« 2008年7月13日 | トップページ | 2008年7月15日 »

2008年7月14日

2008年7月14日 (月)

★「自白偏重捜査」なんていう捜査はありません

Trl0807141113003n11 Msn_s1_2

 

産経新聞ニュース

茨城県利根町布川(ふかわ)で昭和42年、大工の男性が殺害され現金を奪われた「布川事件」で、強盗殺人罪で無期懲役刑が確定した元服役囚の桜井昌司さん(61)と杉山卓男さん(61)の第2次再審請求の即時抗告審で、東京高裁(門野博裁判長)は14日、再審開始を認めた水戸地裁土浦支部決定を支持し、検察側の抗告を棄却した。門野裁判長は、目撃証言と自白の信用性に重大な疑問があると判断した。http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/080714/trl0807141113003-n1.htm

続きを読む "★「自白偏重捜査」なんていう捜査はありません"

| コメント (0) | トラックバック (0)

★馬鹿な男よ  存在しない駅名で犯罪予告の男逮捕  「犯罪でないと思った」

Msn_s1 産経新聞ニュース

インターネット掲示板「2ちゃんねる」に「埼京線の上野駅で人を殺しまくります」と書き込んで警察官に警戒を強化させたとして、警視庁上野署は14日、偽計業務妨害の疑いで、板橋区成増の無職、崎山裕介容疑者(32)を逮捕した。上野駅に埼京線は乗り入れておらず、「存在しないから犯罪にはならないと思った」などと供述している。調べでは、崎山容疑者は6月28日午後7時半ごろ、掲示板に殺害予告を書き込み、2日間で延べ50人の署員を警備に当たらせるなどして業務を妨害した疑い。自宅のパソコンから書き込んでおり、すぐに浮上したという。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080714/crm0807141624011-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

★なぁ~んと 鶏の刺し身やたたきで食中毒急増という

P20080713000251

47newslogo1

京都新聞

京都市は12日までに、生の鶏肉などを食べたことが原因の「カンピロバクター食中毒」が急増しているため、週明けにも市内の飲食店に鶏の生肉提供の中止を求め、消費者に食べないよう呼び掛ける方針を決めた。飲食店には事実上、「提供中止」を指導する異例の措置となる。市によると、4月以降、市内で7件の食中毒が発生し、うちカンピロバクター菌によるものは5件で、すでに昨年度1年間の4件を上回った。いずれも鶏の刺し身やたたきなどを食べたのが原因。カンピロバクター菌は鶏の腸管内に一般的に生息している。乾燥に弱く、65度以上で数分加熱すれば死滅するが、刺し身やたたき、生レバーなどには高い確率で付着しているという。市は、6月に市内の店頭や飲食店で鶏肉の抜き取り調査を実施、55件中34件(61・8%)で菌を確認した。カンピロバクターによる食中毒は全国的にも増加傾向にあり、07年には全国の食中毒の原因でノロウイルスを抜きトップとなった。市生活衛生課は、このまま放置すれば夏場に向けてさらに同菌による食中毒が増加するとみて、「生の鶏肉を提供しない、注文しない、食べないの3原則を徹底していく」といい、飲食店への巡回指導を強め、市広報などを通じて消費者にも訴える。 鶏肉を扱う業者でつくる日本食鳥協会(東京都)も「業界内でも生の鶏肉を極力取り扱わないよう指導している」として、加盟業者に協力を求めていくという。http://www.47news.jp/localnews/gensen/2008/07/post_1256.html

| コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年7月13日 | トップページ | 2008年7月15日 »