« 2008年7月5日 | トップページ | 2008年7月7日 »

2008年7月6日

2008年7月 6日 (日)

★ATM周辺の携帯通話に規制…総務省が難色 不正アクセス禁止法の時も難色 どうも総務省は犯罪には無頓着らしい

Msn_s1_2  Sankeinewslogo1_2

振り込め詐欺対策として千葉県警など一部の警察本部が金融機関に、現金自動預払機(ATM)コーナーで携帯電話を通話圏外にする抑止電波発信装置の導入を促す動きが出ている。導入には無線局の設置許可が必要だが、総務省は「電波が漏れれば利便性に障害となる」と難色を示しているほか、1台約100万円とされる装置の設置費用も課題となっている。

 

続きを読む "★ATM周辺の携帯通話に規制…総務省が難色 不正アクセス禁止法の時も難色 どうも総務省は犯罪には無頓着らしい"

| コメント (0) | トラックバック (0)

★「過激派」に高齢化の波…“顔”替えて暗躍の活動家も サミット前に警察当局警戒  我々の時代と違うな

Msn_s1 Sankeinewslogo1

Crm0807060800002n11

7日に開幕する北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)に、反対姿勢を鮮明にしている極左暴力集団(過激派)。昭  和32年の誕生以来、街頭武装闘争や爆弾闘争、内ゲバなどを繰り返した     過激派も、組織は高齢化し、若年層を獲得できないところは縮小傾向にある。だが、活動家らは「過激」とは別の“顔”を掲げることで、新たな活動を展開していることも確認されており、警察当局はなおも警戒を強めている。

反体制運動の高まり受け 分裂繰り返しながら増殖した過激派

 

続きを読む "★「過激派」に高齢化の波…“顔”替えて暗躍の活動家も サミット前に警察当局警戒  我々の時代と違うな"

| コメント (0) | トラックバック (1)

★コラムスペシャル「ヤミ金撲滅と言うが…」2

Nisshou4

 「金をつくれ!腎臓ふたつもあるやろ!1個売れよ」「目んたま1個売れや!」「家を売ればいいんだよ。早う売って金つくれ!」こんな脅迫電話で全国の中小・零細企業経営者らを脅した商工ファンド事件。
 平成11年10月には埼玉県大宮市(当時)の男性会社員(当時54歳)が同県川島町の雑木林で自殺死体で発見された。新聞各紙によると男性は、知人が商工ローンの日栄(当時)から受けた融資の2000万円の連帯保証人になっており、知人の返済が遅れたことから悩んでおり、厳しい取り立ての犠牲になったものだった。
 

続きを読む "★コラムスペシャル「ヤミ金撲滅と言うが…」2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月5日 | トップページ | 2008年7月7日 »