | 2008年7月21日 »